鹿威しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 鹿威しの意味・解説 

しし おどし [3] 【鹿し】

添水そうず」に同じ。
田畑に来る鳥獣追い払うための装置添水鳴子など。

鹿威し

作者坂東眞砂子

収載図書春話二十六夜 月待ちの恋
出版社新潮社
刊行年月2004.10

収載図書春話二十六夜 月待ちの恋
出版社新潮社
刊行年月2007.8
シリーズ名新潮文庫


ししおどし

(鹿威し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/28 00:13 UTC 版)

ししおどし(鹿威し)とは、農業などに被害を与える鳥獣を威嚇し、追い払うために設けられる装置類の総称。かかし鳴子、その中でも特に添水を指す。「鹿脅し」、「獅子脅し」や「獅子威し」とも書かれるが本来は「鹿威し」である(ニホンジカ#狩猟獣としてのシカを参照)。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鹿おどし(ししおどし) Archived 2014年3月20日, at the Wayback Machine. 水資源機構


「ししおどし」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鹿威し」の関連用語

鹿威しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鹿威しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのししおどし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS