カプセルコーポレーションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カプセルコーポレーションの意味・解説 

カプセルコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 13:51 UTC 版)

カプセルコーポレーション (Capsule Corporation) は、漫画『ドラゴンボール』、またはその派生作品に登場する架空の企業。本項では、同社の主力商品であるホイポイカプセル (Hoipoi Capsule) も併せて記述する。




注釈

  1. ^ 作中でも、トランクスを指して孫悟天の「世界一のお金持ち」という台詞がある。
  2. ^ カプセルに戻す方法は不明。
  3. ^ 原作ではワンカットのみ目を丸くする描写があり、セル編で出かけようとするブルマに声をかけたところ「(未来から来た)大きい方のトランクスに会って来る」という答えが返ってきたため、「はあ?」と目を丸くして驚いている。アニメではこの他、『神と神』や『超』で目を開いている場面がある。

出典

  1. ^ a b c 渡辺彰則編「世界にはばたくカプセルコーポレーション」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、202-203頁。
  2. ^ a b 渡辺彰則編「地理辞典」『ドラゴンボール大全集 7巻』227頁。
  3. ^ a b 渡辺彰則編「舞台の章」『DRAGON BALL大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、83頁。
  4. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実〜トリヤマはこう考えていたよスペシャル〜part2」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年4月8日、ISBN 978-4-08-874804-7、93頁。
  5. ^ ウサギ団の町でブルマが発言。
  6. ^ a b 渡辺彰則編「科学&超科学の章 鳥山明が選ぶ究極のベスト 科学&超科学のまき」『DRAGON BALL大全集 4巻』146頁。
  7. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「これがDRAGON BALLのルーツだ!?」『鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、77頁。
  8. ^ a b 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』104-105頁。
  9. ^ 鳥山明「其之三百六十五 目覚めた孫悟空」『DRAGON BALL 第31巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1992年8月9日、ISBN 4-08-851686-9、62頁。
  10. ^ a b c 鈴木晴彦編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  11. ^ 「寺P『ジャコ』のすべてを探る!!」『Vジャンプ』2013年12月号、集英社、455頁。
  12. ^ オオイシナホ、鳥山明「第16話 探そうぜ! ドラゴンボール」『ドラゴンボールSD 2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年4月9日、ISBN 978-4-08-880020-2、119頁。
  13. ^ 鈴木晴彦編「天下一声優陣 其之二 ブルマ役 鶴ひろみ」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL」天下一伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、158-159頁。
  14. ^ 鈴木晴彦編「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』153頁下段。


「カプセルコーポレーション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カプセルコーポレーション」の関連用語

カプセルコーポレーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カプセルコーポレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカプセルコーポレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS