男性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 男性の意味・解説 

だん‐せい【男性】

読み方:だんせい

おとこ。男子一般に成年男子をいう。⇔女性

インド‐ヨーロッパ語系の文法で、名詞・代名詞形容詞などの性の区別の一。女性中性対する。


男性

人口学では普通、子供323-3)を含む全年齢それぞれの性別人口を指す場合、男 1と女 2という表現代りに、男性 1女性 2という用語が用いられる同じように、少年 3少女 4代えて男の子供 3女の子供 4という用語が用いられる


男性

作者渡辺淳一

収載図書影絵ある少年の愛と性の物語
出版社扶桑社
刊行年月2008.6
シリーズ名扶桑社文庫


男性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/14 07:30 UTC 版)

男性(だんせい、 : Άνδρας: man)は、女性と対比されるヒト人間)の性別。男の人。


  1. ^ 男性(だんせい) とは? 意味・読み方・使い方”. goo辞書. 2023年10月10日閲覧。
  2. ^ 広まるジェンダー代名詞、あなたはどう呼ばれたい? zoomやインスタもプロフに導入”. 朝日新聞GLOBE+. 2022年1月4日閲覧。
  3. ^ お母さんの基礎知識(思春期、男の子編)(もっと詳しく…)- 神奈川県ホームページ
  4. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  5. ^ 思春期早発症の症状(武田薬品工業)
  6. ^ 『ホーム・メディカ 家庭医学大辞典 - 改訂新版』(改訂新版)小学館、1992年、581頁。ISBN 4-09-304502-X 
  7. ^ https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=415AC0100000111 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」e-Gov法令検索 2021年1月17日閲覧
  8. ^ 戸籍上の性別変更要件 最高裁で初弁論 前日に異例の「審問」も”. NHK. 2023年9月27日閲覧。
  9. ^ ”戸籍上性別変更手術必要なし” 鈴木さん喜びを語る 浜松市”. NHKニュース. 2023年10月13日閲覧。
  10. ^ はやく認めてほしい~手術せずに性別変更を求めた理由”. NHKニュース. 2023年10月25日閲覧。
  11. ^ 性別の取扱いの変更 裁判所
  12. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律”. e-Gov法令検索. 2023年9月16日閲覧。
  13. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律第3条第2項に規定する医師の診断書について”. 厚生労働省. 2023年9月16日閲覧。
  14. ^ 性別変更、3要件削除を検討 立民・長妻氏”. 時事通信. 2023年11月2日閲覧。
  15. ^ 性別変更、手術要件の有無論点 自民が法改正の検討着手”. 日本経済新聞. 2024年2月15日閲覧。
  16. ^ https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/03.html 「平均寿命の国際比較」日本国厚生労働省 2021年1月15日閲覧
  17. ^ https://kenko.sawai.co.jp/healthy/201603.html 「女性の方が寿命が長い3つの理由」沢井製薬 2016年3月 2021年1月17日閲覧
  18. ^ https://www.mhlw.go.jp/content/h29h-2-3.pdf 「諸外国における自殺の現状」日本国厚生労働省 p78 2021年1月17日閲覧
  19. ^ 男性更年期障害(加齢性腺機能低下症、LOH症候群)とは”. 一般社団法人 日本内分泌学会. 2022年6月19日閲覧。
  20. ^ European Society of Human Reproduction and Embryology
  21. ^ a b https://japan.unwomen.org/ja/news-and-events/news/2018/9/definition-gender 「ジェンダーとは?」UN Women 日本事務所 2018年9月21日 2020年1月17日閲覧
  22. ^ 「文化人類学キーワード」p62-63 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  23. ^ 「文化人類学キーワード」p140-141 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  24. ^ 「文化人類学キーワード」p142-143 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  25. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p63-64 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  26. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p206 1990年8月21日初版第1刷
  27. ^ http://archive.ipu.org/wmn-e/classif.htm 「Women in parliament」列国議会同盟 2019年2月 2021年1月17日閲覧
  28. ^ a b https://forbesjapan.com/articles/detail/30764 「11月19日は「国際男性デー」。生きづらさを感じる男性の声に耳を傾けよう」ForbesJapan 2019/11/18 2021年1月17日閲覧
  29. ^ a b https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66405170Z11C20A1CE0000/ 「「大黒柱は男?」見つめ直す日に 国際男性デー」日本経済新聞 2020年11月19日 2021年1月17日閲覧
  30. ^ https://www.chugoku-np.co.jp/living/article/article.php?comment_id=700709&comment_sub_id=0&category_id=1124 「男らしさが苦しくて 19日「国際男性デー」 「大黒柱」「仕事第一」…刷り込み重荷」中國新聞デジタル 2020/11/18 2021年1月17日閲覧
  31. ^ 日経ビジネス電子版. “女は「ガラスの天井」、男は「ガラスの地下室」”. 日経ビジネス電子版. 2021年5月28日閲覧。
  32. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “男性差別は存在するのか 女性運動家が撮った現実|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2021年5月28日閲覧。
  33. ^ 日経ビジネス電子版. “女は「ガラスの天井」、男は「ガラスの地下室」”. 日経ビジネス電子版. 2021年5月28日閲覧。
  34. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “男性差別は存在するのか 女性運動家が撮った現実|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2021年5月28日閲覧。
  35. ^ 日経ビジネス電子版. “男の育休は社会科見学? 成功者たちの無意識差別という病根”. 日経ビジネス電子版. 2021年5月28日閲覧。
  36. ^ 『男性の育休』をどう思いますか?〜他国比較から考える取得率が伸び悩む背景とは”. スリール株式会社|自分らしいワーク&ライフの実現へ。 | 自分らしい、ワーク&ライフの実現へ。スリール株式会社 (2019年11月27日). 2021年5月28日閲覧。
  37. ^ 『日本の男性の人権』ブイツーソリューション、2009年6月、第4章頁。 


「男性」の続きの解説一覧

男性

出典:『Wiktionary』 (2021/06/21 12:45 UTC 版)

名詞

だんせい仏教:なんしょう

  1. 性別であること又はその人
  2. 言語学)ある言語において名詞形容詞における文法上ののひとつ。男と関連する名詞に多いが、必ずしもそうではない。

発音(?)

だ↗んせー

用法

語義1は、年齢に関係なく性別を示す使い方もあるが、日常語では大人の男をさすため「男性の赤ちゃん」とは通常言わない

関連語

翻訳

おとこ#訳語参照


「男性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



男性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男性」の関連用語

男性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの男性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS