立教大学とは? わかりやすく解説

りっきょう‐だいがく〔リツケウ‐〕【立教大学】

読み方:りっきょうだいがく

東京都豊島区にある私立大学明治7年(1874)設立聖パウロ学校始まり大正11年(1922)旧制の立教大学となり、昭和24年1949新制大学移行


立教大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 06:52 UTC 版)

立教大学(りっきょうだいがく、英語: Rikkyo University/Saint Paul's(スクール・ニックネーム))は、東京都豊島区西池袋3-34-1に本部を置く日本私立大学である。1874年創立、1922年大学設置。大学の略称立大(りつだい)。


注釈

  1. ^ 1870年(明治3年)にウィリアムズが大阪・川口の与力町に設立した英学講義所「のちの英和学舎」も、立教大学の前身の一つである。また、設立時期が現在のところ不明だが、明治初期に大阪の北浜にあった風雲館(1880年・明治13年に大阪・英和学舎と合併)も前身の一つとして考えられる。
    1874年(明治7年)に東京・築地外国人居留地に設立された立教学校は、開校当初、主教らの公的書簡では「Day school for boy」または「Boys school」などと記されていたが[1]、年末までには「立教学校」と命名された。
    これらに遡り、幕末の長崎において既に立教大学の源流となる私塾が開設されている。1859年(安政6年)5月2日にプロテスタント初の宣教師として長崎に来日した米国聖公会のジョン・リギンズは、初代米国総領事タウンゼント・ハリスの支援のもと長崎奉行の要請で私塾を創設し長崎通詞たちに英語を教えた。翌月末に来日したチャニング・ウィリアムズもリギンズとともに、私塾で数学を含む英学を教え、幕府の長崎洋学所などでも英語を教えるなど、英学教育を行った[2][3]
    翌1860年(万延元年)には、リギンズ、ウィリアムズとともに長崎に派遣された米国聖公会宣教医のハインリッヒ・シュミットも診療所の開設と、医学塾及び英語塾を創設し、地元の医師に西洋医学と英語を教えた[4]
    また、1863年(文久3年)に英国国教会の司祭であったマイケル・ベイリーは横浜で英語塾を開設し、日本人に英語を教えた[5]。1869年(明治2年)1月には、ウィリアムズの要請により長崎に来日した英国聖公会宣教協会(CMS)の宣教師ジョージ・エンソルは長崎で英学稽古所を開き、英語を教えながら伝道している[6]
  2. ^ a b c ブリテン諸島ではローマ・カトリックより前から独自のキリスト教文化があったとして、のちの時代の聖公会においてケルト系キリスト教にアイデンティティーを見出す動きが一部に見られ、近代に建てられた各国の聖公会の聖堂や墓碑などにも、ケルト十字が好んで用いられるという傾向もある[8]。立教大学のチャペルや立教大学の前身の1つである英和学舎のあった地に建つ大阪・川口基督教会の建物にもケルト十字が用いられている。
  3. ^ 日本におけるプロテスタント初の宣教師である米国聖公会ジョン・リギンズが長崎に来日する数日前の1859年4月下旬には、初代米国総領事タウンゼント・ハリスが長崎を訪問し、5月初めにハリスは、アメリカ人商人の一人でニューヨーク出身の実業家ジョン・G・ウォルシュ(ウォルシュ兄弟の2番目の弟)を長崎の米国領事に選任。ウォルシュは最初の長崎米国領事館を広馬場の日本人居住区に設立した。こうして、リギンズとウィリアムズの来日に際して、聖公会の信徒で日本への米国聖公会の学校設立の勧告と支援を行ってきたハリスも同時に長崎を訪れ、長崎でもアメリカの活動拠点の構築と整備を進め、日本とアメリカとの外交基盤を整えていった[11]。 ハリスの支援により、リギンズは長崎奉行の要請から聖公会の長崎私塾(立教大学の源流)を開設し、ウィリアムズとともに早速英学教育を開始した。ハリスは、ニューヨーク市立大学の創設者で、ニューヨーク市の教育局長も務めた人物でもあり、日米外交の芽吹きの中で、教育者として立教大学の源流の創設に深く関わった[2]
    また、リギンズとウィリアムズは、私邸や長崎大浦の妙行寺に置かれた英国領事館を使って外国人のための礼拝を開始し、1859年9月に来日した聖公会信徒で日本の近代化に大きく貢献するトーマス・グラバーも礼拝に参加した[12]。 グラバーは幕末の志士たちと商取引を行い、ウィリアムズが教える私塾には多くの志士たちが学んだ。グラバー商会などとともに、ジョン・G・ウォルシュが兄とともに経営するウォルシュ商会も長崎で幕末の志士たちと商取引を行い、坂本龍馬亀山社中が1866年(慶應2年)に薩摩藩の後援で購入した艦船「太極丸」は、ウォルシュ商会のプロシア商人チョルチから購入している[13]。ウォルシュ商会は日本で初めて成功したアメリカ企業の一つである。
  4. ^ a b c d 明治中期には、立教築地キャンパス(現在の聖路加国際病院聖路加国際大学の場所)の近く、現在の聖路加ガーデンの場所にアメリカ公使館が建っていた。幕末の日米和親条約により、当初アメリカ領事館は、伊豆下田玉泉寺に置かれ、米国聖公会の信徒であり、日本への米国聖公会による学校開設を勧めたタウンゼント・ハリスが初代駐日領事として赴任した。その後、日米修好通商条約が結ばれ、ハリスは初代駐日公使となり、下田の領事館を引き払い、1859年(安政6年)、現在の東京元麻布善福寺にアメリカ公使館を開設。1863年(文久3年)5月、善福寺の建物が庫裏からの出火で消失したため、横浜の山手居留地に公使館施設を設けたり、関内居留地の海岸通り20番に開業したばかりのグランドホテルに公使が滞在するなどしたのち、1874年(明治7年)4月末または5月初め、アメリカ公使館は築地居留地1番・2番・21番・22番で構成される地所(現在の聖路加ガーデンの場所)に移転。(のちに3番も敷地に加えた。)1875年(明治8年)12月には、同地に公館を新築し形容を整えた。その後、築地の公使館は手狭となり、1890年(明治23年)3月、赤坂の現在地(アメリカ大使館)に移転した[14][15][16]。(外務省調査月報 2013 No.1には、1890年(明治23年)5月15日まで、公使館は築地に置かれていたとある。)
    築地のアメリカ公使館跡には8個の小松石の石標が残された。石標には、白頭鷲星条旗、星の3種類の彫刻が施されており、白頭鷲はアメリカの国鳥であり、星条旗に彫られた13の星は同国の最初の13州を示す。8個の石標のうち3個は1984年(昭和59年)10月に日米友好のシンボルとして、赤坂のアメリカ大使館に寄贈され、現在同大使館の前庭に設置されている。残る5個は、築地居留地時代を伝えるものとして中央区民文化財に登録されており、3個は聖路加国際病院敷地に、2個は聖路加ガーデンに設置されている。
    1930年(昭和5年)5月26日には、ライフスナイダー総長が、赤坂のアメリカ大使館の定礎式で日米関係者が300人以上参加する中、司会進行と祈祷を行っている[17]1939年(昭和14年)には、日本で最初のアメリカ研究の機関として「アメリカ研究所」が設立された[18]
  5. ^ 1919年(大正8年)の立教大学池袋校舎落成式では、会場正面に大型の日米国旗を交差する中で開催され、大隈重信渋沢栄一外務大臣などとともに駐日米国大使も出席し祝辞を述べ、日米両国の友好の証として式典が盛大に祝われた[10]。また、当時の卒業式などの学校行事においても、アメリカ国旗を日本国旗とともに会場に掲揚し、式典が行われた[19]
  6. ^ a b 2014年1月21日には池袋キャンパスで駐日米国大使館首席公使カート・トンを招いて「日米友好の木 ハナミズキ」の植樹式が開催された。植樹は日本から米国に3000本のサクラを寄贈してから100周年を記念して、米国民から日本への返礼として3000本のハナミズキを贈る取り組み「友好の木 - ハナミズキ・イニシアチブ」の一環として行われた。同イニシアチブは、日米の国民同士の異文化および教育交流を体現するものとして、米国政府と日米交流財団が共同で設立した官民パートナーシップにより運営される。立教大学は米国聖公会から派遣された宣教師によって創設された学校で、2014年当時で140年に渡る米国との深い関係が続いていることから、学校法人としては初めて、40本のハナミズキの寄贈を受けた。また、日米両国の友好と親善に尽力された功績に敬意を表し、立教大学は1965年にライシャワー駐日大使、2000年にフォーリー駐日大使、2013年にルース駐日大使に名誉博士学位を授与している[20]
  7. ^ a b c 立教大学校は、1883年(明治16年)に米国式カレッジとして東京・築地に設立され、東京大学とともに明治中期の日本を代表する最高レベルの高等教育機関である。角帽(モルタルボード型)を最初に着用して都内を闊歩したのは、立教大学校生といわれる。新校舎は美しい尖塔を有し、東京見物の人々も訪れるほどであったいう。カリキュラムは全て英語の教科書を用い、教員も主に外国人であった。 当時、最高学府としての大学の名を有する高等教育機関は、1877年(明治10年)設立の東京大学と立教大学校のみで、「東京に大学校二あり、一は本郷に又た一は築地に在り」と呼ばれ、東京大学と立教大学校の二つをもって大学校の代表とし、日本屈指の教育機関であった。同時期、1877年(明治10年)に工学寮を改称して生まれた工部大学校(のちの東京大学工学部)もあったが、技術者養成の教育機関であった。また、1880年(明治13年)に開校した築地大学校も存在したが、1883年(明治16年)には横浜の先志学校東京一致神学校へ人材を供給することを目標に統合され、東京一致英和学校となり、大学という名称から変更している[21]。立教大学校は、欧化主義への反動から国粋主義が広がり出したことによるキリスト教への圧力や、日本の教育制度の変更などから、その後カレッジ構想を断念せざるを得ない状況となったが、1890年(明治23年)10月に日本の教育制度に合わせる対応をするなど、障壁を乗り越え、校名を立教学校として日本での教育活動を維持した[22]。また、当時カレッジ構想を断念した別の背景として、これまで中心的な人物であったウィリアムズが、1889年(明治22年)に主教を退任するとともに、チャプレンとして聖書講義を担当していた立教大学校と三一神学校を退任したこと。加えて、1887年(明治20年)9月に、これまで教頭や幹事として立教大学校を支えてきた貫元介が退任して山口に帰郷したが、貫から学校事務を引き継いだローやモリスは、学校事務の事情に精通していなかったことから、時代の波に乗れず学生が減少したという状況もあった[23]
  8. ^ 東京六大学の括り自体は、日本に現存する大学野球の対校リーグ戦では最も古い東京六大学野球連盟を発祥とする。
  9. ^ 「本気で勉強したくなる図書館」とは、大学側が用意したコンセプトではなく、学生のツイートから始まったコンセプトである。図書館の開館前に比べて、利用率は増えており、学習教育と研究の基盤になっている[37]
  10. ^ 立教大学校時代には、教員は主に外国人で、カリキュラムも全て英語の教科書が用いられていた[21]
  11. ^ 例として、ウィリアムズ主教が卒業したウィリアム&メアリー大学でも、主専攻+副専攻(メジャー、マイナー)の学部課程履修プログラムが設けられており、文系科目、理系科目に問わず、多くの副専攻が用意されている[47]。また別の例として、コーネル大学では、主専攻とともに多くの副専攻が設置されているのに加え、2つの主専攻を学ぶdual-degree programs(2重学位プログラム)があり、従来の部門の境界を超える学際的な履修プログラムが設けられている[48]
  12. ^ 4大学共同で開発する教育プログラムによる相互質保証の上で、4大学間長期交換留学、インターンシップ、インテンシブプログラム、共同オンライン科目群で構成する「国際共同副専攻 (ALIS)」を開設し、アジア文化圏の学生や多様な人々との協働を通じて、国際社会の諸問題の解決について思考し、行動できる人材を育成することとしている。
  13. ^ その頃、日本国内には学部レベルのリーダーシップ教育の科目はなく、社会心理学的、組織行動論的な科目はあったが、学生にリーダーシップを身に付けさせる科目は皆無であった[52]
  14. ^ 授業のアシスタントを務める学生。SAを希望する学生は多く、学内応募・選考を経て、研修を行った上で授業のサポートにあたる。
  15. ^ 1509年に創設された英国のパブリックスクールの名門校で、ラグビースクールとともにラグビー競技のルーツ校の一つである「セント・ポールズ・スクール」の名称は、セント・ポール大聖堂に由来し、同校は大聖堂の主任司祭であったジョン・コレットによって創設された[63][64]。1904年には、女子校である「セント・ポールズ・ガールズ・スクール」が創設されている。
  16. ^ 京都大学でも立教大学と同じく、創立以来「自由の学風」を基本理念に掲げている。研究の自由と自主の環境の中で、世界的な研究者を生み出してきた。
  17. ^ コロンビア大学でも学んだ元田作之進(立教大学の初代学長)は、立教中学の校長時代に、立教の教育の方針を「徳育に重きを置き、人格の完全した生徒を養成するといふこと」にあるとして、「聖書クラスなどが設けてあるとは云っても、これは生徒の徳育に資せやうとするので、如何してもこれに加はらねばならぬと云うものではない。生徒各自が宗教に就いての信仰を持つ、持たぬは各自の自由である。従つて普通の宗教学校にやうに、朝祈祷もせなければ礼拝も行はぬ。」と語っている[21]
    同じくコロンビア大学で学び、総長を務めた松下正寿は、「立教大学はキリスト教に基づく教育を施すところである。というのは立教大学はキリスト教を教えるところ(文学部キリスト教学科は別であるが)であるという意味でなく、況んやキリスト教を強制するところではない。直接の強制はもとより間接の強制もしない。クリスチャンであるか否かは入学試験には一切関係ないし入学後もクリスチャンは他の学生に比し何ら特権を持っていない。一切平等である。我々はそれが『キリスト教に基づく教育』であると信じている。(中略)人種の別、男女の別、階級の別、宗教の別等で人間を差別待遇するのは独りの神が人間を平等に造られ、人間を凡で愛し給うというキリストの信条に違反する。」と語っている[71]
  18. ^ 米国コネチカット州の伝統あるリベラルアーツ・カレッジのトリニティ・カレッジも立教大学と同じく米国聖公会によって設立された大学であるが、宗教的および学問の自由の原則に根差している。トリニティ・カレッジの憲章は、創立当時の宗教的多様性と寛容性と一致して、学生、教職員、または大学の他のメンバーに宗教的基準を課すこと禁じている。また、立教大学はトリニティ・カレッジと大学間協定を締結している。
  19. ^ アイビー・リーグの1校であるペンシルベニア大学は、初代理事長のウィリアム・スミス英国国教会(イングランド国教会)の司祭であり、評議員の4分の3が英国国教会の関係者であったが、創設者であるベンジャミン・フランクリンの先駆的な指導のもと、意図的に特定の宗派と直接関係しないように設立されている[72]。そうした中でも、大学構内には米国聖公会のセント・メリーズ教会(St. Mary’s Church, Hamilton Village)があり、セントメリーズ・ハミルトンビレッジの学長は、ペンシルベニア大学のチャプレン事務所のアソシエイトを務めており、聖公会との深い関わりを持っている[73]
    また、幕末の長崎にリギンズとウィリアムズとともに米国聖公会から派遣されたハインリッヒ・シュミットもペンシルベニア大学で学び、医師免許を取得しているが、在学中に米国聖公会と密接な関係を築いたとみられる[74]。立教大学学長を務めた元田作之進杉浦貞二郎はペンシルベニア大学で学んだ。
  20. ^ a b c 経営学部は、2006年に経済学部経営学科と社会学部産業関係学科を母体として開設された学部である。そのルーツは大学設立当初の商科に遡り、長い歴史と伝統を有している。
  21. ^ 立教ミステリクラブは、編集者で元・東京創元社社長の戸川安宣が学生時代に作ったクラブである[79]。戸川は、編集者としてミステリ作家を多数育成する傍ら、文庫解説等の執筆を行い、2018年からは江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』1‐5巻のリニューアルなどを手掛けている[80]
  22. ^ 大久保利謙は、政治史、行政史、文化史、大学史、洋学史、史学史など多様な分野において学問的基礎を築いたが、大学史の編纂では、1932年に『東京帝国大学五十年史』を作っている。立教の百年史『立教学院百年史』(1974年)の編纂では、何も書いていないが員外の委員を務めた。また、学習院史の編纂は、戦前には一人でやっていたが、戦後になって若い人に任せている[83]
  23. ^ 講義とともに開講された「立花ゼミ」は、学生が自ら探究する研究テーマも戦争、エロス、ヌーヴェルヴァーグ学食研究など広範に渡り、秘密結社のようなワクワク感があったという。多様さがゆえに、纏まりがないように思えるそれぞれの研究テーマであっても、立花の知識の幅広さとゼミ生の関心事の広さが、双方の好奇心や探究心によって融合し、リアルなゼミとWeb上に各々が発信する情報の中で知識が繋がり、更なる広がりや深みを生み出していった[96]
  24. ^ 立花は、立教大学セカンドステージ大学(RSSC)でも、立ち上げの段階から尽力し、2008年から2011年にRSSC特任教授、2011・12年にRSSC客員教授を務めた[97]
  25. ^ a b 当時は「進学相談会 on Campus」という名称であった[102]
  26. ^ ホテル講座は、当初、コーネル大学のホテル経営学校をモデルとしたホテル経営業務を主としたカリキュラムであった[108]。1954年(昭和29年)には、コーネル大学講師が授業を受け持った。また、慶應義塾大学も学生を本講座に派遣し学ばせていた[109]
  27. ^ 明治期に立教学校(立教大学の前身の一つ)の初代校長を務め、建築家としても活躍したジェームズ・ガーディナーは、現存する日本最古のリゾートホテルである「日光金谷ホテル」の経営者であった金谷善一郎に、日光を訪れる外国人向けに本格的なホテルが必要となることを助言し、善一郎の長男、金谷眞一はガーディナーが教えていた築地の立教学校に1892年(明治25年)に入学し、英学を学んだ。その後、眞一は、ホテル経営が厳しくなる中、ホテルに戻って経営者として金谷ホテルを改革し、名門ホテルとしての礎を築いた。こうして日光は外国人向け観光地、避暑地として名を馳せることとなった[110]
    善一郎の次男、金谷正造も、立教に進学した。正造は卒業後、イギリスに長期滞在するなど外国を旅したあと、帰国した翌年の1907年(明治40年)に、箱根の富士屋ホテルの創業者、山口仙之助の長女と結婚し、山口家に婿入りして、富士屋ホテルの経営に取り組んだ。山口正造は、『We Japanese』という日本を紹介する記事を発行するとともに、『ホテル実務学校』を開設した。正造は1944年(昭和19年)に亡くなるが、戦後まもなく、『正造記念育英会事業』が始まり、1946年(昭和21年)に、正造の遺族と日本ホテル協会の人が立教大学を訪ね、正造の遺志を継いで、母校の立教大学でホテル関係の人材育成活動を続けてほしいとする申し出を行った。こうして大学に開設されたのが『ホテル講座』であった[111]
  28. ^ ホテル講座開設当初から、業界の第一人者たちが教鞭と執っているが、1960年代にはソニービル東京芸術劇場を設計した芦原義信、日本観光協会外国部長の安居院平八、立教大学卒業生では、帝国ホテルで支配人を務めた古田直称や日本交通公社外国部長であった榎本容二らが講師を務めていた[113][114]
  29. ^ 1870年(明治3年)にウィリアムズが大阪・川口の与力町に設立した英学講義所が、1872年(明治5年)2月21日に古川町にて男子校として改組し開校すると、ウィリアムズは数学、理化学も教えた[122]。さらに1879年(明治9年)10月にテオドシウス・ティングが英和学舎として開校すると、文系科目に加え、天文学、生理学、本草学(医薬に関する学問)など高度な理系教育も行った[123]
  30. ^ 当時の1980年代初頭の日本には、野田が教える以外にアントレプレナーシップ(起業家精神)教育は存在していなかった。日本ではアントレプレナー(起業家)の育成は中小企業で行っており、アントレプレナーの先生はアントレプレナーであり、大学で教授が教えることはなかったのである。当時のアントレプレナーはブルーカラーの世界だったが、徐々にホワイトカラーの方に移っていく契機となったのが、ベンチャー企業であった。知的レベルが上がっていくとビジネススクールでスキルを教える必要性が出てきたのである。1992年になると、法政大学教授の清成忠男(のちに法政大学総長)の尽力により法政大学大学院に企業家教育コースが開講し、人気を集め、ほぼ同時期に早稲田大学教授の松田修一がアントレプレナー研究会を始めて、ようやく起業家教育が全国に広がっていくこととなった。また、立教大学教授を1989年3月に定年退職した野田一夫は、同年4月に開校した多摩大学の初代学長として、ベンチャー型起業家を生み出すアントレプレナー教育を開始し、その後、学長となった事業構想大学院大学でも教育の基本に据え、立教大学でさきがけとして始めたアントレプレナーシップ教育を拡大していった[134][131]
  31. ^ 野中は、マネジメントは新たな教養であるとし、以下のようにに述べている。「ドラッカーという人と思想を見ていくときに、哲学・歴史・文学からのとらえ方も有効であろう。それともう一つ、マネジメントとはリベラル・アーツなのだということを提唱したのが、ドラッカーの見逃しえない功績と思う。豊かな現実を経験しながら、同時にその現実の背後にある本質を直観する。それを言語化するときの基礎が教養、リベラル・アーツである。生き生きとした現実、プロセスのなかで本質を直観することは、科学のみになしうることではない。人間の生き方に深く関わる洞察であるがために、科学よりはむしろリベラル・アーツである。すなわち、アートとなる。マネジメントを教養とするのはまさにそのためである。」[136]
  32. ^ ドラッカーは、1985年に発行した『イノベーションと企業家精神』の中で、「企業家精神の特性は、性格の問題ではなく、行動様式の問題である。しかも、企業家精神の基礎となるものは、直感的な能力ではなく、じつに論理的かつ構想的な能力なのである。」と述べ、企業家精神は極めて体系的なものであり、学習することで身に着け、実践することができるものとしている[139]
  33. ^ a b ビル・ゲイツは、「今日は名誉ある博士号授与だけでなく、皆さんとの対話を楽しみにして来た。私自身は大学を卒業できなかったのでうれしい。父は喜ぶだろう。」と講演の冒頭で語った。
  34. ^ ミルトン・フリードマンは、フリードリヒ・ハイエクの元で共に学んだ西山にとっての兄弟子。西山とフリードマンは、1977年以降はスタンフォード大学フーヴァー研究所でも長らく同僚で、2人は「ミルトン」「チアキ」と呼び合うほどの仲だった。また、フリードマンは立教大学と同じ聖公会が設立したコロンビア大学で博士号を取得している[146]
  35. ^ フリードマンのマネタリズムに関する論文はすでに日本で知られていたが、フリードマン自身が直接日本で新貨幣数量説について初めて講演を行い、理論の紹介を行った。
  36. ^ CSIは2010年3月に開設された。
  37. ^ 大学院学生・教職員・学内組織に対して、調査・統計技法を活用して、日々の研究活動を生かしたいというニーズに応じて相談業務を行う。
  38. ^ 日本のアメリカンフットボールの歴史は、1934年春頃から、ポール・ラッシュ博士(立教大学教授)、ジョージ・マーシャル(立教大学体育主事)、松本瀧藏(明治大学教授)、小川徳治(立教大学教授)、アレキサンダー・ジョージ(アメリカ大使館武官)、メレット・ブース(アメリカ大使館付武官)、加納克亮(朝日新聞記者)らが立教大学に集まり、我が国でのフットボール競技活動開始を協議したことに始まる。ラッシュの尽力により、同年10月28日に東京学生アメリカンフットボール連盟(現・関東学生アメリカンフットボール連盟)が結成され、11月29日には全東京学生選抜チーム(立教、明治、早稲田)と横浜カントリイ・アスレチック・クラブ(YCAC)との間で、明治神宮競技場において日本初の公式試合が開催された。観客は約2万人で、開会式ではジョセフ・グルー米国大使が祝辞を述べた。同年12月8日には、我が国最初のリーグ戦である東京学生リーグが開幕し、立教大学池袋グラウンドで初戦の立教大学対明治大学戦が開催された[163]
  39. ^ a b オーガスティンは、同年(西暦597年)に、英国のパブリックスクールであり、世界最古の現役の学校の1つと評される「キングス・スクール」を創設[173]。キングス・スクールはカンタベリー大聖堂に隣接して設置されている。
  40. ^ a b 琉球王国で伝道活動した英国聖公会のバーナード・ジャン・ベッテルハイムを日本における最初のプロテスタント宣教師とすることもあるが、琉球王国は1879年になって日本の沖縄県になることから、正式に日本ミッション開設のために米国聖公会から派遣されたジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズを日本における最初のプロテスタント宣教師とする。
  41. ^ a b 荘村助右衛門は肥後藩士で、長崎でウィリアムズに学んだ。1866年(慶応2年)2月にはウイリアムズより洗礼を受ける(日本における聖公会初の受洗者)。荘村は、藩では兵学者で西洋流砲術、洋式操練の研究担当し、佐久間象山の塾や、長崎海軍伝習所で学んだ。ウィリアムズからは軍事書を手に入れたほか、フルベッキグラバーに加え桂小五郎坂本龍馬とも親交を持ち、坂本龍馬とは肥後藩を薩長同盟に参加させようと画策した[207][174]
  42. ^ a b c d e f g 大隈重信は、立教築地キャンパスの形成に大きく貢献をした。築地居留地は、「狭義の居留地」と「相対借り地域」に分けられるが、1884年までに狭義の居留地に造成された計52の地所は外国人の手で全てせり落とされていた。米国聖公会はスタッフが増加し、居留地に建設した建物に収容できなくなったことと、さらなるキャンパスの拡張を行うため、敷地の拡充が必要となっていた。1888年6月29日にウィリアムズは、築地居留地の予備地の購入を求め、米国公使のハバードに要請した。要請を受けたハバードは、1888年7月3日、大隈重信外相に書簡249号を送り、ウィリアムズの書簡のコピーを付して、大隈の長崎時代の恩師であるウィリアムズの要請を伝達した。当時米国公使館は、ウィリアムズが住む築地居留地にあったので、ウィリアムズとハバードは事前に何回か会って打ち合わせを行ったと思われる。
    大隈は、1888年7月17日にハバード宛に予備地を築地居留地の拡張部分として日本の行政権から切り離す用意があると回答し、ただちに山県有朋内相、東京府の高崎知事にその内容を通知した。1888年11月2日には、大隈は山県に書簡を送り、おそくとも同年12月15日までに予備地を居留地に充用するために競売に付するべく準備するよう訓令することを求めた。1888年11月28日には訓令が出され、住人には移転料が支払われたが、ある住人は1889年4月までの立ち退き延期が認められた。この年の4月1日、高崎知事は、1889年5月16日に造成する53番から56番までの4つの地所を競売に付したい旨、上申した。同年5月16日に予定通り競売が行われ、4つの地所をいずれもウィリアムズが競り落とした。こうして大隈の尽力により米国聖公会は、キャンパス拡張用地として、住宅用1つ、病院用2つ、神学校用1つの土地を既にある居留地の拠点に隣接して、入手するに至ったのである[234]
  43. ^ アメリカの自由と民主主義の象徴であり、ニューヨーク港内に建つ『自由の女神像』の左手には、ウィリアムズが卒業したウィリアム・アンド・メアリー大学の卒業生で、第3代合衆国大統領を務めたトーマス・ジェファーソンが起草したアメリカ独立宣言書を持っている。右手には、たいまつを持ち、足元には引きちぎられた鎖と足枷があり、それを踏みつけるような恰好となっている。これは、一切の弾圧や抑圧からの解放を表し、独立宣言書ととともに、『人類は、皆自由で平等である』ことを象徴している。女神像の正式名称は『世界を照らす自由』で、冠の7つのトゲのような突起は、7つの大陸と7つの海に自由が広がることを示している[175]。また、立教大学の本館(モリス館)の中央にある塔は、大正期において『自由の塔』と呼ばれていた。(#本館 モリス館(池袋キャンパス)を参照)
  44. ^ 米国コネチカット州の聖職者で、スコットランド聖公会によって主教に按手。
  45. ^ 新しい教会のための聖公会祈祷書の改訂版が書かれる。
  46. ^ アメリカ国内で聖公会の教会組織がない地域で教会を設立することと、外国においてもそれを同時に行おうとする機関。
  47. ^ のちにブーンの後任として、チャニング・ウィリアムズが中国・日本伝道主教となる。
  48. ^ 崇福寺の広徳院では、1859年(安政6年)にジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズが来日後に滞在し、長崎奉行の要請で英学教育を行うこととなった。 崇福寺大悲庵は、長崎村西山郷(現・長崎市上西山町)に所在し、現在、庵が所在した付近にラナルド・マクドナルド顕彰碑が建てられている。
    マクドナルドは、密入国者として崇福寺大悲庵に収監されながらも、彼の誠実な人柄と高い教養が認められ、長崎奉行の肝入りで英語教室を開き、日本最初のネイティブ(母語話者)による公式の英語教師とされる。マクドナルドが教えた14名の長崎通詞の生徒の中には、ペリー艦隊来航時の日本側の通訳を務めた森山栄之助もいた。英語教室は、マクドナルドが翌1849年(嘉永2年)4月に送還されるまでの約半年程続けられた[181][182]
  49. ^ ハリスは、ニューヨーク市立大学シティカレッジの創設者でもある。来日する以前の1846年にニューヨーク市教育局長となったが、その頃(1840年代)のニューヨークは人口増加にも関わらず、高等教育機関が2校しかなく、経済的に困難な移民や労働者階級の子弟にはほとんど教育の機会が与えられていなかった。ハリスは、ニューヨークの発展に寄与する人材育成を目指し、「社会に開かれた高等教育の場」を理念に、1847年に無償の学校であるニューヨーク市「フリーアカデミー」(現:ニューヨーク市立大学シティカレッジ)を創設する。当時、このハリスの挑戦に対し、貧困層への無料教育が役に立つのかと周囲の風当たりは相当強いものであったが、学校はのちにニューヨーク市立大学へ発展し、多数のノーベル賞受賞者も輩出することとなり、ニューヨークのみならず世界的にもハリスの功績は多大なものとなった。現在のニューヨーク市立大学シティカレッジの学生数は1万6千人ほどであるが、ニューヨーク市立大学群で見ると、学生数は50万人を超え、世界有数の大学群となっている。
  50. ^ 長崎奉行から奉行所の長崎通詞に英語の教授するように要請を受けたタットノール提督 (Josiah B.Tatnall) は、英語教師としてヘンリー・ウッドを任命した。英語学校は、ポウハタン号艦上で開校。その後、ロシア交易場(Russian Bazaar) の2階の和室へ移った。カリキュラムは、英単語の発音から始まり、リーディング、文法と進み、算術、地理、天文学、キリスト教育など多彩な内容であった。学校名は母校のダートマス大学に因み、Dartmouth College, Juniorと命名した。
  51. ^ エドワード・サイル(米国聖公会)、サミュエル・ウィリアムズ(長老派教会)、ヘンリー・ウッド(長老派教会)の3名が長崎でオランダ商館長ドンケル・クルチウスとの会談を行ったことにより日本側の対応を知り、それぞれが所属する母国の伝道協会宛てに宣教勧告書簡を送り、日本に派遣する宣教師を任命するように促した[184]。3名の連名による書簡であったとする資料が多いが、連名による書簡ではなかったようである。事実、ヘンリー・ウッドは、エドワード・サイルとサミュエル・ウイリアムズが長崎に来る前に、既に書簡を送っている[183]。また、サミュエル・ウイリアムズは宗派を超えて、米国聖公会へ向けて書簡を送っている[185]。ヘンリー・ウッドの宗派はオランダ改革派であったとする資料もあるが、当初は会衆派の牧師で、のちに長老派の牧師となった[183]。こうした背景には、会衆派、長老派、オランダ改革派などで結成された無宗派的な海外伝道組織であるアメリカン・ボードの影響も考えられる。
  52. ^ マクゴーワンが2週間ほど英語を教えた後、同月下旬には船が出航したため、それ以後は出島に滞在する米国人ワルシ(Richard James Walsh、ウォルシュ兄弟の3番目の弟)が出島にある居宅及び興善町の唐通詞会所で英語を教えた。
  53. ^ ジョン・リギンズは日本における最初のプロテスタント宣教師とされるが、療養のため、チャニング・ウィリアムズより1ヵ月早く来日し、英語教師および伝道師として精力的に活動したが、病気のため来日から1年も経たず1860年2月に日本を離れた。ウィリアムズも、リギンズとともに米国聖公会から同時に派遣を決定された人物であり、来日後長らく日本で活動したことから、日本における最初のプロテスタント宣教師である。リギンズとウィリアムズはヴァージニア聖公会神学校の同級生である[22]
  54. ^ 米国聖公会は同行する医療宣教師として、H.E. シュミットを人選する[189]
  55. ^ ミッションの場所はエドワード・サイルが推奨した長崎となる[2]
  56. ^ 長崎に到着したリギンズは長崎奉行の要請で、早速、英語教師として8人の公式通訳(長崎通詞)を指導した。長崎奉行からは3部屋ある家を提供され、家塾に授業クラスを設けて教えた。ウィリアムズが来日してから、両者は長崎の崇福寺境内にある広徳院に滞在したが、長崎奉行から提供された3部屋ある家は、美しい場所に建つ家であり、そこが崇福寺広徳院であったと思われる[2]
  57. ^ 開設されたミッションは伝道に加え、教育活動と医療活動を目的としており、リギンズとウィリアムズは来日後、家塾に授業クラスを設けるとともに幕府の長崎洋学所で教えるなど英学教育を開始する[2][3]。これが教育機関としての立教大学の起源である。
  58. ^ 米国議会はまだ長崎の領事を任命しておらず、ハリスのウォルシュ指名は必要に迫られてのことだった[11]
  59. ^ ウィリアムズは、サイルの家族の病気のため、サイルは短い旅行を楽しむ必要があり、サイルが不在の中で日本へ出発できず、リギンズより日本行きが遅れた[2]
  60. ^ フルベッキはオランダ改革派の宣教師として来日し、早稲田大学の建学の祖とされる人物。チャニング・ウィリアムズと親交が深く、子供たちはウィリアムズより洗礼、堅信を受け聖公会員となる。次男はチャニング・ムーア・ヴァーベックと命名(ウィリアムズは遺産の一部と金時計を与えると遺言状で指示)。二女のエマ・フルベッキは聖公会の婦人伝道師となり、立教女学院、立教学校で教えた[195][196][197]
  61. ^ フルベッキはリギンズ、ウィリアムズと同居した後、崇福寺近くの住居に引っ越した。しかし、妻が神経痛となり、1860年8月に来日したハインリッヒ・シュミット医師から、神経痛の原因は寝室の湿度の高さにあると説明され、シュミットの薦めで、1860年11月15日に環境の良い崇福寺広福庵へ転居した。広福庵は、最初の住まいであった崇福寺広徳院と同じ境内の高台にあった[198]
  62. ^ 長崎米国領事館は1860年から1865年、1902年から1921年まで東山手十二番館に所在した[11]
  63. ^ ウィリアムズは、長崎の漢方医、笠戸順節や佐賀藩の碩学、谷口藍田と交流している。笠戸順節は、漢文に長けた人物で、リギンズ、ウィリアムズ、フルベッキに、日本語や日本に関する書籍を供給した。リギンズ、ウィリアムズは中国で漢文を習っていたため、笠戸とコミュニケーションが取りやすかったと思われる。笠戸順節は、シーボルトにも資料を提供していたとされる。
    ウィリアムズは、谷口藍田に英語や海外事情を教え、藍田からは和漢の学について教えを受けたという。谷口藍田は東京専門学校(のちの早稲田大学)でも教鞭を執っている[199][200]
  64. ^ シュミットは来日してから2か月後には診療を開始している。翌年7月に東山手居留地四番館に引っ越した際には、診療所が整備されたと考えられる。
    医学と英語教育については、日本人医師たちに英語で現代医学を教えるクラスと、医学とは関係なく英語だけを教えるクラスを持っていた。
  65. ^ ウィリアムズは東山手居留地の五番館に住んだ。シュミットの住む四番館に隣接する三番館には幕府の「済美館」と佐賀藩の「致遠館」で英語などを教えるフルベッキが居住していた。また、現在の東山手にはC.M.ウィリアムズ宣教師館跡の石碑が建てられている。
  66. ^ 何礼之、平井義十郎などの唐通事たちが世話人となっていた。ウィリアムズやフルベッキも英語を教えたと考えられる。
  67. ^ 高杉晋作はチャニング・ウィリアムズから「アメリカでは、階級間に差別がなく一般人から大統領が生まれ、また大統領も、辞めれば一般人となること」など欧米の状況を聴き、知識を学ぶ(これが奇兵隊の発想の基にもなったといわれる)[174]
  68. ^ チャニング・ウィリアムズの元で学んだ大隈重信早稲田大学を設立し、前島密早稲田大学(当時東京専門学校)の校長を務め、建学にも大きく関わっており、ウィリアムズが設立した立教大学と教え子が設立した早稲田大学は歴史的に深い関係がある。大隈重信はアメリカ独立宣言を知り、その後の人生に大きな影響を受けたが、アメリカ独立宣言の起草者であるトーマス・ジェファーソンはウィリアムズが卒業したウィリアム・アンド・メアリー大学の卒業生であり、大隈にアメリカ独立宣言を最初に教えたのはウィリアムズであった可能性が高い。1888年(明治21年)、大隈はウィリアムズからの要請により築地キャンパスの拡張のため尽力する[注釈 42]。大隈は、1919年(大正8年)5月31日に開かれた池袋校舎落成式にも来賓として出席し、大学創設者ウィリアムズと結ばれた師弟関係から立教大学との縁故に及ぶ大演説を行った[10]。前島密はチャニング・ウィリアムズから郵便制度についても学び、後に日本の近代的郵便制度の基礎確立につながった[174]。漢字廃止論もウィリアムズから示唆を受けた。また、早稲田大学建学の祖であるフルベッキとウィリアムズは深い親交で結ばれた盟友であった。
  69. ^ 土地は928坪、借地名義人は英国領事ジョージ・モリソン、所要経費は整地費を含め銀1782分。ジョージ・スミス主教の寄金と居留外国人の献金によって献堂された[191]
  70. ^ ウィリアムズは日本に着任後、同じ聖公会として、英国国教会に伝道協力を求めていた。
  71. ^ ウィリアムズは、1868年11月には住む場所を探すため大阪に来ていた[123]。フルベッキも1868年10月に大阪を訪れており、ウィリアムズとフルベッキは大阪でも親密に情報交換をしていたと考えられる[212]
  72. ^ 与力町は、川口居留地に程近い雑居地(のちの本田三番町付近、現在の川口3丁目付近)にあった。川口居留地は、当初わずか26区画しかなく、競売で土地を落札することができなかった外国人は隣の梅本町、与力町等の雑居地に住むようになった[215]。そのため、ウィリアムズは当初、与力町に居を構えたと考えられる。
  73. ^ アーサー・ラザフォード・モリスは米国聖公会の宣教師で、立教大学池袋キャンパスの本館(1号館)はモリスが遺した寄付により建てられたことから、「モリス館」とも呼ばれ、立教大学のシンボルになっている。
  74. ^ 午後2時間のみの男子学校[22]で、英語に加えて数学や理化学なども教える私塾として開設。ウィリアムズは数学、理化学を教えた。また、ウィリアムズが担当する聖書は選択であったが、初級クラスは全員が履修し、上級生も多数が履修した[122]。モリスが英語の教師として教壇に立った[219]
  75. ^ 築地の外国人居留地にあった詩人ヘンリー・ロングフェローの子息邸を借用して塾を開設した。
  76. ^ 立教学校卒業生の河島敬蔵の経歴書によると、ウィリアムズとともにエドワード・サイルも立教学校の設立に関与していたと思われる。河島は、1873年(明治6年)3月から大阪の聖テモテ学校(後の大阪・英和学舎)で学んだ後、立教学校が設立された翌年の1875年(明治8年)2月から立教学校で学び、後に大阪・英和学舎(立教大学の前身の一つ)で教授を務めた[221]
  77. ^ ウィリアムズが最初に任命した実際の初代校長はジェームズ・ガーディナーである。ブランシェ(初代立教学校長)やクインビー(立教学校長)は、統括者ウィリアムズが不在時の主任者として位置づけられる[223]
  78. ^ 先に来日(1872年)して指導していたJ.H. クインビー夫人の生徒3名を引き受けた。
  79. ^ この改称と同時に学校の場所を川口居留地14番に移したと考えられる。照暗女学院は、1879年6月には川口居留地6番の元オーサカホテルを購入し移転[123][213]
  80. ^ 日本で初めて制服にセーラー服を採用した学校は諸説あるが、平安女学院は、その内の一つである。
  81. ^ 明治8年、照暗女学校のミス・エディの記録では、生徒に讃美歌を歌わせているとき、日本の子供たちはオルガンのどこから音が出るのか不思議がっていたという[226]
  82. ^ 立教女学校は、1877年(明治10年)6月に、湯島天神町(現在の文京区湯島二・三丁目)にあったブランシェ夫妻の仮住居で始められた生徒わずか6名の私塾として開始。初代校長はブランシェ(ブランシェ夫人だと思われる)。米国聖公会から派遣され、来日したばかりの宣教師ミス・フローレンス・ピットマンがブランシェの働きを支え、生徒数は15名となり、2代目校長を務める。学校創設当初、設置場所が居留地外であったので、外国人教師は校主、若山儀一に雇用されるという形をとっていた。
    立教女学校は翌1878年(明治11年)には神田川を渡った神田駿河台東紅梅町(現:神田淡路町)のブランシェ夫妻の新居に移る。ピットマンも同居した。
    さらに生徒数が21名に増えたことから、1879年(明治12年)12月に隅田川に近い築地(京橋南小田原町「現:中央区築地7丁目」)へ移っている。
    1882年(明治15年)には、ピットマンは立教学校の校長として築地の校舎などを設計したガーディナーと結婚。同年6月には、ガーディナー夫妻が住む築地居留地26番の住居の2部屋が女学校の教室として使用された。1884年(明治17年)にはガーディナーの設計で、築地居留地内26番に念願の新校舎を建設。校舎は洋風三階建ての美しい建物で、居留地内でも評判の建物であったといわれている。
  83. ^ ウィリアムズは度重なる校舎の損失を踏まえ、米国聖公会に、建築家で、文学と化学にも造詣が深い人物の派遣を要請し、ジェームズ・ガーディナーが人選された[22]
  84. ^ 風雲館は立教大学の源流の一つと考えられる。日本英文学会の会長を務め、同志社でも教鞭を執った清水泰次郎の経歴によると、明治10年11月より明治11年9月まで、「大阪の北浜風雲館にて独逸学・漢学を修めた」とあり、風雲館は、当時大阪・北浜にあり、独逸学・漢学も教えていたことがわかる。清水は明治11年11月より明治12年3月までは、風雲館の館主・中島の請求に応じ英学部の教頭になっており、風雲館は館長が中島という人物で英学部も設置していたことが分かる。明治14年7月より明治16年12月までは、大阪川口の英和学舎で論理心理学を講授するとあり、英和学舎では論理心理学も教えていたことが分かる。出典資料の付記によると、「明治十年以降、大阪に於て北浜風雲館英語部教頭、英和学会教頭、ヘール氏塾(ウィルミナ女学校、現:大阪女学院)主任、照暗女学校(平安女学院前身)教頭を歴任し、なお関西英学校、開成学館、専修学校の教頭を兼ね、私立日本英文学会を創立しその会長となる。」とあり、清水は風雲館だけでなく、英和学舎でも教頭を務めたことが分かり、立教創設期での関わりが大きい。また、清水は英国留学で休職する第五高等学校(現:熊本大学)教授であった夏目漱石の後任として第五高等学校で教授を務めた[236]
  85. ^ 英和学舎は天文学、生理学、論理学、歴史学、本草学(医薬に関する学問)など高度な学問を教授し、のちに立教大学の初代学長となる元田作之進、日本聖公会大阪教区主教となった名出保太郎、南海鉄道の社長を務めた大塚惟明などの人材を輩出した[123]
  86. ^ ケンブリッジ大学を優秀な成績で卒業したロイドは、学士、文学修士を取得、15か国語に通じていたといわれ、来日わずか7か月目には早くも日本語で説教を行っている。福澤諭吉から慶應義塾の教員の中で唯一真の学者と当初から認められていたロイドは、慶應義塾で11年にわたり(1885年-1890年、1893年-1898年、1904年)教鞭を執った[238]
    慶應義塾で教えるかたわら、福沢諭吉はロイドに三田キャンパス内の西洋館を与えるなど厚遇し、ロイドは慶應義塾の敷地内に喜望教会を創設した。福沢諭吉と聖公会の関わりは、英国聖公会福音宣布教会 (SPG) の宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーとの関わりからあり、福沢の三女と四女と孫の清岡暎一(慶應義塾大学名誉教授)は日本聖公会の信徒となっている[239][240]
  87. ^ ウィリアムズ主教は辞表を提出し、主教団は十分な審議の後、彼の長年の奉仕に感謝の意を表し、10月8日に辞表を受理した。この情報を日本で受け取った常任委員会は、全会一致で、「正当に資格を与えられた後継者がその職務に就くまで、主教としての職務を継続すること」をウィリアムズ主教に要請し、ウィリアムズ主教はこれに同意した[219]
  88. ^ 聖別式には日本人を中心に700人が出席した。音楽を担当したのは、フルベッキの二女エマとミセス・フォールスだった。エマは築地の立教女学院でも音楽を教えていた。大聖堂は、ゴシック様式、身廊の長さは78フィート(約26メートル)、フランス製のステンドグラスがあり、塔の高さは地上から51フィート(約17メートル)だったという。オルガン部屋はコワイヤー(聖歌隊席)の北側にあって11×12フィートだったと記録されている。ガーディナーは日本音楽協会会員でもあったので、音楽的にも注意が払われていたらしく、その音響効果は立派だったと記録されている[242]
  89. ^ 雑誌『八紘』は、教授、学生の研究論文や文学的作品を載せたが、この雑誌を通じてキリスト教思想も宣揚された。当時の『早稲田文学』、東京帝国大『芸文』と肩を並べたものであった[113]
  90. ^ 月刊として1931年(昭和6年)5月の300号まで続いた。その時々の立教のキャンパス全体の状況を知る唯一の雑誌として貴重である[248]
  91. ^ 文部大臣(代理)、内務大臣(代理)、外務各大臣、米国大使、井上府知事等の祝辞に次ぎ、大隈重信、金子堅太郎、渋沢栄一の演説があった[260]
  92. ^ ルドルフ・トイスラーは米国聖公会の宣教医で、聖路加国際病院の設立者。1927年から1934年まで立教の経営法人の理事を務めた。
  93. ^ 第二応援歌の『St.Paul's will shine tonight』も敵性語であるとして斉唱禁止となった[113]
  94. ^ 八代斌助は、イギリス国王ジョージ六世宛の天皇陛下のメッセージを伝達し、ロンドンで開催された全世界の聖公会の会議であるランベス会議に出席した。
  95. ^ 愛恵病院(英語名:Tokyo Dispensary)は、1890年(明治23年)ウィリアムズの要請により医師で聖公会信徒の長田重雄が京橋区船松町13番地に開設[309]
  96. ^ リギンズとウィリアムズとともに幕末の長崎に米国聖公会から派遣され、英語と医学を教えたハインリッヒ・シュミット、現在の立教学院の基礎を築いたヘンリー・タッカーは、バージニア大学で学んでいる。
  97. ^ 三番館に隣接する四番館には、米国聖公会宣教医のハインリッヒ・シュミットが住んだ[74]
  98. ^ 禁教化の幕末において、英学教育と医療活動、在日外国人向けの礼拝は行うことができた。
  99. ^ 文部省内での医学部設置の認可手続きは完了した[279]
  100. ^ 島崎赤太郎は杉浦学長の夫人ちか(旧姓高木)の東京音楽学校時代の先輩であることから作曲を依頼した[323]
  101. ^ 2009年(平成21年)の創立135周年を機に、立教学院各校のシンボルデザインの一体化を図り、現在の2色のデザインが基本デザインとなった。チャペルのステンドグラスにある楯のマークなど別のカラーリングのデザインもある。当初のデザインは、紫・白・金の3色によるデザインで、金色は「真正の価値」を表している[325]
  102. ^ ムラサキの花自体は白色だが、根は古くから紫色の染料として用いられてきた。紫色とはもともとムラサキの根を原料として染め上げた色である。
  103. ^ 1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は、辰野金吾により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきた。1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎で復元し長らくそのままの建物であった。しかし、2017年に、戦災で失われた箇所を復元し、創建当時の美しい3階建てのレンガ造りの姿が見事に再現された。特にドーム部分の復元は大きな話題となった[332]
  104. ^ 専門科目群として、言語研究関連科目群、通訳翻訳研究関連科目群、コミュニケーション研究関連科目群、グローバル・スタディーズ研究関連科目群がある[広報 3]。また、2012年度以降の入学生に対しては、選択科目の領域専門科目として、複合地域文化領域、異文化コミュニケーション領域、言語教育領域がある[広報 4]
  105. ^ 学科選択科目は「公共サービスと生活」「競争と規制」「グローバル化と地域」「政策関連科目」に分かれている[広報 5][広報 6]
  106. ^ 学科選択科目は「アカウンティング」「ファイナンス」「マネジメント」がある[広報 5][広報 6]
  107. ^ 選択科目の一つで、2年次から始まるコンセントレーション科目は、マーケティング領域、マネジメント領域、アカウンティング&ファイナンス領域、コミュニケーション領域に分かれている[広報 7]
  108. ^ 代数系研究室、解析系研究室、幾何系研究室、計算数学系研究室がある[広報 8]
  109. ^ 理論物理学研究室、原子核・放射線物理学研究室、宇宙地球系物理学研究室がある[広報 8]
  110. ^ 教員は「反応解析化学グループ」「構造解析化学グループ」「物性解析化学グループ」に分かれている[広報 8]
  111. ^ 分子生物学系の研究室、生物化学系の研究室、分子細胞生物学系の研究室がある[広報 8]
  112. ^ 「社会学部共通・社会学科科目」や「学科展開・自由科目」は「理論と方法」「自己と関係」「生活と人生」「公共性と政策」「構造と変動」の5領域に分かれている[広報 9]
  113. ^ 「社会学部共通・社会学科科目」や「学科展開・自由科目」は「価値とライフスタイル」「環境とエコロジー」、「グローバル化とエスニシティ」「都市とコミュニティ」の4領域に分かれている[広報 9]
  114. ^ 「社会学部共通・社会学科科目」や「学科展開・自由科目」は「情報社会」「マス・コミュニケーション」「メディア・コミュニケーション」の3領域と、「メディア実習科目群」に分かれている[広報 9]
  115. ^ 専門科目は、(1)理論・制度・サービスの理解、(2)援助の方法や技術の理解、(3)実習・演習等による理解という3つの柱に基づき配置[広報 10]
  116. ^ 専門科目は「コミュニティ政策学」領域、「コミュニティ形成学」領域、「コミュニティ人間学」領域の3つの教育研究領域を柱に配置[広報 10]
  117. ^ 専門科目は「健康運動」領域、「スポーツパフォーマンス」領域の2つの教育研究領域を柱に配置[広報 10]
  118. ^ 皇太子時代の上皇が戦時中、奥日光に疎開していた時に滞在していた日光市湯本にあったホテルで、1973年に栃木県益子町に移築され、2020年2月から「ましこ悠和館」として新たに営業を開始[370][371]

出典

  1. ^ a b 立教大学校友会 立教タイムトラベル 第48回「1956(昭和31)年、セントポール・グリーンハイツ完成」
  2. ^ 立教大学陸前高田サテライト(2020年5月24日閲覧)
  3. ^ 2016年入学生用の「大学案内」[1]「異文化コミュニケーション学部案内」[2]による
  4. ^ 履修要項[3]による
  5. ^ a b 2016年入学生用の経済学部案内[4]による
  6. ^ a b 履修要項[5]による
  7. ^ a b 履修要項[6]による
  8. ^ a b c d 2016年入学生用の理学部案内[7]による
  9. ^ a b c 履修要項[8]による
  10. ^ a b c 履修要項[9]による



「立教大学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立教大学」の関連用語

立教大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



立教大学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立教大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS