功徳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 功徳の意味・解説 

こう‐とく【功徳】

功績徳行

[補説] 「くどく」と読めば別語


く‐どく【功徳】

仏語

現世来世に幸福をもたらすもとになる善行善根。「功徳を施す」

神仏恵み御利益(ごりやく)。

[補説] 「こうとく」と読めば別語


功徳

読み方:クドク(kudoku)

よい果報を得られるような善行


功徳

読み方:クドク(kudoku)

人間内面たくわえられた、すぐれた徳のこと。


功徳

作者車谷長吉

収載図書白痴群
出版社新潮社
刊行年月2000.11

収載図書武蔵丸
出版社新潮社
刊行年月2004.5
シリーズ名新潮文庫


功徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 08:56 UTC 版)

功徳(くどく)とは、仏教用語、または神社仏閣における用語、あるいはキリスト教神学の用語である。




注釈

  1. ^ 善い果報を得られる善行という意味での功徳は、普通は供養布施のことを指す[1]
  2. ^ 利生(りしょう)ともいう[3]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 功徳(くどく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c 利益(りやく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。
  3. ^ 利生(リショウ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月23日閲覧。


「功徳」の続きの解説一覧



功徳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「功徳」の関連用語

功徳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



功徳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの功徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS