縁側とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 縁側の意味・解説 

えん‐がわ〔‐がは〕【縁側】

「縁(えん)6」に同じ。

のひれの基部にある骨。担鰭骨(たんきこつ)のこと。また、カレイヒラメ背びれしりびれ付け根にある肉。


えん‐がわ ‥がは 【縁側・椽側・縁頬】

〔名〕

住宅などで部屋外側設け板敷廊下上がり口などをも兼ね日本家屋特有のもの。戸外との境に雨戸ガラス戸立てるものとそれのない濡れ縁とがある。形式により、榑縁(くれえん)、切れ目縁など多く種類がある。縁。

南方録(17C後)書院塵壺を〈略〉休は無用のよしにて、休の書院にても縁がわの隅の、ぬめ板にをかれたり

江戸時代奉行所法廷一部

与力同心諸勤方之覚(江戸中‐後か)「一御目見以下御家人陪臣出家山伏検校勾当椽頬出し

江戸時代登城した武士の詰め所となり、また、御目見人の披露などの行なわれた場所。江戸城大広間菊之間、御黒書院御白書院、御右筆部屋などにあった。

禁令考‐前集第四・巻三八寛延二年(1749)三月二〇日「一御黒書院右於御縁頬、御目見御奏者番披露

魚類のひれの基部にある骨。担鰭骨(たんきこつ)。

(5) ④にある肉の部分。特にカレイヒラメ類にいう。

湯島詣(1899)〈泉鏡花〉四「比良目は縁側に限る」


縁側

家の建物の縁(へり)部分張り出し設けられた板敷き状の通路の事。庭等外部から直接屋内上がる用途ももつ。室内屋外とを繋ぐ機能があり、日本建築の持つ、空間仕切る意識希薄な独特の曖昧さ作り出す事が出来る。

縁側(えんがわ)

建物畳敷き部屋外側にある板張りスペースのこと。単に「縁」とも呼ぶ。近世になり、建物内外の境に建具取り付けるようになってから、室内にあるものを「縁側」、外部にあるものを「濡れ縁」と呼び分けようになった現代住宅では、ほとんど見ることがなくなったスペースでもある。

縁側

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:10 UTC 版)

縁側(えんがわ)は、の建物の縁(へり)部分に張り出して設けられた板敷き状の通路である。庭等外部から直接屋内に上がる用途ももつ。縁側は日本建築(日本家屋)に独特のものだが、西洋建築(欧風建築)にみられるウッドデッキベランダテラス、ポーチ、バルコニーなどは縁側に意匠的には似ている[1][2]




「縁側」の続きの解説一覧



縁側と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「縁側」の関連用語

縁側のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



縁側のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2021 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの縁側 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS