変性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 医学 > 変性の意味・解説 

へん‐せい【変性】

読み方:へんせい

[名](スル)

性質などが変わること。また、その変わった性質

倫理の情は度々の経験積んで—せる私利心なり」〈田口日本開化小史

たんぱく質アミノ酸配列そのままで、立体構造変化すること。熱などの物理的あるいは化学的刺激によって起こり、ふつう生物的な活性低下するまた、核酸二本鎖の水素結合が切れ、一本鎖になること。

細胞代謝障害によって、異常物質産生されたり形態的変化したりすること。


変質、変性

【仮名】へんしつ
原文alteration

元の状態と異なる何かに変化すること。

変性(へんせい)

性質異常に変ること。蛋白質の変性。

変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 06:20 UTC 版)

変性(へんせい、英語:denaturation)とは、性質が変化すること。特に異常に変化する場合を指すことがある。また、その変化した性質そのものを指す。




「変性」の続きの解説一覧

変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 15:22 UTC 版)

核酸」の記事における「変性」の解説

核酸蛋白質などの巨大分子に起こる現象一つで、一般的に二次上の構造関係している非共有結合交互作用破壊指し核酸場合では二本鎖から一本鎖変換意味し慣用的融解といわれる。変性の化学的外因紫外線、熱、加圧攪拌酸・塩基溶媒イオンなどである。これらのような刺激与え続ければ核酸螺旋構造(以下、単に螺旋構造といえば二重螺旋二次構造指し螺旋分子といえばその構造持った核酸分子意味する)は解けてゆき、最終的に平行していた鎖が完全に解離し一本鎖となるだろう。この遷移所要時間をその螺旋構造安定性といえる。鎖の解離対向塩基間の水素結合切断によって進行するが、G/C塩基対3本結合より、A/T塩基対の2本の塩基対破壊が容易であることは明らかである。スタッキング相互作用安定性関わるが、それは − Δ G 37 ∘ {\displaystyle -\Delta G_{37}^{\circ }} の項で詳述するまた、溶液イオン強度にも影響を受ける。螺旋分子主鎖には負電荷を持つリン酸基があり、2本の鎖上のこれらの負電荷互いに近くにあるので、遮蔽されていなければ同士反発させようとし、分離促すイオン濃度が高いと、陽イオンによって負電荷遮断し螺旋安定化される。 G/C含量増えるたびに、また溶液イオン強度強くなるたびに、変性にかかる時間増加する溶液イオン濃度(他に温度pHなども)を一定保てばこの時間塩基組成依存するので、測定により、その螺旋構造安定性定量化することができる。安定性指標として主に、温度pH塩基組成からの計算などがあり、それぞれTmpHm、 − Δ G 37 ∘ {\displaystyle -\Delta G_{37}^{\circ }} と表す。以下にそれぞれの詳細記述する

※この「変性」の解説は、「核酸」の解説の一部です。
「変性」を含む「核酸」の記事については、「核酸」の概要を参照ください。


変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 03:01 UTC 版)

神経病理学」の記事における「変性」の解説

歯状の変性には神経細胞膨化、グルモース変性、神経細胞の変性、脱落知られている。ペラグラ脳症クロイツフェルト・ヤコブ病では歯状リポフスチン顆粒沈着ほとんどないにも関わらず神経細胞ふくらんでいることがある日本ではグルモース変性といえば小脳歯状みられる変化を示す場合が多い。HE染色では好酸性呈する状の構造物集積するプルキンエ細胞軸索終末の前シナプス変化考えられており、小脳歯状核細胞周囲軸索末端部で無髄線維増加発芽)と考えられている。プルキンエ細胞が高度に脱落している場合はグルモース変性が認められない小脳遠心系変性を示す所見であり進行性核上性麻痺歯状赤核淡蒼球ルイ体萎縮症などで特徴的に認められる歯状神経細胞の変性・脱落では歯状自体生じ一次性脱落小脳皮質病変二次性脱落分けることができる。一次性脱落進行性核上性麻痺歯状赤核淡蒼球ルイ体萎縮症フリードライヒ失調症ミトコンドリア病MERRF、ラフォラ小体病などでみられる進行性核上性麻痺歯状赤核淡蒼球ルイ体萎縮症ではグルモース変性が非常に特徴的であるが、高度な神経細胞脱落もおこる。ミエリンの淡明化が主に歯状門に生じ線維グリオーシス置換されている。さらに歯状門から上小脳脚にもグリオーシス認められるマチャド・ジョセフ病では神経細胞脱落比べてミエリンの淡明化が歯状外側部と内側部の双方認められるフリードライヒ失調症歯状神経細胞脱落上小脳脚の変性、淡蒼球ルイ体変性を伴うことがある。またミトコンドリア病MERRFでは小脳歯状下オリーブ核黒質基底核などに著し萎縮神経細胞脱落グリオーシスみられる。また大脳基底核大脳白質血管石灰化生じる。ラフォラ小体病の小脳ではプルキンエ細胞顆粒細胞中等脱落加えて歯状神経細胞が高度に脱落する二次性脱落自己免疫性小脳失調症皮質小脳萎縮症、アルコール小脳萎縮症、多系統萎縮症などでみられる一次性脱落比べる神経細胞脱落は高度ではなく萎縮中心となるアストログリア増殖を伴うが線維グリオーシス特徴とされる自己免疫性小脳失調症皮質小脳萎縮症、アルコール小脳萎縮症などプルキンエ細胞標的となっている疾患では、プルキンエ細胞軸索の変性が歯状収斂するため歯状外側部に接す白質マクロファージ集簇する。特に傍腫瘍性小脳変性症ではマクロファージ歯状外側のみならず途中白質にもみられることがある多系統萎縮症でも歯状萎縮主体である。歯状門に白質病変がおよぶことは非常に稀で上小脳脚保たれる

※この「変性」の解説は、「神経病理学」の解説の一部です。
「変性」を含む「神経病理学」の記事については、「神経病理学」の概要を参照ください。


変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 15:03 UTC 版)

小脳」の記事における「変性」の解説

歯状の変性には神経細胞膨化、グルモース変性、神経細胞の変性、脱落知られている。ペラグラ脳症クロイツフェルト・ヤコブ病では歯状リポフスチン顆粒沈着ほとんどないにも関わらず神経細胞ふくらんでいることがある日本ではグルモース変性といえば小脳歯状みられる変化を示す場合が多い。HE染色では好酸性呈する状の構造物集積するプルキンエ細胞軸索終末の前シナプス変化考えられており、小脳歯状核細胞周囲軸索末端部で無髄線維増加発芽)と考えられている。プルキンエ細胞が高度に脱落している場合はグルモース変性が認められない小脳遠心系変性を示す所見であり進行性核上性麻痺歯状赤核淡蒼球ルイ体萎縮症などで特徴的に認められる歯状神経細胞の変性・脱落では歯状自体生じ一次性脱落小脳皮質病変二次性脱落分けることができる。一次性脱落進行性核上性麻痺歯状赤核淡蒼球ルイ体萎縮症フリードライヒ失調症ミトコンドリア病MERRF、ラフォラ小体病などでみられる進行性核上性麻痺歯状赤核淡蒼球ルイ体萎縮症ではグルモース変性が非常に特徴的であるが、高度な神経細胞脱落もおこる。ミエリンの淡明化が主に歯状門に生じ線維グリオーシス置換されている。さらに歯状門から上小脳脚にもグリオーシス認められるマチャド・ジョセフ病では神経細胞脱落比べてミエリンの淡明化が歯状外側部と内側部の双方認められるフリードライヒ失調症歯状神経細胞脱落上小脳脚の変性、淡蒼球ルイ体変性を伴うことがある。またミトコンドリア病MERRFでは小脳歯状下オリーブ核黒質基底核などに著し萎縮神経細胞脱落グリオーシスみられる。また大脳基底核大脳白質血管石灰化生じる。ラフォラ小体病の小脳ではプルキンエ細胞顆粒細胞中等脱落加えて歯状神経細胞が高度に脱落する二次性脱落自己免疫性小脳失調症皮質小脳萎縮症、アルコール小脳萎縮症、多系統萎縮症などでみられる一次性脱落比べる神経細胞脱落は高度ではなく萎縮中心となるアストログリア増殖を伴うが線維グリオーシス特徴とされる自己免疫性小脳失調症皮質小脳萎縮症、アルコール小脳萎縮症などプルキンエ細胞標的となっている疾患では、プルキンエ細胞軸索の変性が歯状収斂するため歯状外側部に接す白質マクロファージ集簇する。特に傍腫瘍性小脳変性症ではマクロファージ歯状外側のみならず途中白質にもみられることがある多系統萎縮症でも歯状萎縮主体である。歯状門に白質病変がおよぶことは非常に稀で上小脳脚保たれる

※この「変性」の解説は、「小脳」の解説の一部です。
「変性」を含む「小脳」の記事については、「小脳」の概要を参照ください。


変性(生体高分子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 06:20 UTC 版)

「変性」の記事における「変性(生体高分子)」の解説

生体高分子の変性(英語:denaturation)とは、ポリマー二次構造破壊されることを言い核酸タンパク質などの生体高分子高次構造失い変化することである。核酸タンパク質三次構造壊れた状態はランダムコイルに近いが、このような生体高分子の変性の結果である状態を変性した態と呼ぶ。原因としては熱(高温極度低温凍結)、酸・アルカリ界面活性剤有機溶媒や、変性剤呼ばれる化学物質、あるいは圧力超音波攪拌などがある。 タンパク質水素結合疎水結合イオン結合などにより高次構造二次四次構造)を保っているが、これらが破壊され特徴的な折りたたみ構造を失うと変性するタンパク質変性剤には、水素結合破壊する尿素グアニジン塩、疎水結合破壊するドデシル硫酸ナトリウムなどの界面活性剤がある。酵素変性する触媒作用失いその他のタンパク質機能を失う。かつてはタンパク質の変性不可逆考えられていたが、多くタンパク質では変性剤徐々に取り除くなどの方法正し構造取り戻すこと(再生)が可能である他、生体内にはシャペロン呼ばれる折りたたみ助けタンパク質報告されている。(「タンパク質熱力学的安定性」の項を参照タンパク質の変性食品加工にもよく用いられる例えば肉や卵の加熱調理豆腐ヨーグルト凝固ゼラチン製造コラーゲン熱変性させて作る)などである。 核酸は、核酸塩基の間の水素結合により二次構造DNAの二重らせん構造RNA特徴的な折りたたみ構造)を保っている。この水素結合破壊されると変性が起きDNAでは二重らせんが2本の一本鎖分離する(DNAの巻き戻し参照)。 変性は熱力学的に相転移性質を示すことがある。特に核酸の熱による変性は、一定の温度配列によって異なる)で急激に起きるため融解とも呼ばれ逆に融解した核酸温度徐々に下げて復元させることを再生または再結合あるいはアニーリング(英語:annealing 金属加工焼きなましの意)もしくはアニーリングと呼ぶ。

※この「変性(生体高分子)」の解説は、「変性」の解説の一部です。
「変性(生体高分子)」を含む「変性」の記事については、「変性」の概要を参照ください。


変性(アルコール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 06:20 UTC 版)

「変性」の記事における「変性(アルコール)」の解説

アルコールの変性(英語:denaturation)とは、エタノール飲用防止のためメタノールなどを混入する意味である。

※この「変性(アルコール)」の解説は、「変性」の解説の一部です。
「変性(アルコール)」を含む「変性」の記事については、「変性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「変性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「変性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



変性と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「変性」の関連用語

1
100% |||||

変性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



変性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2024 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの変性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの核酸 (改訂履歴)、神経病理学 (改訂履歴)、小脳 (改訂履歴)、変性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS