特質とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 性質 > 特質の意味・解説 

とく‐しつ【特質】

読み方:とくしつ

そのものだけがもっている特別の性質特性。「雑誌の―を生かした報道

「特質」に似た言葉

特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 06:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「特質」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「特質」を含むページの一覧/「特質」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「特質」が役に立つかも知れません。

関連項目



特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 08:50 UTC 版)

今西家住宅」の記事における「特質」の解説

棟札残っているとともに屋根の棟の端部を飾る鬼瓦刻まれ刻銘鬼瓦銘)によって慶安3年1650年)の建立年代明らかであり、建物妻面には複数屋根稜線見え重ね妻の棟数の多い建物で、天守千鳥破風唐破風付けて外観立派に見せ手法同じであり、低い方の破風構造上必要性はまったくない。また、外部白漆喰塗により隠し軒下まで塗りあげ大壁構法を用い、城を思い起こさせる建築様式である。 大屋根、庇(ひさし)とも本瓦葺外壁大壁白漆喰仕上げられ正面には太い格子入っており、2階窓の格子は軒(のき)と同様塗籠られているは、細い幅の面を数多くつくって元の丸太の形をあまり変えない「瓜むき」といわれる加工法で、戦国時代の城建築の特色残している。 井桁組んだ太いの上に小屋束立て、貫(ぬき)で連結した豪壮な小屋組は、寺院庫裡見ているような錯覚をおこさせ、棟と直角に設けられ煙出し城郭彷彿させる。 平面形式約半分土間占め床上部分との境は鴨居敷居が突止溝(つきどめみぞ)と一本引きになっており、板戸入っている。この突止溝は他の間仕切りにも見られ城郭建築使われる技法である。これは、永禄年間1560年代)に建立されたときの名残であり、土間井戸残っているのも籠城考慮してものである床上内部では、帳台構え、各間仕切敷居鴨居突き止めであることなどが一階平面の特質である。 1階居室部は前述のとおり6間取りとなっており、そのうち4通りより南の4間(「なかのま」、「なんど」、「だいどころ」、仏間)が上段になっており、部屋境には太い上段付いている。「なかのま」は、古くは「おうえ」と言われた座敷で畳十畳敷きになっており賓客招じるに格好の間になっている。「なんど」との境に帳台構えがあるが、この種民家古式とどめた帳台構が完全な形残っている所は極めて少なく貴重な存在である。「なんど」への出入口は、帳台構え板戸開け一段上がったを跨いで入るのが建前となっていた。帳台構え出入口及び2段押入にはすべて「くろろ」(落とし)が付いていて、いずれも戸締り完全にできるようになっている他の部屋にも「くろろ」が付いており、外から遮断できるようになっている今井町このように「くろろ」が付いている住宅他に見当たらないことからして外敵からの防御を常に意識していたことが考えられる2階には床付き座敷あること注目される2階にこのような座敷造ることは、階級意識強かったこの頃では、上から人を見下げるということで一般民家には用いることが許されなかった。 現在、本建物建っている位置は、旧環濠集落西端にあって西の要といったことから外敵威嚇、あるいは防禦する意味において、城郭思わせる建築様式備えさせたものと思われるしたがって、本建物故意に北側道路上本町筋)に突出していて、2階座敷北と東の両面塗籠ぬりごめ)の連子窓れんじまど)を設け外敵見張りあるいは町内動向をさぐるに格好の所であったと思われる。 なお、身分制度などの規制強化した元和元年1615年)の武家諸法度発布から、規制緩和される元禄時代までに2階床の間式台があったことから、この家が武家であったことの証しとなっているのである内方高さが現行内方高さに合っており、畳寸法についても旧尺貫法長さ6尺3寸、巾3尺1寸5分現行京間の畳が使われている。 以上の特質のうち2階座敷式台上段除けば今井町現存する古い民家共通した構造形式用いているが、その中でも旧形をよく保存されてきたのは今西家住宅のみで、他の建物では随時改変されている。 本建物東南隅すなわち仏間南に2階屋(別間)が接続しているが、この2階屋も後補のものではなく、本建物同期ものであることがわかった。この2階屋は改変がはげしかったために、1957年昭和32年)の本建物指定調査際は、一応保留という形になっていた。再度調査で本建物同期のものであり、当然追加指定ということ考えられたが、内部改造のはげしかったことと、当主希望などもあって指定しないことにした別間構造形式は、主屋大差はないが、各部材の大きさ比例関係である木割り小さいことと、1階南端柱間には書院のような痕跡あることから、南8畳間の座敷は、書院形式のものであった仏間南現在押し入れのある個所は、もと東西長い4畳間であって、この4畳間から2階に上がっていた。2階は現在前記4畳間上部は現昇降口及び押入れ南に8畳間の座敷有しているが、もとは厨子形式のものであった。 この別間と向い合って西に三階主屋西側の濠沿いに下屋があり牢屋であったが、1927年昭和2年3月7日北丹後地震倒壊した

※この「特質」の解説は、「今西家住宅」の解説の一部です。
「特質」を含む「今西家住宅」の記事については、「今西家住宅」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 02:32 UTC 版)

関節技」の記事における「特質」の解説

関節技は技がかかれば梃子の原理で、かなりの体格差や体力の差があっても有効であるまた、痛み生じ程度の力を掛けるだけでは、それを解放すれば無傷である技が多いため、相手無傷で制圧しやすい。そのため、護身術逮捕術などでも重宝される極める動作は、殴る、倒すといった本能的な動作よりも技や骨格の理解求められるこういったフィジカルよりもテクニック優先される傾向から、関節技主体としたブラジリアン柔術は、ボクシングレスリングといった他の格闘技と比べて運動量少ない。そのため、ここ十年大きく競技人口伸ばしている。 ただし、関節無理な力が掛かって治癒しにくい靭帯断裂する(「関節折れる」と言う実際には靭帯が引き千切れ折れ曲がったり脱臼したりする)ことで後遺症として関節不安定になって正しく動作しなくなりその結果軟骨傷ついて変形性関節症半月板損傷引き起こしたり反復性脱臼陥るリスクがあり、関節骨折脱臼起こした場合は骨の変形壊死軟骨神経の損傷などで障害遺す危険がある。特に頸椎脊椎を極める技は重度の後遺症与えかねないため、多くの競技禁止されている。2006年2月11日にはアームロックで腕を骨折させ死亡させる事件起きた死因敗血症という血液内に細菌入り繁殖した態であるから骨折とは別に皮膚に傷がありそこから細菌入りこんだ、と考えられる)。

※この「特質」の解説は、「関節技」の解説の一部です。
「特質」を含む「関節技」の記事については、「関節技」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:01 UTC 版)

サイヤ人」の記事における「特質」の解説

惑星ベジータ」(旧「惑星プラント」)に住んでいた宇宙最強レベル戦闘種族。惑星サダラに住む民族だったが、内紛崩壊し放浪末に惑星プラント先住民族ツフル人から奪い取新たな母星とした。フリーザ軍にはサイヤ人より強い戦士数多く所属しているが、これは宇宙に住む突然変異含めた様々な種族から戦闘秀でた戦士選りすぐった結果であり、サイヤ人のように種族全体戦闘力が高い民族少ない。一人前戦士成長すれば最弱レベルラディッツでもスカウター戦闘力数値1500達する。これは地球人全てたった一人で恐怖どん底陥れたピッコロ大魔王初代)をも遥かに凌駕する大魔王公式戦闘力は260)。種族自体残忍性秘めており、古来より多くの星を襲い財を成すという乱暴で非道な生活を生業としていた。さらに、そのサイヤ人フリーザ軍力により配下にしていた。銀河パトロールでも子供の時以外は太刀打ちできず、人類だけを全滅させるウイルスばら撒く絶滅爆弾」も効かない。 彼らの文明使用している戦闘ジャケットフリーザ一味開発したもの で、軍に取込まれる前のサイヤ人皮製の鎧を着用していた。また、メディカルマシーンフリーザ一味開発したもの。鳥山説明では、スカウターは元々ツフル人発明した敵やから身を守るための装置だったが、これに目をつけたのが戦闘服宇宙船発明したフリーザ軍優秀な技師ギチャムであり、改造施して兵士たち攻撃運用使い始めたという。スカウター戦闘服宇宙船コルド軍の支給品である。劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』では、フリーザサイヤ人たちに偵察用のスカウトスコープに代わる新し戦闘アイテムとしてスカウター支給する場面がある。 純血サイヤ人の名前は全て野菜の名前から採られている。サイヤは野菜アナグラムであり、鳥山いわく「戦闘民族なら肉だろというのを逆手に取ったもの」とのこと土地(星)の転売屋であるサイヤ人モデルは「地上げ屋」であり、バブル全盛期である連載当時に連日新聞をにぎわせていたために出たアイデアとされる少数民族であり惑星ベジータ消滅前に全部で数千人あまりしかおらず、戦闘民族あるためにその数を大きく増やすことが難しいとされている鳥山明2014年インタビューで「サイヤ人はほとんどが下級戦士で、中級戦士はわずか10人ほど、上級戦士至っては王族であるベジータベジータ王のみ」と答えているが、2017年インタビューでは「ラディッツ上級戦士」と答えている。バーダック下級戦士としては上位にいるが中級戦士はなれていない。階級持って生まれた潜在的な戦闘力決められるが、その後に大きく戦闘力上がれば昇級が可能。

※この「特質」の解説は、「サイヤ人」の解説の一部です。
「特質」を含む「サイヤ人」の記事については、「サイヤ人」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 06:29 UTC 版)

第三セクター」の記事における「特質」の解説

宮木康夫による第三セクター効用[要出典] 利益追求目的とする手法ではなくもっぱら公共的事業をコストミニマムに実行するための手法である。 株式会社形態である利点活用することにより、第一セクターに係る収支改良多くの場合赤字軽減)が可能となる施主自治体)から付託され仕事公共領域)を、もっとも効果的効率的に実行するための、自主性をもったプロ集団である。

※この「特質」の解説は、「第三セクター」の解説の一部です。
「特質」を含む「第三セクター」の記事については、「第三セクター」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 19:04 UTC 版)

西洋哲学」の記事における「特質」の解説

西洋哲学の特質はギリシャ哲学ヘブライ信仰キリスト教信仰)をその基調に持つ点である。 紀元前6-7世紀哲学発生した地域としてギリシャソクラテスら)、北インド釈迦)、黄河流域孔子ら)を挙げることができる。世界をひとつの普遍的秩序において捉え神話囚われない自由な理性的思考至った点で、それらの地域共通するその上でギリシャ見られた特質とは、哲学的思考ユークリッド幾何学のような論理体系生み出すほどに鋭い「論理性」を求めたことである。プラトンは「哲学論理(ディアレクティケ)」と「弁論術(レトリケ)」を区別している。一方中国では論理性修辞中に取り込まれインドでは修辞排し論理性追求古代見られなかったとされる神話提起した問題提起哲学引き継ぐという現象は、いずれの地域でも見られた。しかし西洋哲学は、中世においてさらに高次神話というべきキリスト教相対することになったギリシャ哲学厳密な論理的手法特徴としていたため、両者緊張他に例を見ない強烈なものとなったキリスト教の神は世界人間余す所なく徹底的に支配するという点で、従来神の概念超越し普遍的秩序の原理すら内在化させた高次の神であったそれゆえ、特に中世初期には著しかったように、哲学理性)が信仰従属するという構図成り立ちえた。西洋哲学キリスト教神話から独立地位得はじめるのは、スコラ哲学全盛12-13世紀頃である。ルネサンスを、神話から哲学への二度目の再移行と見るならば、これも強い緊張長い期間を要するのだった

※この「特質」の解説は、「西洋哲学」の解説の一部です。
「特質」を含む「西洋哲学」の記事については、「西洋哲学」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 05:40 UTC 版)

紙幣」の記事における「特質」の解説

強制通用力有する紙幣銀行券)には次のような特質が認められる汎用性 あらゆる経済取引決済手段として利用されるという特質。 一般受容性 誰にでも受け取られるという特質。この点、使用目的限定されるプリペイドカード商品券には汎用性や一受容性認められない支払完了性 第三者金融機関など)の介在を必要とせずに、当事者間決済最終的に完了せしめるという特質。この点、クレジットカードなどとは異なる。 匿名性 いつ、どこで、だれが、どのような目的で用いたかが秘匿されるという特質。 コストおよびリスク 硬貨程ではないが、預金通貨電子マネーなどに比べ保管輸送大きなコストがかかり、紛失盗難焼失破損リスク高くなる

※この「特質」の解説は、「紙幣」の解説の一部です。
「特質」を含む「紙幣」の記事については、「紙幣」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 05:35 UTC 版)

たまきはる」の記事における「特質」の解説

鎌倉初期作者最晩年になってこうした回想録作ることとなった動機は、華美な平安時代御所有りようを知らない若い女房たちに当時の話をせがまれることが多いからであったことが序段に記されている。 そのため女房名寄せ宮廷行事進行平安当時服飾等について詳細に記されている。

※この「特質」の解説は、「たまきはる」の解説の一部です。
「特質」を含む「たまきはる」の記事については、「たまきはる」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 23:38 UTC 版)

フラミンゴ (彫像)」の記事における「特質」の解説

フラミンゴ重さ50トン鋼鉄製で、朱色塗られている。後にカルダーの赤」と呼ばれるうになるその朱色で塗ることにより、カルダー周囲の連邦政府センタービル(ミース・ファン・デル・ローエ設計)を含む黒の鋼鉄製オフィスビル群との対比試みたカルダー開発したこのスタビル呼ばれる芸術形式は、完全固定式抽象構造であり、空気の流れによって動くモビールとは正反対のものである

※この「特質」の解説は、「フラミンゴ (彫像)」の解説の一部です。
「特質」を含む「フラミンゴ (彫像)」の記事については、「フラミンゴ (彫像)」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:11 UTC 版)

論語集注」の記事における「特質」の解説

論語集注』では、『論語』に即して朱熹自らの思想語られる朱子同じく自著の『孟子集注と併せて「一字添えれず、一字減らせられぬ」と自負した書であり、道学周辺の儒学者論語解釈集め精髄をここにまとめている。 「集注」とあるだけあって、先行する諸学者の注を引用し集めたものに朱熹考え随時付した体裁になっており、道学者としての朱熹立場がよく現れている引用二程張載で、それぞれ程子」「張子」と敬称付して引用される二程に関しては、程顥程頤兄弟思想完全に同一とは言えないが区別していない。程顥程頤の語を一時に一人言ったかのように引用している箇所や、出典不明の箇所見られる。これは朱熹原典通りに一字一句正確に引用するよりも自己理解した内容ともかくも示そうとした態度現れであるまた、ほかの引用にもかなり混乱見られ朱熹典拠正確さより自身の解釈に的確かどうか厳密さ求めたといえる朱熹引用姿勢は、『朱子語類』にも見て取れる。 前輩解説、恐後学難曉。故『集注』尽撮其要、已説尽了、不須更去注脚外又添一段説話。只把這箇熟看、自然曉得、枉費心去外面思量。 — 『朱子語類』一九第六三条 朱熹先人解釈後学者には恐らく分かりづらいことに配慮し、『論語集注』ではその要旨のみを取り引用したうえで更に解説付す必要を無くしている。 また、集注』を巡る弟子質問朱熹応答では引用際に本文増減変改施しているのは先人の説に問題がある場合にそれにさらに注を付けるような煩瑣なことを避けるためである明言され、朱熹引用際に原文大幅に手を加えているのは自覚的になされたことが伺える

※この「特質」の解説は、「論語集注」の解説の一部です。
「特質」を含む「論語集注」の記事については、「論語集注」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 15:04 UTC 版)

Freemake Audio Converter」の記事における「特質」の解説

Freemake Audio Converterは、40以上の入力音声形式MP3WMAWAVFLACAACM4AOggAMRAC3AIFF 、M4Rなど)をサポートしている。WMAWAVFLACAACM4AOggAMRAC3AIFF 、M4R およびMP3 などの音声フォーマット間での音声変換容易に行えるデスクトップあるいはラップトップ・コンピュータから音声をポータブルメディアプレーヤ(ZuneCoby、SanDisc、SansaiRiverWalkmanArchos、GoGear)向けに簡単に変換することができる。 オーディオコンバータは曲のデータiPad用、iPhone用、iPod用に対応するM4A およびM4R音声形式変換し自動的にiTunesライブラリ変換されファイル追加しますまた、Freemake Audio Converter」は対象として読み込ん音声データの一覧を連結した態で1つオーディオファイル結合して出力することも可能であるフリーウェアは、DVDMP4AVIMPEGH.264MKVDIVXMOVWMVVOB3GPRMQTFLVなどの動画形式からのオーディオ抽出することができる。 「Freemake Audio Converter」のユーザーインターフェイスは、Windows Presentation Foundation技術に基づいている。

※この「特質」の解説は、「Freemake Audio Converter」の解説の一部です。
「特質」を含む「Freemake Audio Converter」の記事については、「Freemake Audio Converter」の概要を参照ください。


特質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 05:23 UTC 版)

桂園時代」の記事における「特質」の解説

日本史学者の千葉功は、桂園時代を「内政面外政面とも、戦前期日本における相対的安定期であった」とし、その体制の特質として率い陸軍官僚貴族院西園寺率い政友会との相互補完関係挙げている。 しかし、「桂園体制固定的かつ静態的なものではなく、鋭い対立関係内包するものであった」としている。また、政友会による永久政権目指す原敬にとってみれば西園寺内閣では不十分であったし、にとっても政友会との情意投合は常に政友会への譲歩行なわなければならない点であきたらなかった。まして、公爵昇りつめ、また日露戦争勝利により明治天皇信任篤くしていたは、自信深めており第2次西園寺内閣成立以後桂園体制破棄する方向進んでいった」としている。

※この「特質」の解説は、「桂園時代」の解説の一部です。
「特質」を含む「桂園時代」の記事については、「桂園時代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「特質」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

特質

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:21 UTC 版)

名詞

とくしつ

  1. そのものだけの持つ独特性質特性

発音(?)

と↗くしつ

翻訳


「特質」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



特質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特質」の関連用語

特質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特質のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの今西家住宅 (改訂履歴)、関節技 (改訂履歴)、サイヤ人 (改訂履歴)、第三セクター (改訂履歴)、西洋哲学 (改訂履歴)、紙幣 (改訂履歴)、たまきはる (改訂履歴)、フラミンゴ (彫像) (改訂履歴)、論語集注 (改訂履歴)、Freemake Audio Converter (改訂履歴)、桂園時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの特質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS