立花隆とは?

立花隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 07:58 UTC 版)

立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本ジャーナリストノンフィクション作家評論家。「知の巨人」のニックネームを持つ [1]


  1. ^ a b c d 立花隆『脳を究める』(2001年3月1日 朝日文庫
  2. ^ 『ぼくはこんな本を読んできた』[要ページ番号]
  3. ^ (人生の贈りもの)わたしの半生 朝日新聞2016年4月6日夕刊
  4. ^ 『立花隆のすべて (下)』文春文庫[要ページ番号]
  5. ^ a b c d 立花隆「フランス・ユマニスムの精神」『文藝春秋』94巻9号、文藝春秋2016年6月1日、77頁。
  6. ^ 立花隆「フランス・ユマニスムの精神」『文藝春秋』94巻9号、文藝春秋2016年6月1日、78頁。
  7. ^ リアルスポーツ(2009年11月28日)
  8. ^ 『生、死、神秘体験』
  9. ^ 『小林・益川理論の証明』
  10. ^ 『赤塚不二夫の「これでいいのだ!!」人生相談』(集英社、1995年)
  11. ^ 『立花隆先生、かなりヘンですよ - 「教養のない東大生」からの挑戦状』谷田和一郎著(洋泉社 2001年11月)
  12. ^ 『通販な生活 一生を1ギガで終えないための買い物学』(講談社 2008年4月)
  13. ^ “堀江氏が立花隆さんを提訴”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2007年8月24日). オリジナルの2007年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070826141002/http://www.daily.co.jp/newsflash/2007/08/24/0000566773.shtml 2020年11月16日閲覧。 
  14. ^ 立花のコラムについて堀江被告、立花氏に勝訴=コラムの名誉棄損認定-東京地裁[リンク切れ] 時事通信 2008/10/03-19:36
  15. ^ “首相は「紙オムツ常用」状態!? 立花隆の超過激コラム”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2007年2月26日). https://www.j-cast.com/2007/02/26005786.html 2020年11月16日閲覧。 
  16. ^ 野口聡一 宇宙飛行士”. 宇宙ステーションキッズ. JAXA|宇宙航空研究開発機構. 2020年11月16日閲覧。
  17. ^ 『宇宙を語るI 宇宙飛行士との対話』(中公文庫)
  18. ^ 耳をすませば”. 金曜ロードシネマクラブ. 日本テレビ. 2017年1月12日閲覧。


「立花隆」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立花隆」の関連用語

立花隆のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



立花隆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立花隆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS