ドラゴンボールの登場人物とは?

ドラゴンボールの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 01:09 UTC 版)

ドラゴンボールの登場人物(ドラゴンボールのとうじょうじんぶつ)では、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』、『ドラゴンボール改』、『ドラゴンボール超』に登場する人物について説明する。




注釈

  1. ^ アニメでは戦いとなり、悟空がこれ以前に牛魔王と同格の体型の盗賊の熊を倒した「ジャン拳・グー」を受けても全くノーダメージの実力差を見せて悟空を驚かせた。
  2. ^ エポック社の玩具『マッスルタワーの闘い 1、2階 悟空対下士官』の箱および『マッスルタワーの闘いDX』の箱裏面に記載がある。
  3. ^ 原作では名前は設定されていないが、原作者・鳥山明のインタビューで「もし当時、名前を付けているとしたら多分『パンチー』でしょうね」[11]と発言しており、それが採用された形となる。
  4. ^ アニメでは、その際にヤジロベーと対立する。
  5. ^ 弟の亀仙人もこの際の試合場や選手のことなどに詳しい。
  6. ^ ただし、死者はエネルギーを使い過ぎると現世に滞在できる時間は急激に減る。また、死者はあの世に戻らないと体力は回復できない。
  7. ^ アニメ『Z』182話では同一人物であることを確信した発言もしている。また、同じ場にいた生まれ変わったピッコロに関しては疑念を抱いている。
  8. ^ サブクエスト「アニマリンの悲劇」で出てくる設定。ウーロンは生まれつき豚の姿だとも語られている。
  9. ^ ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』には文学者「ドスケビッチ」が、同じく教師の台詞中に名前だけ出てきた。
  10. ^ 『週刊少年ジャンプ』1989年31号掲載「究極戦士大集合!!カード」には戦闘力1030と掲載されている。
  11. ^ 劇場版より。
  12. ^ アニメでは最強の戦闘タイプ。
  13. ^ 新録部分のみ。
  14. ^ このときに、サタンは(悟空たちやセルとは違う普通の)人間のチャンピオンだから逃げても恥ではないと、サタンの面子を立てている。
  15. ^ あくまでも人参にできるのは生命体だけであり、棒などの物体で触れた場合は人参化しない。
  16. ^ ブルマの胸を露出させ噴出した亀仙人の鼻血を浴びせる策。
  17. ^ 入った後、包帯を巻くのがめんどうなため[16]
  18. ^ 原作でもギラン殺害直後に「6匹目、あがりだ」と言っている。
  19. ^ タンバリンが再登場する前週、『週刊少年ジャンプ』1987年39号に掲載された『ドラゴンボール』其之百三十九「ヤジロベーの獲物」の回の最終ページ次回予告では「怒りのピッコロ大逆襲!悟空ピンチ!『恐怖のハモニカ』だ」と書かれていた。しかし実際にはハモニカは登場せずタンバリンが再登場した。その時のサブタイトルも予告の物とは変わっており「タンバリンがやってくる!」になっている。
  20. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』のJM4弾のスペシャルムービーで、パンとの激闘が映像化されている。
  21. ^ 全員腰が引けており、悟飯が気を開放しただけで吹き飛ばされた。
  22. ^ 悟飯は止めとしてかめはめ波を撃とうとしたが、周囲に人が大勢いることに気付いて止め、「グレートサイヤマンビーム」と称して右手の人差し指から弱い気功波を撃つのみに留めた。
  23. ^ アニメでは、ブウの家に侵入し自分の悪行を棚に上げて「正義の味方面してブウの手下になんかなりやがって」とサタンを裏切り者呼ばわりした後に狙撃した。

出典

  1. ^ a b c d e f g h ドラゴンボール キャスト”. 2015年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ドラゴンボール改 キャスト”. 2015年12月12日閲覧。
  3. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 ブルマ役 鶴ひろみ」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、158-161頁。
  4. ^ a b 後藤広喜編「永久保存版!! JUMPオールキャラクター総勢148名!! 名鑑」『週刊少年ジャンプ 1986年37号』集英社、1986年8月25日、雑誌29934-8/25、7頁。
  5. ^ a b 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART1・TVアニメ編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、67頁。
  6. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、138頁。
  7. ^ Vジャンプ編集部編「鳥山明に聞いてみた!2013 CHARACTER編」『ドラゴンボール超全集 1巻』集英社、2013年2月10日、ISBN 978-4-08-782496-4、28頁。
  8. ^ 鳥山明「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」『DRAGON BALL 第4巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年10月15日、ISBN 4-08-851834-9、191頁
  9. ^ 「ドラゴンボール超」キャストに関するお知らせ”. 東映アニメーション (2018年2月15日). 2018年2月17日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、51-122頁。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年4月30日、ISBN 4-08-873702-4、158-159頁。
  12. ^ 「第16話 探そうぜ!ドラゴンボール」『DRAGON BALLSD 第2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年4月4日、ISBN 978-4-08-880020-2、119頁。
  13. ^ 「DB Vジャンプ GAME 鳥山明先生が初めて明かした新設定に注目!!」『Vジャンプ 2020年4月号』集英社、2020年2月21日、JAN 4910113230408、74頁。
  14. ^ 鳥山明「其之百九十五 謎の異星人戦士」『DRAGON BALL 第17巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年5月10日、ISBN 4-08-851614-1、40頁。
  15. ^ 鳥山明『DRAGON BALL 第36巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1993年11月9日、53頁。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、27-57頁。
  17. ^ 渡辺彰則編「ドラゴンボール世界観用語解説」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、44頁。
  18. ^ 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、155頁。
  19. ^ 近藤裕編「DRAGON BALL魂 其之九 『DB』博士への登竜門 Q&A CAPSULE」『Vジャンプ 2005年2月号』集英社、2004年12月18日、雑誌11323-02、187頁。ただし鳥山明の表記はないため原作者本人の回答かは不明である。
  20. ^ 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、82頁。
  21. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』151頁。
  22. ^ アニメ『ドラゴンボール』第113話「キングキャッスルの攻防!!」
  23. ^ アニメ『ドラゴンボール』第104話「よみがえれ孫悟空!!」
  24. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社、2004年7月2日、147頁。
  25. ^ 「究極の科学技術と奇想天外な超科学 科学アイテム」 『ドラゴンボール大全集4巻』、1995年10月9日、153頁、『ドラゴンボール大全集7巻』、1996年2月25日、187頁
  26. ^ 鳥山明「巻末企画 DRAGON BALL 龍球問答」『DRAGON BALL フルカラー 魔人ブウ編5』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880111-7、221頁。
  27. ^ 鳥山明、とよたろう「其之十六 “未来”トランクスの過去」『DRAGON BALL超 第3巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2017年6月7日、ISBN 978-4-08-881084-3、13頁。
  28. ^ 鳥山明「其之四百五十一 魔獣ヤコンのごちそう」『DRAGON BALL 第38巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1994年8月9日、ISBN 4-08-851497-1、76頁。
  29. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「解説」『鳥山明 the world』集英社、1990年1月15日、ISBN 4-08-858130-X、96頁。
  30. ^ 週刊少年ジャンプ編集部・編『ドラゴンボール 大魔王復活 必勝!!奥義の書!!』集英社、1988年8月15日、62頁。
  31. ^ 渡辺彰則編「完全戦闘リスト」『ドラゴンボール大全集2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、238頁。


「ドラゴンボールの登場人物」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールの登場人物」の関連用語

ドラゴンボールの登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラゴンボールの登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS