スコットランド人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > スコットランド人の意味・解説 

スコットランド人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 09:42 UTC 版)

スコットランド人(スコットランドじん、: Scottish peopleスコットランド・ゲール語: Albannaich、スコットランド語: Scots fowk)は、スコットランド国民、またはスコットランドを父祖の土地とする民族のこと。単にスコッツ(Scots)ともいう。歴史的に彼らはピクト人とゲール人の融合から生まれ、南を接していたブリトン人を組み込むだけでなく、アングロ・サクソン人ノース人のような侵入してきたゲルマン系の諸族を取り込んでいった。


  1. ^ The Scottish Diaspora
  2. ^ The Scottish Diaspora and Diaspora Strategy
  3. ^ Table 1.1: Scottish population by ethnic group - All People
  4. ^ [1] American Community Survey 2008 by the US Census Bureau estimates 5,827,046 people claiming Scottish ancestry and 3,538,444 people claiming Scotch-Irish ancestry.
  5. ^ Who are the Scots-Irish?
  6. ^ a b The 2006 Canadian Census gives a total of 4,719,850 respondents stating their ethnic origin as Scottish. Many respondents may have misunderstood the question and the numerous responses for "Canadian" does not give an accurate figure for numerous groups, particularly those of British Isles origins.
  7. ^ Scottish ancestry2006 Australian Census
  8. ^ en:Scottish_Argentine
  9. ^ en:Scottish_Chilean
  10. ^ stats.govt.nz Archived 2016年6月16日, at the Wayback Machine.
  11. ^ アーカイブされたコピー”. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月2日閲覧。
  12. ^ Friends Of Scotland
  13. ^ The Ancestral Scotland website states the following: "Scotland is a land of 5.1 million people. A proud people, passionate about their country and her rich, noble heritage. For every single Scot in their native land, there are thought to be at least five more overseas who can claim Scottish ancestry; that's many millions spread throughout the globe."
  14. ^ History, Tradition and roots, ancestry
  15. ^ Visit Scotland.org
  16. ^ Bede used a Latin form of the word Scots as the name of the Gaels of Dál Riata. Roger Collins, Judith McClure; Beda el Venerable, Bede ({1999}). The Ecclesiastical History of the English People: The Greater Chronicle ; Bede's Letter to Egbert. Oxford University Press. pp. 386. ISBN 
  17. ^ Anthony Richard (TRN) Birley, Cornelius Tacitus; Cayo Cornelio Tácito. Agricola and Germany. Oxford University Press. ISBN 
  18. ^ Scotch | Define Scotch at Dictionary.com
  19. ^ "Scotch is still in occasional contemporary use outwith Scotland"
  20. ^ John Kenneth Galbraith in his book The Scotch (Toronto: MacMillan, 1964) documents how the descendants of 19th century pioneers from Scotland who settled in Southwestern Ontario affectionately referred to themselves as Scotch. He states the book was meant to give a true picture of life in the Scotch-Canadian community in the early decades of the 20th century.
  21. ^ Landsman, Ned C. (1 October 2001). Nation and Province in the First British Empire: Scotland and the Americas,. Bucknell University Press. ISBN 
  22. ^ The Venerable Bede tells of the Scotti coming from Spain via Ireland and the Picts coming from Scythia. Harris, Stephen J. (1 October 2003). Race and Ethnicity in Anglo-Saxon Literature. Routledge (UK). p. 72. ISBN 
  23. ^ 稲富博士のスコッチノート第6章 スコットランド人の起源バランタイン、サントリー、2002年2月
  24. ^ Jackson, "The Language of the Picts", discussed by Forsyth, Language in Pictland.
  25. ^ http://www.scotsplacenames.com/page5.html
  26. ^ a b Bòrd na Gàidhlig - History of Gaelic
  27. ^ The Story of the Gaelic-speaking people
  28. ^ Office of the Chief Statistician. “Analysis of Ethnicity in the 2001 Census - Summary Report”. 2012年1月5日閲覧。
  29. ^ David McCrone, Professor of Sociology, University of Edinburgh. “Scottish Affairs, No. 24, Summer 1998; Opinion Polls in Scotland: July 1997 - June 1998”. 2013年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月5日閲覧。 During 1997-1998 two polls were undertaken. During the first when asked about their national identity 59 percent of the people polled stated they were Scottish or more Scottish than British, 28 percent stated they were equally Scottish and British, while 10 percent stated they were British or more British than Scottish. In the second poll 59 percent of the people polled stated they were Scottish or more Scottish than British, 26 percent stated they were equally Scottish and British, while 12 percent stated they were British or more British than Scottish.
  30. ^ The Scottish Government. “One Scotland Many Cultures 2005/06 - Waves 6 and 7 Campaign Evaluation”. 2012年1月5日閲覧。When asked what ethnic group they belonged over five surveys, in the 2005/2006 period, people reporting that they were Scottish rose from 75 percent to 84 percent, while those reporting that they were British dropped from 39 percent to 22 percent. "a number of respondents selected more than one option, usually both Scottish and British, hence percentages adding to more than 100% ... This indicates a continued erosion of perceived Britishness among respondents..."
  31. ^ United States - QT-P13. Ancestry: 2000. Source: U.S. Census Bureau, Census 2000 Summary File 3, Matrices PCT15 and PCT18.
  32. ^ Thernstrom, Stephan (1980). Harvard encyclopedia of American ethnic groups. Harvard University Press. p. 896. ISBN 0674375122. https://books.google.co.jp/books?id=npQ6Hd3G4kgC&pg=PA896&dq=&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=&f=false 
  33. ^ Born Fighting: How the Scots-Irish Shaped America”. Powells.com (2009年8月12日). 2010年4月30日閲覧。
  34. ^ BBC NEWS | UK | Born Abroad | Scotland
  35. ^ See David Armitage, "The Scottish Diaspora", particularly pp. 272–278, in Jenny Wormald (ed.), Scotland: A History. Oxford UP, Oxford, 2005. ISBN
  36. ^ Scotland and Poland
  37. ^ Eric Richards (2004). "Britannia's children: emigration from England, Scotland, Wales and Ireland". Continuum International Publishing Group. p.53. ISBN 1852854413
  38. ^ BBC - History - Scottish History
  39. ^ Scotland on Sunday
  40. ^ Linguistic Archaeology: The Scottish Input to New Zealand English Phonology Trudgill et al. Journal of English Linguistics.2003; 31: 103-124
  41. ^ Scots in Argentina and Patagonia Austral
  42. ^ Archibald Cochrane


「スコットランド人」の続きの解説一覧

スコットランド人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 09:47 UTC 版)

チカマウガ戦争」の記事における「スコットランド人」の解説

南部インディアン、特にチカマウガ関わり持った交易業者イギリス政府代理人はスコットランド人、特にスコットランド高地出身の者が多かったこれらの多くインディアン婚姻関係を結び、その居留地に留まり、子孫重要な指導者となった上記に挙げたアレクサンダー・キャメロン、ジョン・マクドナルド、ジェイムズ・バン、ダニエル・ロス他にも数多く著名な者が出た対照的にチカマウガ反抗した開拓者達の大部分は、スコットランド人の子孫でアルスター出身アイルランド人スコッツアイリッシュであった

※この「スコットランド人」の解説は、「チカマウガ戦争」の解説の一部です。
「スコットランド人」を含む「チカマウガ戦争」の記事については、「チカマウガ戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スコットランド人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スコットランド人

出典:『Wiktionary』 (2021/07/03 11:40 UTC 版)

名詞

スコットランドすこっとらんどじん (sukottorandojin))

  1. スコットランド住んでいるスコットランド出身者

翻訳


「スコットランド人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スコットランド人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スコットランド人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスコットランド人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチカマウガ戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスコットランド人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS