大蔵経とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 経典 > 大蔵経 > 大蔵経の意味・解説 

だいぞう‐きょう〔ダイザウキヤウ〕【大蔵経】

仏教聖典総集したもの。経・律・論の三蔵中心に、それらの注釈書を加えたもの。一切経(いっさいきょう)。蔵経


大蔵経

読み方:ダイゾウキョウ(daizoukyou)

仏教聖典総集したもの

別名 一切経三蔵


だいぞうきょう 【大蔵経】

一切経または蔵経とも。経・律・論の三蔵中心に、これにいくらか中国撰述加え一大仏教叢書をいう。中国隋代以降呼称一切経の名は南北朝以降)。パーリ語漢語チベット語蒙古語満州語日本語西夏語散逸)など諸国語の大蔵経があり、南方諸国伝えられたパーリ語のを日本では南伝大蔵経といっている。大蔵経に編入されない仏典外という。日本では漢語漢訳)大蔵経が幾種類出版されているが、大正末から昭和初めにかけて出された大正新脩大蔵経が有名であり、また国訳大蔵経国訳一切経などもあって重宝がられている。外については、江戸中期鳳潭が『扶桑現存目録』を著し明治時代には『大日本続蔵経』が出ている。→ 三蔵 南伝大蔵経 高麗大蔵経 鳳潭

大蔵経(元版)

主名称: 大蔵経(元版
指定番号 128
枝番 00
指定年月日 1899.08.01(明治32.08.01)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 5428帖
時代区分
年代
検索年代
解説文: 時代作品

大蔵経〈宋版五千百五十七帖/和版 百十一帖/写本百九十五帖〉

主名称: 大蔵経〈宋版五千五十七帖/和版 百十一帖/写本九十五帖〉
指定番号 473
枝番 00
指定年月日 1939.05.27(昭和14.05.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 5463帖
時代区分 南宋
年代
検索年代
解説文: 南宋時代作品

大蔵経〈/中版本六冊〉

主名称: 大蔵経〈/中版本六冊〉
指定番号 608
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2018
時代区分 奈良南北朝
年代
検索年代
解説文: 奈良南北朝時代作品
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  大般若経音義  大蔵経  大蔵経  大蔵経  大蔵経宋版 五千三百五十六箇 五千八百四十七巻  大覚禅師墨蹟  大覚禅師墨蹟



大蔵経と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大蔵経」の関連用語

大蔵経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大蔵経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS