腕とは? わかりやすく解説

うで【腕】

読み方:うで

人やの、肩から手首までの部分また、手の部分含めていう。「—が長い」「—を組む」

物事をする能力技量うでまえ。「—の見せ所

腕の力。腕力転じて武力にもいう。「—にものを言わせる

道具などで、横に突き出た部分腕木(うでぎ)。「クレーンの—」

動物前足や、タコ・ヒトデどの物をつかむ働きをする器官

[補説] 古く肩からひじまでを「かいな」、ひじから手首までを「うで」と区別した。「かいな」は相撲用語として現代でも用いる。肩からひじまでは「二の腕」ともいう。

[下接語] 片腕利き腕五十腕四十腕・凄(すご)腕・二の腕細腕右腕・痩(や)せ腕・両腕


かいな〔かひな〕【腕/×肱】

読み方:かいな

【一】[名]「うで」の古い言い方肩からひじまでの部分二の腕また、肩から手首までの部分もいう。うで。

【二】接尾助数詞。手を動かして舞うところから舞の手数えるのに用いる。

「二—三—舞ひかけって」〈盛衰記・三〉


ただむき【腕/×臂】

読み方:ただむき

うで。肩からひじまでを「かいな」というのに対して、ひじから手首までの部分

「白—(ま)かずけばこそ」〈記・下・歌謡


た‐ぶさ【腕/手房】

読み方:たぶさ

て。てくび。また、うで。

折りつれば—にけがる立てながら三世の仏に花奉る」〈後撰・春下〉


わん【腕】

読み方:わん

常用漢字] [音]ワン(呉)(漢) [訓]うで かいな

[一]ワン

うで。「腕章腕力右腕前腕鉄腕扼腕(やくわん)」

うでまえ。「才腕手腕敏腕辣腕(らつわん)」

[二]〈うで〉「腕前腕輪片腕細腕右腕


うで 【腕】

古代エジプトでは腕は力や活動象徴だった。ツタンカーメン王玉座の背に太陽神アテンからの光線が腕として描かれている。仏像千手観音あらゆることを救うとして千本の腕を持つ(実際の造形では多数でそれを表現)。イギリス古代英雄ベーオウルフは、怪物の腕を切り落としたというが、日本にも渡辺綱平安中期武人)が鬼の腕切り落とした話がある。

作者香山滋

収載図書香山滋全集 第1巻 海鰻荘奇談
出版社三一書房
刊行年月1993.12


作者柳美里

収載図書
出版社メディアファクトリー
刊行年月2000.2


作者永野春樹

収載図書フーコー短編小説傑作選 15
出版社フーコー
刊行年月2004.7


作者平山夢明

収載図書東京伝説ゆがんだ街の怖い話
出版社竹書房
刊行年月2005.5
シリーズ名竹書房文庫


作者筒井ともみ

収載図書うつくし私のからだ
出版社集英社
刊行年月2007.4


読み方:うで

  1. 汽車電車車掌。〔第二類 人物風俗
  2. 車掌腕章より。
  3. 電車汽車車掌。〔掏摸
  4. 車掌のこと。腕章より出たもの。

分類 掏摸


読み方:うで

  1. 実力のことをいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/27 08:06 UTC 版)

(うで、かいな)とは、人間のからまでの部分のこと。




「腕」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 11:19 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (うで)ひじと手首との間。
  2. (うで)意味1より転じて、肩と手首間の総称
  3. (うで)わざまえ技量
  4. (うで)
  5. (うで)腕木

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「腕」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



腕と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

腕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



腕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS