称賛とは? わかりやすく解説

しょう‐さん〔シヨウ‐|シヤウ‐〕【称賛/称×讃/賞賛/賞×讃】

読み方:しょうさん

[名](スル)褒めたたえること。「—の的(まと)」「—すべき行為


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 04:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「称賛」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「称賛」を含むページの一覧/「称賛」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「称賛」が役に立つかも知れません。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 14:15 UTC 版)

小川正子」の記事における「称賛」の解説

当時風潮もあり、映画化され絶賛の嵐であった。らい科学者でもあり文学者でもある木下杢太郎医師としては太田正雄)は『小島の春』の文学的価値に限って高く評価した。”あれだけ感動させる力のあるのは事実の描写いうものの他に作者のシンセリティ(誠実さ)と文学的素養があるからで、特殊性という付加物なしにも本当の文学だと思う。もうひとつ叙景すばらしい。" しかし映画見てからライ根絶最良策はその化学療法にあると批判した。 『小川正子愛生園』には彼女に対する称賛の言葉多数人より寄せられている。 光田健輔吉岡弥生長崎次郎土井晩翠土井八枝小林秀雄夏川静江高野六郎田尻敢林文雄立川昇、内田守人、内田フミエ宮川量上尾登、桑野ユキ山田清波、明石海人二見博三、松村好之が書かれている。 この本の編集者名和千嘉は、愛生園で勤務した内科医で、宮古南静園勤務したこともある。

※この「称賛」の解説は、「小川正子」の解説の一部です。
「称賛」を含む「小川正子」の記事については、「小川正子」の概要を参照ください。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:55 UTC 版)

E.T.」の記事における「称賛」の解説

第55回アカデミー賞では、作品賞を含む9部門ノミネートされた。作品賞監督賞脚本賞撮影賞・編集賞5部門は『ガンジー』が受賞したが、監督リチャード・アッテンボローは「E.T.が勝つというだけでなく、勝つべきだと確信していました独創的で、パワフルで素晴らし作品でした。私はもっと平凡な映画作っている」と述べたアカデミー賞では、作曲賞音響賞(ロバート・クヌッドソン、ロバート・グラス、ドン・ディジローラモ、ジーン・カンタメッサ)、音響効果編集賞(チャールズ・L・キャンベル、ベン・バレット)、視覚効果賞カルロ・ランバルディデニス・ミューレンケネス・F・スミス)の4部門を受賞した第40回ゴールデングローブ賞では、ドラマ部門作品賞作曲賞受賞し監督賞脚本賞ヘンリー・トーマス新人男優賞にもノミネートされた。サターン賞SF映画賞、脚本賞特殊効果賞音楽賞、ポスターアート賞を受賞しヘンリー・トーマス、ロバート・マクトン、ドリュー・バリモアはヤング・アーティスト賞を受賞した作曲家ジョン・ウィリアムズは、ゴールデングローブ賞サターン賞に加えグラミー賞2部門、BAFTA受賞したまた、日本のブルーリボン賞スペインのシネマライターズサークル賞、フランスセザール賞イタリアダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀外国語映画賞受賞するなど、海外でも高い評価受けたアメリカン・フィルム・インスティチュート調査では、この映画史上最高の映画24番目、最も心を打つ映画44番目、最も感動的な映画の6番目に選ばれている。他のAFI調査では、この映画最高の音楽スコア14番目、最高のSFスコア3番目と評価されている。 「E.T. phone home」というセリフは、AFIの「100年...100の映画名言」で15位、プレミア誌の「トップムービー名言」で48位にランクインしている。2005年イギリスチャンネル4が行った「100偉大なファミリー映画」の投票トップになり、タイム誌では「史上最高の映画100本」のひとつ挙げられている。 2003年エンターテインメント・ウィークリー誌はこの映画を8番目に涙を誘う作品とした。2007年、同誌は映画とテレビシリーズ両方対象とした調査で、過去25年間SFメディアの中で7番目に素晴らし作品とした。また、タイムズ紙映画の中で9番目好きなエイリアンとし、「大衆文化の中で最も愛されている非人間一人」とした。 また、1994年には「文化的歴史的美学的に重要な作品」としてアメリカ国立フィルム登録簿登録された。

※この「称賛」の解説は、「E.T.」の解説の一部です。
「称賛」を含む「E.T.」の記事については、「E.T.」の概要を参照ください。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 01:45 UTC 版)

不満研究事件」の記事における「称賛」の解説

ジョンズ・ホプキンズ大学のヤシャ・モンクは、著者がおとり論文準備すること賛成しなかったが、ポストモダン専門用語熟達し問題ジャーナル嘲笑しただけでなく、より重要なのは経済学のような、彼らが「倫理的に疑わしい」と見なす分野に対するおとり調査喜んで行いながら、自分たちの手に対する批判を受け入れることができないジェンダー研究二重規範明らかにしたと述べている。彼はまた、左派学者の間で引き出され部族的連帯の量」と、反応多く純粋に人身攻撃であり、おとり論文によって強調された実際の問題があることを事実として認識した人はほとんどいないという事実も指摘した。「ジェンダー研究のような分野主要なジャーナルいくつかは、真正な学問と、知的に空虚で倫理的なデタラメ区別できなかった」 。モンクまた、統計適用できない問題に統計導入しようとする混乱した試み」として、3人コントロール欠如しているとして受けた批判反論したジャスティンE・Hスミス3人挑発擁護し尊敬される学術分野貧弱な科学的方法暴露するために、おとり論文過去に使われた例を挙げた。「The Chronicle of Higher Education」誌において、このおとり論文は「科学論理否定」や「探究よりも行動主義称揚する」といった現代社会科学多くの病理暴くのに役立った指摘している。 ボゴシアン雇用主であるポートランド州立大学が、承認なしに人間対象とした研究行ったという理由で研究不正調査開始し、さらにデータ作成責任検討したところ、ハーバード大学心理学者スティーブン・ピンカーポートランド州立大学学生たち、多くの著名な学者が彼を支持する文章示し事件起こした動機擁護している。 進化生物学者リチャード・ドーキンスボゴシアン小説家比較しジョージ・オーウェル小説動物農場」は、動物が英語を話す能力に関する多くの虚偽」について批判される可能性がある指摘した彼は問いかけた。 .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}この行動起こしたあなたのユーモアのない同僚は、ポートランド州立大学学界笑いものになることを望んでいるのだろうか?それとも、少なくともボゴシアン博士彼の仲間風刺しているような気取った詐欺師汚染されていない真面目な科学的研究世界したいのでしょうか心理学者ジョナサン・ハイドは、大学調査は「この決定聞いたすべての人明らかな重大な倫理的誤り、つまり不正義であり、ポートランド大学大学一般に対す社会認識悪い影響を与えるだろう」と述べボゴシアンとその共著者は「知的詐欺容認する学術的な下位文化暴露することによって学問的な誠実さ支える、キャリア的にリスクのあるプロジェクト」を引き受け内部告発者結論付けている。 哲学者ダニエル・デネットは、ボゴシアンターゲットは「誠実に行われた彼の素晴らしい例」から「学問的誠実さついていくつかのことを学ぶことができる」と述べている。アラン・ソーカルトロント大学心理学者ジョーダン・ピーターソンボゴシアン支持している。国際的なトロツキズム主義者フォーラムWorld Socialist Web Site」のエリック・ロンドンは、おとり論文アイデンティティ政治産業ポストモダニズムに対するタイミング良い一撃」であると述べた

※この「称賛」の解説は、「不満研究事件」の解説の一部です。
「称賛」を含む「不満研究事件」の記事については、「不満研究事件」の概要を参照ください。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 21:25 UTC 版)

ジョン・ストッセル」の記事における「称賛」の解説

ノーベル経済学賞受賞者のミルトン・フリードマンは「ストッセルは、経済学を細かい所まで理解しているテレビコメンテーターというレア存在である」と称賛した。『フォーブス』誌編集者スティーブ・フォーブスは、ストッセル人を惹きつける魅力があり、「アメリカで最も敏腕勇敢なジャーナリスト一人」であると評価したジャーナリスト政治風刺家のP・Jオルーク英語版)は、ストッセルについて次のように述べている。 「 ……ジョン・ストッセル事実認定について。彼は定説破壊する真実探し求めあらゆる不合理に対し理性働かせ殊勝ぶった理想主義台無しにする……彼は気を狂わすほど狂っている。そして、ストッセルが語る度を越した物語は、度を越して面白い。 」 リバタリアン団体のAdvocates for Self Governmentは、ストッセル賞賛する記事掲載した。インディペンデント・インスティテュート(英語版)のリサーチアナリストのアンソニー・グレゴリー(英語版)は、ルー・ロックウェル(英語版)が運営するWebサイト「LewRockwell.com」に寄稿した記事において、ストッセルを「英雄的な悪党...メディア異端児であり、国家主義的順応主義的なマスメディアにおける自由の擁護者」と評したリバタリアン投資アナリストのマーク・スカウゼン(英語版)は、ストッセルについて「真のリバタリアンヒーロー」と述べている。

※この「称賛」の解説は、「ジョン・ストッセル」の解説の一部です。
「称賛」を含む「ジョン・ストッセル」の記事については、「ジョン・ストッセル」の概要を参照ください。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 01:27 UTC 版)

ジョナ・ヘックス (映画)」の記事における「称賛」の解説

本作は、2010年ヒューストン映画批評家協会協会授賞式英語版)で、その年の「最悪の作品」に選ばれた。さらに、第31回ゴールデンラズベリー賞では最低主演女優賞ミーガン・フォックス)、最低スクリーンカップル賞(ジョシュ・ブローリンの顔とミーガン・フォックス訛り)の2部門でノミネートされた。

※この「称賛」の解説は、「ジョナ・ヘックス (映画)」の解説の一部です。
「称賛」を含む「ジョナ・ヘックス (映画)」の記事については、「ジョナ・ヘックス (映画)」の概要を参照ください。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/15 13:45 UTC 版)

レイプ・ミー」の記事における「称賛」の解説

ランク #90 - Kerrang! の「100グレイテスト・ロック・トラックス・エヴァー」(1999年)。 ランク #10 - NME の「トップ20ニルヴァーナ・ソングス」(2004年)。

※この「称賛」の解説は、「レイプ・ミー」の解説の一部です。
「称賛」を含む「レイプ・ミー」の記事については、「レイプ・ミー」の概要を参照ください。


称賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 05:40 UTC 版)

伝説対決 -Arena of Valor-」の記事における「称賛」の解説

Arena of Valor第15回Game Audio Network Guild Awardsで「Best Music in a Casual/Social Game」を受賞し、「Best Original Instrumental」にノミネートされた。また2017年Hollywood Music in Media Awardsで「Original ScoreVideo Game」、NAVGTRアワードで「Original Dramatic Score, New IP」、2018年ゴールデンジョイスティックアワードで「Best Competitive Game」、ゲーマーズ・チョイス・アワードで「Fan Favorite Mobile Game」にノミネートされた。『Arena of Valor: Flip the World』は第9回Hollywood Music in Media Awardsで「Song/Score - Mobile Video Game」を受賞しゲーム自体と『王者栄耀2.0』は第10回Hollywood Music in Media Awardsで同部門にノミネートされた。本作また、Pocket Gamerのモバイルゲームアワードの「Best Mobile Sport」にノミネートされ一方王者栄耀2.0』は第18回Annual Game Audio Network Guild Awardsで「Best Music in a Casual Game」を受賞し、「Best Sound Design in a Causal/Social Game」にもノミネートされた。

※この「称賛」の解説は、「伝説対決 -Arena of Valor-」の解説の一部です。
「称賛」を含む「伝説対決 -Arena of Valor-」の記事については、「伝説対決 -Arena of Valor-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「称賛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

称賛

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 11:52 UTC 版)

名詞

(しょうさん)

  1. 褒め称えること。

動詞


「称賛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

称賛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



称賛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの称賛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小川正子 (改訂履歴)、E.T. (改訂履歴)、不満研究事件 (改訂履歴)、ジョン・ストッセル (改訂履歴)、ジョナ・ヘックス (映画) (改訂履歴)、レイプ・ミー (改訂履歴)、伝説対決 -Arena of Valor- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの称賛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS