柱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > こま > の意味・解説 

じゅう〔ヂユウ〕【柱】

琵琶部分名称。胴の上部の細い頸(くび)の部分につけられた数個フレット。弦を支え左手でその上押さえて調音する。ちゅう。じ。


ちゅう【柱】

琴柱(ことじ)。

数学で、柱面または柱体のこと。「三角柱


ちゅう【柱】

[音]チュウ(慣) [訓]はしら

学習漢字3年

[一]チュウ

はしら。「円柱角柱支柱石柱鉄柱電柱氷柱(ひょうちゅう)・門柱

支えとなるもの。「柱石脊柱(せきちゅう)」

[二]〈はしら(ばしら)〉「柱時計貝柱床柱火柱帆柱大黒柱

難読琴柱(ことじ)・天柱(ちりけ)・氷柱(つらら)


じ〔ぢ〕【柱】

弦楽器部分品の名。弦を乗せ、その位置によって振動する弦の長さ調節し、また音を胴に伝えるもの。→琴柱(ことじ)

琵琶の柱(じゅう)のこと。


はしら【柱】

【一】[名]

地面礎石土台の上に垂直に立て屋根(はり)・床など上部荷重支える材。

縦に長く1形状したもの。「火の柱が立つ」「水柱

グループ中心となる人。頼りとなる者。「一家の柱」「チームの柱」

物事全体中心となるもの。「賃上げを柱に要求決定する」

書物欄外にある見出し

貝柱」の略。

【二】接尾助数詞神仏高貴な人、または遺骨などを数えるのに用いる。「二柱の神」「五柱の英霊

[下接語] 国の柱・心(しん)の柱・(つえ)柱(ばしら)埋(い)け込み柱・恵比須(えびす)柱・縁柱押さえ柱男柱・主(おも)柱・親柱貝柱・角(かく)柱・片蓋(かたふた)柱・門(かど)柱・蚊柱・粥(かゆ)柱・側(がわ)柱・狂言柱・管(くだ)柱・後見柱逆木(さかぎ)柱・逆(さか)柱・支え柱仕手(して)柱・四天柱四本柱霜柱・心(しん)柱・真柱・助(すけ)柱・須(す)柱・添え柱・袖(そで)柱・大黒柱大臣柱茶柱・束(つか)柱・電信柱通し柱床柱中柱橋柱鼻柱控え柱人柱火柱笛柱帆柱・間(ま)柱・丸木柱丸柱水柱宮柱目付(めつけ)柱・面皮(めんかわ)柱・門(もん)柱・脇(わき)柱(ぱしら)鼻っ柱


【柱】

〔名〕 弦楽器部分品の名。弦を乗せる役目のほか、動かして振動する弦の長さ調節し、発せられた音を胴体伝え役目をする。琵琶では、「ちゅう」または「じゅう」という。

玉葉嘉応二年(1170)閏四月二〇日「返上御琵琶於内、付直柱、又懸改緒也」


じゅう ヂュウ 【柱】

〔名〕 琵琶の棹の上に付けての上または際(きわ)を指で押え音の高さ変えるもの。じゅ。

胡琴教録13C初)上「ちうさすては、つねににぎるやうに見すべきなり」


ちゅう【柱】

〔名〕

① はしら。〔植学訳筌(1874)〕 〔史記刺客伝〕

② 琴や琵琶(びわ)の弦をささえ、音を調えるもの。→じゅう(柱)。〔書言字考節用集(1717)〕 〔簡文帝‐箏賦〕

数学で、柱面または柱体のこと。


はしら【柱】

1 〔名〕

建築物または橋・門鳥居・その他の工作物で、直立して上部荷重支え細長い材。支柱

書紀720仁徳元年正月前田本訓)「(はへき)、(うつはり)、柱(ハシラ)、楹(うたち)、飾(ゑかきかさ)らず」

源氏100114頃)賢木「かめにささせて、ひさしのはしらのもとにおしやらせ給ひつ」

帆柱電柱など、直立して物を支え持つ材。支柱

蜻蛉(974頃)上「丁のはしらにゆひつけたり小弓の矢とりて」

神霊依代(よりしろ)として立てる柱、または墓碑標柱など、物を支持する目的をもたない細長く直立した材。

古事記(712)上「其の島に天降り坐して、天の御柱(みはしら)を見立て

柱状に、細長く直立したものまた、柱のように支持の用をなすもの。特に、「貝柱」をさしていう場合もある。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)九「舌黒み鼻の(柱)欹(たふ)れ」

康頼本草(1379‐91頃)本草虫魚部上品集「海蛤 味苦鹹平无毒。不抅時採之。和波末久利乃波之良」

(5) 国・家・その他の団体集合体で、中心となってそれを支える人を、たとえていう。たよりとなる人。大黒柱支柱

平家13C前)五「ひらやなるむねもりいかにさわぐらむはしらとたのむすけをおとして」

(6) 全体支えとなる物事をたとえていう。中心となる重要な物事支柱となる物事。「日本文化の柱」

俳諧曠野(1689)八「摂待のはしら見たての陰〈釣〉」

(7) 洋装本欄外にある見出し書名、章名、主要項目などの書かれることが多い。

金紅樹の秘密(1955)〈城昌幸〉五「その本文欄外に刷ってある、ハシラを読んで」

(8) 和装本の各丁(ページ)の折り目に当たる所。【 】または 内に書名巻数丁数などが書かれる。版心。目。

(9) 粥の中に入れる餠。

(10)はなばしら鼻柱)③」の略。

2接尾神仏、または高貴な人を数えるのに用いる語。現代では、神格にだけ用いる。

古事記(712)上「此三柱(はしら)の神は」


はしら 【柱】


建築物構成要素地面に対して垂直の構造体を指す。用途、場所、役割によって呼び名異なり床の間に使う装飾的な柱を床柱、門を支えるものを門柱、塀を支える柱を控柱また、大壁真壁見せかけるための付け柱などとそれぞれに名称がある。特に、家の中心となるような太い柱は大黒柱呼ばれる由来昔の日本家屋の多く地震対策為に台所付近に太い柱が立ったため、厨房神様である大黒天なぞらえ、家を支える柱=大黒柱となったことに因るといわれる

柱(はしら)

建物上部からの荷重を下に伝える垂直の材。丸太組み構法ログハウス場合構造上なくてもよい部材であるが、ポスト&ビームなどの軸組み構法では、支え構造材として必要不可欠部材である。ちなみにポスト&ビームポストは柱、ビームという意味。

はしら 【柱】

一般直立して屋根上の荷重支える材。宗教的記念的・装飾的に建てられるものもある。西洋では多角柱を含む円柱コラム中世教会堂などにみられる壁柱などをピアと呼んで区別する。日本では神や霊を数える語とし、主人を「一家の柱」などというように、「中心」の意もある。また法隆寺などの古寺建築には中国経由オリエント建築様式がみられる。

作者稲垣瑞雄

収載図書風の匠
出版社岩波書店
刊行年月2006.9


読み方:はしら

  1. 教誨師牧師。〔第二類 人物風俗
  2. 教誨師牧師を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハシラ(hashira)

所在 愛知県岡崎市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 14:27 UTC 版)

(はしら)は、材を垂直に立てて建築物の支え(ささえ)としたもの。


  1. ^ 中村恒善編 『建築構造力学 図説・演習Ⅰ』(2版) 丸善、1994年、69頁。ISBN 4-621-03965-2 
  2. ^ a b c d e 三橋 正. “神様の数え方 -神様は「1柱、2柱…」で数える。何で?-”. 明星大学 人文学部 日本文化学科. 2020年2月11日閲覧。
  3. ^ a b c 小池 2015, p. 50.
  4. ^ 小池 2015, p. 51.
  5. ^ 小池 2015, p. 62.
  6. ^ デジタル大辞泉』 - コトバンク。2020年2月7日閲覧。
  7. ^ 『神道大辞典』 臨川書店、1996年、1144頁。ISBN 4-653-01347-0ISBN 978-4-653-01347-1 
  8. ^ 「土木学会西部支部沖縄会 第5回技術研究発表会」琉球大学研究者交流会館・50周年記念会館、2021年1月6日閲覧。


「柱」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:39 UTC 版)

発音(?)

接尾辞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



柱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柱」の関連用語


2
98% |||||

3
98% |||||

4
96% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||


9
76% |||||

10
76% |||||

柱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



柱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS