ヘンリーとは? わかりやすく解説

ヘンリー【henry】

読み方:へんりー

国際単位系SI)のインダクタンス単位。1ヘンリーは、1秒間に1アンペア割合変化する電流が流れるときに、1ボルト起電力生ず閉回路インダクタンス。名称はJ=ヘンリーにちなむ。記号H


ヘンリー【Henry】


ヘンリー【Henry】


ヘンリー【Joseph Henry】

読み方:へんりー

[1797〜1878]米国物理学者ファラデーとは独立に電磁誘導発見自己誘導発見電磁式電信機電流計発明太陽黒点熱放射観測など業績が多い。


ヘンリー【Patrick Henry】


ヘンリー【William Henry】


ヘンリー 【Henry】

イギリス国王八世〕。チューダー朝二代目の王。妃と離婚問題起きローマ教皇からの許可でもめて、イギリス国教会ローマ教会から独立させ自ら首長。これがイギリス宗教改革発端修道院解散し、院所有土地市民売却したイギリス絶対君主制確立したが、宗教的感受性別にもっており、ルター攻撃の書を著して教皇から「信仰の擁護者」と称されたこともあった。六回結婚して四回離婚し、うち二人の妃を姦通したとして処刑している。一五〇九年即位。(一四九一一五四七)

ヘンリー

名前 HenriHenleyHenryHaleyHamleyHanleyHeneryHenleHenreyHenrieHenriqueHénry

ヘンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 02:25 UTC 版)

英語の男性名。短縮形ハリー家長を意味し、原則として長男につけられる。女性形はヘンリエッタ(Henrietta)となる。アンリ(フランス語)、エンリケ(スペイン語、ポルトガル語)、エンリコ(イタリア語)、ハインリヒ(ドイツ語)、ヘンドリク(オランダ語)、ヘンリク(スウェーデン語・ハンガリー語他)も参照




「ヘンリー」の続きの解説一覧

ヘンリー (Henry)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:28 UTC 版)

黒後家蜘蛛の会」の記事における「ヘンリー (Henry)」の解説

ミラノ・レストランの給仕60代だが顔にはしわひとつない。慇懃かつ沈着冷静人物

※この「ヘンリー (Henry)」の解説は、「黒後家蜘蛛の会」の解説の一部です。
「ヘンリー (Henry)」を含む「黒後家蜘蛛の会」の記事については、「黒後家蜘蛛の会」の概要を参照ください。


ヘンリー(Henry)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 23:46 UTC 版)

街へいこうよ どうぶつの森 とんぼ村だより」の記事における「ヘンリー(Henry)」の解説

「むにゃ」が口癖カエル男の子

※この「ヘンリー(Henry)」の解説は、「街へいこうよ どうぶつの森 とんぼ村だより」の解説の一部です。
「ヘンリー(Henry)」を含む「街へいこうよ どうぶつの森 とんぼ村だより」の記事については、「街へいこうよ どうぶつの森 とんぼ村だより」の概要を参照ください。


ヘンリー (Henry)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 09:37 UTC 版)

ミシシッピー殺人事件」の記事における「ヘンリー (Henry)」の解説

デルタ・プリンセス号の船員。常に甲板27号室にいる。殺されたブラウン実の息子私生児)だが、不仲であったテーラー愛している。

※この「ヘンリー (Henry)」の解説は、「ミシシッピー殺人事件」の解説の一部です。
「ヘンリー (Henry)」を含む「ミシシッピー殺人事件」の記事については、「ミシシッピー殺人事件」の概要を参照ください。


ヘンリー(Henry)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 02:15 UTC 版)

アーロと少年」の記事における「ヘンリー(Henry)」の解説

アーロ父親アーロからは「パパ」呼ばれる末っ子アーロのことを特に気にかけ、一人前になれるよう優しく見守り続けていた。

※この「ヘンリー(Henry)」の解説は、「アーロと少年」の解説の一部です。
「ヘンリー(Henry)」を含む「アーロと少年」の記事については、「アーロと少年」の概要を参照ください。


ヘンリー (Henry)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:52 UTC 版)

きかんしゃトーマス・汽車のえほんのレギュラー機関車」の記事における「ヘンリー (Henry)」の解説

詳細は「ヘンリー (きかんしゃトーマス)を参照 英国吹き替え - ケヴィン・フランク(長編第1作)→キース・ウィッカム(長編第4作 - 第24期米国吹き替え - ケヴィン・フランク(長編第1作)→ケリー・シェイル(長編第4作 - 第24期日本吹き替え - 堀川りょう(第1 - 8期)→金丸淳一長編第2作 - ) 大型テンダー機関車。色は黄緑車体番号は3。一人称「僕」で、二人称は主に「君」が多いが、人形劇ではたまにトーマスジェームスに対して「お前」呼ばわりしていたこともあった。 優し性格動物達大好き。臆病で強がり一面もある。車体汚れるのを極端に嫌った時期があり、濡れるのを嫌がって雨天時に列車牽引したままトンネルから出るのを拒否し問題起こしたこともあったが、その後はようやく元気になってトンネルか出たボディを守る方法トンネル逃げ込むことではなく仕事の後に整備員掃除して貰うこになった第8期では、めったに旅客列車担当しなかったためか、貨物列車と同じように牽いてしまって、客から苦情がくるほど牽引技術鈍ってしまった。他にもダック騙され炭水車を6台も付けたり変な話題には事欠かない普段はティドマス - ヴィカーズタウン間の本線で貨物列車牽引が多いが、旅客列車担当する臨時魚介類専用夜間急行貨物列車フライング・キッパー」を牽引することもあり近年シリーズでは主な仕事となっている。貨車最大25両も牽引できるが、急行列車は、ゴードンに比べそれほど速くない原作では第1巻終盤で「平気になるように」という理由でトーマスゴードンと同じ青+赤ライン塗装されたが、ゴードン区別付き難いため、第5巻から元に戻された。改造前の姿はGNR A1形実験機として、GNR C1形の部品使用して製造され機関車だったが、改造後の姿はロンドン・ミッドランド&スコティッシュ鉄道 (LMS) の有名な5形ブラック・ファイブ」がモデル石炭に関する話題が多い機関車でもある。元々は上記の通り実験的に作られた機関車のためか、設計上の問題火室小さく質の悪い石炭では力が出なかったため、燃焼時の発熱量多く特別高価なウェールズ炭特別に支給されたその後フライング・キッパー号を牽引中に脱線事故起こした際、英国本土クルー工場修理と同時にベルペヤ式火室改造され通常の石炭でも十分な出力得られるようになった。 しかし、TV版ではその後もなぜか石炭に関する話題が多い。長編第1作ではトーマスソドー島特別な石炭を持ってきてもらっている第10期では通常の石炭だと真っ黒い煙が出やすいため、特別な石炭使用していることが語られ長編第4作でも同様の言及がある。しかし、長編第8作では、石炭による不調疑われた際、ゴードンに「それはもう昔の話と言及されている。第17期では、質の悪い石炭使用したため、煙が黒くなって動作不良になる事態見舞われた。 全期を通じて故障修理回数が多い。まれに顔がゴードンと同じになっているシーンがある。 好きな木は外れにある「願い叶う木」と、ロッホ近くにある背の高い松の木

※この「ヘンリー (Henry)」の解説は、「きかんしゃトーマス・汽車のえほんのレギュラー機関車」の解説の一部です。
「ヘンリー (Henry)」を含む「きかんしゃトーマス・汽車のえほんのレギュラー機関車」の記事については、「きかんしゃトーマス・汽車のえほんのレギュラー機関車」の概要を参照ください。


ヘンリー (Henry)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 02:25 UTC 版)

「ヘンリー」の記事における「ヘンリー (Henry)」の解説

英語の男性名短縮形ハリー家長意味し原則として長男につけられる女性形ヘンリエッタHenrietta)となる。アンリフランス語)、エンリケスペイン語ポルトガル語)、エンリコイタリア語)、ハインリヒドイツ語)、ヘンドリクオランダ語)、ヘンリクスウェーデン語ハンガリー語他)も参照

※この「ヘンリー (Henry)」の解説は、「ヘンリー」の解説の一部です。
「ヘンリー (Henry)」を含む「ヘンリー」の記事については、「ヘンリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヘンリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヘンリー

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 12:28 UTC 版)

語源

アメリカ物理学者ジョセフ・ヘンリー (Joseph Henry) にちなむ。

名詞

ヘンリー

  1. (物理) インダクタンス単位記号 H。1ヘンリーは、1間に1アンペア割合変化する直流電流が流れるときに1ボルト起電力生ず閉回路インダクタンスのこと。

翻訳


「ヘンリー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヘンリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘンリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの黒後家蜘蛛の会 (改訂履歴)、街へいこうよ どうぶつの森 とんぼ村だより (改訂履歴)、ミシシッピー殺人事件 (改訂履歴)、アーロと少年 (改訂履歴)、きかんしゃトーマス・汽車のえほんのレギュラー機関車 (改訂履歴)、ヘンリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヘンリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS