尺度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 尺度 > 尺度の意味・解説 

しゃく‐ど【尺度】

読み方:しゃくど

物の長さを測る道具ものさし

長さ寸法。「—を測る

計量標準また、判断評価など基準。「合否判定の—を決める」


尺度 scale


尺度

基礎データ利用には一般的に二つ局面がある。分析 1観測値構成要素規模構造外的要因研究対象現象)を分離することを目的とする。総合 2様々な方法分離され構成要素再結合する過程である。いずれの局面にも様々な名称で呼ばれる指標 4算定 3ないし計算 3がある(§133参照)。基礎データとは対照的にこれらの指標算定結果 6呼ばれる。より限定された意味での指標 7ないし指数 7は、基準値 8に対する特定の数量の値を示す比であるが、基準値通常100置かれるいくつかの指標複雑な状態を示す良い尺度 9あり得る。たとえば、乳児死亡率人口保健衛生状態の尺度として用いられることがある


尺度

読み方:モノサシ(monosashi)

曲尺呉服尺襪尺三種


尺度

作者ウィル・セルフ

収載図書イギリス新鋭作家短篇
出版社新潮社
刊行年月1995.7


尺度

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

基準

(尺度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 02:47 UTC 版)

基準(きじゅん)とは、行動判断の根拠となる数値である。何かを比較する時に用いる。




「基準」の続きの解説一覧

尺度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:33 UTC 版)

等級 (天文)」の記事における「尺度」の解説

等級数値小さくなるほど明る天体大きくなるほど暗い天体となる。上の図で言えば、左へ行くほど(数字小さくなるほど)明るく、右へ行くほど(数字大きくなるほど)暗い。整数値で「2等星」と表記した場合見かけの等級 (m)1.5 ≦ m < 2.5範囲あること意味する。「1等星」という表記では、見かけの明るさ0.5 ≦ m < 1.5恒星を表すだけでなく、0.5等級よりも明るい恒星包含することも多い。

※この「尺度」の解説は、「等級 (天文)」の解説の一部です。
「尺度」を含む「等級 (天文)」の記事については、「等級 (天文)」の概要を参照ください。


尺度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 18:20 UTC 版)

ワーク・エンゲージメント」の記事における「尺度」の解説

ワーク・エンゲージメントの3要素活力/vigor、熱意/dedication、没頭/absorption)は、ユトレヒト・ワーク・エンゲージメント尺度(Utrecht Work Engagement Scale UWES)によって評価され、これは20言語版で利用可能であり、非営利目的であれば自由に利用できる。またこのUWESには短縮版学生版存在する。UWESの信頼性と妥当性については、様々な研究公表されている。

※この「尺度」の解説は、「ワーク・エンゲージメント」の解説の一部です。
「尺度」を含む「ワーク・エンゲージメント」の記事については、「ワーク・エンゲージメント」の概要を参照ください。


尺度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 04:41 UTC 版)

ダグラス海況階級」の記事における「尺度」の解説

ダグラス海況階級は、1917年イギリス人のH.P.ダグラスという男性によって作成された。その時彼はイギリス海軍気象部長であった目的は、航海の為海の荒さ見積もることにある。尺度には、2つコードがあって、1つコード海況(その地点発生している新しい波振幅)を見積もるものであり、もう1つコード海のうねり(遠方から風による長波)について記述する為のものである下記2つの表一つセットとなる。 1929年国際気象学会で推奨された。主にイギリス使用しているシーステート原型にもなった。庸船契約履行条項にも記載される。 元々、ダグラス波高周期については言及せず、波浪とうねりを表す単語だけを使用していた。その後波浪階級続いてうねり階級の定義が作られた。しかし、異な出版物ダグラス階級解釈違っていた為、現場で混乱もたらすことになったWMOによればダグラス階級については、国際的に承認された定義は無いと言う。一方ビューフォート風力階級基準となる風速値が存在し国際的に承認された尺度である。ビューフォート風力階級併記されおおよその波高値と本階級との用語の混乱避けよう注意喚起なされている

※この「尺度」の解説は、「ダグラス海況階級」の解説の一部です。
「尺度」を含む「ダグラス海況階級」の記事については、「ダグラス海況階級」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「尺度」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

尺度

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:52 UTC 版)

名詞

しゃくど

  1. ものの長さはかる器具ものさし
  2. 長さをはかる基準
  3. 物事判断するための基準

発音(?)

しゃ↘くど

関連語


「尺度」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



尺度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

尺度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尺度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2022 統計学用語辞典 All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの基準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの等級 (天文) (改訂履歴)、ワーク・エンゲージメント (改訂履歴)、ダグラス海況階級 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの尺度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS