DRAGONBALL_EVOLUTIONとは?

DRAGONBALL EVOLUTION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 22:57 UTC 版)

DRAGONBALL EVOLUTION』(ドラゴンボール・エボリューション、Dragonball Evolution/龍珠演変)は、アメリカ合衆国映画作品。鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を実写で映画化した作品である。監督はジェームズ・ウォン20世紀フォックスが制作・配給を行った。ドラゴンボールシリーズ生誕25周年記念作品。




注釈

  1. ^ エンディングクレジットでは「Carey Fuller」表記。日本語翻訳版では「ケイリー」や「フラー」と呼ばれている。
  2. ^ a b c d e f 劇場版本編で名前は出てこない。エンディングクレジットには英語表記(セキはローマ字表記)がある。小説版には日本語で名前が出てくる。

出典

  1. ^ Dragonball: Evolution (2009) - IMDb
  2. ^ a b c Dragonball Evolution (2009)”. Box Office Mojo (Amazon.com). http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=dragonball.htm 2009年9月15日閲覧。 
  3. ^ FOX、実写版「ドラゴンボール EVOLUTION」をBD/DVD化”. 2018年5月12日閲覧。
  4. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、31頁。
  5. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、32頁。
  6. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、35頁、36頁。
  7. ^ a b 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、44 - 48頁。
  8. ^ Claude Brodesser, "Ramsey rolls 'Dragonball Z'", Variety, 2004年6月24日。
  9. ^ 『ドラゴンボール』実写版の監督はアレハンドロ・アメナーバル?」 シネマトゥデイ、2005年3月11日。
  10. ^ 実写版「ドラゴンボールZ」の監督決定か?」 シネマトゥデイ、2007年10月5日。
  11. ^ 実写版「ドラゴンボールZ」の主演が決定!チャウ・シンチーも関与映画.com、2007年11月15日。
  12. ^ BRENDAN, KELLY (2007年9月1日). “Montreal gets a big-budget boom with three movie shoots”. Montreal Gazette. 2009年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  13. ^ 実写版映画「ドラゴンボールZ」、いよいよ撮影開始!」 映画.com、2007年11月9日。
  14. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』悟空の通う高校はメキシコの工科大学で撮影中!」、シネマトゥデイ、2007年12月19日。
  15. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』の追加撮影が決定!俳優も募集中!容姿の指定なし」 シネマトゥデイ、2008年10月20日。
  16. ^ 実写版「ドラゴンボール」が09年に公開延期」 映画.com、2008年3月7日。
  17. ^ 人気コミック実写版映画の『ドラゴンボール』未完成のままお蔵入りか?Record China、2008年8月25日。
  18. ^ Dragonball Cancellation Rumors Not Likely”. MovieWeb (2008年8月22日). 2008年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  19. ^ "Dragonball Trailer Coming in October", ComingSoon.net, August 27, 2008
  20. ^ 浜崎あゆみ、実写版「ドラゴンボール」主題歌で世界進出”. 2018年5月12日閲覧。
  21. ^ Justin Chatwin habla sobre su personaje en Dragon Ball en Durango y otras curiosidades, HoyCinema Movieland, 2008-01-18. (スペイン語)
  22. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』のピッコロ役がアニメを大絶賛!」 シネマトゥデイ、2008年1月18日。
  23. ^ 実写版『ドラゴンボール』、ピッコロ役俳優が 「ピッコロは緑でハゲ」」 マイコミジャーナル、2008年1月31日。
  24. ^ Dragonball' movie set to roll”. ハリウッド・リポーター (2007年11月14日). 2010年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  25. ^ 鳥山明氏、実写版「ドラゴンボール」の失敗認める 「『ダメだろうな』と予想していたら本当にダメだった」ITmedia、2013年4月8日。
  26. ^ 新作映画「原作者の意地」 鳥山明さん独占インタビュー”. 朝日新聞 (2007年11月14日). 2013年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  27. ^ 宮村妙子編「原作・ストーリー・キャラクターデザイン 鳥山明」『ドラゴンボールZ 神と神 パンフレット』東映 事業推進部、2013年3月30日、表紙折り返し。
  28. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、44頁。
  29. ^ ステイシア・ドイッチェ ローディー・コーホン(著)、戸嶋芳美(翻訳)『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、72頁。
  30. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、80頁。
  31. ^ ドラゴンボール エヴォリューション ゲーム公式HP.キャラクターのブルマの欄を参照。表示させるにはAdobe Flash Playerが必要。また、ブラウザの設定でJavaScriptをONにする必要あり。2018年12月13日閲覧。
  32. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、98頁。
  33. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、122頁、201頁。
  34. ^ 『DRAGONBALL EVOLUTION』小学館集英社プロダクション、2009年2月13日、ISBN 978-4-79-688023-7、223頁。
  35. ^ 「ドラゴンボール エヴォリューション」,隠しキャラクターのマジュニアならぬ“ネオピッコロ”の存在が判明”. 2018年12月13日閲覧。
  36. ^ バンダイナムコ、大魔王復活!ネオピッコロ登場PSP「ドラゴンボール エヴォリューション」”. 2018年12月13日閲覧。
  37. ^ 周星馳 映画『ドラゴンボール』に不満でPR拒否?”. サーチナ (2009年2月21日). 2009年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  38. ^ 実写版「ドラゴンボール」PR、シンチー欠席にチョウ・ユンファが弁護―タイ」 Record China、2009年2月22日。
  39. ^ 再び、〇次元のドラゴンボールを目撃せよ!”. 2018年5月12日閲覧。
  40. ^ 納得のランキング!? 海外メディアが選ぶ「2000年代で最悪の映画TOP10」」 クランクイン!、2016年6月26日。
  41. ^ ハリウッド版ドラゴンボール「全てのファンにお詫びしたい」と謝罪 「世界中から苦情が届き心労」」 oriver.cinema、2016年5月6日。
  42. ^ 映画「ドラゴンボール・エボリューション」の脚本家がファンに謝罪」 ロケットニュース24、2016年5月8日。
  43. ^ 史上最悪と酷評の映画『ハリウッド版ドラゴンボール』脚本家がついに謝罪 「金に目がくらんだ」「ファンに申し訳ない」」 ロケットニュース24、2016年5月9日。
  44. ^ Dragonball Evolution Writer Apologizes to Fans」 The Dao of Dragon Ball、2016年5月3日。
  45. ^ a b 『ヤッターマン』が『DRAGONBALL』撃破 人気アニメの日米実写化対決は既に10億の差”. ヴァラエティ・ジャパン (2009年3月24日). 2009年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  46. ^ a b 「ドラゴンボールエボリューション」米国公開は厳しいスタート”. アニメ!アニメ! (2009年4月13日). 2010年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  47. ^ ハリウッド版『ドラゴンボール』で悟空が「武昆」に改名なったワケ! 台湾では悟空」 ガジエット通信、2009年3月9日。
  48. ^ 『ドラゴンボール』実写映画にファンから失望の声”. エクスプロア中国トラベル (2009年3月15日). 2013年5月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  49. ^ 実写版「ドラゴンボール」は原作の“進化版”? 急遽タイトル変更か。Narinari.com、2008年12月5日。
  50. ^ a b “実写版『ドラゴンボール』アメリカで最悪なスタート!ファンも批評家もかなり辛口評価!?”. シネマトゥデイ. (2009年4月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0017657 
  51. ^ 原作ファンには見せられない!?アノ試写“封印”ワケ夕刊フジ、2009年3月10日。
  52. ^ ドラゴンボール実写版、北米での出足はいまひとつロイター、2009年4月14日。
  53. ^ EXCLUSIVE:'Dragonball Evolution' Cast & Crew Explain Differences With Source Material”. MTV. 2009年4月25日閲覧。
  54. ^ 【華流】香港のドラゴンボールファン、実写版予告編に「幻滅」」 サーチナ、2008年12月19日。
  55. ^ 実写版「ドラゴンボール」のPSPソフトが初日たったの1200本」 にゅーあきばどっとこむ、2009年3月20日。
  56. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』 集英社、2016年1月26日、216頁、ISBN 978-4-08-792505-0
  57. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』は3部作構成?ネットで次々と全ぼう明らかに」 シネマトゥデイ、2007年12月26日。
  58. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』で悟空の死亡は『ドラゴンボール2』最初に…」 シネマトゥデイ、2008年4月17日。


「DRAGONBALL EVOLUTION」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DRAGONBALL_EVOLUTION」の関連用語

DRAGONBALL_EVOLUTIONのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DRAGONBALL_EVOLUTIONのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDRAGONBALL EVOLUTION (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS