国立国会図書館とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公共機関 > 東京都の図書館 > 国立国会図書館の意味・解説 

こくりつ‐こっかいとしょかん〔‐コククワイトシヨクワン〕【国立国会図書館】


国立国会図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/11 02:46 UTC 版)

国立国会図書館(こくりつこっかいとしょかん、: National Diet Library)は、日本国会議員の調査研究、行政、ならびに日本国民のために奉仕する図書館である。また、納本制度に基づいて、日本国内で出版されたすべての出版物を収集・保存する日本唯一の法定納本図書館である。設置根拠は国会法第130条[注釈 1]および国立国会図書館法第1条[注釈 2]


  1. ^ 議員の調査研究に資するため、別に定める法律により、国会に国立国会図書館を置く。
  2. ^ この法律により国立国会図書館を設立し、この法律を国立国会図書館法と称する。
  3. ^ 会計検査院図書館、人事院図書館、内閣法制局図書館、内閣府図書館(本府庁舎と中央合同庁舎第4号館に分かれている)、日本学術会議図書館、宮内庁図書館、公正取引委員会図書館、警察庁図書館、金融庁図書館、消費者庁図書館、総務省図書館、総務省統計図書館、法務図書館、外務省図書館、財務省図書館、文部科学省図書館、厚生労働省図書館、農林水産省図書館(農林水産政策研究所分館・農林水産技術会議事務局つくば分館の2分館あり)、林野庁図書館、経済産業省図書館、特許庁図書館、国土交通省図書館(国土技術政策総合研究所分館・国土地理院分館・北海道開発局分館の3分館あり)、気象庁図書館、海上保安庁図書館(海洋情報部分館の1分館あり)、環境省図書館、防衛省図書館。
  4. ^ 当初は200人程度だったが、後に400 - 800人 - 1000人程度に段階的に拡大している。
  5. ^ 当初は16時以降のみだったが、2021年6月1日以降は9時30分 - 10時30分も同様の処置を行っている。
  6. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ 近代デジタルライブラリー(2016年5月3日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  8. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月11日閲覧。 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
  9. ^ インターネット資料収集保存事業トップ”. 国立国会図書館. 2023年7月23日閲覧。
  10. ^ 2002年に「インターネット資源選択的蓄積実験事業」を試験的に立ち上げると[57]、2006年には「インターネット情報選択的蓄積事業」に改称し事業化した[58]
  11. ^ 当館の言う「公的機関」とは、国、自治体、国公立大学などと位置づける。国とは国の機関、それに準ずる独立行政法人等や国立大学法人)、自治体とは地方公共団体(都道府県、政令指定都市、市町村)とそれに準ずる公立大学法人等の法人と分類される。
  12. ^ 近年は、12月27日頃~1月6日頃が休館日になっている。
  13. ^ 国立国会図書館資料利用規則第31条で複写範囲を規定している。
  14. ^ 食堂の再開後は、売店に移動して販売を継続している。



国立国会図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 06:15 UTC 版)

議会図書館」の記事における「国立国会図書館」の解説

「国立国会図書館」も参照 国立国会図書館は国会法130条を設置根拠とする議会図書館で、「議員調査研究資するため」置かれる。同条に基づいて定められた国立国会図書館の設置法国立国会図書館法であるが、同法は国立国会図書館に納本制度による国内出版物網羅的収集を行わせ、またこれを利用して議員のみならず国民全体対す図書館奉仕を行うよう義務付けている。これは、国立国会図書館がその設立モデルにしたアメリカ議会図書館同様に単なる議会図書館であるだけではなく国立中央図書館機能兼ね備えていることを意味している。 国立国会図書館にはアメリカ議会図書館立法レファレンス部門である議会調査局ならって調査及び立法考査局」が置かれている。この局は国会からの要請基づいて議案法案分析評価議案起草などの立法補佐サービスを行うこと、また国会からの要求自発的な方針基づいて立法に関する資料収集分類分析翻訳索引摘録編集報告などを行って国会に対して党派的偏見捉われない中立的な資料提供を行うことが定められている。この他にも、国会図書館議会図書館として、納本制度によって集めた網羅的な膨大な資料一般国民よりも国会に対して優先的に提供することとされており、議員資料貸し出しなどで充実した図書館サービスを受けることができる。

※この「国立国会図書館」の解説は、「議会図書館」の解説の一部です。
「国立国会図書館」を含む「議会図書館」の記事については、「議会図書館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国立国会図書館」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




国立国会図書館と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国立国会図書館」の関連用語

国立国会図書館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国立国会図書館のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立国会図書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの議会図書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS