ブロリーとは?

ブロリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 00:39 UTC 版)

ブロリーは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』を原作とした劇場版アニメ『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』、『ドラゴンボール超 ブロリー』に登場する架空の人物。声優島田敏




注釈

  1. ^ これはブロリーに限らず、『神と神』より前の劇場版オリジナルキャラクターの多くに当てはまる。
  2. ^ 鳥山明のデザイン画には尻尾が付いているものがある。
  3. ^ 映画の下敷き、パンフレットの表紙、アニメコミックスなどの立ち絵では瞳が赤みがかっている。
  4. ^ 瞳の色はシーンにより黒や緑に描かれており、アニメコミックスでは湖上のシーンだけ青色の髪に差し替えられている。
  5. ^ 原作「其之二百八十 超サイヤ人!?」、『Z』「第66話 ケタ外れの強さ!!伝説の超サイヤ人孫悟空」、『改』「第31話 孫悟空ついに到着!蹴散らせギニュー特戦隊」。
  6. ^ 原作「其之三百十八 伝説の超サイヤ人」、『Z』「第95話 ついに変身!!伝説の超サイヤ人・孫悟空」
  7. ^ アニメスタッフの山室直儀もインタビューで、ブロリー同様デザインしたと鳥山が語るボージャックについて、「デザインラフを鳥山先生にお送りしたんです。そうしたらカラーの生原稿5枚くらいで戻ってきて…。「本物だ!」と驚いた[15]」と証言している。
  8. ^ 原文:「Brolli? Who was he? I don't know if he was in the manga...」
  9. ^ パラガスがベジータに「フリーザに惑星ベジータを破壊されてより30年」と言っている。
  10. ^ これについては、悟空がこの世に降り立ったかは曖昧に表現され、各解説でも「いったい、あの悟空の姿は何だったのか。ドラゴンボールの奇跡か、それとも一瞬の幻だったのか、それは誰にもわからない[33]」、「悟飯たちの前に現れた悟空は本物だったのか、それとも幻だったのか…[34]」、「あの世にいる悟空のサポートが泣ける[35]」と解説されている。
  11. ^ チライのスカウターは10万以上から測定不能なので、戦闘力は最低でも10万以上。
  12. ^ 「ANIMEX 1200シリーズ 62 ドラゴンボールZ 音楽集 Vol.2」(EANコード - 4988001972747)などに収録。

出典

  1. ^ a b c d 「劇場版オリジナルキャラクター デザイン・ラボ」『DRAGON BOX THE MOVIES 劇場版DVD-BOX 特製ブックレット Dragonbook』東映アニメーション、2006年、58頁。
  2. ^ 「とよたろうが聞く!教えて鳥山明先生!! Q.3 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のキャラクターが生まれたきっかけを教えてもらえますでしょうか?」『ドラゴンボール超 第8巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2018年12月4日、196 - 197頁。ISBN 978-4-08-881649-4
  3. ^ 渡辺彰則編「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、68頁。ISBN 4-08-102019-1
  4. ^ Vジャンプ』2009年10月号、集英社、2009年8月[要ページ番号]
  5. ^ a b c d e 「敵&サブキャラクター設定資料」『ドラゴンボール大全集 6巻』204、206 - 207頁。
  6. ^ 「DESIGN LIBRARY」『ドラゴンボール超全集3』集英社、2013年4月4日、280頁。
  7. ^ a b c d タイトルヒストリー - 劇場版ドラゴンボール ヒストリー」東映アニメーション、2018年12月23日閲覧。
  8. ^ a b 週刊少年ジャンプ編集部編「超2大特集 超サイヤ人進化論!!」『ジャンプ・アニメコミックス ドラゴンボールZテレビスペシャル 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1993年5月31日、146 - 147頁。ISBN 4-8342-1185-1
  9. ^ 渡辺彰則編 「アニメ版 超サイヤ人の系譜」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、92頁。
  10. ^ 「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 6巻』213頁。
  11. ^ a b ぶらざあのっぽ公式サイト のっぽと遊び隊、2010年10月29日[リンク切れ]
  12. ^ a b 吉倉英雄編「あのころのDB 『ドラゴンボールZ』キャラクターデザイン山室直儀インタビュー」『DRAGON BALL アニメイラスト集 金色の戦士』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年4月16日、50頁。ISBN 978-4-8342-8413-3
  13. ^ a b 「GALLERY OF 鳥山明」『ドラゴンボール大全集 6巻』182 - 183頁。
  14. ^ 近藤裕編「DRAGON BALL魂 其之二 ◆鳥山先生 劇場版かく語りき」『Vジャンプ 2004年7月号』集英社、平成16年(2004年)7月1日、雑誌 11323-7、205頁。
  15. ^ Vジャンプ編集部編「『DRAGON BALL』ANIMATION INTERVIEW 山室直儀」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、140頁。ISBN 978-4-08-792505-0
  16. ^ 「鳥山明的超会見 復刻版」『ドラゴンボール超全集3』集英社、2013年4月4日、349頁。ISBN 978-4087824988
  17. ^ 『SHONEN JUMP』(北米版)第3号(2003年3月号)[要ページ番号]
  18. ^ 設定資料を大公開!!パート2”. ヤムチャ&ウーロンの制作日誌ブログ. 集英社 (2009年1月9日). 2009年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年12月23日閲覧。
  19. ^ 「劇場版ストーリーQ&A DRAGON MOVIES FAQ」『DRAGON BOX THE MOVIES 劇場版DVD-BOX 特製ブックレット Dragonbook』東映アニメーション、2006年、54頁。
  20. ^ 『ドラゴンボール大全集 6巻』付録「神龍通信 第6号」2頁。
  21. ^ 「'94memorial」『ドラゴンボール大全集 6巻』140頁。
  22. ^ アニメコミックス『危険なふたり!超戦士はねむれない』大徳哲雄(樹想社)編、ホーム社 、1994年8月、15頁。ISBN 4834211975
  23. ^ a b ぶらざあのっぽ公式サイト のっぽと遊び隊、2010年10月19日、2010年11月29日[リンク切れ]
  24. ^ a b ぶらざあのっぽ公式サイト のっぽと遊び隊、2011年3月4日、2011年3月5日[リンク切れ]
  25. ^ ぶらざあのっぽ公式サイト のっぽと遊び隊、2011年3月15日[リンク切れ]
  26. ^ 小山高生 (2013年4月9日). “『ドラゴンボールZ神と神』観ちゃった!! - のっぽの雑感”. ぶらざあのっぽ公式サイト. ぶらざあのっぽ. 2016年-02-14時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  27. ^ 小山高生 (2013年4月28日). “のっぽと遊び隊”. ぶらざあのっぽ公式サイト. ぶらざあのっぽ. 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  28. ^ 小山高生 (2013年4月29日). “のっぽと遊び隊”. ぶらざあのっぽ公式サイト. ぶらざあのっぽ. 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  29. ^ 『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集』集英社、2016年1月21日、ISBN 978-4087925050、126頁。
  30. ^ 『Vジャンプ』2015年1月号(集英社、2014年11月)付録「ドラゴンボールヒーローズ 7MASTERS BOOK」7頁。
  31. ^ 「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №11『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』」『ドラゴンボール大全集 6巻』132頁。
  32. ^ 「完全解析!!劇場版強敵大全」『ドラゴンボール大全集 6巻』181頁。
  33. ^ 劇中ナレーション。
  34. ^ 「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №10『危険なふたり!超戦士はねむれない』」『ドラゴンボール大全集 6巻』131頁。
  35. ^ 劇場版の必殺技大全!”. ヤムチャ&ウーロンの制作日誌ブログ. 集英社 (2009年1月9日). 2009年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年12月23日閲覧。
  36. ^ a b c 『ドラゴンボール超ブロリー 通常パンフレット』東映、2018年12月14日、13頁。
  37. ^ “大ヒット公開中の『ドラゴンボール超 ブロリー』について監督・長峯達也「悟空が前へ進むためにブロリーは必要」【インタビュー】”. 超!アニメディア(学研. (2018年12月19日). https://cho-animedia.jp/movie/70968/2/ 2018年12月29日閲覧。 
  38. ^ DBMFL第24回は映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の作画監督 新谷直大さんにインタビュー!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年8月19日。
  39. ^ 「STAFF INTERVIEW 新谷直大 作画監督」、『ドラゴンボール超ブロリー 超パンフレット』東映(事業推進部)、2018年12月14日、27頁。
  40. ^ “カカロットォー『ドラゴンボールZ』ブロリーが可動フィギュアに、筋肉がすごい…”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年7月11日). http://news.mynavi.jp/news/2014/07/11/560/ 2018年12月23日閲覧。 
  41. ^ クライマックスを迎える『ドラゴンボール超』宇宙サバイバル編を作り出した職人たち”. ドラゴンボールオフィシャルサイト. 集英社 (2018年3月9日). 2018年12月27日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブロリー」の関連用語

ブロリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブロリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブロリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS