ドラゴンボール_(アニメ)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラゴンボール_(アニメ)の意味・解説 

ドラゴンボール (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 00:51 UTC 版)

ドラゴンボール』(DRAGON BALL) は、鳥山明の同名の漫画ドラゴンボール』を原作とするテレビアニメ1986年2月26日から1989年4月19日まで、フジテレビ系列で毎週水曜日 19:00 - 19:30(JST)に放送された。全153話で番組としては終了するが、ストーリーはそのまま後続番組『ドラゴンボールZ』へと続く。


注釈

  1. ^ a b クレジットは東映名義である。
  2. ^ 終盤に登場する牛魔王の私服や火喰い鳥のデザイン、設定など。
  3. ^ エンディングの声の出演のテロップも孫悟空とブルー将軍以外は、『Dr.スランプ アラレちゃん』のキャラクターとなっている。
  4. ^ ビデオリサーチ 関東地区調べ
  5. ^ 第6話以降は目玉マークを含む新CIでの表示となる。
  6. ^ 七条敬三のペンネーム。DVDBOX「DRAGON BOX」同梱ブックレットインタビュー記事(元東映動画プロデューサー)
  7. ^ この日の放送で、開始から9秒間『スパイ大作戦』のオープニング映像が流れる放送事故が発生。その後、アニメ開始後お詫びのテロップが流され、オープニングの音声がサウンドトラックでの放送になるなど、異例の事態になった。
  8. ^ この回のみ18:30からの放送。
  9. ^ 1991年に再放送していたが、OPの時は旧フジテレビのロゴを表示していた。
  10. ^ 一時期時差ネットだった時期あり
  11. ^ 1987年3月31日まではテレビ朝日系列とのクロスネット
  12. ^ 1987年9月30日までフジテレビ系列とのクロスネット

出典

  1. ^ 元祖「ドラゴンボール」にフィーチャー! 懐かしデザインの「80’sコレクション」ZOZOTOWNで予約受付中” (日本語). アニメ!アニメ!. 2021年5月2日閲覧。
  2. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「超豪華3大マル秘特集 鳥山明スペシャル (2)マンガ「わしとアニメ」」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社、雑誌29939-10/18、9頁。
  3. ^ 渡辺彰則編「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART1・TVアニメ編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、67頁。
  4. ^ 鳥山 明先生からのコメント”. 映画ドラゴンボール超. 2018年3月31日閲覧。
  5. ^ DB30thの2018年3月15日のツイート2018年3月31日閲覧。
  6. ^ a b c d Vジャンプ編集部編「『ドラゴンボール』1986-1989」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、106・111頁。
  7. ^ 渡辺彰則編『ドラゴンボール大全集 3巻』集英社、1995年9月9日、ISBN 4-08-782753-4、13頁。
  8. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「特別コラム 鳥山明 わしが お答えしまっせ」『テレビアニメ究極ガイド DRAGON BALL 極限バトルコレクション ラウンド02 セル編〜魔人ブウ編』集英社、2010年8月9日、ISBN 4-08-874841-7、89頁。
  9. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL Z」孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、95頁。
  10. ^ 「鳥嶋和彦 鳥山先生と築いたヒストリー」『サンケイスポーツ特別版 ドラゴンボールZ復活の「F」新聞』サンケイスポーツ、2015年4月18日、28面。
  11. ^ a b マーチャンダイジングライツレポート1988年1月号
  12. ^ 『週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!』集英社、2016年5月25日、76頁。
  13. ^ 『日本TVアニメーション全史』(2014年12月30日、世界文化社発行)201ページ。
  14. ^ 【音響監督】田中英行さん”. 日本音声製作者連盟. 2020年11月21日閲覧。
  15. ^ Library. “魔訶不思議アドベンチャー!”. 池 毅 オフィシャルウェブサイト. 2018年1月8日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i アニメージュ』1987年11月号(徳間書店)全国縦断放映リスト(110頁)
  17. ^ a b 渡辺彰則編「VARIETY OF DB」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、106頁。ISBN 4-08-102019-1


「ドラゴンボール (アニメ)」の続きの解説一覧

「ドラゴンボール (アニメ)」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドラゴンボール_(アニメ)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドラゴンボール_(アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボール (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS