ジスプロシウムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ジスプロシウムの意味・解説 

ジスプロシウム

別名:Dy
英語:Dysprosium

軽レアアース一種ネオジムとともに強磁性体として知られ、特にネオジム磁石添加して磁力をより強力にするという用途需要がある。

ジスプロシウムは、地球上にネオジムの1割程度しか存在しないとされる希少な元素であり、さらに現在の生産量大半中国から産出されているとされるネオジム磁石電気自動車モーターなどにも利用されている次世代技術不可欠要素となっており、ジスプロシウムの使用量を削減するモーター開発や、レアアース使用しない代替技術によるモーター開発などが急がれている。

ジスプロシウム [5] 【dysprosium】


Dy

〖dysprosium〗
ジスプロシウムの元素記号

ジスプロシウム

分子式Dy
その他の名称:DysprosiumDy
体系名:ジスプロシウム


物質
ジスプロシウム
英語名
Dysprosium
元素記号
Dy
原子番号
66
分子量
162.5
発見
1886年
原子半径(Å)
1.75
比熱(cal/g ℃)
0.041
イオン化エネルギー(eV)
5.93


ジスプロシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 03:01 UTC 版)

ジスプロシウム (: dysprosium [dɪsˈproʊziəm]、ディスプロシウムとも言うことあり) は原子番号66の元素元素記号Dy。金属的な銀色の光沢を持つ希土類元素である。単体として存在することはないが、ゼノタイムなど様々な鉱物に含まれる。自然界に生じるジスプロシウムは7つの同位体から構成され、最も多いのは164Dyである。




  1. ^ a b Lide, David R., ed (2007–2008). “Dysprosium”. CRC Handbook of Chemistry and Physics. 4. New York: CRC Press. pp. 11. ISBN 978-0-8493-0488-0 
  2. ^ a b c Krebs, Robert E. (1998). “Dysprosium”. The History and Use of our Earth's Chemical Elements. Greenwood Press. pp. 234–235. ISBN 978-0-313-30123-0. https://archive.org/details/historyuseofoure00kreb 
  3. ^ a b c d e f Emsley, John (2001). Nature's Building Blocks. Oxford: Oxford University Press. pp. 129–132. ISBN 978-0-19-850341-5. https://books.google.com/?id=j-Xu07p3cKwC&pg=PA131 
  4. ^ Jackson, Mike (2000). “Wherefore Gadolinium? Magnetism of the Rare Earths”. IRM Quarterly 10 (3): 6. オリジナルの2017-07-12時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170712151422/http://www.irm.umn.edu/quarterly/irmq10-3.pdf 2009年5月3日閲覧。. 
  5. ^ Chemical reactions of Dysprosium”. Webelements. 2012年8月16日閲覧。
  6. ^ a b Patnaik, Pradyot (2003). Handbook of Inorganic Chemical Compounds. McGraw-Hill. pp. 289–290. ISBN 978-0-07-049439-8. https://books.google.com/?id=Xqj-TTzkvTEC&pg=PA243 2009年6月6日閲覧。 
  7. ^ a b c Heiserman, David L. (1992). Exploring Chemical Elements and their Compounds. TAB Books. pp. 236–238. ISBN 978-0-8306-3018-9. https://archive.org/details/exploringchemica01heis 
  8. ^ Perry, D. L. (1995). Handbook of Inorganic Compounds. CRC Press. pp. 152–154. ISBN 978-0-8493-8671-8 
  9. ^ Jantsch, G.; Ohl, A. (1911). “Zur Kenntnis der Verbindungen des Dysprosiums”. Berichte der Deutschen Chemischen Gesellschaft 44 (2): 1274–1280. doi:10.1002/cber.19110440215. https://zenodo.org/record/1426439. 
  10. ^ Vallina, B., Rodriguez-Blanco, J.D., Brown, A.P., Blanco, J.A. and Benning, L.G. (2013). “Amorphous dysprosium carbonate: characterization, stability and crystallization pathways”. Journal of Nanoparticle Research 15 (2): 1438. Bibcode2013JNR....15.1438V. doi:10.1007/s11051-013-1438-3. 
  11. ^ a b c Audi, G.; Kondev, F. G.; Wang, M.; Huang, W. J.; Naimi, S. (2017). “The NUBASE2016 evaluation of nuclear properties”. Chinese Physics C 41 (3): 030001. Bibcode2017ChPhC..41c0001A. doi:10.1088/1674-1137/41/3/030001. https://www-nds.iaea.org/amdc/ame2016/NUBASE2016.pdf. 
  12. ^ DeKosky, Robert K. (1973). “Spectroscopy and the Elements in the Late Nineteenth Century: The Work of Sir William Crookes”. The British Journal for the History of Science 6 (4): 400–423. doi:10.1017/S0007087400012553. JSTOR 4025503. 
  13. ^ de Boisbaudran, Paul Émile Lecoq (1886). “L'holmine (ou terre X de M Soret) contient au moins deux radicaux métallique (Holminia contains at least two metal)” (French). Comptes Rendus 143: 1003–1006. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k3058f/f1001.chemindefer. 
  14. ^ Weeks, Mary Elvira (1956). The discovery of the elements (6th ed.). Easton, PA: Journal of Chemical Education. https://archive.org/details/discoveryoftheel002045mbp 
  15. ^ Overland, Indra (2019-03-01). “The geopolitics of renewable energy: Debunking four emerging myths”. Energy Research & Social Science 49: 36–40. doi:10.1016/j.erss.2018.10.018. ISSN 2214-6296. 
  16. ^ Klinger, Julie Michelle (2017). Rare earth frontiers : from terrestrial subsoils to lunar landscapes. Ithaca, NY: Cornell University Press. ISBN 978-1501714603. JSTOR 10.7591/j.ctt1w0dd6d 
  17. ^ “レアアース「想定外」の暴騰、一部3カ月で約4倍に-企業は対策急ぐ”. Bloombrg.co.jp (Bloombrg). (2011年8月29日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LPC6R40D9L3501.html 2013年9月16日閲覧。 
  18. ^ “脱・中国レアアース…日本の動き見誤る 対日「禁輸」3年”. 産経新聞社. (2013年9月16日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130916/fnc13091609560004-n3.htm 2014年8月8日閲覧。 
  19. ^ Hudson Institute of Mineralogy (1993–2018). “Mindat.org”. www.mindat.org. 2018年1月14日閲覧。
  20. ^ Naumov, A. V. (2008). “Review of the World Market of Rare-Earth Metals”. Russian Journal of Non-Ferrous Metals 49 (1): 14–22. doi:10.1007/s11981-008-1004-6. https://www.researchgate.net/publication/227326809. 
  21. ^ Gupta, C. K.; Krishnamurthy N. (2005). Extractive Metallurgy of Rare Earths. CRC Press. ISBN 978-0-415-33340-5. https://books.google.com/?id=F0Bte_XhzoAC 
  22. ^ Dysprosium (Dy) - Chemical properties, Health and Environmental effects”. Lenntech Water treatment & air purification Holding B.V. (2008年). 2009年6月2日閲覧。
  23. ^ a b Bradsher, Keith (2010年12月29日). “In China, Illegal Rare Earth Mines Face Crackdown”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2010/12/30/business/global/30smuggle.html?pagewanted=2&_r=1&emc=eta1 
  24. ^ Rare Earths archive. United States Geological Survey. January 2016
  25. ^ Bradsher, Keith (2009年12月25日). “Earth-Friendly Elements, Mined Destructively”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/12/26/business/global/26rare.html 
  26. ^ Major, Tom (2018年11月30日). “Rare earth mineral discovery set to make Australia a major player in electric vehicle supply chain”. ABC News. Australian Broadcasting Corporation. 2018年11月30日閲覧。
  27. ^ Brann, Matt (2011年11月27日). “Halls Creek turning into a hub for rare earths”. http://www.abc.net.au/rural/content/2011/s3377547.htm 
  28. ^ New Scientist, 18 June 2011, p. 40
  29. ^ Jasper, Clint (2015-09-22) Staring down a multitude of challenges, these Australian rare earth miners are confident they can break into the market. abc.net.au
  30. ^ Amit, Sinha; Sharma, Beant Prakash (2005). “Development of Dysprosium Titanate Based Ceramics”. Journal of the American Ceramic Society 88 (4): 1064–1066. doi:10.1111/j.1551-2916.2005.00211.x. 
  31. ^ Lagowski, J. J., ed (2004). Chemistry Foundations and Applications. 2. Thomson Gale. pp. 267–268. ISBN 978-0-02-865724-0. https://archive.org/details/chemistryfoundat0000unse/page/267 
  32. ^ The Rare Earth Crisis”. MIT Technology Review (2011年4月19日). 2016年6月18日閲覧。
  33. ^ Shi, Fang, X.; Shi, Y.; Jiles, D. C. (1998). “Modeling of magnetic properties of heat treated Dy-doped NdFeB particles bonded in isotropic and anisotropic arrangements”. IEEE Transactions on Magnetics 34 (4): 1291–1293. Bibcode1998ITM....34.1291F. doi:10.1109/20.706525. https://zenodo.org/record/1232140. 
  34. ^ Campbell, Peter (2008年2月). “Supply and Demand, Part 2”. Princeton Electro-Technology, Inc.. 2008年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月9日閲覧。
  35. ^ 「希少金属代替材料開発プロジェクト」基本計画
  36. ^ Yu, L. Q.; Wen, Y.; Yan, M. (2004). “Effects of Dy and Nb on the magnetic properties and corrosion resistance of sintered NdFeB”. Journal of Magnetism and Magnetic Materials 283 (2–3): 353–356. Bibcode2004JMMM..283..353Y. doi:10.1016/j.jmmm.2004.06.006. 
  37. ^ What is Terfenol-D?”. ETREMA Products, Inc. (2003年). 2015年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月6日閲覧。
  38. ^ Kellogg, Rick; Flatau, Alison (May 2004). “Wide Band Tunable Mechanical Resonator Employing the ΔE Effect of Terfenol-D”. Journal of Intelligent Material Systems & Structures 15 (5): 355–368. doi:10.1177/1045389X04040649. 
  39. ^ Leavitt, Wendy (February 2000). “Take Terfenol-D and call me”. Fleet Owner 95 (2): 97. http://fleetowner.com/mag/fleet_terfenold_call 2008年11月6日閲覧。. 
  40. ^ Supercritical Water Oxidation/Synthesis”. Pacific Northwest National Laboratory. 2008年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月6日閲覧。
  41. ^ Rare Earth Oxide Fluoride: Ceramic Nano-particles via a Hydrothermal Method”. Pacific Northwest National Laboratory. 2010年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月6日閲覧。
  42. ^ Hoffman, M. M.; Young, J. S.; Fulton, J. L. (2000). “Unusual dysprosium ceramic nano-fiber growth in a supercritical aqueous solution”. J. Mater. Sci. 35 (16): 4177. Bibcode2000JMatS..35.4177H. doi:10.1023/A:1004875413406. 
  43. ^ Gray, Theodore (2009). The Elements. Black Dog and Leventhal Publishers. pp. 152–153. ISBN 978-1-57912-814-2. https://archive.org/details/elementsvisualex0000gray/page/152 
  44. ^ Milward, Steve et al. (2004). "Design, Manufacture and Test of an Adiabatic Demagnetization Refrigerator Magnet for use in Space". Archived 2013-10-04 at the Wayback Machine.. University College London.
  45. ^ Hepburn, Ian. "Adiabatic Demagnetization Refrigerator: A Practical Point of View". Archived 2013-10-04 at the Wayback Machine.. Cryogenic Physics Group, Mullard Space Science Laboratory, University College London.
  46. ^ Carreira, J. F. C. (2017). “YAG:Dy – Based single white light emitting phosphor produced by solution combustion synthesis”. Journal of Luminescence 183: 251–258. Bibcode2017JLum..183..251C. doi:10.1016/j.jlumin.2016.11.017. 
  47. ^ Dierks, Steve (2003年1月). “Dysprosium”. Material Safety Data Sheets. Electronic Space Products International. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月20日閲覧。
  48. ^ Dierks, Steve (1995年1月). “Dysprosium Chloride”. Material Safety Data Sheets. Electronic Space Products International. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月7日閲覧。
  49. ^ Dierks, Steve (1995年12月). “Dysprosium Fluoride”. Material Safety Data Sheets. Electronic Space Products International. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月7日閲覧。
  50. ^ Dierks, Steve (1988年11月). “Dysprosium Oxide”. Material Safety Data Sheets. Electronic Space Products International. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月7日閲覧。


「ジスプロシウム」の続きの解説一覧

ジスプロシウム

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:24 UTC 版)

名詞

ジスプロシウム

  1. 原子番号 66元素記号 Dy金属元素原子量162.5。ランタノイド単体は、常温常圧では銀白色固体

語源

発音

じ↗すぷろし↘うむ

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジスプロシウム」の関連用語

1
100% |||||

2
塩化ジスプロシウム 化学物質辞書
100% |||||

3
100% |||||

4
三臭化ジスプロシウム 化学物質辞書
100% |||||

5
100% |||||

6
硝酸ジスプロシウム 化学物質辞書
100% |||||

7
ジスプロシア 化学物質辞書
100% |||||

ジスプロシウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジスプロシウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジスプロシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジスプロシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS