活版印刷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 印刷 > 活版印刷の意味・解説 

かっぱん‐いんさつ〔クワツパン‐〕【活版印刷】

読み方:かっぱんいんさつ

活版印刷すること。また、その印刷物鉛版線画凸版樹脂版などの印刷含めていう。1445年ごろ、ドイツのグーテンベルク発明活版刷り

「活版印刷」に似た言葉

かっぱん いんさつ 【活版印刷】


活版印刷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 06:55 UTC 版)

活版印刷(かっぱんいんさつ)は、凸版印刷の一種で、活字を並べて文章にした活版[1]組版を作り、それに塗料を塗って印刷すること。また、その印刷物。版、線画凸版、樹脂版などの印刷も含めていう。活版刷りということもある。


  1. ^ 活版コトバンクより
  2. ^  沈括. 『夢渓筆談』巻十八 技藝. - ウィキソース. :「慶暦中,有布衣畢昇,又為活版。其法用膠泥刻字,薄如錢唇,毎字為一印,火燒令堅。先設一鐵版,其上以松脂臘和紙灰之類冒之。欲印則以一鐵範置鐵板上,乃密布字印。滿鐵範為一板,持就火煬之,藥稍鎔,則以一平板按其面,則字平如砥。若止印三、二本,未為簡易;若印數十百千本,則極為神速。常作二鐵板,一板印刷,一板已自布字。此印者才畢,則第二板已具。更互用之,瞬息可就。」
  3. ^ 漆侠編『遼宋西夏金代通史 四』第四章四
  4. ^ 嘉永2年(1849年)にオランダ江戸幕府に献上した
  5. ^ バタビアのオランダ総督府の機関誌『Javasche Courant』の中の外国記事の翻訳
  6. ^ 古賀謹一郎 万民の為、有益の芸事御開、184頁
  7. ^ 【特集】紙の力「効率悪くても気持ちいいコミュニケーション デジタルも融合した「21世紀の活版印刷」桜ノ宮 活版倉庫『ビッグイシュー359号掲載(2019年6月17日閲覧)。
  8. ^ 『サンケイグラフ』1955年3月27日号、産業経済新聞社。


「活版印刷」の続きの解説一覧

活版印刷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 14:37 UTC 版)

輪転印刷機」の記事における「活版印刷」の解説

英国ウィリアム・ニコルソン1790年特許申請した活字組んだ版を往復させて印刷する印刷機輪転印刷機の源とされる。のちドイツのフリードリヒ・ケーニッヒが英国1810年蒸気動力用いた高速印刷機考案し特許申請し、1812年完成。英タイムズ紙印刷工場導入された。 英国のリチャード・マーチ・ホーは1843年、版を往復させる従来高速印刷機工程を見直し湾曲した版を鋳造して回転する円筒固定する最初の活版輪転印刷機考案し1844年特許取得。さらに改良加えた実用に耐える輪転印刷機1846年完成させ、1847年特許取得したタイムズ紙1853年輪転機導入し1868年には現在の新聞輪転機の方式である巻取紙方式輪転機を初め採用した日本では1890年大阪朝日新聞採用したのが最初である

※この「活版印刷」の解説は、「輪転印刷機」の解説の一部です。
「活版印刷」を含む「輪転印刷機」の記事については、「輪転印刷機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「活版印刷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「活版印刷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



活版印刷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「活版印刷」の関連用語

活版印刷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



活版印刷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの活版印刷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの輪転印刷機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS