功徳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 功徳の意味・解説 

く‐どく【功徳】

読み方:くどく

仏語

現世来世に幸福をもたらすもとになる善行善根。「―を施す」

神仏恵み御利益(ごりやく)。

[補説] 「こうとく」と読めば別語


こう‐とく【功徳】

読み方:こうとく

功績徳行

[補説] 「くどく」と読めば別語


功徳

読み方:クドク(kudoku)

よい果報得られるような善行


功徳

読み方:クドク(kudoku)

人間内面たくわえられた、すぐれた徳のこと。


功徳

作者車谷長吉

収載図書白痴群
出版社新潮社
刊行年月2000.11

収載図書武蔵丸
出版社新潮社
刊行年月2004.5
シリーズ名新潮文庫


功徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 08:56 UTC 版)

功徳(くどく)とは、仏教用語、または神社仏閣における用語、あるいはキリスト教神学の用語である。




注釈

  1. ^ 善い果報を得られる善行という意味での功徳は、普通は供養布施のことを指す[1]
  2. ^ 利生(りしょう)ともいう[3]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 功徳(くどく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c 利益(りやく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。
  3. ^ 利生(リショウ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。


「功徳」の続きの解説一覧

功徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 15:06 UTC 版)

ガネーシャ」の記事における「功徳」の解説

あらゆる障害を除くことから新し事業などを始めにあたって信仰され除災厄除財運上で信仰集めている。また智慧学問の神でもあり、学生にも霊験豊かとされる祈祷を始めとしてあらゆる開始にあたってまずガネーシャ祈りを捧げると良いとされる。特に「富の神様」としてインド中心に人気高くインド店先には必ずといってよいほどガネーシャ像が置かれ偶像崇拝禁止しているイスラム教徒の店にもみられるほどである。一般人も、祝い事ガネーシャカード送ったり、車のダッシュボード置いたりする風景はよく見られる

※この「功徳」の解説は、「ガネーシャ」の解説の一部です。
「功徳」を含む「ガネーシャ」の記事については、「ガネーシャ」の概要を参照ください。


功徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 07:18 UTC 版)

烏枢沙摩明王」の記事における「功徳」の解説

烈火をもって不浄浄化する明王として知られ寺院便所祀られることが多い。 また、この明王胎内にいる女児男児変化させるを持っていると言われ男児求めた平安時代公家広く信仰されてきた。 静岡県伊豆市明徳寺などでは、烏枢沙摩明王下半身の病に霊験あらたかであるとの信仰がある。

※この「功徳」の解説は、「烏枢沙摩明王」の解説の一部です。
「功徳」を含む「烏枢沙摩明王」の記事については、「烏枢沙摩明王」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「功徳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

功徳

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 11:31 UTC 版)

この単語漢字

第四学年
とく > どく
第四学年
呉音 音読み
この単語漢字
こう
第四学年
とく
第四学年
音読み 音読み

発音

く↘どく
こ↗ーとく

名詞

  1. くどく (仏教) 現世来世良い報い受けるような善行
  2. こうとく功績徳行

「功徳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



功徳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「功徳」の関連用語

功徳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



功徳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの功徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガネーシャ (改訂履歴)、烏枢沙摩明王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの功徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS