ししおどしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > ししおどしの意味・解説 

しし おどし [3] 【鹿し】

添水(そうず) 」に同じ。
田畑に来る鳥獣追い払うための装置添水鳴子など。

ししおどし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/28 00:13 UTC 版)

ししおどし(鹿威し)とは、農業などに被害を与える鳥獣を威嚇し、追い払うために設けられる装置類の総称。かかし鳴子、その中でも特に添水を指す。「鹿脅し」、「獅子脅し」や「獅子威し」とも書かれるが本来は「鹿威し」である(ニホンジカ#狩猟獣としてのシカを参照)。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鹿おどし(ししおどし) Archived 2014年3月20日, at the Wayback Machine. 水資源機構


「ししおどし」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ししおどし」の関連用語

ししおどしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

芦津水辺の森

たけひきのこ

燧ケ岳

KTM 990 SuperDuke

ノギス

半潜水型ターレット荷役

インディゴ

T-400





ししおどしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのししおどし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS