出生率とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 割合 > 出生率の意味・解説 

しゅっせい‐りつ【出生率】

しゅっしょうりつ(出生率)


しゅっしょう‐りつ〔シユツシヤウ‐〕【出生率】


出生率

一般的用語としての出生率 1は、ある人口または部分人口において一定期間観察される出生数を、その期間のその人口または部分人口規模関係づけることによって計算される率を表す。この率は通常人口1000人当たり表され、期間は1年普通である。出生率という用語が限定詞なしで用いられる場合粗出生率普通出生率) 2指し出生総数総人口で割ることによって得られる出生数後期胎児死亡数を含めて総出産率 3計算されることがある嫡出出生率 4ならびに非嫡出出生率 5は、それぞれ分子嫡出出生ならびに非嫡出出生分母有配偶女子人口ならびに非有配偶女子人口に分けて計算される。ただし、非嫡出出生割合 6、すなわち出生1000当たりの非嫡出出生数を使うことが多い。異なった人口の出生率を比較する目的で人口構造普通には性(男女)・年齢別構造)の違いが出生率に及ぼ影響除去するために標準化出生率 7よく用いられる婦人子供比率 8は、再生産年齢、たとえば1549歳女子人1000人当たりの0~4歳の子供人口として表されるのが普通で信頼できる出生統計入手できない場合出生力指標として用いられる。 4,5.嫡出出生率ならびに非嫡出出生率分母は、時に総人口用いることもある。


出生率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 09:12 UTC 版)

出生率(しゅっしょうりつ、しゅっせいりつ、Birth rate)とは、人口学において、一定人口に対するその年の出生数の割合をいう。一般的には、人口1,000人当たりにおける出生数を指し、これは普通出生率または粗出生率という[2]。単位はパーミル(‰)[2]。2018年の日本の普通出生率は7.4‰である[3]


  1. ^ Population Reference Bureau (2019年). “Births per 1,000 Population (Excel)”. 2019年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c 出生率”. コトバンク. 2019年3月2日閲覧。
  3. ^ 第2表-2 人口動態総覧(率)の年次推移”. 厚生労働省. 2020年2月17日閲覧。
  4. ^ 第1表 人口動態総覧”. 厚生労働省. 2020年2月17日閲覧。


「出生率」の続きの解説一覧

出生率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 07:38 UTC 版)

令和元年(2019年)における愛知県合計特殊出生率は1.45であった首都圏関西圏といった他の大都市圏と比べてかなり高く推移しており、日本の平均押し上げている。また、人口千人当たりの出生率は7.8であり、全国沖縄県福岡県次いで高かった愛知県全国年齢別人口分布2005年愛知県年齢男女別人口分布2005年) ■紫色愛知県■緑色日本全国 ■青色男性■赤色女性 愛知県人口推移 総務省統計局 国勢調査より

※この「出生率」の解説は、「愛知県」の解説の一部です。» 「愛知県」の概要を見る


出生率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 08:56 UTC 版)

日本の都道府県別の合計特殊出生率は、おおむね西日本高く東日本が低い状況にあり「西高東低と言われる2000年代前半以前にはこのような明確な東西の差はみられなかった。しかし、日本全体合計特殊出生率史上最低の1.26を記録した2005年以降大幅に回復する西日本各県小幅回復にとどまる東日本各県という形で差が開き始めた2021年合計特殊出生率は、上位10県のうち7県を九州沖縄地方占め中四国からも3県が10以内入っており、九州中四国地方で最も低い福岡県でも1.37(27位)となっている。一方で関東以東全ての都府県福岡県下回る状況であり、最も高い福島県でも1.36(28位)に過ぎない過去粗出生率反映した年少人口比率同様の傾向で、上位10県が九州沖縄7県、滋賀県愛知県広島県となっている。一方で関東以東都道県全て全国平均以下偏り大きい。

※この「出生率」の解説は、「西高東低」の解説の一部です。» 「西高東低」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出生率

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 01:14 UTC 版)

発音(?)

しゅ↗っしょ↘ーりつ

名詞

出生 しゅっしょうりつ

  1. 人口に対する出生数割合

対義語

翻訳


「出生率」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



出生率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

出生率のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出生率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出生率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの愛知県 (改訂履歴)、西高東低 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの出生率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS