カタルーニャ語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 言語 > 地方言語 > カタルーニャ語の意味・解説 

カタルーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/28 19:40 UTC 版)

カタルーニャ語(カタルーニャご、català [kətəˈɫa])は、スペイン東部のカタルーニャ州に居住しているカタルーニャ人言語。よく見られるカタロニア語という表記は地方名の英語名に由来する。インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。複数中心地言語のひとつ。[要出典]


  1. ^ 欧州委員会 (2005-11). Europeans and their Languages - Special Eurobarometer Europeans and their Languages - Special Eurobarometer (Report). http://ec.europa.eu/public_opinion/archives/ebs/ebs_243_sum_en.pdf Europeans and their Languages - Special Eurobarometer.  ここに挙げた数字は欧州委員会によって2005年11月、12月に実施された言語調査に基づいている。同調査は15歳以上のものを対象としており、当時のスペインの該当人口は35,882,820人で(12頁)、カタルーニャ語(バレンシア語含む)母語話者率9%(2頁)より算出
  2. ^ a b カタルーニャ語エスノローグ
  3. ^ Estatuto de Autonomía de la Comunitat Valenciana” (スペイン語). Congreso de los Diputados. 2015年8月24日閲覧。
  4. ^ Dictamen de la Comisión de Educación, Cultura y Deporte sobre la Proposición de Ley de uso, protección y promoción de las lenguas propias de Aragón.” (スペイン語). Cortes de Aragón. 2015年8月24日閲覧。
  5. ^ Legge 15 Dicembre 1999, n. 482 " Norme in materia di tutela delle minoranze linguistiche storiche ".” (イタリアa語). Gazzetta Ufficiale n. 297 del 20 dicembre 1999. 2015年8月24日閲覧。


「カタルーニャ語」の続きの解説一覧

カタルーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

ŀ使われる。カタルーニャ語の正書法では l を2つ書いた ll口蓋化した /ʎ/ を表すため、長子音 /lː/ を表すためには ŀl と綴る

※この「カタルーニャ語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。» 「ドット符号」の概要を見る


カタルーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:47 UTC 版)

à, è, ò が使われ強勢位置を表す。è, ò は広い [ɛ], [ɔ] を表し、狭い [e], [o] を表す é, ó と対立する。à に関してグレイヴ・アクセントのみが使われる

※この「カタルーニャ語」の解説は、「グレイヴ・アクセント」の解説の一部です。» 「グレイヴ・アクセント」の概要を見る


カタルーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:44 UTC 版)

アキュートまたはグレーブ・アクセントによって強勢の位置を表す。e と o に関してアキュート・アクセントのついたものが狭い母音 /e/, /o/ を、グレーブ・アクセントのついたものが広い母音 /ɛ/, /ɔ/ を表す。a にはグレーブ・アクセントのみ、i, u にはアキュート・アクセントのみがつく。

※この「カタルーニャ語」の解説は、「アキュート・アクセント」の解説の一部です。» 「アキュート・アクセント」の概要を見る


カタルーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 03:43 UTC 版)

カタルーニャ語では、二音節分かれる二つの l の間に中黒を置き、単音の /ʎ/ を表す ll から区別するcol·lecció (/l.l/) - castellà (/ʎ/)

※この「カタルーニャ語」の解説は、「中黒」の解説の一部です。» 「中黒」の概要を見る


カタルーニャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

ŀ使われる。カタルーニャ語の正書法では l を2つ書いた ll口蓋化した /ʎ/ を表すため、長子音 /lː/ を表すためには ŀl と綴る

※この「カタルーニャ語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。» 「ドット符号」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カタルーニャ語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:47 UTC 版)

名詞

カタルーニャ語

  1. インド・ヨーロッパ語族イタリック語派属す言語で、イベリア半島東部カタルーニャ中心とした地域行われるスペイン公用語のひとつ

翻訳

参照


「カタルーニャ語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カタルーニャ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カタルーニャ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカタルーニャ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドット符号 (改訂履歴)、グレイヴ・アクセント (改訂履歴)、アキュート・アクセント (改訂履歴)、中黒 (改訂履歴)、ドット符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカタルーニャ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS