12月25日とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 12月25日の意味・解説 

12月25日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/12 19:58 UTC 版)

12月25日(じゅうにがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から359日目(閏年では360日目)にあたり、年末まであと6日ある。この日はクリスマスである。


注釈

  1. ^ GOSICK -ゴシック-の登場人物より借用。

出典

  1. ^ Halley’s Comet and Christmas Day”. University of Otago (2013年12月23日). 2023年12月25日閲覧。
  2. ^ JR羽越線脱線事故から17年 関係者が発生時間に合わせ黙とう”. TV-U YAMAGATA INC. (2022年12月26日). 2023年12月25日閲覧。
  3. ^ NW航空機爆破未遂事件、ナイジェリア人被告に終身刑”. AFP BB News (2017年2月17日). 2023年12月25日閲覧。
  4. ^ 秋元司衆院議員、カジノめぐり収賄の疑いで逮捕”. BBC NEWS JAPAN (2019年12月26日). 2023年12月25日閲覧。
  5. ^ 夏八木勲さん死去 映画ドラマで名脇役”. 日刊スポーツ (2013年5月12日). 2023年12月25日閲覧。
  6. ^ 影山 灯”. IAMエージェンシー. 2023年12月25日閲覧。
  7. ^ 鴻池祥肇 参院議員が死去 小泉内閣で防災担当大臣”. NHK (2018年12月26日). 2023年12月25日閲覧。
  8. ^ 村岡兼造氏が死去 元官房長官”. 日本経済新聞 (2019年12月25日). 2023年12月25日閲覧。
  9. ^ K.C.ジョーンズ氏が死去、88歳 NBAセルティックスのレジェンド”. AFP BB News (2020年12月26日). 2023年12月25日閲覧。
  10. ^ “最強プロレスラー”ダニー・ホッジさん死去 テーズ、BI砲にも勝利”. デイリースポーツ (2020年12月27日). 2023年12月25日閲覧。
  11. ^ 最も影響力のあるブルーグラス・ギタリストの一人、トニー・ライスが死去”. amass.jp (2020年12月27日). 2023年12月25日閲覧。


「12月25日」の続きの解説一覧

「12月25日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「12月25日」の関連用語

12月25日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



12月25日のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの12月25日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS