定量化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 量化 > 定量化の意味・解説 

定量化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

定量化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 17:06 UTC 版)

ノイズ (電子工学)」の記事における「定量化」の解説

電子システムにおける雑音レベル一般に電力 N(単位はWまたはdBm)、二乗平均平方根 (RMS) 電圧単位はVまたはdBμVノイズ標準偏差と同じ)、平均平方誤差 (MSE) 電圧単位V2)で示されるノイズ特性を表すのに、確率分布雑音スペクトル密度 N0(f)単位はV/Hz)を使うこともある。 ノイズ信号一般に有用な情報信号線形に付加されると考えられるノイズに関する典型的な信号品質尺度としてSN比信号対雑音比)があり、アナログ-デジタル変換圧縮におけるSQNR(信号量子化雑音比)、画像動画符号化におけるPSNR(ピーク信号対雑音比)、デジタル通信におけるEb/N0搬送波変調システムにおけるCNR搬送波対雑音比)、カスケード増幅器における雑音指数などがある。 ノイズ確率過程であり、その確率的特性は分散、分布スペクトル密度などで表されるノイズスペクトル分布周波数によって変化することがあるので、その電力密度ワットヘルツ (W/Hz) という単位表される抵抗器における電力はそこに印加された電圧二乗比例するので、ノイズ電圧密度)はノイズ電力密度の平方根計算でき、その単位は V / H z {\displaystyle \scriptstyle \mathrm {V} /{\sqrt {\mathrm {Hz} }}} となる。オペアンプなどの集積回路では入力換算雑音 (EIN) が一般に使われるノイズ電力ワットまたは標準電力からの相対指標としてデシベル (dB) で表され一般にdB後にサフィックスをつけて示す。例えば、雑音レベル測定単位として、dBu、dBm0、dBrn、dBrnC、dBrn(f1f2)、dBrn(144-line) などがある。 雑音レベル一般に信号レベル相反するものと見なされ、SN比一部とされることが多い。電気通信システム効率的にデータを送るためにSN比増大させるよう努力してきた。実際送信信号雑音レベルノイズフロア以下になると、受信機データ復元できなくなる。電気通信システムにおけるノイズは、内部で発生するものと外部で発生するものがある

※この「定量化」の解説は、「ノイズ (電子工学)」の解説の一部です。
「定量化」を含む「ノイズ (電子工学)」の記事については、「ノイズ (電子工学)」の概要を参照ください。


定量化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 06:58 UTC 版)

酸味」の記事における「定量化」の解説

心理的な酸味強さ数字であらわす(定量化する)官能評価はたびたび試みられている。評価方法単位法定規格はない。

※この「定量化」の解説は、「酸味」の解説の一部です。
「定量化」を含む「酸味」の記事については、「酸味」の概要を参照ください。


定量化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:16 UTC 版)

ベネジクト液」の記事における「定量化」の解説

濃度異な複数変色液を作っておく、あるいは比色表を用いれば試料の糖濃度を(ある程度ではあるが)定量化することができる

※この「定量化」の解説は、「ベネジクト液」の解説の一部です。
「定量化」を含む「ベネジクト液」の記事については、「ベネジクト液」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「定量化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「定量化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



定量化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「定量化」の関連用語

定量化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



定量化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノイズ (電子工学) (改訂履歴)、酸味 (改訂履歴)、ベネジクト液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS