恒常性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 恒常性の意味・解説 

こうじょう‐せい〔コウジヤウ‐〕【恒常性】

読み方:こうじょうせい

生物生理状態などが一定するように調節される性質。→ホメオスターシス


恒常性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恒常性

同義/類義語:ホメオスタシス
英訳・(英)同義/類義語:homeostasis

生物が、外界条件変動して体の状態機能一定に保つ働き
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  屈性  屈湿性  屈触性  恒常性  恒温性  抗体の多様性  抗原性

恒常性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 20:47 UTC 版)

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスターシス: ὅμοιοστάσις: homeostasis)とは、生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。


注釈

  1. ^ ギリシア語: ὅμοιοホモイオ
  2. ^ ギリシア語: στάσιςスタシス

出典

  1. ^ Online, D. I.. “全身状態とは何だろう?” (日本語). DI Online. 2022年7月25日閲覧。
  2. ^ Handbook of Neuroendocrinology, p. 11, Fig 1.5.
  3. ^ 福田満 (2003/04). 生化学. 化学同人. pp. 164. ISBN 978-4759804782. https://books.google.co.jp/books?id=LhUtZ83xih4C&pg=PA164&hl=en&sa=X&ei=4EvHT_iUHYaNmQW4w9X_Cg&ved=0CDcQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false 
  4. ^ 解剖生理学 2004, pp. 195–196.
  5. ^ 低血糖症は発達障害(自閉症)の危険因子 http://www.s-kubota.net/kanri/index_4.htm
  6. ^ Regulation of Immune Responses by T Cells 2006, p. 1166.
  7. ^ Immunity to fungal infections, 2011 & Figure 3.
  8. ^ Sharon Rady Rolfes, Kathryn Pinna, Ellie Whitney (Jul 11, 2008), Understanding Normal and Clinical Nutrition, Cengage Learning, pp. 417-418, Figure 12-12, ISBN 978-0-495-828792, https://books.google.co.jp/books?id=ie73yQoqqaYC&pg=PA417&lpg=PA417&source=bl&ots=LrgvEIFYJ7&sig=ERkV5NDB3WDtFPRXv8PRk2T0gr0&hl=en&sa=X&ei=kLYwULaiOZCZmQWFqIGYAQ&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 


「恒常性」の続きの解説一覧

恒常性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 08:59 UTC 版)

生態学」の記事における「恒常性」の解説

生息空間は、地質地理気候といった非生物的な環境要因によって、その範囲規定される非生物的な環境要因としては、以下のもの挙げられる水 - 生物にとって不可欠なものである陸上においては供給される水の量(降雨量など)と季節変動重要な環境要因である。 空気 - 生物酸素二酸化炭素供給するまた、花粉胞子散布する。 土 - 養分供給源として成長支える。土は岩石破砕物有機物混じったもので、有機物生物起源の、いわゆるデトリタスである。基盤となる岩石成分あまりに特殊な場合土壌成分偏り成立する生物群集制限される場合がある温度 - 高温すぎても低温すぎても生物活動制約される生物種によっては温度に対する耐性様々である地球上では、おおむね低温の程度によって生物多様性制限される。 光 - 光合成必要である光の当たらない環境地下深海など)では、一般に生産者欠損する。 ただし、このような非生物的要因に、生物が全く関与できないかと言えば、そうではない。一般見方としては、気候的要因などは緯度標高などによって決定されるものと思われるが、そのようなものであっても生物存在によってある程度変化生じる。例えば、過度の伐採によって砂漠化している地域があるとする。一度砂漠化すると回復難しいが、それではなぜ以前には樹木があったのかという疑問生じる。これは、樹木過度の攪乱かくらん)を受けなければ砂漠にならなかった、つまり砂漠気候になるのを植物止めていたことを意味する一般的に植物がよく生育していた環境を、過度の攪乱によって裸地化した場合気温変動幅大きくなり、乾燥化する傾向があるこのように非生物要因によって生物群集影響を受けること作用逆に生物群集非生物要因影響を与えること反作用という。

※この「恒常性」の解説は、「生態学」の解説の一部です。
「恒常性」を含む「生態学」の記事については、「生態学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「恒常性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恒常性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:34 UTC 版)

発音(?)

こ↗ーじょーせー

名詞

恒常こうじょうせい

  1. 生物について、環境変化して生体内の状態が一定保たれる性質能力浸透圧体温調節などがこれにあたるホメオスタシス

類義語

翻訳


「恒常性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

恒常性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恒常性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恒常性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの生態学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの恒常性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS