男性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 男性の意味・解説 

だん‐せい【男性】

おとこ。男子一般成年男子をいう。⇔女性

インド‐ヨーロッパ語系の文法で、名詞代名詞形容詞などの性の区別の一。女性中性対する。


だん‐せい【男性】

〔名〕

① 男としての生まれつき。男の気質

博物学階悌(1877)〈中川重麗訳〉「心蕋は花の女性、鬚蕋は花の男性なり故に雌蕋、雄蕋の名あり

② おとこ。男子一般には成年達した男をいう。

露団々1889)〈幸田露伴一八「君の恋は物を透して働く力のある男性(ダンセイ)の者とも思へない」

インド‐ヨーロッパ語系の諸言語やセム系諸言語の文法で、名詞の性の区別一つ中性女性に対していう。→ジェンダー。〔改正増補和英語林集成(1886)〕


男性

人口学では普通、子供(323-3)を含む全年齢それぞれの性別人口を指す場合、男 1と女 2という表現代りに、男性 1女性 2という用語が用いられる。同じように、少年 3少女 4代えて、男の子供 3女の子供 4という用語が用いられる。


男性

作者渡辺淳一

収載図書影絵―ある少年の愛と性の物語
出版社扶桑社
刊行年月2008.6
シリーズ名扶桑社文庫


男性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 14:12 UTC 版)

男性(だんせい、 : Άνδρας: man)は、女性と対比されるヒト人間)の性別のこと。 一般には、生物学と同義だが、社会、個人の価値観や性向に基づいた多様な見方が存在する。


  1. ^ お母さんの基礎知識(思春期、男の子編)(もっと詳しく…)-神奈川県ホームページ
  2. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  3. ^ 思春期早発症の症状(武田薬品工業)
  4. ^ 『ホーム・メディカ 家庭医学大辞典 - 改訂新版』小学館、1992年、改訂新版、581頁。ISBN 4-09-304502-X
  5. ^ https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=415AC1000000111 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」e-Gov法令検索 2021年1月17日閲覧
  6. ^ https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/03.html 「平均寿命の国際比較」日本国厚生労働省 2021年1月15日閲覧
  7. ^ https://kenko.sawai.co.jp/healthy/201603.html 「女性の方が寿命が長い3つの理由」沢井製薬 2016年3月 2021年1月17日閲覧
  8. ^ https://www.mhlw.go.jp/content/h29h-2-3.pdf 「諸外国における自殺の現状」日本国厚生労働省 p78 2021年1月17日閲覧
  9. ^ European Society of Human Reproduction and Embryology
  10. ^ https://japan.unwomen.org/ja/news-and-events/news/2018/9/definition-gender 「ジェンダーとは?」UN Women 日本事務所 2018年9月21日 2020年1月17日閲覧
  11. ^ https://japan.unwomen.org/ja/news-and-events/news/2018/9/definition-gender 「ジェンダーとは?」UN Women 日本事務所 2018年9月21日 2020年1月17日閲覧
  12. ^ 「文化人類学キーワード」p62-63 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  13. ^ 「文化人類学キーワード」p140-141 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  14. ^ 「文化人類学キーワード」p142-143 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  15. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p63-64 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  16. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p206 1990年8月21日初版第1刷
  17. ^ http://archive.ipu.org/wmn-e/classif.htm 「Women in parliament」列国議会同盟 2019年2月 2021年1月17日閲覧
  18. ^ https://forbesjapan.com/articles/detail/30764 「11月19日は「国際男性デー」。生きづらさを感じる男性の声に耳を傾けよう」ForbesJapan 2019/11/18 2021年1月17日閲覧
  19. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66405170Z11C20A1CE0000 「「大黒柱は男?」見つめ直す日に 国際男性デー」日本経済新聞 2020年11月19日 2021年1月17日閲覧
  20. ^ https://www.chugoku-np.co.jp/living/article/article.php?comment_id=700709&comment_sub_id=0&category_id=1124 「男らしさが苦しくて 19日「国際男性デー」 「大黒柱」「仕事第一」…刷り込み重荷」中國新聞デジタル 2020/11/18 2021年1月17日閲覧
  21. ^ 日経ビジネス電子版. “女は「ガラスの天井」、男は「ガラスの地下室」” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2021年5月28日閲覧。
  22. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “男性差別は存在するのか 女性運動家が撮った現実|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2021年5月28日閲覧。
  23. ^ 日経ビジネス電子版. “女は「ガラスの天井」、男は「ガラスの地下室」” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2021年5月28日閲覧。
  24. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “男性差別は存在するのか 女性運動家が撮った現実|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2021年5月28日閲覧。
  25. ^ 日経ビジネス電子版. “男の育休は社会科見学? 成功者たちの無意識差別という病根” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2021年5月28日閲覧。
  26. ^ 『男性の育休』をどう思いますか?〜他国比較から考える取得率が伸び悩む背景とは” (日本語). スリール株式会社|自分らしいワーク&ライフの実現へ。 | 自分らしい、ワーク&ライフの実現へ。スリール株式会社 (2019年11月27日). 2021年5月28日閲覧。
  27. ^ 『日本の男性の人権』ブイツーソリューション、2009年6月、第4章。
  28. ^ https://forbesjapan.com/articles/detail/30764 「11月19日は「国際男性デー」。生きづらさを感じる男性の声に耳を傾けよう」ForbesJapan 2019/11/18 2021年1月17日閲覧
  29. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66405170Z11C20A1CE0000 「「大黒柱は男?」見つめ直す日に 国際男性デー」日本経済新聞 2020年11月19日 2021年1月17日閲覧


「男性」の続きの解説一覧

男性

出典:『Wiktionary』 (2020/05/05 23:54 UTC 版)

名詞

だんせい

  1. 性別であること又はその人
  2. 言語学)ある言語において名詞形容詞における文法上ののひとつ。男と関連する名詞に多いが、必ずしもそうではない。

発音

だ↗んせー

用法

語義1は、年齢に関係なく性別を示す使い方もあるが、日常語では大人の男をさすため「男性の赤ちゃん」とは通常言わない。

関連語

翻訳

おとこ#訳語参照




男性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男性」の関連用語

男性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの男性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS