型枠とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 型枠の意味・解説 

かたわく 型枠 mould

コンクリート打ち込み成形するために、せき板と支保工を使った仮設枠組み。 せき板には合板鋼板パネルなどが使われている。「仮枠」ともいう。 #「支保工」を参照

型枠

読み方かたわく
別名:型わく
【英】:formwork,shuttering,form,mold

打込まれたコンクリート所定形状寸法に保ち、コンクリート適当な強度達するまで支持する仮設構造物。せき板、支保工などからなる
せき板:型枠の一部コンクリート直接接する木、金属プラスチックなどの板類支保工:型枠の一部でせき板を所定位置固定するための仮設構造物

型枠

【用  語】型枠
よみがなかたわく
【意  味】
 コンクリ-トで建物基礎をつくる際、硬化ていないコンクリ-トが流出ないようにふせぐ仮設枠組み木製型枠や鋼製型枠(メタルフレーム)がよく用いられる。転用階数が多いほど経済的である。
【同 義 語】仮枠

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

型枠

パネルともいう。コンクリート構造物所定形状寸法作るために用いる仮設構造物。型枠は一般にせき板をさん材で結んだ型板と型枠を所定位置固定する為の支柱間柱、針、貫材および繋材などより構成されている。

材料木材が最も多く用いられているが、鋼材を用いた鋼製型枠も多く用いられ、最近では合板アルミ板なども用いられている。


型枠(かたわく)

 コンクリート打設する場合に、厚さ均一にするために、鉄筋を配設した上で、必要な厚さ合わせ間隔を置いて組むのこと。

 無筋コンクリート場合不要従来0.9×1.8mの木枠に板を張ったものが使われ、剥離材を塗布してコンクリート固化した後、はがして補修し、数回繰り返し使用してきたが、最近ではアルミ板、スチール板、FRP板など永久型枠も使われるようになってきている。


型枠

コンクリート打ちこみ、一定の形状成型するために用いられる仮設枠組み

型枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/03 11:13 UTC 版)

型枠(かたわく)とは、液体状材料を固化させる際に、所定の形状になるように誘導する部材、枠組みのこと。コンクリート発泡スチロールなどの成形に用いられる。


  1. ^ 木製残存型枠が林野庁長官賞を受賞(株式会社玉山製材所ホームページ)


「型枠」の続きの解説一覧



型枠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「型枠」の関連用語

型枠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



型枠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2019 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2019 住友大阪セメント All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの型枠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS