クリスマスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 祭り > クリスマスの意味・解説 

クリスマス【Christmas/Xmas】

イエス=キリスト誕生を祝う祭り12月25日行われる多くの民族間にみられた、太陽の再生を祝う冬至祭り融合したものといわれる。聖誕祭降誕祭。《 冬》「ほんもの(もみ)は嵐や—/正雄

[補説] 「Xマス」とも書く。


マルティヌー:クリスマス

英語表記/番号出版情報
マルティヌー:クリスマスLe Noël作曲年: 1927年  出版年1931年  初版出版地/出版社Urbánek 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1  Le traineau 1分00 No Image
2 子どものための子守歌 Berceuse enfantine 2分00 No Image
3 クリスマスの歌 Chant de Noël2分30 No Image

クリスマス

作者森瑤子

収載図書カサノバのためいき世にも短い物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1988.3


クリスマス

作者ジョン・マクガハン

収載図書男の事情 女の事情
出版社国書刊行会
刊行年月2004.6


クリスマス

作者加藤千恵

収載図書ゆるいカーブ
出版社スリーエーネットワーク
刊行年月2006.11


クリスマス

作者シメリョフ

収載図書CDブック ロシアクリスマス物語
出版社群像社
刊行年月2006.12


クリスマス

作者アーダルベルト・シュティフター

収載図書書き込みのある樅の木
出版社松籟社
刊行年月2008.12
シリーズ名シュティフター・コレクション


クリスマス―嵐のち晴れ


クリスマス―イヴ

作者大宮

収載図書夜空を駆ける大宮作品集 新版
出版社せせらぎ書房
刊行年月2007.9


クリスマス(ベイビー・プリーズ・カム・ホーム)

作者マーク・ティムリン

収載図書ロンドン・ノワール
出版社扶桑社
刊行年月2003.10
シリーズ名扶桑社ミステリー


クリスマス

作者伊佐山ひろ子

収載図書排・卵周・期
出版社マガジンハウス
刊行年月1991.6


クリスマス

作者マイケル・プレモンズ

収載図書SUDDEN FICTION超短編小説70
出版社文芸春秋
刊行年月1994.1
シリーズ名文春文庫


クリスマス

作者横森理香

収載図書マニアックラブ
出版社幻冬舎
刊行年月1997.3


クリスマス

作者うすいたかし

収載図書ショートストーリーを召し上
出版社郁朋社
刊行年月1997.11


クリスマス

作者イワン・セルゲーエヴィチ・シメリョフ

収載図書ロシアクリスマス物語
出版社群像社
刊行年月1997.12


クリスマス

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ロシアクリスマス物語
出版社群像社
刊行年月1997.12

収載図書ナボコフ短篇全集 1
出版社作品社
刊行年月2000.12


クリスマス

作者川上弘美

収載図書神様
出版社中央公論社
刊行年月1998.9

収載図書神様
出版社中央公論新社
刊行年月2001.10
シリーズ名中公文庫


クリスマス

作者村上龍

収載図書どこにでもある場所とどこにもいないわたし
出版社文藝春秋
刊行年月2003.4

収載図書とおくはなれてそばにいて村上龍恋愛短編選集
出版社ベストセラーズ
刊行年月2003.12

収載図書空港にて
出版社文藝春秋
刊行年月2005.5
シリーズ名文春文庫


クリスマス

名前 Christmas

クリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 02:54 UTC 版)

クリスマス英語: Christmas)は、イエス・キリスト降誕[注 1]を記念する[1]キリスト降誕祭(単に降誕祭とも)、降誕日[2]聖誕祭ノエル: Noël)などとも呼ばれる[3]。「クリスマス」という英語は「キリスト(Christ)のミサMass)」という意味に由来する[1]


  1. ^ 太字はアクセント位置を表す。
  2. ^ 中世~現代ギリシア語読み。古代ギリシア語では「クリーストーゲンナ」(Χρῑστοῦγέννᾰ [kʰriːs.tôː.ɡén.na])。
  3. ^ 教会ラテン語読み。古典ラテン語では「クリースティー・ナーターリス」(Chrīstī Nātālis [ˈkʰriːstiː naːˈtaːlis])。
  4. ^ 東アルメニア語読み。西アルメニア語では「スルプ・ザヌント」([suɾpʰ d͡zəˈnuntʰ])。
  5. ^ a b マドリード首都圏での発音。
  6. ^ 複数形であることに注意。つまり、クリスマス・イヴからエピファニーにかけての「降誕“節”」を指す意味もある。

注釈

  1. ^ 多くの教派で、「誕生」ではなく「降誕」という語を用いる。また、「降誕」という語は「キリストの降誕」のみに用いられる。その所以は「キリストの降誕#「降誕」という語の意味」を参照。
  2. ^ 初期キリスト教徒はキリストを太陽と結びつける傾向があり、冬至がこの日に結びつけられた可能性が高い[30]
  3. ^ イエス・キリストは、「まことの光」、「世の光」(『ヨハネによる福音書第1章9節, 第8章12節)、「光よりの光」(ニカイア・コンスタンティノポリス信条)と呼ばれているため、古代の太陽神信仰と親和性があった。
  4. ^ a b 正確には、グレゴリオ暦1900年3月14日から2100年2月28日までの間、ユリウス暦はグレゴリオ暦から13日の遅れとなる。
  5. ^ 日本など、1月6日が法定祝日ではなくて信徒が教会に集まりづらい国・地域においては、1月2日から1月8日までの間の主日エピファニーを祝う場合がある[38]
  6. ^ カトリック教会のうち公現祭(エピファニー)が主日にての移動祝日とされている国・地域で、「公現の主日」が1月7日~8日にあたる年には、「公現の主日」の翌月曜日が「主の洗礼」の祝日とされ[39]、これを以て降誕節が終わる[2]日本聖公会では例外なく、1月6日に顕現日(エピファニー)を祝い、その後の主日(顕現後第1主日)が「主イエス洗礼の日」とされる[40]
  7. ^ 典拠:『ルカによる福音書第2章21節「八日が過ぎ、割礼をほどこす時となったので、受胎のまえに御使が告げたとおり、幼な子をイエスと名づけた。」(口語訳聖書
  8. ^ 日本聖公会では「主イエス命名の日」[2]ルーテル教会では「主の命名日」[43]と呼ばれる。
  9. ^ これとは別に、1月3日には「イエスのみ名」の記念が「任意の祝日」として定められている[44]が、日本のカトリック教会ではこの日に公祈祷が行われることはほとんどない。
  10. ^ 東方教会の「神現祭」(: Θεοφάνια, : Theophany)は「主の洗礼」を記念する日であり、同じく教会暦上の1月6日でありながら、西方教会において「東方の三博士の来訪」を記念する「公現祭/顕現日」(: Epiphania, : Epiphany)とは原語も意味合いも異なる。従って、東方教会について言及する際に「エピファニー」という語を用いることがまずもって不正確である。西方教会では、エピファニー後の主日など(教派・地域・年によって異なる場合もある。「#西方教会」の節を参照。)に「主の洗礼」を祝う[49]
  11. ^ a b c d 「イイスス・ハリストス」は、イエス・キリスト中世~現代ギリシア語教会スラヴ語読み(ギリシア語: Ιησούς Χριστός, [i.iˈsus xɾiˈstos]教会スラヴ語: Їисоусъ Хрїстосъ, ロシア式発音: [ɪɪˈsus xrʲɪˈstos]/イィス・フリスース)に由来し、日本ハリストス正教会で用いられる片仮名音写
  12. ^ 教会ラテン語式発音:「フェストゥム・ナティヴィターティス・ドミニ・ノストリ・イェーズ・クリスティ」([ˈfɛst̪um nɑt̪iviˈt̪ɑːt̪is ˈd̪ɔmini ˈnɔst̪ri ˈjɛːzu ˈkrist̪i])。
  13. ^ 教会ラテン語式発音:「ディエス・ナターリス・イェーズ・クリスティ」([ˈd̪iɛs nɑˈt̪ɑːlis ˈjɛːzu ˈkrist̪i])。
  14. ^ ミサMass)」という語は、ローマ・カトリック教会と、一部の聖公会ルーテル教会等でしか用いられず、東方教会では全く用いない。
  15. ^ 発音は、英国:「ナティヴィティ」([nəˈtɪvɪti])/米国:「ネイティヴィティ」([neɪˈtɪvɪti])。
  16. ^ ロシア語発音:「ラジュディストヴォー・フリストーヴァ」([rəʐdʲɪstˈvo xrʲɪˈstovə])。
  17. ^ ロシア語発音:「ジムニェ・フィスチヴァーリ」([ˈzʲimnʲɪje fʲɪsʲtʲɪˈvalʲɪ])。
  18. ^ 教会スラヴ語のロシア式綴り。ロシアでの発音は、「フリストース・ラジュダイェッツァ!」「スラーヴィチェ(・イヴォ)!」([xrʲɪˈstos rɐʐˈdajɪt͡sə], [ˈsɫavʲɪtʲe (jɪˈvo)])。「Его」は「彼を」の意。
  19. ^ ロシア語発音:「ス・ラジュディストヴォーム(・フリストーヴム)」([s‿rəʐdʲɪstˈvom (xrʲɪˈstovɨm)])。
  20. ^ これを記念し、山口市では1997年より「日本のクリスマスは山口から」というイベントを開催している。
  21. ^ 先帝祭は休日から外されたものの、宮中祭祀では変わることなく行われている。1989年(昭和64年)1月7日の昭和天皇崩御に伴い、平成時代の先帝祭にあたる昭和天皇祭が、ユリウス暦を採用する正教会のクリスマスと同日の1月7日となり、2代続けてクリスマスにまつわる日となっている。
  22. ^ そもそも日本はクリスマスに限らず、バレンタインデーハロウィンなども同様に、宗教行事の神聖性を軽視し、おしなべて商業行事として捉える傾向が非常に強い。
  23. ^ ただし、領聖聖体拝領陪餐(「キリストの体と血」とされるパンとぶどう酒を飲食すること)は、ほとんどの場合洗礼を受けたキリスト教徒(さらに教派によっては自教派の信徒)に限られるので注意。聖公会や多くのプロテスタント教会は、キリスト教徒でさえあれば所属教派を問わず陪餐を認めるところが多い。正教会では、領聖の後に行われる「十字架接吻」と、「アンティドル」と呼ばれるパン切れを食べること(「領聖」は司祭の手元から信徒の口で直接受けるのに対して、「アンティドル」は聖堂内に置かれた皿から自由に取るという点が見分け方)は、信徒でなくても与れる。
  24. ^ ただし、2020年初頭から続く新型コロナウイルス感染症蔓延のため、「直接参加は信徒のみ」という措置を取る教会も出てきた。代わりにインターネットでの動画配信が普及しつつある。
  25. ^ イタリアは言うまでもなくカトリックの総本山・バチカンを抱える。
  26. ^ イタリア語: “Fatto per la notte di Natale”という題辞があり、1690年バチカン宮殿ローマ教皇御前で、クリスマス・イヴカンタータにおいて演奏されたと伝わる[110]
  27. ^ ユダヤ教の祭日「ハヌカー」がほぼ同じ時期である。またイスラム教では、イエス(イーサー)は預言者の一人とされているものの、「クルアーン聖書はどちらも12月25日がイエスの誕生日ではないという証拠を示している」といった理由から、クリスマスを祝わない[117]

出典

  1. ^ a b 小学館「精選版 日本国語大辞典」. “クリスマス”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月29日閲覧。
  2. ^ a b c 『日本聖公会祈祷書』《1990年版》日本聖公会管区事務所、1991年。 
  3. ^ 松村明 編 『大辞林 4.0三省堂、2019年。 
  4. ^ a b キリスト教大事典 改訂新版』350~351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版
  5. ^ The Global Religious Landscape | Christians”. Pew Research Center (2012年12月18日). 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月23日閲覧。
  6. ^ Christmas Strongly Religious For Half in U.S. Who Celebrate It”. Gallup, Inc. (2010年12月24日). 2012年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。
  7. ^ Canadian Heritage – Public holidaysArchived November 24, 2009, at the Wayback Machine. – Government of Canada.
  8. ^ 2009 Federal Holidays Archived January 16, 2013, at the Wayback Machine. – U.S. Office of Personnel Management.
  9. ^ Bank holidays and British Summer time Archived May 15, 2011, at the Wayback Machine. – HM Government.
  10. ^ Ehorn, Lee Ellen; Hewlett, Shirely J.; Hewlett, Dale M. (September 1, 1995). December Holiday Customs. Lorenz Educational Press. p. 1. ISBN 978-1-4291-0896-6 
  11. ^ Nick Hytrek, "Non-Christians focus on secular side of Christmas" Archived November 14, 2009, at the Wayback Machine., Sioux City Journal, November 10, 2009.
  12. ^ Crump, William D. (September 15, 2001). The Christmas Encyclopedia (3 ed.). McFarland. p. 39. ISBN 9780786468270. https://archive.org/details/christmasencyclo00will. "Christians believe that a number of passages in the Bible are prophecies about future events in the life of the promised Messiah or Jesus Christ. Most, but not all, of those prophecies are found in the Old Testament ... Born in Bethlehem (Micah 5:2): "But thou, Bethlehem Ephratah, though thou be little among the thousands of Juda, yet out of thee shall he come forth unto me that is to be ruler in Israel; whose goings forth have been from of old, from everlasting."" 
  13. ^ Tucker, Ruth A. (2011). Parade of Faith: A Biographical History of the Christian Church. Zondervan. p. 23. ISBN 9780310206385. "According to gospel accounts, Jesus was born during the reign of Herod the Great, thus sometime before 4 BCE. The birth narrative in Luke's gospel is one of the most familiar passages in the Bible. Leaving their hometown of Nazareth, Mary and Joseph travel to Bethlehem to pay taxes. Arriving late, they find no vacancy at the inn. They are, however, offered a stable, most likely a second room attached to a family dwelling where animals were sheltered—a room that would offer some privacy from the main family room for cooking, eating, and sleeping. This "city of David" is the little town of Bethlehem of Christmas-carol fame, a starlit silhouette indelibly etched on Christmas cards. No sooner was the baby born than angels announced the news to shepherds who spread the word." 
  14. ^ Corinna Laughlin, Michael R. Prendergast, Robert C. Rabe, Corinna Laughlin, Jill Maria Murdy, Therese Brown, Mary Patricia Storms, Ann E. Degenhard, Jill Maria Murdy, Ann E. Degenhard, Therese Brown, Robert C. Rabe, Mary Patricia Storms, Michael R. Prendergast, Sourcebook for Sundays, Seasons, and Weekdays 2011: The Almanac for Pastoral Liturgy Archived April 7, 2015, at the Wayback Machine., LiturgyTrainingPublications, 2010, p. 29.
  15. ^ "The Chronography of 354 AD.
  16. ^ Roll, Susan K. (1995). Toward the Origins of Christmas. Peeters Publishers. p. 133. ISBN 9789039005316. https://books.google.com/books?id=6MXPEMbpjoAC&pg=PA133 
  17. ^ Bradt, Hale, Astronomy Methods, (2004), p. 69.
  18. ^ The Liturgical Year. Thomas Nelson. (November 3, 2009). ISBN 978-1-4185-8073-5. https://books.google.com/books?id=inhMGc5732kC&q=date+of+christmas+important&pg=PT40 2009年4月2日閲覧. "Christmas is not really about the celebration of a birth date at all. It is about the celebration of a birth. The fact of the date and the fact of the birth are two different things. The calendrical verification of the feast itself is not really that important ... What is important to the understanding of a life-changing moment is that it happened, not necessarily where or when it happened. The message is clear: Christmas is not about marking the actual birth date of Jesus. It is about the Incarnation of the One who became like us in all things but sin (Hebrews 4:15) and who humbled Himself "to the point of death-even death on a cross" (Phil. 2:8). Christmas is a pinnacle feast, yes, but it is not the beginning of the liturgical year. It is a memorial, a remembrance, of the birth of Jesus, not really a celebration of the day itself. We remember that because the Jesus of history was born, the Resurrection of the Christ of faith could happen." 
  19. ^ The Christmas Season”. CRI / Voice, Institute. 2009年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月2日閲覧。 “The origins of the celebrations of Christmas and Epiphany, as well as the dates on which they are observed, are rooted deeply in the history of the early church. There has been much scholarly debate concerning the exact time of the year when Jesus was born, and even in what year he was born. Actually, we do not know either. The best estimate is that Jesus was probably born in the springtime, somewhere between the years of 6 and 4 BC, as December is in the middle of the cold rainy season in Bethlehem, when the sheep are kept inside and not on pasture as told in the Bible. The lack of a consistent system of timekeeping in the first century, mistakes in later calendars and calculations, and lack of historical details to cross-reference events have led to this imprecision in fixing Jesus' birth. This suggests that the Christmas celebration is not an observance of a historical date, but a commemoration of the event in terms of worship.”
  20. ^ The School Journal, Volume 49. Harvard University. (1894). https://books.google.com/books?id=x_kBAAAAYAAJ&q=date+of+christmas+unimportant&pg=PA469 2009年4月2日閲覧. "Throughout the Christian world the 25th of December is celebrated as the birthday of Jesus Christ. There was a time when the churches were not united regarding the date of the joyous event. Many Christians kept their Christmas in April, others in May, and still others at the close of September, till finally December 25 was agreed upon as the most appropriate date. The choice of that day was, of course, wholly arbitrary, for neither the exact date not the period of the year at which the birth of Christ occurred is known. For purposes of commemoration, however, it is unimportant whether the celebration shall fall or not at the precise anniversary of the joyous event." 
  21. ^ West's Federal Supplement. West Publishing Company. (1990). "While the Washington and King birthdays are exclusively secular holidays, Christmas has both secular and religious aspects." 
  22. ^ “Poll: In a changing nation, Santa endures”. Associated Press. (2006年12月22日). オリジナルの2018年12月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181226063645/http://www.nbcnews.com/id/16329025/ns/us_news-life/t/poll-changing-nation-santa-endures/ 2018年12月24日閲覧。 
  23. ^ 八木谷涼子 『キリスト教の歳時記 - 知っておきたい教会の文化』講談社、2016年12月9日、47頁。ISBN 978-4-06-292404-7。"イエスがいつ生まれたかを正確に特定できる記録は一切残っておらず、したがって、ナザレのイエスが実際にこの日に生まれた、と主張するクリスチャンは(子供を除いては)存在しない。あくまで12月25日は、イエスの誕生を記念する日なのである。"。 
  24. ^ 正教会の出典:正教会の復活祭 2003年復活祭フォトレポート名古屋ハリストス正教会(アーカイブ)
  25. ^ カトリック教会の出典:四旬節 断食(大斎・小斎) カーニバルカトリック中央協議会
  26. ^ 聖公会の出典:復活祭を迎える日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)
  27. ^ プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版
  28. ^ クリスマスってどういう日? チコちゃんに叱られる!、木村正裕による説明、NHK、2018年12月21日放送[信頼性要検証]
  29. ^ Michael Stevenson (2004年12月16日). “Expose'; Ten Facts About the Christmas Holiday”. Salvation Station. 3. Christmas Instituted by The Council of Nicea in 325AD. 2021年9月24日閲覧。 “In 325 A.D. Emperor Constantine called together the Council of Nicea which was in essence the first council of the Roman Catholic church. At this council meeting, it was decided that December 25th, the well-known pagan holiday dedicated to Mithras the Persian Sun-god, would be re-dedicated to the celebration of the birth of Jesus Christ.”(英語)
  30. ^ a b Elon Gilad (2021年12月5日). “The Real Story of Christmas: From Sun-worship to Sinterklaas”. Haaretz. https://www.haaretz.com/israel-news/the-real-story-of-christmas-1.5303185 2021年12月7日閲覧。 
  31. ^ a b c Nativity and Theophany of our Lord (Jan. 6)|米国アルメニア教会東部教区 - ウェイバックマシン(2012年3月25日アーカイブ分)(英語)
  32. ^ キリスト教マメ知識”. Laudate 女子パウロ会. 2021年9月13日閲覧。
  33. ^ Public holidays in Armenia”. worldtravelguide.net. 2021年9月23日閲覧。(英語)
  34. ^ 質問:クリスマスは12月25日?ロシアでは1月7日に祝うと聞いたのですがニコライ堂)(アーカイブ)
  35. ^ 正教会では降誕祭は1月7日で祝われると教えられましたが、教会の予定表では12月25日ですね、どうしてですか名古屋ハリストス正教会
  36. ^ “3. なぜ12月25日にイエスの誕生を祝うのですか。”. http://opusdei.org/ja-jp/article/3-naze12yue-25ri-niiesunodan-sheng-wozhu-unodesuka/ 2018年4月6日閲覧。 
  37. ^ 『ルカによる福音書』第2章8-16節
  38. ^ a b 降誕節-「典礼暦年と典礼暦に関する一般原則」より”. カトリック中央協議会. 2021年9月18日閲覧。
  39. ^ こよみ”. カトリック中央協議会. 2021年9月17日閲覧。「2018年1月」を参照。
  40. ^ 日本聖公会 教会暦カレンダー”. ジーザス・クライスト ファンクラブ. 2021年9月23日閲覧。
  41. ^ Liturgical Calendar — General Roman Calendar (2021)”. GCatholic.org. 2021年9月17日閲覧。(英語)
  42. ^ Calendario liturgico del 2018”. Santo Rosario Verità Via Vita. 2021年9月17日閲覧。(イタリア語)日本のカトリック教会での2018年1月との比較に参照。
  43. ^ 主の命名日”. 六本木ルーテル教会. 2021年9月13日閲覧。
  44. ^ 聖人カレンダー 1月3日 イエスのみ名”. Laudate 女子パウロ会. 2021年9月13日閲覧。
  45. ^ Coptic Christmas around the world in 2022”. Office Holidays. 2021年9月23日閲覧。(英語)
  46. ^ Revised Julian Calendar”. OrthodoxWiki. 2021年9月23日閲覧。(英語)
  47. ^ 聖列祖の主日”. orthodox-jp.com. 2021年9月23日閲覧。
  48. ^ ハリストス降誕祭前の聖世祖の主日”. orthodox-jp.com. 2021年9月23日閲覧。
  49. ^ 教会カレンダー 2015年1月|Laudate 女子パウロ会 - ウェイバックマシン(2015年1月28日アーカイブ分)
  50. ^ 降誕祭”. orthodox-jp.com. 2021年9月23日閲覧。
  51. ^ The Nativity of our Lord God and Savior Jesus Christ”. Orthodox Church in America.. 2021年9月23日閲覧。(英語)
  52. ^ Рождество Господа Бога и Спаса нашего Иисуса Христа”. Официальный сайт Русской Православной Церквиロシア正教会公式ウェブサイト. 2021年9月23日閲覧。(ロシア語)
  53. ^ Library : History & Origin: Feast of the Nativity”. Catholic Culture. 2021-09-94閲覧。(英語)
  54. ^ festum Nativitatis Domini を 英語 - ラテン語-英語 の辞書で”. Glosbe. 2021年9月24日閲覧。
  55. ^ dies natalis Iesu Christiの読み方・発音・意味|クリスマスのラテン語”. ネーミング辞典. 2021年9月24日閲覧。
  56. ^ "Christmas", The Catholic Encyclopedia, 1913.(英語)
  57. ^ a b Middle English Dictionary(英語)
  58. ^ In the Beginning: Reflections on the Nativity Fast - Articles on the Nativity of our Lord and Savior Jesus Christ”. Greek Orthodox Archdiocese of America. 2021年8月7日閲覧。 “In the Orthodox Church the Feast of Christmas is called by various names including “The Nativity” and “The Incarnation.” The term “Christmas” is seldom heard in Orthodox Christian circles.”(英語)
  59. ^ The Nativity of our Lord and Savior Jesus Christ in the Flesh”. Greek Orthodox Archdiocese of America. 2021年8月7日閲覧。(英語)
  60. ^ ネイティビティの断食(待降節)”. 聖母マリア・聖マルコ日本コプト正教会. 2021年8月7日閲覧。
  61. ^ 英語版ウィクショナリーΧριστός(英語)を参照。
  62. ^ Griffiths, Emma, "Why get cross about Xmas?", BBC website, December 22, 2004.(英語)
  63. ^ 例えば、Kempe, Alfred John, "The Loseley Manuscripts", London: John Murray, 1836, p.81, 90 や Safford, William H., "The Blennerhassett Papers", Cincinnati: Moore Wilstach Keys, 1861, p.572(英語) など。
  64. ^ 例えば Akerman, John Yonge, "Moneys Received and Paid for Secret Services of Charles II and James II", London: Camden Society, 1851. p. 12.(英語)
  65. ^ 安岡孝一:『X'mas』か『Xmas』か、人文情報学月報、第39号
  66. ^ 研究社の英和辞典
  67. ^ 星新蔵 『あやまりやすい英語表現』 1965年
  68. ^ 『Manuscripts and Other Rare Documents』 1836年 John Murray(英語)
  69. ^ 『4 X'mas』 2008年 George Cameron Grant(英語)
  70. ^ 『PHOTOVIDEOi』 2006年12月号(英語)
  71. ^ 藤高 (2018), pp.148-149
  72. ^ 東京クリスマスマーケット”. 2021年9月25日閲覧。
  73. ^ ミュンヘンクリスマス市 in Sapporo”. 2021年9月25日閲覧。
  74. ^ ハウス・オブ・クリスマス”. 教文館. 2021年9月25日閲覧。
  75. ^ 「ユール」他『図説 クリスマス百科事典』550-553頁。
  76. ^ "Boże Narodzenie i polskie tradycje," Polska Misja Katolicka, Amsterdam (ポーランド語)
  77. ^ Christmas - Tłumacz - Onet.pl Portal wiedzy”. 2013年9月12日閲覧。(ポーランド語)
  78. ^ 大阪ハリストス正教会(Facebook)”. 2021年8月7日閲覧。
  79. ^ クリメント北原史門 『正教会の祭と暦』群像社、2015年、78頁。ISBN 978-4-903619-59-0 
  80. ^ 「クリスマスさまざま 共産党へのお祭りに力こぶ」『朝日新聞』昭和25年12月25日
  81. ^ Christmas in Bethlehem”. Sacred Destinations. 2008年1月22日閲覧。
  82. ^ a b Hawaii Christmas – Christmas with Aloha, Mele Kalikimaka!”. Aloha Hawaii. 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月14日閲覧。(英語)
  83. ^ Hawaiian Christmas and New Year's Phrases and Words – Celebrating Christmas in Hawaii”. Gohawaii.about.com. 2011年12月14日閲覧。(英語)
  84. ^ Christmas Traditions in Hawaii”. Merry-christmas.org.uk. 2011年12月14日閲覧。(英語)
  85. ^ Christmas Tradition in Hawaii”. Christmascarnivals.com. 2011年12月14日閲覧。(英語)
  86. ^ Penduduk Menurut Wilayah dan Agama yang Dianut”. Sensus Penduduk 2010 - Indonesia. 2021年9月24日閲覧。(インドネシア語)
  87. ^ Christmas celebration, the Indonesian way, ID Nugroho & Anissa S. Febrina, The Jakarta Post, Jakarta. 30 December 2009. Diakses pada 15 December 2014.(英語)
  88. ^ Christmas in Indonesia, whychristmas.com. Diakses pada 15 December 2014.(英語)
  89. ^ a b 許油「釈迦とイエスに関する類似性と差異性について」『アジア・キリスト教・多元性 現代キリスト教思想研究会』第3号、京都大学キリスト教学研究室、2005年、 pp. 97-99。
  90. ^ All About 2005年12月20日「クリスマス休暇中の運行・営業時間に注意(アーカイブ)
  91. ^ 月刊しまね いわみマガジン「石見男Noviからのミシガン便り 日本は祝日が多い!?」(アーカイブ)
  92. ^ 米の企業、クリスマス休暇
  93. ^ 落合直文「くりすます」 『言泉:日本大辞典』 第二巻、芳賀矢一改修大倉書店、1922年、1174頁。 
  94. ^ クラウス クラハト、克美・タテノクラハト『クリスマス~どうやって日本に定着したか』角川書店、1999年、ISBN 4-04-883598-X
  95. ^ a b “「クリスマス騒ぎを避けるための国」トップ10、日本が第1位”. AFPBB News. (2014年12月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3034674 2015年1月4日閲覧。 
  96. ^ 「キリスト不在」「なぜファーストフード?」外人が「なんで?」と思う日本のクリスマス10選 マイナビ、2014年12月23日、(2021年3月23日閲覧)
  97. ^ 「クリスマスはKFC」に海外から驚きの声 J-CASTニュース 2012年12月25日18時19分 (2021年3月23日閲覧)
  98. ^ 楽天リサーチのインターネット調査。全国18歳から69歳の男女計720人を対象に行った。”. 楽天インサイト(旧:楽天リサーチ) (2006年12月8日). 2011年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月2日閲覧。
  99. ^ a b 「独身男女のクリスマス動向調査」 (PDF) マッチ・ドット・コム インターナショナル リミテッド社調べ(2005年11月調査、2006年11月発表)
  100. ^ 1931年(昭和6年)12月25日付 報知新聞
  101. ^ DIMSDRIVE『クリスマスの過ごし方』に関するアンケート
  102. ^ 伊誌、日本のクリスマスを特集 「愛の祭」「教徒わずか」 共同通信 2010年12月25日。(アーカイブ)
  103. ^ クリスマス小事典 1989, p. 161-162.
  104. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “クリスマス・カロル”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月29日閲覧。
  105. ^ 「『クリスマスキャロル』の映画化」『図説 クリスマス百科事典』159-160頁。
  106. ^ 小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」. “アンデルセン”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月29日閲覧。
  107. ^ クリスマス小事典 1989, p. 164-165.
  108. ^ a b クリスマス小事典 1989, p. 166-168.
  109. ^ 小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」. “青い鳥”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月29日閲覧。
  110. ^ Marx, Hans Joachim (1968). “Die Musik am Hofe Pietro Kardinal Ottobonis unter Arcangelo Corelli”. In Friedrich Lippman. Studien zur italienisch-deutschen Musikgeschichte V. Köln, Graz: Böhlau Verlag. pp. 110-111 (ドイツ語)
  111. ^ ケーテ・ウォルファルトは一年中クリスマス (Käthe Wohlfahrt)”. バイエルン州観光局. 2021年9月25日閲覧。
  112. ^ ケーテ・ウォルファルト”. 2021年9月25日閲覧。
  113. ^ 「消費主義」『図説 クリスマス百科事典』299-300頁。
  114. ^ 「サトゥルナリア」『図説 クリスマス百科事典』234-235頁。
  115. ^ 由木康「クリスマス」『キリスト教大事典』改訂新版、教文館、1968年、350-351頁。
  116. ^ 「クリスマス、深く内省を」 ローマ法王、経済紙に寄稿 朝日新聞 2012年12月24日 ローマ支局・石田博士記者
  117. ^ Why Muslims do not celebrate Christmas”. Al Hakam (2021年4月10日). 2021年9月26日閲覧。



クリスマス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:14 UTC 版)

名詞

  1. イエス・キリスト生誕を祝う、キリスト教徒祝日降誕祭聖誕祭ローマンカトリック及びプロテスタントでは12月25日あてる

語源

翻訳

関連語


「クリスマス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クリスマスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「クリスマス」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クリスマスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリスマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクリスマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS