個体数とは? わかりやすく解説

個体群

(個体数 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 15:07 UTC 版)

生態学における個体群(こたいぐん、: population)、遺伝学における集団(しゅうだん、英訳同じ)とは、ある一定範囲に生育・生息する生物1種の個体のまとまりを表す概念である。必ずしも集まっているものを指すわけではない。




「個体群」の続きの解説一覧

個体数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 14:15 UTC 版)

ゴビヒグマ」の記事における「個体数」の解説

ゴビヒグマの個体数の推定は、1960年代から2000年代初めまで、足跡や糞の収集個体視認など、観察に基づいて行われていた。公表された報告によれば1960年代15から20頭、1970年代20前後1980年代初めに20から25頭、1990年代には30前後2000年代では少なくとも20頭、とされている1970年代以降の個体数は安定しているようにみえるが、モンゴル自然環境省(MNE)の見解はこれとは異なり1980年代後半50から60頭だったものが減少して1990年代水準になったとしている。1960年代以前は、生息域現在の2倍以上あったと推測されており、であれば生息数ももっと多かったとする仮説一定の説得力を持つが、推定個体数がそれと一致していないことは、観察によって信頼できる生息数情報を得ることの難しさ示している2000年代以降は無人カメラ使用した画像分析発信機取り付けて遠隔測定体毛採集してDNA分析などで、より精度の高い個体数推定が行われるようになっている2008年から2009年実施され調査結果分析では、95パーセント信頼区間22頭から31頭が生息しオス14頭、メスが8頭含まれる、と結論付けられた。 複数調査で、オスの方メスより有意に多い個体数の偏りがみられ、メス少ないことはゴビヒグマ長期的な存続にとって難題とされているいくつかの理由から、標本採取においてオス補足されやすい観測偏りがある可能性指摘されるが、それが正しかったとしてもメス少なさ否定するに足る程の影響持たないとみられるいずれにせよ40頭以下の生息数しかないとみられ、他所ヒグマから孤立しているゴビヒグマは、絶滅危機に直面していることは確実と考えられる

※この「個体数」の解説は、「ゴビヒグマ」の解説の一部です。
「個体数」を含む「ゴビヒグマ」の記事については、「ゴビヒグマ」の概要を参照ください。


個体数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 15:06 UTC 版)

ラブラドール・レトリバー」の記事における「個体数」の解説

詳細は「en:List of most popular dog breeds」を参照 ラブラドール・レトリーバーは、世界的に見ても特に人気がある犬種となっている。2006年現在時点で世界でもっとも飼育頭数が多い犬種である。 オーストラリアカナダイスラエルニュージーランドイギリスアメリカで飼育頭数1位である。 イギリスアメリカでラブラドール・レトリーバーの飼育頭数は、飼育頭数2位犬種のおよそ2倍上であり、同じような大きさの他犬種との比較では、2位となるジャーマン・シェパードゴールデン・レトリバー3倍から5倍の飼育頭数となっている。 各種の身体障害者補助犬としての登録数は、アメリカオーストラリアなど多くの国で1位で、警察犬などの公的な用途使役されている頭数多くの国で1位である。 アメリカ盲導犬のおよそ60%から70%はラブラドール・レトリーバーである オーストラリア・ナショナル・ケネル・カウンシル (en:Australian National Kennel Council) が制定している「狩猟犬殿堂」に登録されている13頭のうち7頭がラブラドール・レトリーバーである。 世界中で飼育されているラブラドール・レトリーバー正確な頭数に関する記録存在しない2005年時点でもっとも多くラブラドール・レトリーバー飼育されていた国の上位は、1位イギリス2位フランスアメリカ4位スウェーデン、5位フィンランドとなっていた。スウェーデンフィンランド人口他の3国比べるとはるかに少ないため、人口当たりの飼育数でみるとこの2国が上位となる。 国名2005年時点で人口百万人)ラブラドール・レトリーバーの登録頭数人口百万人あたりの登録頭数フィンランド 5.2 2,236 426.0 フランス 60.5 9,281 153.4 スウェーデン 9.0 5,158 570.5 イギリス 59.7 18,554 311.0 アメリカ 307.0 10,833 36.3 アメリカ任意団体である動物整形外科基金 (OFA) が発表した統計によると、ラブラドール・レトリバー登録数ではイエローブラックがほぼ同数でややイエロー多くチョコレート少ないという結果となっている。

※この「個体数」の解説は、「ラブラドール・レトリバー」の解説の一部です。
「個体数」を含む「ラブラドール・レトリバー」の記事については、「ラブラドール・レトリバー」の概要を参照ください。


個体数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 19:18 UTC 版)

カナダガン」の記事における「個体数」の解説

2000年北米での個体数は400から500万羽の間と見積もられた。1983年から2003年カンザス州ウィチタでの20年間にわたる調査冬季市内の個体数は1,600羽から18,000羽に増えた

※この「個体数」の解説は、「カナダガン」の解説の一部です。
「個体数」を含む「カナダガン」の記事については、「カナダガン」の概要を参照ください。


個体数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 07:13 UTC 版)

アムールヒョウ」の記事における「個体数」の解説

世界自然保護基金WWF)の2013年調査結果では野生のアムールヒョウは48-50頭と推測される少なくとも43-45頭の成獣と、4-5頭の幼獣生息していることが確認され2007年の調査では27-34頭であったことと比べると1.5倍に増加しており、回復兆し見せている。2020年時点では100程度推計されている。

※この「個体数」の解説は、「アムールヒョウ」の解説の一部です。
「個体数」を含む「アムールヒョウ」の記事については、「アムールヒョウ」の概要を参照ください。


個体数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 09:23 UTC 版)

セミクジラ」の記事における「個体数」の解説

大規模な商業捕鯨時代には大量に捕獲され商業捕鯨が行われる以前[いつ?]は数万頭が北太平洋棲息した。アメリカヤンキー捕鯨船団が1804年から1876年までに1万9千頭のセミクジラ捕獲していたという記録がある。 日本の研究機関は、2000年時点西部北太平洋域の生息頭は1,000頭弱程度推定し、また東京海洋大学実数はこの頭数よりは多いと考えている。しかしこの数値に関しては、他の諸外国科学者達によって総生息数を推定するために用いられた方法論異議唱えられており、実際の生息数はその半分に満たない可能性があるとの主張がある。 本種の生存している個体数は非常に少ないとされ、特に早くから乱獲された東太平洋北米)側では目撃情報がある度にそれについて科学論文書かれてきた程である。現在の生存数については諸説あり、100 - 200程度との推定もあるが、正確な測定がされたことはない日本オホーツク海における目視調査では、20年単位調査結果でも発見数に増加見られなかった。 また、2000年東京海洋大学によると、東部海域には推定可能なデータ存在しないとされているが、2013年時点で少なくともアラスカ州ブリストル湾沖に回遊する個体群遺伝子型研究の結果から28頭が写真による個体識別結果から31頭が確認されており、その他、コディアック島周辺など、東太平洋他の海域生息する個体群をも含めても、東太平洋全体で50頭に満たない推測され、本種は現存する全ての大型鯨類の中でも最も絶滅瀕した大型鯨類一つであると認識されている。

※この「個体数」の解説は、「セミクジラ」の解説の一部です。
「個体数」を含む「セミクジラ」の記事については、「セミクジラ」の概要を参照ください。


個体数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 14:23 UTC 版)

コディアックヒグマ」の記事における「個体数」の解説

2005年の個体数は3,526頭、群島個体密度1000平方キロメートルあたり271.2頭となっており、ここ10年間で個体数はゆっくりと増加している。

※この「個体数」の解説は、「コディアックヒグマ」の解説の一部です。
「個体数」を含む「コディアックヒグマ」の記事については、「コディアックヒグマ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「個体数」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「個体数」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「個体数」の関連用語

個体数のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



個体数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの個体群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴビヒグマ (改訂履歴)、ラブラドール・レトリバー (改訂履歴)、カナダガン (改訂履歴)、アムールヒョウ (改訂履歴)、セミクジラ (改訂履歴)、コディアックヒグマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS