アルミニウムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > アルミニウム > アルミニウムの意味・解説 

アルミニウム [4] 【aluminium; aluminum】

ホウ素族元素の一。元素記号 Al 原子番号13原子量26.98。比重2.70(摂氏20度)。銀白色軟らかくて軽い固体金属強く熱すると白光を放って燃える。加工しやすい上に、軽く耐食性があり人体に無害なので、建築化学家庭製品などに広く用いる。酸に弱い。軽銀

Al

〖aluminium; aluminum
アルミニウムの元素記号

【アルミニウム】(あるみにうむ)

元素記号Al原子番号13比重2.7の非鉄金属
日本語では単に「アルミ」と呼ばれる事の方が多い。

比べ軽く空気中で劣化しにくく、加工しやすい
反面、純粋なアルミニウムは非常に柔らかく軽いため重工業用途には向かない。
しかし合金としたり熱処理を行う事で鋼に劣らない引っ張り強度持たせる事が可能である。

軽さのわりに強度優れている為、軽装車両航空機に用いられた時期もある。
しかし対弾性明らかに鋼に劣り融点が低いため熱で容易に劣化する。
これはエンジン駆動機器火災想定される構造物では致命的弱点であると言える
このため、高い安全性耐久性求められる分野でのシェア炭素繊維強化樹脂に奪われつつある。

一方で酸化自体は非常に強い事から、粉末にして表面積増大させれば爆発物燃焼剤としての利用法が得られる。
軍事用途としては、酸化鉄反応させて強い光と熱を発するテルミット反応を用いた各種手榴弾や、スラリー爆薬等の強力な爆薬材料として需要がある。

技術的にも経済的にも非常にリサイクル性が高いため、民生用素材としては今でも広く利用されている。

関連超々ジュラルミン


アルミニウム


アルミニウム(Al)

アルミニウム(Aluminium アルミニューム、略してアルミと言うこともある)元素記号 Alで表され、原子番号13原子量は約26.98比重は2.70(g/cc)である。酸やアルカリに侵されやすいが、空気中では表面酸化被膜ができ、内部は侵されにくくなる。 また、液体窒素液体酸素(-183)でも脆性破壊がない。
軽量で、耐食性(←酸化被膜による)があり、快削性に優れる為、アルミニウムのままだけでなく、合金などの形でも広く利用されている。比較良い熱伝導性電気伝導性を持つ金属
ステンレス鋼添加されると、強力なフェライト元素で、Niと金属間化合物をつくり、析出硬化強度を増す。

アルミニウム

比重がく、耐食性優れているが、さらにその効果高めるためにアルマイト加工施される光学制御板として反射鏡パラボリックルーバ特徴を生かした例が多い。

アルミニウム

軽量で、高い熱伝導性電気伝導性を持つ金属建築では、窓枠アルミサッシ)、エクステリア建築物外壁等に使用されている。

アルミニウム

分子式Al
その他の名称:AluminiumAlAluminum
体系名:アルミニウム


物質
アルミニウム
英語名
Aluminium
元素記号
13
原子番号
13
分子量
26.981539
発見
1825年
原子半径(Å)
1.43
融点(℃)
660.4
沸点(℃)
2486
密度(g/cm3
2.69
比熱(cal/g ℃)
0.215
イオン化エネルギー(eV)
5.986
電子親和力(eV)
0.46


アルミニウム

英訳・(英)同義/類義語:aluminium

原子番号13典型元素Al

アルミニウム(Al)

アルミニウムは、銀白色金属軽く加工しやすく、電気や熱を良く伝えるなどの特徴あります地殻中に約8.2%、海水中には約0.001mg/リットル含まれています。用途は、航空機車両建築資材家庭用品電気部品などとあらゆるところに使われています。水道関係では、硫酸アルミニウムポリ塩化アルミニウム水中汚濁物質凝集剤として使用されています。快適水質項目の目標値は「0.2mg/リットル以下」とされています。

アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/30 13:56 UTC 版)

アルミニウム: aluminium[2]: aluminium, aluminum [ˌæljəˈminiəm, əˈljuːmənəm])は、原子番号13の元素である。軽銀(けいぎん)、礬素(ばんそ)ともいう[3]元素記号Al原子量26.98。




  1. ^ 訳注:ここでの「土」は西洋の四元素における土元素を意味する。
  2. ^ 原文:Was Oersted für einen Aluminiumklumpen hielt, ist ganz gewiß nichts anderes gewesen als ein aluminiumhaltiges Kalium.[36]
  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds (PDF) (2004年3月24日時点のアーカイブ), in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. ^ WEBSTER'S DICTIONARY, 1913
  3. ^ 中尾善信、アルミニウムこぼればなし 軽金属 28巻 (1978) 4号 p.159-160, doi:10.2464/jilm.28.159
  4. ^ 中尾善信、アルミニウムこぼればなし 軽金属 28巻 (1978) 4号 p.159-160, doi:10.2464/jilm.28.159
  5. ^ 『理化学辞典』第5版、岩波書店
  6. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  7. ^ a b c Geoff Rayner-Canham, Tina Overton 『レイナーキャナム 無機化学(原著第4版)』 西原寛・高木繁・森山広思訳、p.193-195、2009年、東京化学同人、ISBN 978-4-8079-0684-0
  8. ^ a b c 西川精一 『新版金属工学入門』 アグネ技術センター、2001年
  9. ^ JIKO. 8.応力ひずみ線図 材料力学. http://jikosoft.com/cae/engineering/strmat08.html. 
  10. ^ a b 亀山直人 『電気化学の理論と応用』 丸善、1955年
  11. ^ 「非鉄金属業界大研究」南正明 p88 産学社 2008年8月31日初版第1刷
  12. ^ 日軽金、アルミ製錬撤退 国内唯一の拠点を3月末で閉鎖 日経新聞 2014年3月14日
  13. ^ 『アルミニウム外史 下巻』p393
  14. ^ リサイクルについて アルミ缶リサイクル協会 2015年8月28日閲覧
  15. ^ 「商社のとりくみ 金属(アルミ)のリサイクル」 日本貿易会 2015年6月19日閲覧
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/aluminum/mcs-2015-alumi.pdf 2014年のデータ 2015年5月27日閲覧
  17. ^ 「モザンビークにおけるアルミニウム製錬事業 アルミ事業と地域の発展」 三菱商事 2015年6月19日閲覧
  18. ^ 「世界のアルミ産業」 日本アルミ協会 2015年6月19日閲覧
  19. ^ アルミナの炭素熱還元によるアルミニウムの製造方法及び反応装置(ekouhou.net)
  20. ^ 高純度アルミニウム製造法(日本軽金属)
  21. ^ ついに量産車へ、炭素繊維「鉄並み価格」視野で経済圏拡大 日本経済新聞 2014年11月19日
  22. ^ 「用途別需要」 日本アルミ協会 2015年6月19日閲覧
  23. ^ 低い断熱性なぜ放置、世界に遅れる「窓」後進国ニッポン 日本経済新聞 2014年11月7日
  24. ^ 「アルミニウムと健康」連絡協議会
  25. ^ 加藤秀正、平井英明、星野幸一 ほか、根系の発達に及ぼす土壌溶液のアルミニウム種の影響 日本土壌肥料学雑誌 76巻 (2005) 1号 p.1-8, doi:10.20710/dojo.76.1_1
  26. ^ 大澤裕樹、木本植物に顕著な高アルミニウム耐性の生理学的解析 日本森林学会大会発表データベース 第118回日本森林学会大会 セッションID: D25, doi:10.11519/jfsc.118.0.121.0
  27. ^ Drozdov 2007, p. 12.
  28. ^ Drozdov 2007, pp. 12–14.
  29. ^ Drozdov 2007, p. 16.
  30. ^ Clapham, John Harold; Power, Eileen Edna (1941). The Cambridge Economic History of Europe: From the Decline of the Roman Empire. CUP Archive. p. 207. ISBN 978-0-521-08710-0. https://books.google.com/books?id=gBw9AAAAIAAJ&pg=PA682. 
  31. ^ a b Drozdov 2007, p. 25.
  32. ^ Weeks, Mary Elvira (1968). Discovery of the elements. 1 (7 ed.). Journal of chemical education. p. 187. https://books.google.com/books?id=s6kPAQAAMAAJ. 
  33. ^ a b Richards 1896, p. 2.
  34. ^ Royal Danish Academy of Sciences and Letters英語版 (1827) (デンマーク語). Det Kongelige Danske Videnskabernes Selskabs philosophiske og historiske afhandlinger. Popp. pp. XXV–XXVI. https://books.google.com/books?id=L2BFAAAAcAAJ&pg=PR25. 
  35. ^ a b Wöhler, Friedrich (1827). “Ueber das Aluminium” (ドイツ語). Annalen der Physik und Chemie. 2 11: 146–161. http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.b4433551;view=1up;seq=162. 
  36. ^ Bjerrum, Niels (1926). “Die Entdeckung des Aluminiums”. Zeitschrift für Angewandte Chemie 39 (9): 316–317. doi:10.1002/ange.19260390907. ISSN 0044-8249. 
  37. ^ Drozdov 2007, p. 38.
  38. ^ Light Metals: Aluminium, Magnesium and Titanium. 23. (1960). pp. 69–70. https://books.google.com/books?id=_PkzAQAAIAAJ. 
  39. ^ a b Drozdov 2007, p. 39.
  40. ^ Sainte-Claire Deville, H. E. (1859) (フランス語). De l'aluminium, ses propriétés, sa fabrication. Paris: Mallet-Bachelier. オリジナルの30 April 2016時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=rCoKAAAAIAAJ. 
  41. ^ Karmarsch, C. (1864). “Fernerer Beitrag zur Geschichte des Aluminiums” (ドイツ語). Polytechnisches Journal 171 (1): 49. https://books.google.com/?id=v4MtAAAAYAAJ&pg=PA49. 
  42. ^ Polmear, Ian (2005). Light Alloys: From Traditional Alloys to Nanocrystals. Butterworth-Heinemann. p. 15. ISBN 978-0-08-049610-8. https://books.google.com/books?id=td0jD4it63cC&pg=PT29. 
  43. ^ Drozdov 2007, p. 46.
  44. ^ アルミニウムとアルツハイマー病の関連情報 国立健康・栄養研究所


「アルミニウム」の続きの解説一覧

アルミニウム

出典:『Wiktionary』 (2011/10/04 16:37 UTC 版)

名詞

アルミニウム

  1. 原子番号 13元素記号 Al金属元素単体常温常圧では銀色固体原料は、ボーキサイトで、アルミニウムを作るときに大量電気を必要とする。イオンでは3価の陽イオンとなる。最近では、有機ELに使われることの多いアルミニウムの錯体である蛍光物質Alq3』が有名である。

翻訳




アルミニウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アルミニウム」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルミニウム」の関連用語

アルミニウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アルミニウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2020 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2020 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2020.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2020 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2020 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルミニウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルミニウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS