舎密開宗とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 舎密開宗の意味・解説 

セイミかいそう【舎密開宗】

江戸後期翻案化学書。21巻。天保8年(1837)刊の日本最初化学書。英国人W=ヘンリー原著ドイツ語訳をさらにオランダ語訳した本を宇田川榕庵が訳し、自らの実験考察加えたもの。


セイミかいそう【舎密開宗】

江戸後期翻案化学書。二一巻(内編一八巻、外編三巻)。イギリス人ウィリアム=へンリー原著「An Epitome of Chemistry」(一八〇一)のオランダ語訳を宇田川榕庵訳述したもの天保八〜弘化四年(一八三七‐四七)刊。単なる訳だけでなく、自身の行なった実験記録や独自の考え取り入れ日本最初化学書として意義大きい。


舎密開宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 10:18 UTC 版)

舎密開宗 (せいみかいそう)は、宇田川榕菴により著された日本初の体系的な化学書。内編18巻、外編3巻からなり、1837年から1847年[注 1]にかけて発行された[1][2]


  1. ^ 最終巻が発行されたのは榕菴が亡くなった翌年である。
  1. ^ a b c d e f g h i j 奥野久輝『江戸の化学』玉川大学出版部〈玉川選書〉、1980年、54-67頁。全国書誌番号:80023162ISBN 978-4472152115
  2. ^ a b c d e f g h i 塚原東吾「化学と能吏:驚異のマルチ人間宇田川榕菴の謎にせまる (特集 大江戸化学事情(日本の化学の先駆者宇田川榕菴とその時代:生誕200年によせて))」『化学』第53巻第10号、化学同人、1998年10月、 14-20頁。
  3. ^ 化学と教育 vol.37 No,5 p462-466 発行日:1989-10-20 出版:社団法人日本化学会、著:林 良重
  4. ^ 化学遺産- (公益社団法人日本化学会)
  5. ^ 杏雨書屋資料「舎密書」と『舎密開宗』弘前大学教育学部紀要 第99号:63~74(2008年3月) 著:東 徹
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典『舎密開宗』 - コトバンク、2017年7月15日閲覧。


「舎密開宗」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「舎密開宗」の関連用語

舎密開宗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



舎密開宗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舎密開宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS