ピルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 丸薬 > ピルの意味・解説 

ピル【pill】

読み方:ぴる

丸薬。「―ケース

経口避妊薬のこと。


ピル

名前 PilPilesPill

経口避妊薬

(ピル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/09 08:55 UTC 版)

経口避妊薬(けいこうひにんやく、英語: combined oral contraceptive pill (COCP)、oral contraceptive (OC))は、休薬期間を除き常用することで避妊効果の得られる女性ホルモン剤。口語的な呼び方として、経口避妊薬(COOP、OC)を指して避妊目的の「ピル」(元は丸剤の意)を指す[1][2]。日本国内で使われるOCは、エストロゲン成分含有量が少ない低用量タイプが一般的であり、排卵抑制・精子進入防止・着床難化などの作用で高い避妊効果がある[3]。服用停止から3か月以内に通常の妊孕力に戻る[4]




「経口避妊薬」の続きの解説一覧

ピル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 01:49 UTC 版)

ホルモン療法」の記事における「ピル」の解説

ピルは、卵胞ホルモン黄体ホルモン混合剤である。 上記のような月経周期異常のほか、月経前症候群PMS)や月経困難症不正出血子宮内膜症子宮筋腫など、女性ホルモン関連する様々な症状改善対策としてしばしば広く用いられる成分量に応じて用量ピル・中用量ピル・低用量ピルなどがあり、治療目的によって服用方法異なるが、主として21日間の服用と約7日間の休(または偽薬)を繰り返し28日前後周期回していく方式とられる

※この「ピル」の解説は、「ホルモン療法」の解説の一部です。
「ピル」を含む「ホルモン療法」の記事については、「ホルモン療法」の概要を参照ください。


ピル(避妊用ピル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:15 UTC 版)

避妊」の記事における「ピル(避妊用ピル)」の解説

詳細は「経口避妊薬を参照 内服用の避妊女性ホルモン剤のこと。経口避妊薬(OC)とも呼ばれる。 ピルを女性服用することにより、人工的に排卵終了後黄体期と同様内分泌状態を持続させることで排卵停止させる正しく服用した場合避妊確率それなりにある(PI:0.1-5程度)。避妊以外にも生理時期調整月経困難症生理に伴う重い症状)の緩和子宮内膜症治療などに使われる一方で人により血栓症肥満などの副作用が出る場合もあるので入手には医療機関受診必要である副作用としては、体重増加(肥満)、偏頭痛吐き気嘔吐イライラ性欲減退、むくみ、膣炎肝機能障害長期服用による発癌性などの可能性指摘されている。子宮筋腫糖尿病悪化させる可能性もある。ピルの主要な副作用として血栓症あげられる。 ピルは、血栓起こリスク3 - 5引き上げるとされ、イギリスでは10年間104人が血栓症死亡した日本でも医薬品の安全を管理する独立行政法人医薬品医療機器総合機構集計によると、2008年 - 2013年上半期に、日本使用されたピルに関して血の固まり血管をふさぐ血栓重症例361件が副作用として報告されていた。その中で死亡例11件あり10代1人20代2人30代4人、40代1人50代2人不明1人だった。 発癌性に関しては、国際がん研究機関によるIARC発がん性リスク一覧で、「経口避妊薬常用に関して「Group1 ヒトに対する発癌性認められる」と評価されている。また、喫煙を伴うと心臓循環器系への副作用高まるため、ピルを服用するなら喫煙をしないことが望ましい。 ピルを服用できない場合としては、乳がん子宮体がん子宮頸がん子宮筋腫患者及び疑いある人原因不明出血血栓症起こしたことがあるある人及び肺塞栓症冠動脈疾患血栓症静脈炎脳血管障害患者これらの病気これまでにかかったことがある、その疑いある人片頭痛患者糖尿病患者高血圧の人、35歳上で1日15以上のタバコを吸う人、コレステロール値中性脂肪の高い人、腎臓肝臓病気ある人以前妊娠した時に持続的なかゆみまたは黄疸妊娠ヘルペス症状出たことのある人。 また肥満40歳以上の人、子宮筋腫ある人などには慎重な投与求められるかつては用量ピルが用いられていたが、副作用リスク低減目的として低用量ピル超低用量ピルが開発された。 日本でのピルの承認は、他先進国比較して酷く遅れ、ピルの発見から40年間の年月を必要とした(アメリカ合衆国では1960年代認可されている)。日本ではまず最初に治療目的の中用量ピルが最初に認可されたが、避妊目的したものではなく副作用強かった1998年やっと避妊目的低用量ピル認可された2010年超低用量ピルが月経困難症治療薬として認可されたが、避妊用として低用量ピル主流になっている

※この「ピル(避妊用ピル)」の解説は、「避妊」の解説の一部です。
「ピル(避妊用ピル)」を含む「避妊」の記事については、「避妊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ピル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ピル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:21 UTC 版)

名詞:錠剤

  1. 錠剤丸薬

語源

名詞:避妊薬

ピル

  1. 経口避妊薬日本での俗称

語源

翻訳

経口避妊薬
避妊薬

「ピル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ピルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピル」の関連用語

ピルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2023 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経口避妊薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホルモン療法 (改訂履歴)、避妊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのピル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS