摂氏とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 摂氏の意味・解説 

セルシウス度

(摂氏 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 14:09 UTC 版)

セルシウス度(セルシウスど、英語: degree Celsius、記号: °C)又は単に(記号: °C)は、セルシウス温度単位である。その大きさはケルビン(記号: K)に等しい(℃=K)。温度間隔(temperature interval)又は間隔差(temperature difference)はケルビン又はセルシウス度のどちらによっても表すことができ(第13回 CGPM、1967-1968年、決議3)、その数値は同じである。なお、温度差を表現するのに、degree(略字 deg) を用いることは1980年以降、禁じられている。




  1. ^ a b 『国際単位系(SI)』2.1.1.5 熱力学温度の単位(ケルビン)、pp.24-25
  2. ^ 計量単位令 別表第一 項番5、温度の欄
  3. ^ 計量単位令の一部を改正する政令(令和元年5月17日政令第6号) 新旧対象条文
  4. ^ 計量単位規則 別表第2 温度・「セルシウス度又は度」の欄
  5. ^ 『国際単位系(SI)』表3 固有の名称と記号で表される一貫性のある SI 組立単位、p.29
  6. ^ 『国際単位系(SI)』 5.2 単位の名称、p.43
  7. ^ 『国際単位系(SI)』 5.3.3 量の値の書式、p.45
  8. ^ The American Heritage Dictionary, Second College Edition,"centigrade  Fr. Lat. centum-, hundred + Lat. gradus, degree.",p.252, Houghton Mifflin, 1982, ISBN 0-395-32943-4
  9. ^ 国際文書 国際単位系(SI)第8版 日本語版 付録1、p.57、 第9回 CGPM,1948年(CIPM, 1948 年(PV, 21, 88)及び第9回CGPM,1948年(CR,64):「セルシウス度」の採択) 温度を表すために用いる「度」(degree)を示すために提案されている三つの名称(“degré centigrade”,“degré centésimal”,“degré Celsius”)の中から,国際度量衡委員会は「セルシウス度,“degré Celsius”」を選択した 、産業技術総合研究所 計量標準総合センター
  10. ^ [1] 9th CGPM, 1948. Writing and printing of unit symbols and of numbers (CR, 70)* Resolution 7, Note 3, p.162. 「To indicate a temperature interval or difference, rather than a temperature, the word “degree”in full, or the abbreviation “deg”, must be used.」
  11. ^ [2] 13th CGPM, 1967/68. SI unit of thermodynamic temperature (kelvin) (CR, 104 and Metrologia, 1968, 4,43), Resolutions 3, p.169 「* At its 1980 meeting, the CIPM approved the report of the 7th meeting of the CCU, which requested that the use of the symbols “°K” and “deg” no longer be permitted.」
  12. ^ a b 高田誠二. “温度概念と温度計の歴史”. 日本熱測定学会. 2019年11月22日閲覧。
  13. ^ Anders Celsius 1701-1744 ウプサラ天文台による解説、第6段落目
  14. ^ History of the Celsius temperature scale ウプサラ天文台による解説、第5段落の後半部分、Pehr Wargentin(Secretary of the Academy of Sciences、Royal Swedish Academy of Sciences)の1749年の論文による
  15. ^ History of the Celsius temperature scale ウプサラ天文台による解説、第5段落の後半部分、「Linné is not mentioned at all.」
  16. ^ The Unicode Standard, Version 8.0. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium. (August 2015). ISBN 978-1-936213-10-8. http://www.unicode.org/versions/Unicode8.0.0/ch22.pdf 2015年9月6日閲覧。 


「セルシウス度」の続きの解説一覧

摂氏

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 21:57 UTC 版)

略語

(せっし)

  1. 摂氏温度」(=セルシウス[1]度) の。「セ氏」と表記されることも。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「摂氏」の関連用語

摂氏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



摂氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセルシウス度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの摂氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS