炭素とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 炭素 > 炭素の意味・解説 

たん‐そ【炭素】


アセチレンブラック

分子式C
その他の名称炭素【動物性,植物性】、カーボンブラックエキストラクト、Carbon black extractCarbon、C、活性炭Activated carbon活性炭素、Graphitized carbon blackCarbon blackAcetylene blackせきぼく、Grapite、カーボンブラック、アセチレンブラック、黒鉛化カーボンブラック、Activeated carbonpowder】、活性炭粒状】、Activeated carbongranule】、活性炭粉末】、AST-120、クレメジン、Kremezin
体系名:炭素


物質
炭素
英語名
Carbon
元素記号
Ca
原子番号
6
分子量
12.011
原子半径(Å)
0.77
融点(℃)
3500
沸点(℃)
4918
密度(g/cm3
2.25
比熱(cal/g ℃)
0.165
イオン化エネルギー(eV)
11.26
電子親和力(eV)
1.268

生命に非常に深く関係する有機化学根本物質とも言える物質結合によって炭やダイヤモンド姿を変える人類も、黒鉛などとして太古から炭素に親んできた。ただし元素として認識する至ったのは18世紀過ぎてのことである。

炭素

作者プリーモ・レーヴィ

収載図書周期律元素追想
出版社工作舎
刊行年月1992.9
シリーズ名プラネタリークラシクス


炭素

作者広坂光則

収載図書閑話百題―ショートショート集
出版社新風舎
刊行年月2007.3


炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:28 UTC 版)

炭素(たんそ、: carbon、カーボン、: carbone: Kohlenstoff)は、原子番号6の元素である[11]元素記号C[11]原子量は12.01。非金属元素第14族元素第2周期元素の一つ。


  1. ^ a b c d e f g h i j 桜井 1997, p. 49.
  2. ^ Chemical Rubber Company Handbook of Chemistry and Physics, 59th Edition, CRC Press, Inc, 1979
  3. ^ a b Haaland, D (1976). “Graphite-liquid-vapor triple point pressure and the density of liquid carbon☆☆☆”. Carbon 14: 357. doi:10.1016/0008-6223(76)90010-5. 
  4. ^ a b Savvatimskiy, A (2005). “Measurements of the melting point of graphite and the properties of liquid carbon (a review for 1963–2003)”. Carbon 43: 1115. doi:10.1016/j.carbon.2004.12.027. 
  5. ^ Fourier Transform Spectroscopy of the System of CP (PDF)” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  6. ^ Fourier Transform Spectroscopy of the Electronic Transition of the Jet-Cooled CCI Free Radical (PDF)” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  7. ^ Carbon: Binary compounds” (英語). WebElements. 2011年3月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e 化学工業日報 1996, pp. 102–103, 【炭素化合物】.
  9. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds (PDF)” (英語). Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press. 2011年3月27日閲覧。
  10. ^ a b c d e C-Diamond” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  11. ^ a b c d 佐藤健太郎『炭素文明論』新潮社、2013年、15頁。
  12. ^ Shorter Oxford English Dictionary, Oxford University Press
  13. ^ a b c d e f 編集長:水谷仁『ニュートン別冊周期表第2冊』ニュートンプレス東京都、2010年、92-93頁。ISBN 978-4-315-51876-4
  14. ^ a b Chemistry Operations (2003年12月15日). “Carbon” (英語). Los Alamos National Laboratory. 2011年3月27日閲覧。
  15. ^ 桜井 1997, p. 54.
  16. ^ Greenville Whittaker, A. (1978). “The controversial carbon solid−liquid−vapour triple point”. Nature 276: 695. doi:10.1038/276695a0. 
  17. ^ J.M. Zazula (1997年). “On Graphite Transformations at High Temperature and Pressure Induced by Absorption of the LHC Beam” (英語) (PDF). CERN. http://lbruno.home.cern.ch/lbruno/documents/Bibliography/LHC_Note_78.pdf 2011年3月27日閲覧。 
  18. ^ Timeline of Element Discovery” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  19. ^ “Chinese made first use of diamond” (英語). BBC News. (2005年5月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/4555235.stm 2011年3月27日閲覧。 
  20. ^ van der Krogt, Peter. “Carbonium/Carbon at Elementymology & Elements Multidict” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  21. ^ Ferchault de Réaumur, R-A (1722). L'art de convertir le fer forgé en acier, et l'art d'adoucir le fer fondu, ou de faire des ouvrages de fer fondu aussi finis que le fer forgé (English translation from 1956). Paris, Chicago 
  22. ^ a b c Senese,Fred (200-09-09). “Who discovered carbon?” (英語). Frostburg State University. 2011年3月27日閲覧。
  23. ^ Federico Giolitti (1914). The Cementation of Iron and Steel. McGraw-Hill Book Company, inc. 
  24. ^ H. W. Kroto, J. R. Heath, S. C. O'Brien, R. F. Curl and R. E. Smalley (1985). “C60: Buckminsterfullerene”. Nature 318: 162–163. doi:10.1038/318162a0. 
  25. ^ a b c Peter Unwin. “Fullerenes(An Overview)” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  26. ^ 桜井 1997, pp. 51–52.
  27. ^ The Nobel Prize in Chemistry 1996 "for their discovery of fullerenes"” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  28. ^ a b Harris, PJF; Gallagher, J. G.; Hargreaves, J. S. J.; Harris, P. J. F. (2004). “Fullerene-related structure of commercial glassy carbons”. Philosophical Magazine, 84, 3159–3167 116: 122. doi:10.1007/s10562-007-9125-6. 
  29. ^ 青木 2004, pp. 35–37, 第2章 ビッグバンと元素合成.
  30. ^ 青木 2004, pp. 53–79, 第3章 星の中での元素合成.
  31. ^ 尾崎 2010, pp. 20–33, 第2章 太陽と太陽系、4-5節.
  32. ^ a b Biological Abundance of Elements” (英語). The Internet Encyclopedia of Science. 2011年3月27日閲覧。
  33. ^ Mark (1987). Meteorite Craters. University of Arizona Press. ISBN 0816509026 
  34. ^ 佐藤健太郎『炭素文明論』新潮社、2013年、15-16頁。
  35. ^ a b c d e f 佐藤健太郎『炭素文明論』新潮社、2013年、16頁。
  36. ^ Helen Knight (2010年6月12日). “Wonderfuel: Welcome to the age of unconventional gas, pp. 44–7” (英語). New Scientist. 2011年3月27日閲覧。
  37. ^ N. Shakhova, I. Semiletov, A. Salyuk, D. Kosmach (2008年). “Anomalies of methane in the atmosphere over the East Siberian shelf: Is there any sign of methane leakage from shallow shelf hydrates? 10 (PDF)” (英語). European Geosciences Union, General Assembly 2008, Geophysical Research Abstracts EGU2008-A-01526. 2011年3月27日閲覧。
  38. ^ P. Falkowski, R. J. Scholes, E. Boyle, J. Canadell, D. Canfield, J. Elser, N. Gruber, K. Hibbard, P. Högberg, S. Linder, F. T. Mackenzie, B. Moore III, T. Pedersen, Y. Rosenthal, S. Seitzinger, V. Smetacek, W. Steffen. (2000). “The Global Carbon Cycle: A Test of Our Knowledge of Earth as a System”. Science 290 (5490): 291–296. doi:10.1126/science.290.5490.291. PMID 11030643. 
  39. ^ R. Stefanenko (1983). Coal Mining Technology: Theory and Practice. Society for Mining Metallurgy. ISBN 0895204045 
  40. ^ Kasting, James (1998). “The Carbon Cycle, Climate, and the Long-Term Effects of Fossil Fuel Burning”. Consequences: the Nature and Implication of Environmental Change 4 (1). http://gcrio.org/CONSEQUENCES/vol4no1/carbcycle.html. 
  41. ^ Minerals Yearbook: Graphite, 2006 (PDF)” (英語). USGS. 2011年3月27日閲覧。
  42. ^ Catelle, W.R. (1911). The Diamond. John Lane Company  Page 159 discussion on Alluvial diamonds in India and elsewhere as well as earliest finds
  43. ^ J. W. Hershey (1940). The Book Of Diamonds: Their Curious Lore, Properties, Tests And Synthetic Manufacture. Kessinger Pub Co. p. 28. ISBN 1417977159 
  44. ^ a b Janse, A. J. A. (2007). “Global Rough Diamond Production Since 1870”. Gems and Gemology (GIA) XLIII (Summer 2007): 98–119. 
  45. ^ Marshall, Stephen; Shore, Josh (2004年10月22日). “The Diamond Life” (英語). Guerrilla News Network. 2008年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月27日閲覧。
  46. ^ Lorenz, V. (2007). “Argyle in Western Australia: The world's richest diamantiferous pipe; its past and future”. Gemmologie, Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft (DGemG) 56 (1/2): 35–40. 
  47. ^ a b Carbon – Naturally occurring isotopes” (英語). WebElements Periodic Table. 2011年3月27日閲覧。
  48. ^ Official SI Unit definitions” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  49. ^ a b Brown, Tom (2006年3月1日). “Carbon Goes Full Circle in the Amazon” (英語). Lawrence Livermore National Laboratory. 2011年3月27日閲覧。
  50. ^ a b c 早川由紀夫. “放射性炭素年代測定の原理と暦年代への換算” (日本語). 群馬大学教育学部. 2011年3月27日閲覧。
  51. ^ a b c d e f 桜井 1997, p. 50.
  52. ^ a b Bowman, S. (1990). Interpreting the past: Radiocarbon dating. British Museum Press. ISBN 0-7141-2047-2 
  53. ^ Libby, WF (1952). Radiocarbon dating. Chicago University Press and references therein 
  54. ^ Westgren, A. (1960年). “The Nobel Prize in Chemistry 1960” (英語). Nobel Foundation. 2011年3月27日閲覧。
  55. ^ 増田公明. “放射性炭素(C14)による過去の宇宙線強度と太陽活動の研究” (日本語). 名古屋大学太陽地球観測研究所. 2011年3月27日閲覧。[リンク切れ]
  56. ^ 植村福七「ラジオ・アイソトープの産業利用とその影響-主として工業利用-」『香川大学経済論叢』第31巻第3号、香川大学経済研究所、1958年9月、 1-44頁、 ISSN 0389-3030NAID 120007011245
  57. ^ Use query for carbon-8”. 2007年12月21日閲覧。
  58. ^ Beaming Into the Dark Corners of the Nuclear Kitchen” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  59. ^ World of Carbon – Interactive Nano-visulisation in Science &Engineering Edukation (IN-VSEE)” (英語). 2011年3月27日閲覧。
  60. ^ C. Lee; Wei, X; Kysar, JW; Hone, J (2008). “Measurement of the Elastic Properties and Intrinsic Strength of Monolayer Graphene”. Science 321 (5887): 385. doi:10.1126/science.1157996. PMID 18635798. http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/321/5887/385. Lay summary. 
  61. ^ Sanderson, Bill (2008年8月25日). “Toughest Stuff Known to Man : Discovery Opens Door to Space Elevator” (英語). nypost.com. 2011年3月27日閲覧。
  62. ^ a b c 桜井 1997, p. 52.
  63. ^ a b Ebbesen, TW, ed (1997). Carbon nanotubes—preparation and properties. Boca Raton, Florida: CRC Press. ISBN 0849396026 
  64. ^ a b MS Dresselhaus, G Dresselhaus, Ph Avouris, ed (2001). “Carbon nanotubes: synthesis, structures, properties and applications”. Topics in Applied Physics (Berlin: Springer) 80. ISBN 3540410864. 
  65. ^ Nasibulin, Albert G.; Pikhitsa, PV; Jiang, H; Brown, DP; Krasheninnikov, AV; Anisimov, AS; Queipo, P; Moisala, A et al. (2007). “A novel hybrid carbon material”. Nature Nanotechnology 2 (3): 156–161. doi:10.1038/nnano.2007.37. PMID 18654245. 
  66. ^ Nasibulin, A; Anisimov, Anton S.; Pikhitsa, Peter V.; Jiang, Hua; Brown, David P.; Choi, Mansoo; Kauppinen, Esko I. (2007). “Investigations of NanoBud formation”. Chemical Physics Letters 446: 109–114. doi:10.1016/j.cplett.2007.08.050. 
  67. ^ Vieira, R (2004). “Synthesis and characterisation of carbon nanofibers with macroscopic shaping formed by catalytic decomposition of C2H6/H2 over nickel catalyst”. Applied Catalysis A 274: 1–8. doi:10.1016/j.apcata.2004.04.008. 
  68. ^ a b Clifford, Frondel; Marvin, Ursula B. (1967). “Lonsdaleite, a new hexagonal polymorph of diamond”. Nature 214: 587–589. doi:10.1038/214587a0. 
  69. ^ Rode, A.V.; Hyde, S.T.; Gamaly, E.G.; Elliman, R.G.; McKenzie, D.R.; Bulcock, S. (1999). “Structural analysis of a carbon foam formed by high pulse-rate laser ablation”. Applied Physics A-Materials Science & Processing 69: S755–S758. doi:10.1007/s003390051522. 
  70. ^ Carbyne and Carbynoid Structures Series: Physics and Chemistry of Materials with Low-Dimensional Structures, Vol. 21 Heimann, R.B.; Evsyukov, S.E.; Kavan, L. (Eds.) 1999, 452 p., ISBN 0-7923-5323-4
  71. ^ (日本語) 2010年生産量3年ぶりプラスに カーボンブラック. 化学工業日報. (2011-02-15). http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2011/02/15-533.html 2011年3月27日閲覧。. 
  72. ^ 化学工業日報 1996, p. 1592, 【黒鉛・人造黒鉛】.
  73. ^ 【黒鉛】 原子力用語集 カ行”. 経済産業省資源エネルギー庁. 2011年3月27日閲覧。
  74. ^ 各国原子炉開発の動向” (日本語). 内閣府原子力委員会. 2011年3月27日閲覧。
  75. ^ 桜井 1997, pp. 50–51.
  76. ^ 大串秀世. “「夢」ではなくなったダイヤモンド半導体” (日本語). 独立行政法人科学技術振興機構. 2011年3月27日閲覧。
  77. ^ 統計データ 第5章 鉱工業9 工業生産量‐化学・石油・セメント[統計表]” (日本語). 総務省. 2011年3月27日閲覧。[リンク切れ]
  78. ^ 化学工業日報 1996, pp. 1067–1069, 【カーボンブラック】.
  79. ^ Dorfer, Leopold; Moser, M; Spindler, K; Bahr, F; Egarter-Vigl, E; Dohr, G (1998). “5200-year old acupuncture in Central Europe?”. Science 282 (5387): 242–243. doi:10.1126/science.282.5387.239f. PMID 9841386. 
  80. ^ Donaldson, K; Stone, V; Clouter, A; Renwick, L; MacNee, W (2001). “Ultrafine particles”. Occupational and Environmental Medicine 58 (3): 211–216. doi:10.1136/oem.58.3.211. PMC 1740105. PMID 11171936. http://oem.bmj.com/cgi/content/extract/58/3/211. 
  81. ^ Carbon Nanoparticles Toxic To Adult Fruit Flies But Benign To Young” (英語). ScienceDaily (2009年8月17日). 2011年3月27日閲覧。



炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/28 07:10 UTC 版)

国際核融合材料照射施設」の記事における「炭素」の解説

炭素が使用される場合物理・化学双方スパッタリングに起因するエロージョン速度1年あたり数メートルにも達する。そのため、スパッタされた材料が再蒸着されることに頼らなくてはならない。再蒸着される場所がスパッタされた場所と対応関係にあるわけではないので、炭素の持つ、使用供し難いほどのエロージョン速度という問題は拭い去れない。更に大きな問題として、炭素の再蒸着際に三重水素一緒に蒸着されることがある。炭素の再蒸着に取込まれ三重水素炉内のちりはすぐに数 kgオーダーの量に達する。これは燃料が再蒸着失われることと、事故際にきわめて深刻な放射性物質汚染問題を引き起こすことを示している核融合関係者の間では、炭素は核融合実験においては非常に魅力的な材料ではあるが、PFC 材質として第一に選択すべきものとはなり得ないだろう、ということ共通認識となっている。

※この「炭素」の解説は、「国際核融合材料照射施設」の解説の一部です。
「炭素」を含む「国際核融合材料照射施設」の記事については、「国際核融合材料照射施設」の概要を参照ください。


炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 04:16 UTC 版)

栄養素 (植物)」の記事における「炭素」の解説

炭素は、有機物必須な構成元素である。有機物には、タンパク質糖質脂質核酸などがなり、これらは生物一般細胞組織の構造機能欠かせない植物の場合デンプンセルロースも、重要かつ植物体中豊富な有機物である。植物とって主要な炭素源は大気中の二酸化炭素であり、取り込まれ二酸化炭素炭化水素変換された後、様々な有機物材料となる。

※この「炭素」の解説は、「栄養素 (植物)」の解説の一部です。
「炭素」を含む「栄養素 (植物)」の記事については、「栄養素 (植物)」の概要を参照ください。


炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 22:43 UTC 版)

ケレス (準惑星)」の記事における「炭素」の解説

有機化合物ソリン)がエルヌテト(Ernutet)と呼ばれるクレーター検出されており、またケレス大部分は非常に炭素に富んでいて、表面付近の全質量の約20%占めている。炭素含有量地球上分析されている炭素質コンドライト隕石よりも5倍以上多い。表面の炭素は、岩石水の相互作用でできた粘土のような生成物混合されている証拠とされている。この化学組成は、ケレス木星軌道よりも外側で、そして有機化学有利な条件もたらす存在する状況下でケレスが炭素に富む物質降着によって形成され可能性示しているケレスこうした物質見られるのは、生命にとって基本的な成分宇宙全体に存在しているという証拠になるケレス光点地図 2017年12月時点 2015年12月時点 可視光線および赤外線でのケレス光点2015年4月撮影スポット1(上段周囲より温度が低い)スポット5(下段周囲温度似通っている) オッカトルクレーターにあるスポット5。ドーンが高度385 kmから撮影アフナ山は最も急勾配のところで推定5 kmの高さを持つ。ドーン2015年12月に高度385 kmから撮影

※この「炭素」の解説は、「ケレス (準惑星)」の解説の一部です。
「炭素」を含む「ケレス (準惑星)」の記事については、「ケレス (準惑星)」の概要を参照ください。


炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 08:38 UTC 版)

同素体」の記事における「炭素」の解説

ダイヤモンド - 非常に硬い無色の結晶炭素原子正四面体格子状配置した分子構造をとる。電気伝導性が低い。優れた導体ロンズデーライト - 六方晶ダイヤモンドとも呼ばれるグラファイト - 黒鉛とも呼ばれる薄片状剥がれやすい層状の黒色固体中程度電気伝導性を持つ。グラフェンが何層にも重なった構造をとる。 グラフェン - 1原子分の厚さを持つ六角形格子構造をしたシート状の形をとる不定形炭素 - 顔料着色剤として使用されるフラーレン - C60の炭素のみで構成され閉殻空洞体の総称カーボンナノチューブ - 炭素が円筒形ナノ構造構成している。 カルビン - 炭素同士sp混成軌道連鎖した構造をとる。 schwarzites Cyclocarbon

※この「炭素」の解説は、「同素体」の解説の一部です。
「炭素」を含む「同素体」の記事については、「同素体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「炭素」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

炭素

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 12:14 UTC 版)

名詞

(たんそ)

  1. 原子番号 6、元素記号 C の非金属元素単体黒鉛ダイヤモンドなどの形状がある。様々な化合物形で豊富に存在している。

語源

初出1822 年[1]オランダ語 koolstofkoolすみ)+ stof物質[2]

複合語

訳語

参照

  1. 宇田川榕菴、『遠西医方名物考』、巻14、1822、12ページ :
    鋼ハ銕ニ炭素ヲ含ム者ナリ
  2. 宇田川榕菴、『遠西医方名物考補遺』、1834炭素

「炭素」の例文・使い方・用例・文例




炭素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

炭素のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



炭素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炭素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国際核融合材料照射施設 (改訂履歴)、栄養素 (植物) (改訂履歴)、ケレス (準惑星) (改訂履歴)、同素体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの炭素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS