マン島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > マン島の意味・解説 

マン島 (英国王室属領)


マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 08:15 UTC 版)

マン島(マンとう、マン島語: Ellan Vannin、またはMannin英語: Isle of Man または Mann)は、グレートブリテン島アイルランド島に囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する島。面積は約572km2。主都はダグラス。人口は90,895人(2021年推計[1])。


  1. ^ a b c d Isle of Man”. 中央情報局 (2021年9月27日). 2021年10月13日閲覧。
  2. ^ Isle of Man”. Worldstatemen.org. 2021年10月13日閲覧。
  3. ^ 弥久保宏 2011, pp. 320.
  4. ^ Bradley, Richard (2007). The prehistory of Britain and Ireland. Cambridge University Press. p. 8. ISBN 0-521-84811-3 
  5. ^ Manx Museum Mesolithic collections”. 2012年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月7日閲覧。
  6. ^ Manx Museum Bronze Age collections
  7. ^ Manx Museum Celtic Farmers (Iron Age) collections
  8. ^ 弥久保宏 2011, pp. 318.
  9. ^ a b 弥久保宏 2011, pp. 309.
  10. ^ Finance Act 1958, Finance Act 1962, Police (Isle of Man) Act 1962, Governor's Financial and Judicial Functions (Transfer) Act 1976: Statutes of the Isle of Man
  11. ^ Constitution (Executive Council) (Amendment) Act 1980
  12. ^ Constitution (Executive Council) Act 1984
  13. ^ Constitution (Executive Council) (Amendment) Act 1986
  14. ^ Council of Ministers Act 1990
  15. ^ Ronaldsway 1981–2010 averages”. Station, District and Regional Averages 1981–2010. Met Office. 2013年2月5日閲覧。
  16. ^ Météo climat stats Isle of Man records”. Météo Climat. 2017年3月31日閲覧。
  17. ^ a b Brian Stowell. “Intermediate Lesson 1 of 100 by Brian Stowell”. 2012年3月21日閲覧。
  18. ^ a b 弥久保宏 2011, pp. 319.
  19. ^ a b 弥久保宏 2011, pp. 321.
  20. ^ The Global Financial Centres Index8
  21. ^ 懲りないアップル「パラダイス文書」で新たな税逃れスキーム発覚
  22. ^ 英語版 Manx English (19:42, 23 November 2011) などを参考
  23. ^ Isle of Man - Factfile - Daily Life Archived 2010年1月29日, at the Wayback Machine.
  24. ^ American Motorcyclist Assoc (November 1971). American Motorcyclist. American Motorcyclist Assoc. p. 22. ISSN 02779358. http://books.google.com/books?id=ffYDAAAAMBAJ&pg=PA22 2011年9月12日閲覧。 
  25. ^ Evans, Ann (2009年). “Scallops the main ingredient of unique gathering for foodies; SUN, sea, sand and shellfish”. Coventry Newspapers. 2011年9月12日閲覧。
  26. ^ http://www.gov.im/tourism/activities/seasport/fishing.xml
  27. ^ Kallaway, Jane. “Award winning organic lamb”. Langley Chase Organic Farm. 2011年9月12日閲覧。
  28. ^ Purely Isle of Man (PDF)”. Isle of Man Department of Finance. 2011年9月12日閲覧。
  29. ^ Dept. of Food and Agriculture, Isle of Man. “DEFA:food”. 2012年3月閲覧。
  30. ^ Bumber Sales for Manx Cheese”. iomtoday.co.im (2003年10月15日). 2011年9月12日閲覧。
  31. ^ World Cheese Awards 2011- the results”. The Guild of Fine Food. 2012年3月閲覧。
  32. ^ Purely Isle of Man Archived 2010年8月3日, at the Wayback Machine.
  33. ^ Pollard, Michael (2003) (snippert), The Encyclopedia of the cat, Barnes & Noble Books, http://books.google.co.jp/books?id=pYIRserdavAC 
  34. ^ Origin of Manx cat breed, http://www.karellomanx.com/origin.html , p.269, "American cat fanciers (took interest) in the 1930s, and the demand for breeding stock was so high that the Isle of Man Government, (fearing) the breed's future on its native island.. (established) a government- funded breeding (program).. "
  35. ^ Origin of Manx cat breed”. March-2012閲覧。"(前略)..However, the Manx government closed the cattery in the mid 1980's,"
  36. ^ a b Lydekker, Richard (google), The sheep and its cousins, http://books.google.co.jp/books?id=3rMrAAAAYAAJ&pg=PA59 , "one of the most mouflon-like, of these short-tailed domesticated sheep.. native of Soa.. belong to a group of .. sub-breeeds.. collectively designated loaghtan, or lughdoan sheep. Properly speaking this term, which (in) Manx.. means mouse coloured..belongs only to the small brown sheep of the Isle of Man..but.. convenient.. to apply collectively. All these sheep..display a marked tendency to develp extra horns,.. in the rams varying from two, three, or four, to as many as five or six.
  37. ^ Cregeen 1835, p.110
  38. ^ 英語版 Manx Loaghtan (19:25, 15 January 2012)
  39. ^ Moore & Morrison 1924, under C, "CAMMAG [kamag] (Mx.), a hooked stick, a crutch, a hockey-stick; the game of hockey."
  40. ^ a b c Gill 1924, Manx Dialect, "Cammag, shinty -- a simpler form of hockey. Formerly the Manx national game, but now superseded by football..Hurley.. (is) the term() peculiar to Ireland, where.. the native name caman has..been revived"
  41. ^ 英語版 Cammag (18:55, 26 December 2011)
  42. ^ Gill 1924, "cammag '-literally, ' little curved thing.'"



マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 03:47 UTC 版)

マン島語マニン・ゲール語)は、グレートブリテン島西方アイリッシュ海浮かぶマン島で話されていた言葉で、一旦は廃滅した言語と言えるが、復興試みが続けられている。

※この「マン島」の解説は、「ゲール語」の解説の一部です。» 「ゲール語」の概要を見る


マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 16:00 UTC 版)

2020年3月19日王室属領マン島でスペインから帰った1人感染確認された

※この「マン島」の解説は、「イギリスにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の解説の一部です。» 「イギリスにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の概要を見る


マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 23:40 UTC 版)

マン島には、9世紀以来ヴァイキングノース人)が定住し一時期独立したマン島王国 (Kingdom of Mann and the Isles) の中心であった13世紀以降スコットランド独立戦争背景として、マン島の領有権スコットランドイングランドとの間で争われ14世紀半ばイングランド勢力下に入る。この過程の1333年イングランド王エドワード3世封臣であるウィリアム・モンタギュー(英語版)にマン島王 (King of Mann) の称号認め独立王国としての体裁とらせた1399年ヘンリー4世はマン島王を処刑し、マン島はイングランド王直轄領となった1405年ヘンリー4世ジョン・スタンリー英語版)に「マン島王」の称号領主権与え以後スタンリー家(のちのダービー伯爵家)が、中断含みつつも18世紀初頭まで島の領主務めた。なお、1504年以降「マン島王」に代わりマン島領主」 (Lord of Mann) の称号使用されるようになった1765年当時マン島領主封建的諸権利イギリス売却し、マン島は王室属領となった。このときのマン島購入法 (Isle of Man Purchase Act 1765) は復帰法(Act of Revestment)とも呼ばれる以後、「マン島領主」(Lord of Mann)の称号連合王国君主併せ持つこととなった

※この「マン島」の解説は、「イギリスの王室属領」の解説の一部です。» 「イギリスの王室属領」の概要を見る


マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 03:55 UTC 版)

マン島では、正式な免許得てから1年間は、北アイルランドと同様白地に赤の「R」書かれプレート付け必要があるほか、最高速度は50mph(約80km/h)に制限される

※この「マン島」の解説は、「初心運転者」の解説の一部です。» 「初心運転者」の概要を見る


マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 16:50 UTC 版)

マン島政府は「共通旅行区域外からマン島に入国する交通手段ほとんどないため、マン島では入国管理がほとんど行われない」と報告している。2018年4月現在、マン島と共通旅行区域外の空港間の唯一の定期民間空路スイスジュネーブのみである。 マン島は関税に関してイギリス一部みなされているため、イギリスから到着する旅行者に対する定期的な通関手続き行われていない。

※この「マン島」の解説は、「共通旅行区域」の解説の一部です。» 「共通旅行区域」の概要を見る


マン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:42 UTC 版)

ダグラス (マン島):マン島の首都

※この「マン島」の解説は、「ダグラス」の解説の一部です。» 「ダグラス」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マン島

出典:『Wiktionary』 (2021/08/01 04:12 UTC 版)

固有名詞

マン マンとう)

  1. グレートブリテン島アイルランド囲まれアイリッシュ海中央に位置する

翻訳


「マン島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マン島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マン島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2022, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマン島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲール語 (改訂履歴)、イギリスにおける2019年コロナウイルス感染症の流行状況 (改訂履歴)、イギリスの王室属領 (改訂履歴)、初心運転者 (改訂履歴)、共通旅行区域 (改訂履歴)、ダグラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマン島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS