年代とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > まとまり > 年代の意味・解説 

ねん‐だい【年代】

経過してきた年月。「年代を経た樹木

時の流れをあるまとまり区切った期間。「一九五〇年代」

紀元から順に数え年数。「年代順整理する」

年齢層世代。「同じ年代の人」「年代の差を感じる」


ねん‐だい【年代】

〔名〕

経過してきた年月時代

続日本紀神亀元年(724)一〇月丁亥朔「詔報曰。白鳳以来朱雀以前。年代玄遠。尋問難明」

雲は天才である(1906)〈石川啄木〉一「古風小形の窓も、年代の故で歪んだ椅子も」〔謝霊運‐会吟行

時の流れをある呼称用いて区切った一時期時代また、経過する時を、紀元から数えて一〇年、あるいは一〇〇年を単位として区切ったその一区切り

万葉(8C後)九・一六六七・左注「但歌辞小換、年代相違、因以累載

紀元から順に数え年数

*父(1916)〈芥川龍之介〉「あいつは試験の時と云ふと歴史の年代をみんな爪へ書いて行くんだって

同じ年齢、または近接する年齢の人の横のひろがり年齢層世代

故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉八「図の空白個所が我々の年代で、すなわち、我々の年代は空白である」


年代

読み方:ネンダイ(nendai)

所在 富山県南砺市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒939-1514  富山県南砺市年代

年代

名字 読み方
年代ねんだい
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

年代

読み方
年代としろ
年代ねんだい

年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 14:23 UTC 版)

年代(ねんだい)は単独で数多く存在するを、近接する年の集まりで区切ったもの。下記のような形で用いられる。


  1. ^ 1926年の日本の元号12月25日までは大正(15年)で、その日からは昭和
  2. ^ a b 1989年の日本の元号1月7日までは昭和(64年)で、1月8日からは平成
  3. ^ a b 2019年の日本の元号4月30日までは平成(31年)で、5月1日からは令和


「年代」の続きの解説一覧

年代

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 17:16 UTC 版)

名詞

 ねんだい

  1. 時間を年単位尺度分別した期間、時代
  2. 単位意識される時期

接尾辞

 ねんだい

  1. 10又は100倍数西暦又は和暦等に付して、そこから概ね10年間又は100年間の期間を表し、その期間に共通する特徴等を述べるのに用いる。



年代と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「年代」に関係したコラム

  • CFDのココア取引とは

    ココアは、カカオ豆から作られる食品です。チョコレートもカカオ豆から作られます。カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。カカオの主な生産地域は西アフリカや...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年代」の関連用語

1
74% |||||

2
74% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||

7
74% |||||

8
74% |||||

9
74% |||||

10
74% |||||

年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2021 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS