繁体字とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 繁体字の意味・解説 

はんたい‐じ【繁体字】

読み方:はんたいじ

簡略化されていない漢字簡体字に対していう。


繁体字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 08:29 UTC 版)

繁体字(はんたいじ、繁體字注音: ㄈㄢˊㄊㄧˇㄗˋ拼音: fántǐzì)または正体字(せいたいじ、正體字注音: ㄓㄥˋㄊㄧˇㄗˋ拼音: zhèngtǐzì)は、中国語において、系統的な簡略化を経ていない筆画が多い漢字字体を指す。特に中華人民共和国の一連の「文字改革」政策による簡体字(簡化字)との対比によりこう呼ぶ。現在では主に台湾のほか、中華人民共和国の特別行政区である香港マカオで使用され、中華圏外の華人コミュニティーでも見られる。日本でいう「旧字体」に近いが同じではない。字体や用字法は地域ごとに異なる点が見られ、1980年代以降、それ以前に活字でよく見られた字体よりも筆写体に近づいたものが規範とされる。


  1. ^ 臺北市 正體字主題網 演講紀錄 正體字 是臺灣的寶貴資產,「繁體字」應正名為「 正體字 」(繁体字中国語)
  2. ^ 中华人民共和国国家通用语言文字法 第17条(簡体字中国語)
  3. ^ 武田雅哉 (1998). 蒼頡たちの宴. 筑摩書房(ちくま学芸文庫). p. 354-356. ISBN 4480084231 
  4. ^ “韓・中・日・台が漢字の字体統一へ”. 朝鮮日報. (2007年11月3日). オリジナルの2013年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081120104604/http://www.chosunonline.com/article/20071103000035 2018年3月9日閲覧。 
  5. ^ “日・韓・中・台が漢字の字体統一を決定、主体は繁体字に―北京市”. Record China. (2007年11月12日). http://www.recordchina.co.jp/a12549.html 2018年3月9日閲覧。 
  6. ^ “「中・日・韓・台の漢字統一」報道を否定!簡体字使用の変更は不可能”. =Record China. (2007年11月11日). http://www.recordchina.co.jp/group/g12742.html 
  7. ^ 河崎真澄 (2009年4月20日). “中国で旧字体復活? 漢字の行き過ぎた簡略化めぐり論議”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/china/090420/chn0904200928001-n1.htm 2009年7月21日閲覧。 
  8. ^ “<中台>漢字字体の統一を!繁体字の世界遺産化の動きも論議促進?…全国政協会議”. Record China. (2009年3月5日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=29134 2009年7月21日閲覧。 
  9. ^ “日本の漢字改革を手本に!中国と台湾の字体論争…香港メディア”. Record China. (2009年6月24日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=32777 2009年7月21日閲覧。 


「繁体字」の続きの解説一覧

繁体字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:05 UTC 版)

義勇軍進行曲」の記事における「繁体字」の解説

起來(ㄑㄧˇ ㄌㄞˊ)! 不願(ㄅㄨ´ ㄩㄢ`)做(ㄗㄨㄛ`)奴隸(ㄋㄨ´ ㄌㄧ`)的(˙ㄉㄜ)人們(ㄖㄣ´ ˙ㄇㄣ)!把(ㄅㄚˇ)我們(ㄨㄛˇ ˙ㄇㄣ)的(˙ㄉㄜ)血肉(ㄒㄩㄝ` ㄖㄡ`), 築成(ㄓㄨˋ ㄔㄥ´)我們(ㄨㄛˇ ˙ㄇㄣ)新的(ㄒㄧㄣ ˙ㄉㄜ)長城(ㄔㄤ´ ㄔㄥ´)!中華(ㄓㄨㄥ ㄏㄨㄚ´)民族(ㄇㄧㄣ´ ㄗㄨ´)到(ㄉㄠ`)了(ㄌㄧㄠˇ)最(ㄗㄨㄟ`)危險的(ㄨㄟ ㄒㄧㄢˇ ˙ㄉㄜ)時候(ㄕ´ ㄏㄡˋ),每個(ㄇㄟˇ ˙ㄍㄜ)人(ㄖㄣ´)被迫著(ㄅㄟ` ㄆㄛ` ˙ㄓㄜ)發出(ㄈㄚ ㄔㄨ)最後的(ㄗㄨㄟ` ㄏㄡ` ˙ㄉㄜ)吼聲(ㄏㄡˇ ㄕㄥ)。起來(ㄑㄧˇ ㄌㄞˊ)! 起來(ㄑㄧˇ ㄌㄞˊ)! 起來(ㄑㄧˇ ㄌㄞˊ)!我們(ㄨㄛˇ ˙ㄇㄣ)一心(ㄨㄢ` ㄓㄨㄥ` ㄧˋ ㄒㄧㄣ),冒著(ㄇㄠ` ˙ㄓㄜ)敵人(ㄉㄧ´ ㄖㄣ´)的(˙ㄉㄜ)炮火(ㄆㄠ` ㄏㄨㄛˇ), 前進(ㄑㄧㄢ´ ㄐㄧㄣ`)!冒著(ㄇㄠ` ˙ㄓㄜ)敵人(ㄉㄧ´ ㄖㄣ´)的(˙ㄉㄜ)炮火(ㄆㄠ` ㄏㄨㄛˇ), 前進(ㄑㄧㄢ´ ㄐㄧㄣ`)!前進(ㄑㄧㄢ´ ㄐㄧㄣ`)! 前進(ㄑㄧㄢ´ ㄐㄧㄣ`)! 進(ㄐㄧㄣ`)!

※この「繁体字」の解説は、「義勇軍進行曲」の解説の一部です。
「繁体字」を含む「義勇軍進行曲」の記事については、「義勇軍進行曲」の概要を参照ください。


繁体字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:05 UTC 版)

義勇軍進行曲」の記事における「繁体字」の解説

前進!各民族英雄的人民!偉大的共產黨領導我們繼續長征一心奔向共產主義明天建設祖國,保衛祖國英勇的鬥爭。前進!前進!前進!我們千秋萬代,高舉毛澤東旗幟前進!高舉毛澤東旗幟前進!前進!前進!進!

※この「繁体字」の解説は、「義勇軍進行曲」の解説の一部です。
「繁体字」を含む「義勇軍進行曲」の記事については、「義勇軍進行曲」の概要を参照ください。


繁体字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 06:19 UTC 版)

字体」の記事における「繁体字」の解説

台湾香港、マカオなどで使用される簡略化されていない字体が繁体字である。繁体字という呼び方は、中国大陸での呼び方であり、台湾公的文書で標準字と呼んでいる。他に正体字などとも呼ばれる地域によって異体字扱い異なったり、字体に細かい異同見られる中国では2013年の『通用規範漢字表』に附属『規範字と繁体字、異体字対照表』ここでいう規範字簡体字を指す)で字体示しているが、台湾香港の字体と異なるものが多い(詳しくは通用規範漢字表を参照)。 繁体字は、康熙字典体同じではない。喻(康熙字典体喩)、留(康熙字典体畱)、麵(康熙字典体麪)、真(康熙字典体眞)、值(康熙字典体値)、并(康熙字典体幷)、啟(康熙字典体啓)、即(康熙字典体卽)、痺(康熙字典体痹)、為(康熙字典体爲)、青(康熙字典体靑)などは、康熙字典体とは異な字体標準または一般的になっている。食偏(飠)、しんにょう示偏(礻)も、康熙字典体とは異なるものを使用する

※この「繁体字」の解説は、「字体」の解説の一部です。
「繁体字」を含む「字体」の記事については、「字体」の概要を参照ください。


繁体字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 21:12 UTC 版)

東方紅」の記事における「繁体字」の解説

東方紅太陽昇,中國出了個毛澤東。他爲人民謀幸福,呼兒咳呀他是人民的大救星。

※この「繁体字」の解説は、「東方紅」の解説の一部です。
「繁体字」を含む「東方紅」の記事については、「東方紅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「繁体字」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

繁体字


「繁体字」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



繁体字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

繁体字のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



繁体字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの繁体字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの義勇軍進行曲 (改訂履歴)、字体 (改訂履歴)、東方紅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの繁体字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS