クリスマスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 祭り > クリスマスの意味・解説 

クリスマス【Christmas/Xmas】

イエス=キリスト誕生を祝う祭り12月25日行われる多く民族の間にみられた、太陽再生を祝う冬至祭り融合したものといわれる聖誕祭降誕祭。《 冬》「ほんもの(もみ)は嵐や―/正雄」

[補説] 「Xマス」とも書く。


マルティヌー:クリスマス

英語表記/番号出版情報
マルティヌー:クリスマスLe Noël作曲年: 1927年  出版年: 1931年  初版出版地/出版社Urbánek 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1  Le traineau 1分00 No Image
2 子どものための子守歌 Berceuse enfantine 2分00 No Image
3 クリスマスの歌 Chant de Noël2分30 No Image

クリスマス

作者森瑤子

収載図書カサノバのためいき世にも短い物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1988.3


クリスマス

作者ジョン・マクガハン

収載図書男の事情 女の事情
出版社国書刊行会
刊行年月2004.6


クリスマス

作者加藤千恵

収載図書ゆるいカーブ
出版社スリーエーネットワーク
刊行年月2006.11


クリスマス

作者シメリョフ

収載図書CDブック ロシアクリスマス物語
出版社群像社
刊行年月2006.12


クリスマス

作者アーダルベルト・シュティフター

収載図書書き込みのある樅の木
出版社松籟社
刊行年月2008.12
シリーズ名シュティフター・コレクション


クリスマス―嵐のち晴れ


クリスマス―イヴ

作者大宮

収載図書夜空を駆ける大宮作品集 新版
出版社せせらぎ書房
刊行年月2007.9


クリスマス(ベイビー・プリーズ・カム・ホーム)

作者マーク・ティムリン

収載図書ロンドン・ノワール
出版社扶桑社
刊行年月2003.10
シリーズ名扶桑社ミステリー


クリスマス

作者伊佐山ひろ子

収載図書排・卵周・期
出版社マガジンハウス
刊行年月1991.6


クリスマス

作者マイケル・プレモンズ

収載図書SUDDEN FICTION超短編小説70
出版社文芸春秋
刊行年月1994.1
シリーズ名文春文庫


クリスマス

作者横森理香

収載図書マニアックラブ
出版社幻冬舎
刊行年月1997.3


クリスマス

作者うすいたかし

収載図書ショートストーリー召し上れ
出版社郁朋社
刊行年月1997.11


クリスマス

作者イワン・セルゲーエヴィチ・シメリョフ

収載図書ロシアクリスマス物語
出版社群像社
刊行年月1997.12


クリスマス

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ロシアクリスマス物語
出版社群像社
刊行年月1997.12

収載図書ナボコフ短篇全集 1
出版社作品社
刊行年月2000.12


クリスマス

作者川上弘美

収載図書神様
出版社中央公論社
刊行年月1998.9

収載図書神様
出版社中央公論新社
刊行年月2001.10
シリーズ名中公文庫


クリスマス

作者村上龍

収載図書どこにでもある場所とどこにもいないわたし
出版社文藝春秋
刊行年月2003.4

収載図書とおくはなれてそばにいて村上龍恋愛短編選集
出版社ベストセラーズ
刊行年月2003.12

収載図書空港にて
出版社文藝春秋
刊行年月2005.5
シリーズ名文春文庫


クリスマス

名前 Christmas

クリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 01:56 UTC 版)

クリスマス: Christmas)は「キリストのミサ」という意味で、一部の教派が行うイエス・キリストの降誕祭[1]。あくまで誕生を祝う日であって、イエス・キリストの誕生日ではない[2]。(イエス・キリストの誕生日は紀元前3年9月11日)




注釈

  1. ^ 一部の教派で、「誕生」ではなく「降誕」の語を用いる。
  2. ^ a b マドリード首都圏での発音。
  3. ^ イスラム教の預言者生誕祭は年の前半で、ヒジュラ暦に基づく
  4. ^ これを記念し、山口市では1997年より「日本のクリスマスは山口から」というイベントを開催している。
  5. ^ 先帝祭は休日から外されてしまったものの、宮中祭祀では変わることなく行われている。1989年(昭和64年)1月7日の昭和天皇崩御に伴い、平成時代の先帝祭にあたる昭和天皇祭が、ユリウス暦を採用する正教会のクリスマスと同日の1月7日となり、2代続けてクリスマスにまつわる日となっている。
  6. ^ カトリック教圏では、クリスマスプレゼントはクリスマス期間初日の12月25日ではなく、12日目の最終日である1月6日に渡されることが多い[要出典]アルメニア教会では1月6日当日がクリスマスにあたる。
  7. ^ 2020年に限り、新型コロナウイルス感染症蔓延のため、「直接参加は会衆のみ」の注意が各地で出た。代わりにインターネットでの動画配信が普及している
  8. ^ イタリアは言うまでもなくカトリックの総本山・バチカンを抱える。

出典

  1. ^ クリスマス』 - コトバンク
  2. ^ a b キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版
  3. ^ 百貨店業界など小売業界を中心に盛大に祝われる。東京ディズニーリゾートにとっても重要なお祭りである。 質問:クリスマスは12月25日?ロシアでは1月7日に祝うと聞いたのですがニコライ堂
  4. ^ 正教会では降誕祭は1月7日で祝われると教えられましたが、教会の予定表では12月25日ですね、どうしてですか名古屋ハリストス正教会
  5. ^ 正教会の出典:正教会の復活祭 2003年復活祭フォトレポート名古屋ハリストス正教会
  6. ^ カトリック教会の出典:四旬節 断食(大斎・小斎) カーニバルカトリック中央協議会
  7. ^ 聖公会の出典:復活祭を迎える日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)
  8. ^ プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版
  9. ^ 3. なぜ12月25日にイエスの誕生を祝うのですか。」『』。2018年4月6日閲覧。
  10. ^ 八木谷涼子:キリスト教の歳時記 - 知っておきたい教会の文化、p.47、講談社、ISBN 978-4-06-292404-7、2016年12月9日 「イエスがいつ生まれたかを正確に特定できる記録は一切残っておらず、従って、ナザレのイエスが実際にこの日に生まれた、と主張するクリスチャンは(子供を除いては)存在しない。あくまで12月25日は、イエスの誕生を記念する日なのである。」
  11. ^ Laudate | キリスト教マメ知識 女子パウロ会
  12. ^ a b 許油「釈迦とイエスに関する類似性と差異性について」『アジア・キリスト教・多元性 現代キリスト教思想研究会』第3号、京都大学キリスト教学研究室、2005年、 pp. 97-99。
  13. ^ クリスマスってどういう日? チコちゃんに叱られる!、木村正裕による説明、NHK、2018年12月21日放送[信頼性要検証]
  14. ^ Expose'; Ten Facts About the Christmas Holiday 3. Christmas Instituted by The Council of Nicea in 325AD、 「In 325 A.D. Emperor Constantine called together the Council of Nicea which was in essence the first council of the Roman Catholic church. At this council meeting, it was decided that December 25th, the well-known pagan holiday dedicated to Mithras the Persian Sun-god, would be re-dedicated to the celebration of the birth of Jesus Christ.」、Salvation Station
  15. ^ "Christmas", The Catholic Encyclopedia, 1913.
  16. ^ a b Middle English Dictionary
  17. ^ Griffiths, Emma, "Why get cross about Xmas?", BBC website, December 22, 2004.
  18. ^ 例えば、Kempe, Alfred John, "The Loseley Manuscripts", London: John Murray, 1836, p.81, 90 や Safford, William H., "The Blennerhassett Papers", Cincinnati: Moore Wilstach Keys, 1861, p.572 など。
  19. ^ 例えば Akerman, John Yonge, "Moneys Received and Paid for Secret Services of Charles II and James II", London: Camden Society, 1851. p.12 参照。
  20. ^ 安岡孝一:『X'mas』か『Xmas』か、人文情報学月報、第39号
  21. ^ 研究社の英和辞典
  22. ^ 星新蔵 『あやまりやすい英語表現』 1965年
  23. ^ 『Manuscripts and Other Rare Documents』 1836年 John Murray
  24. ^ 『4 X'mas』 2008年 George Cameron Grant
  25. ^ 『PHOTOVIDEOi』 2006年12月号
  26. ^ ジェリー・ボウラー著 『図説 クリスマス百科事典』笹田裕子・成瀬俊一訳、中尾セツ子監修、柊風舎、2007年、550-553頁。
  27. ^ 藤高 (2018), pp.148-149
  28. ^ 「クリスマスさまざま 共産党へのお祭りに力こぶ」『朝日新聞』昭和25年12月25日
  29. ^ All About 2005年12月20日『クリスマス休暇中の運行・営業時間に注意
  30. ^ 月刊しまね いわみマガジン『石見男Noviからのミシガン便り 日本は祝日が多い!?
  31. ^ 米の企業、クリスマス休暇
  32. ^ First Christmas Clara D. Lepore
  33. ^ クラウス クラハト、克美・タテノクラハト『クリスマス〜どうやって日本に定着したか』角川書店、1999年、ISBN 4-04-883598-X
  34. ^ そもそも日本はクリスマスに限らず、バレンタインデーハロウィンにも同じ事が言えるように、宗教行事の神聖性を軽視し、おしなべて商業行事として捉える傾向が非常に強い
  35. ^ a b “「クリスマス騒ぎを避けるための国」トップ10、日本が第1位”. AFPBB News. (2014年12月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3034674 2015年1月4日閲覧。 
  36. ^ 楽天リサーチのインターネット調査。全国18歳から69歳の男女計720人を対象に行った。|市場調査・マーケティングリサーチ会社の【楽天リサーチ】” (日本語). 楽天インサイト(旧:楽天リサーチ) (2006年12月8日). 2011年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月2日閲覧。
  37. ^ a b 「独身男女のクリスマス動向調査」 (PDF) マッチ・ドット・コム インターナショナル リミテッド社調べ(2005年11月調査、2006年11月発表)
  38. ^ 1931年(昭和6年)12月25日付 報知新聞
  39. ^ DIMSDRIVE『クリスマスの過ごし方』に関するアンケート
  40. ^ 伊誌、日本のクリスマスを特集 「愛の祭」「教徒わずか」 共同通信 2010年12月25日
  41. ^ 「クリスマス、深く内省を」 ローマ法王、経済紙に寄稿 朝日新聞 2012年12月24日 ローマ支局・石田博士記者



クリスマス

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:02 UTC 版)

名詞

  1. イエス・キリスト生誕を祝う、キリスト教徒祝日降誕祭聖誕祭ローマンカトリック及びプロテスタントでは12月25日あてる

語源

翻訳

関連語




クリスマスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「クリスマス」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クリスマス」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クリスマスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリスマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクリスマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS