温室とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > 温室の意味・解説 

おん‐しつ〔ヲン‐〕【温室】

読み方:おんしつ

内部温度一定保てるように設備したガラスビニール張り建物。《 冬》

「温室」に似た言葉

うんしつ 【温室】

昔、仏教寺院設けられ浴室をいう。ユヤとも読んだ病人貧窮者開放した。洗浴の功徳説いた『温室洗浴衆僧経』がある。

温室

作者東範子

収載図書かえり坂
出版社近代文芸社
刊行年月1993.12


温室

作者藤村裕香

収載図書ブラディ鬼退治シリーズ 2
出版社二見書房
刊行年月1999.10
シリーズ名二見シャレード文庫


温室

作者安懷南

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集19391945 創作篇 3
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


温室

熱帯亜熱帯生まれの、寒さに弱い植物を、冬期低温から守るために、内部温度高められるようにした入れ物冬期暖房器具必要とする。(greenhouseglasshouse) ⇔冷室
さまざまな種類ラン栽培している温室を「雑居温室」という。
温室の利点
居宅室内に比べ水やりしやすいなど、管理作業しやすい
居宅室内に比べ日光充分当てられる
居宅室内に比べ温度湿度保ちやすい。
温室の種類
①温室の設置場所による分類
独立温室、サンルーム型温室
②温室の屋根型式による分類
屋根型、スリークォーター型(3/4式、半片屋根型)、片屋根型、
③温室の床の型式による分類
地上型標準型)、腰高型、掘り下げ式(半地下型)、地下型。
④温室の構造材による分類
木造温室、鉄骨温室、アルミニウム温室。
⑤温室の被覆材による分類
ガラス温室、ビニール温室、ポリカーボネート温室、アクリル温室、硬質ビニール温室、ファイロン温室。
⑥温室の広さによる分類
小型温室(1~3坪)、中型温室(4~10坪)、大型温室(10坪以上)
※『温室&サンルーム園芸楽しむ本』(江尻光一監修主婦と生活社)に詳しく説明されている。

温室

読み方:オンシツ(onshitsu)

室内温度高め設備のあるガラス張りなどの建物

季節

分類 人事


温室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 09:46 UTC 版)

温室(おんしつ)とは、内部の温度を一定に保てるようにしたガラスプラスチックフィルムなどで作られた建物。多くの場合、温度を上げることで、農家が農作物を栽培するために使用する他、植物園で暖かい地方の植物を展示・研究するのに利用される[1]


  1. ^ 一例として、熱川バナナワニ園


「温室」の続きの解説一覧

温室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/22 21:11 UTC 版)

アメリカ植物庭園」の記事における「温室」の解説

園内の温室はそれぞれ、「ガーデン・コート」、「希少種絶滅危惧種」、「植物探検」、「園」、「薬用植物」、「砂漠」、「オアシス」、「原始庭園」、「環境適応植物」、「ジャングル」の10個ある「部屋」と、「こども庭園」、「瞑想中庭Southern Exposure南向き)」の2つ中庭構成されている。こうした数々の部屋独特な植物強調している他、植物庭園目指す目標を示すものでもある園内で最も広い区域ジャングル部屋であり、上部を覆う樹木林冠下から上から見えるよう2階通路設けられている。 また園内エアコン設備がなく、オアシス部分管理室保護している。各部屋はコンピューターによって制御されているセンサーによって、室内環境植物にとって最善の状態に保たれるよう厳重に監視されている。湿度日光及び気温散布させるシステムや、収縮可能なブラインド、動く窓により調整されている。更に園内にある全植物は、人の手によって給水されている

※この「温室」の解説は、「アメリカ植物庭園」の解説の一部です。
「温室」を含む「アメリカ植物庭園」の記事については、「アメリカ植物庭園」の概要を参照ください。


温室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 01:19 UTC 版)

トレイン・シェッド」の記事における「温室」の解説

ヨーロッパにおける初期のトレイン・シェッド建築には、温室の建築大きな影響与えている。温室は、高い屋根覆われた広い空間として、技術的にトレイン・シェッド似たものである。それだけでなく、温室は本来は田園属するべき植物を、都市の中に取り入れるための建物でもあった。この意味で駅のトレイン・シェッドは温室と同じ目的を持つ建物であるといえるトレイン・シェッド建築大きな影響与えた水晶宮も、内部に自然の樹木取り込んでおり、温室としての性格を持つ。またマドリッドアトーチャ駅では、使われなくなったトレイン・シェッドスペイン南部植物展示する植物園として用いられている。 18世紀の温室 水晶宮 マドリッド・アトーチャ駅(1981年撮影アトーチャ駅トレイン・シェッド2005年撮影

※この「温室」の解説は、「トレイン・シェッド」の解説の一部です。
「温室」を含む「トレイン・シェッド」の記事については、「トレイン・シェッド」の概要を参照ください。


温室(光 → 熱)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:41 UTC 版)

再生可能エネルギー」の記事における「温室(光 → 熱)」の解説

太陽熱取り込み逃がさないことで保温を行う。ガラスビニール製のものを地上設置する場合が多いが、地面に穴を掘って採光部以外を地下設置することで土の断熱効果地中熱による保温効果得たり蓄熱壁 (trombe wall) で囲うことにより保温性大幅に高めた太陽温室(日光温室)[要出典]がある。パッシブソーラー共通する方法である。

※この「温室(光 → 熱)」の解説は、「再生可能エネルギー」の解説の一部です。
「温室(光 → 熱)」を含む「再生可能エネルギー」の記事については、「再生可能エネルギー」の概要を参照ください。


温室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 20:19 UTC 版)

パリ植物園」の記事における「温室」の解説

金属製骨組の温室3棟が、大広場に沿って並んでいるそのうち次の2棟公開されている。 冬温室 (750m2) は、温暖(22 °C)多湿である。このアールデコ様式の温室は、建築家ルネ・ベルジェ (René Berger) の作品である(1937年)。蔓性植物イチジクヤシバナナがある。 メキシコ温室は、フランスにおける金属建築先駆者ロオル・ド・フリュリ (Rohault de Fleury) の作品である(1834年 - 1836年)。アメリカ南部アフリカ及びマダガスカルでの乾燥環境固有なサボテントウダイグサリュウゼツラン (竜舌蘭)、更にはアボカドの木コーヒーの木又はコショウ(胡椒)科等の植物種再編成してある。 三番目は、やはりロオル・ド・フリュリが設計したオーストラリア温室である。この温室は、2004年現在修理のため無期閉鎖中である。

※この「温室」の解説は、「パリ植物園」の解説の一部です。
「温室」を含む「パリ植物園」の記事については、「パリ植物園」の概要を参照ください。


温室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 14:00 UTC 版)

千葉市花の美術館」の記事における「温室」の解説

熱帯・亜熱帯植物や、洋ラン栽培されている。

※この「温室」の解説は、「千葉市花の美術館」の解説の一部です。
「温室」を含む「千葉市花の美術館」の記事については、「千葉市花の美術館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「温室」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

温室

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 03:15 UTC 版)

名詞

おんしつ

  1. 植物栽培するなどの目的で保温設備をした建物

関連語

翻訳


「温室」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



温室と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

温室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



温室のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの温室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ植物庭園 (改訂履歴)、トレイン・シェッド (改訂履歴)、再生可能エネルギー (改訂履歴)、パリ植物園 (改訂履歴)、千葉市花の美術館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの温室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS