エコロジーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > エコロジー > エコロジーの意味・解説 

エコロジー【ecology】

読み方:えころじー

生態学

自然環境保護運動人間生態系一員であるとの視点から人間生活と自然と調和共存をめざす考え方


エコロジー

 日本語で「生態学」のこと。生態学とは、生物環境つながり研究する学問。ある地域内の動植物群とそれらを支配している気象土壌地形などの環境まとめて生態系呼び、この生態系構造働き変遷などを調べる。。対象方法などにより、植物生態学動物生態学個体群生態学などがある。
 →生態系エコシステム

エコロジー

本来は「生態学」を意味する近年は「エコロジカル・ライフ」を「環境にやさしい生活」と訳すなど、環境保全地球環境負荷かけないという意味用いられることが多い。

エコロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 00:09 UTC 版)

エコロジー英語: Ecology)は、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語の Ecology movementPolitical ecology などに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。


  1. ^ 学研キッズネット「環境なぜなぜ110番」より
  2. ^ 島根大学名誉教授橋谷博は、「やさしくとは 生物どうしが 言うことさ 地球に言うとは 驕りきわまる」と批判している。


「エコロジー」の続きの解説一覧

エコロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:07 UTC 版)

環境問題」の記事における「エコロジー」の解説

「エコロジー」を参照 原義は「生態学であったが、意味が拡大して現在は「環境に優しい」「環境配慮した」「環境負荷少ない」という意味用いる。略してエコと呼ぶことも多い。意味や定義が曖昧であるため、「健康にいい」「自然な」といったところにまで意味が拡大されることもある。

※この「エコロジー」の解説は、「環境問題」の解説の一部です。
「エコロジー」を含む「環境問題」の記事については、「環境問題」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エコロジー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エコロジー

出典:『Wiktionary』 (2021/07/10 03:02 UTC 版)

名詞

  1. 生態学
  2. 自然環境
  3. 環境保護運動環境保護エコ

発音(?)

エ↗コ↘ロジー

語源

英語: ecology

関連語


「エコロジー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エコロジーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エコロジーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エコロジーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエコロジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの環境問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエコロジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS