コンドームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > コンドームの意味・解説 

コンドーム【condom】

読み方:こんどーむ

避妊性病予防のため、性交時に男性器かぶせて用いゴム製用具サックスキン

「コンドーム」に似た言葉

コンドーム


コンドーム

作者草上仁

収載図書お喋りセッション
出版社早川書房
刊行年月1991.1
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


コンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 08:59 UTC 版)

コンドーム: Condom[† 1])は、ゴムラテックス)やポリウレタンの薄膜でできた避妊具である。性交時、勃起した陰茎に被せることで、陰茎を膣内に挿入した状態で射精しても精液をコンドーム内に留め、膣内に流れ出させないことで卵子との接触を阻害し、避妊を達成させる。俗に「ゴム[1]や「スキン」(不二ラテックスブランド・SKYN[2]から)とも呼ばれる。かつては、ルーデサック衛生サックとも呼ばれた[3]


注釈

  1. ^ イギリス英語発音:[ˈkɒndɒm] ンドム、アメリカ英語発音:[ˈkɑːndəm] ーンダム
  2. ^ 1998年現在。当時の人口は約60億人。
  3. ^ 2014年現在各国大手通販サイト比較。

出典

  1. ^ コンドームの豆知識 - コンドーム、世界の呼び名は?”. 相模ゴム株式会社. 2022年1月1日閲覧。
  2. ^ SKYN(R)”. 不二ラテックス. 2022年1月1日閲覧。
  3. ^ 講談社現代新書『性の用語集』所収、渋谷知美「コンドーム」
  4. ^ FORTH|最新ニュース|2013年|性感染症について (ファクトシート)
  5. ^ 避妊法の国際比較
  6. ^ 奥田壮. “性行為中に男性が勝手に避妊具外す「ステルシング」横行…「性的暴行」の分かれ目とは”. ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る. 2020年9月30日閲覧。
  7. ^ 性行為中に避妊具外す「ステルシング」疑惑、仏外交官を捜査(AFP=時事)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年9月30日閲覧。
  8. ^ 「レイプだとは知らなかった」 合意なく避妊具外すステルシング、被害者の体験」『BBCニュース』。2021年8月13日閲覧。
  9. ^ オカモト スマートボーイ
  10. ^ ついに出た!「少年用コンドーム」使ってみたら…”. 日刊大衆 (2014年10月22日). 2014年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月8日閲覧。
  11. ^ NHK Web. “Web特集 変わるか 日本の“性教育””. 2020年10月8日閲覧。
  12. ^ WHO[リンク切れ]
  13. ^ コンドーム使用方法 STD研究所 アルバコーポレーション
  14. ^ コンドームの正しいつけ方 愛知エイズ・インフォメーション
  15. ^ コンドームによる避難 正しい知識を身につけて、確実な避難を!
  16. ^ アーニェ・コリア 『コンドームの歴史』 藤田真利子訳、河出書房新社、2010年2月、ISBN 9784309225241、pp.84-88
  17. ^ 「暮らしを支える植物の事典」(八坂書房)347項
  18. ^ コンドームができるまで
  19. ^ コンドームの回収情報について - 日本薬剤師会
  20. ^ コンドームを無料配布するブラジル「中学生の性事情」 - イスト・エ[リンク切れ]
  21. ^ リオのカーニバル、舞台裏ではセックスと警備が問題に - 2008年2月1日 AFP
  22. ^ 五輪選手村、避妊具追加配布へ 史上最多15万個もすでに品薄”. MSN産経ニュース (2012年8月1日). 2012年10月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月23日閲覧。
  23. ^ “ローマ法王のコンドーム容認は「例外的な事例に限定」、バチカン”. AFP News. (2010年11月22日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2776333/6496214 2016年10月21日閲覧。 
  24. ^ a b 小出康成 (2010年3月19日). “全国で唯一の「コンドーム販売規制」長崎県の少年保護育成条例改正が紛糾”. 週刊ダイヤモンド (ダイヤモンド社). http://diamond.jp/articles/-/7651 2016年8月12日閲覧。 
  25. ^ 長崎県少年保護育成条例の一部改正概要 (PDF)


「コンドーム」の続きの解説一覧

コンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 16:38 UTC 版)

TENGA」の記事における「コンドーム」の解説

TENGAオリジナルのコンドーム製品で、缶バッジのようなデザイン円形パッケージ包装されている。

※この「コンドーム」の解説は、「TENGA」の解説の一部です。
「コンドーム」を含む「TENGA」の記事については、「TENGA」の概要を参照ください。


コンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 02:03 UTC 版)

相模ゴム工業」の記事における「コンドーム」の解説

天然ゴムラテックス製と合成ゴムポリウレタン製コンドームを販売している。

※この「コンドーム」の解説は、「相模ゴム工業」の解説の一部です。
「コンドーム」を含む「相模ゴム工業」の記事については、「相模ゴム工業」の概要を参照ください。


コンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 02:51 UTC 版)

性感染症」の記事における「コンドーム」の解説

コンドームの使用効率的に性感染症予防する事ができる。

※この「コンドーム」の解説は、「性感染症」の解説の一部です。
「コンドーム」を含む「性感染症」の記事については、「性感染症」の概要を参照ください。


コンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:15 UTC 版)

避妊」の記事における「コンドーム」の解説

詳細は「コンドーム」を参照 コンドームはラテックスポリウレタン薄膜サック状にした避妊具で、膣に挿入する前に勃起した状態のペニス被せ使用する避妊具の中では最も一般的に使用されるPI3 - 14%程度)。確実な避妊のためには、勃起直後に装着することが勧められるまた、勃起したペニス大きさ適応したコンドームを使用しない行為中に外れ可能性があるため、自身パートナー)の勃起したペニス大きさ測定した上で大きさ応じたコンドームを装着しなければならない勃起時のペニス参考サイズは、コンドームを参照のこと。ペニスの太にあわせて多様なサイズ用意されており、SSLL店頭になくともECサイト気軽に購入できる効果確実にするために、適切なサイズのコンドームを選択することが望まれる。 単に「コンドーム」と言うと男性装着する避妊具を指すが、女性器装着する女性用コンドーム市販されている。

※この「コンドーム」の解説は、「避妊」の解説の一部です。
「コンドーム」を含む「避妊」の記事については、「避妊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンドーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンドーム

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:12 UTC 版)

語源

名詞

コンドーム

  1. 避妊具のひとつで、性感染症防止目的で用いられるゴム又は合成樹脂製の袋状のものであり、陰茎装着し性行為時に精液内から子宮漏れなくすることにより避妊目的を達する

類義語

翻訳


「コンドーム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンドームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コンドームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンドームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンドーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTENGA (改訂履歴)、相模ゴム工業 (改訂履歴)、性感染症 (改訂履歴)、避妊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンドーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS