青い鳥とは?

あおいとり〔あをいとり〕【青い鳥】

【一】原題、(フランス)L'Oiseau Bleuメーテルリンク作の戯曲1908年初演。翌1909年刊。チルチルミチル兄妹が、幸福の象徴「青い鳥」を妖精導かれて探し歩き最後にわが家で見つけるという童話劇

【二】身近にありながら気がつかない幸福。また、希望。「青い鳥をさがす」


あおいとり あをいとり 【青い鳥】

1原題フランス L'Oiseau Bleu童話劇。六幕一二場。ベルギー作家メーテルリンク作。一九八年初演チルチルミチルが、幸福の象徴、青い鳥を探し求めて旅をし、最後にわが家炉辺で見つけるという筋。本邦初演は大正九年一九二〇)。

2 〔名〕 ((一)から転じて) 幸福。幸福は身近にあること。また、希望などの意。

妄想(1911)〈森鴎外〉「青(アヲ)い(トリ)を夢の中尋ねてゐるのである


青い鳥

作者いとうせいこう

収載図書からっぽ男の休暇
出版社講談社
刊行年月1991.7


青い鳥

収載図書みどりいろ童話集
出版社東京創元社
刊行年月2008.3
シリーズ名アンドルー・ラング世界童話集


青い鳥

作者もやひなた

収載図書全国制服美少女グランプリ サウスエリア編
出版社ワニブックス
刊行年月1998.1
シリーズ名CaRROT NOVELS


青い鳥

作者メーテルリンク

収載図書編年体大正文学全集 第4巻 大正四年
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.1


青い鳥

作者宇野仟江子

収載図書淡墨桜
出版社鳥影社
刊行年月2001.3


青い鳥

作者藤田信

収載図書フーコー短編小説傑作15
出版社フーコー
刊行年月2004.7


青い鳥

作者モーリス・メーテルリンク

収載図書10分で読めるお話 五年生
出版社学習研究社
刊行年月2005.3

収載図書JUNICHI絵物語
出版社国書刊行会
刊行年月2007.8


青い鳥

作者オダローラ

収載図書だんまりザコ不思議なちから
出版社学事出版
刊行年月2006.1


青い鳥

作者山井三郎

収載図書小説 男の夢
出版社文芸社
刊行年月2006.8


青い鳥

作者重松清

収載図書青い鳥
出版社新潮社
刊行年月2007.7


青い鳥

読み方:あおいとり

  1. 幸福のことをいふ。ベルギーメーテルリンク童話劇「青い鳥」は幸福を意味するに基いて起つのである。〔情事語〕
  2. 幸福のことをいふ。ベルギーメーテルリンク童話劇「青い鳥」は幸福を意味するから起つのである
  3. メーテルリンクの有名な童話劇の名称、また其劇の内容から延いて「幸福」を意味する。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

青い鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 22:41 UTC 版)

青い鳥』(あおいとり、フランス語L'Oiseau bleu)は、モーリス・メーテルリンク作の童話劇。1908年発表。初版は5幕10場、最終版は6幕12場[1]:126




「青い鳥」の続きの解説一覧



青い鳥と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青い鳥」の関連用語

青い鳥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



青い鳥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青い鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS