急行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 急行 > 急行の意味・解説 

きゅう‐こう〔キフカウ〕【急行】

読み方:きゅうこう

[名](スル)

急いで行くこと。「現地に—する」

急行列車」の略。「上りの—」


急行

読み方:きゅうこう

  1. かけ襟のないもの。

分類 衣類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

急行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:29 UTC 版)

急行(きゅうこう)とは、仕事などを急いでやること、または目的地に急ぐことを指す(例:「現地に急行する」「急行運転」)。以下はその派生用語となる。




「急行」の続きの解説一覧

急行(清凉里 - 往十里 - 古索)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 10:01 UTC 版)

首都圏電鉄水仁・盆唐線」の記事における「急行(清凉里 - 往十里 - 古索)」の解説

平日朝ラッシュ時上り7本(1本のみ清凉里まで運行)、平日夕ラッシュ時下り7本の運行

※この「急行(清凉里 - 往十里 - 古索)」の解説は、「首都圏電鉄水仁・盆唐線」の解説の一部です。
「急行(清凉里 - 往十里 - 古索)」を含む「首都圏電鉄水仁・盆唐線」の記事については、「首都圏電鉄水仁・盆唐線」の概要を参照ください。


急行(烏耳島 - 仁川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 10:01 UTC 版)

首都圏電鉄水仁・盆唐線」の記事における「急行(烏耳島 - 仁川)」の解説

平日朝ラッシュ時上り5本、平日夕ラッシュ時下り3本のみ運行。(盆唐線水仁線直通運転開始前運行本数および運行区間変わらない。)

※この「急行(烏耳島 - 仁川)」の解説は、「首都圏電鉄水仁・盆唐線」の解説の一部です。
「急行(烏耳島 - 仁川)」を含む「首都圏電鉄水仁・盆唐線」の記事については、「首都圏電鉄水仁・盆唐線」の概要を参照ください。


急行(S)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 11:43 UTC 版)

ニーレジハーザ - マーテーサルカ - ザイタ線」の記事における「急行(S)」の解説

日曜日のみ、「ヘートメールフェルデシュ」号が、ザイタ → ニールバートル → ブダペスト間に片道1本運行している。ニールバートル以南110号線直通する。

※この「急行(S)」の解説は、「ニーレジハーザ - マーテーサルカ - ザイタ線」の解説の一部です。
「急行(S)」を含む「ニーレジハーザ - マーテーサルカ - ザイタ線」の記事については、「ニーレジハーザ - マーテーサルカ - ザイタ線」の概要を参照ください。


急行(南栗橋駅以北)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 02:51 UTC 版)

東武日光線」の記事における「急行(南栗橋駅以北)」の解説

南栗橋駅 - 東武日光駅間で運行され全区間で速達運転を行っている南栗橋駅浅草方面列車と、下今市駅新藤原駅方面列車それぞれ接続する2017年4月21日ダイヤ改正において、それまで運行されていた快速廃止に伴って新設され当初は朝時間帯に下りのみ4本設定された車両快速から引き続き6050系運用されるが、有効長運用の関係から4両での運転となっている。2020年6月6日ダイヤ改正より、下り1本区間急行に格下げ上り1本区間急行より格上げされ朝時間帯に下り3本夕方に上り1本運行されている。停車駅2017年4月20日までの快速停車駅南栗橋駅栗橋駅追加したものである定期列車のほか、鬼怒川線内発着(鬼怒川線内は各駅停車)の臨時列車設定されることがある2022年3月12日ダイヤ改正では、上り廃止され普通列車に格下げ下り1本普通列車に格下げとなり、2本削減された。また、これと前後して6050系から20400型充当車両変更された。

※この「急行(南栗橋駅以北)」の解説は、「東武日光線」の解説の一部です。
「急行(南栗橋駅以北)」を含む「東武日光線」の記事については、「東武日光線」の概要を参照ください。


急行(Fライナー含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 11:55 UTC 版)

東京メトロ副都心線」の記事における「急行(Fライナー含む)」の解説

東京地下鉄路線では、東西線快速から2例目となる地下鉄線無料速達列車として、和光市駅 - 渋谷駅間の全線で急行運転を行っており、全列車10両編成運行される定期ダイヤでは、東新宿駅大部分の急行が各駅停車追い抜くそのため、南行新宿三丁目駅で直後の各駅停車東横線・みなとみらい線内急行)に、北行池袋駅同じく直後各駅停車接続する有楽町線との接続駅である小竹向原駅では、東武東上線方面発着の急行と和光市発着各駅停車有楽町線直通)・その直後西武方面発着各駅停車有楽町線直通)、または西武方面発着の急行(西武線内定期列車では急行以外の種別)と東武東上線方面各駅停車有楽町線直通)が接続するまた、渋谷駅では東横線方面西武線直通池袋発着元町・中華街行き東上線直通始発元町・中華街行き接続する和光市方面東上線直通池袋行き緩急接続をする。日中時間帯渋谷駅から先の東横線内では「特急」に、西武線直通列車小竹向原から「快速急行」に、東武東上線直通列車は「急行」となる。この組み合わせ列車種別運行される列車は「Fライナー」の愛称が付く。2016年3月25日までは、東武東上線直通列車東上線内種別は「普通」であった停車駅違いはないFライナーの急行については赤色Fライナー対象外の急行は朱色表示される土休日の急行のみが明治神宮前駅停車していた2016年3月25日までは、Fライナー平日運転時の急行が赤色土休日運転時の急行が朱色表示されていた。 池袋駅 - 渋谷駅間の所要時間は、速達列車の急行・通勤急行埼京線湘南新宿ライン同等の11分に設定されている。朝と夜間和光市発着がある以外は東武東上線または西武池袋線直通運転行っているほか、全列車東急東横線みなとみらい線直通運転行っている東武東上線直通列車は主に森林公園駅発着運転され一部川越市駅小川町駅発着運行されている。川越市駅発着列車和光市駅種別を「普通」に、森林公園駅発着列車は「普通」・「急行」(土日のみ運転の小川町発着列車は「急行」は小川町始発・「快速急行」は小川町行きのみ)の設定いずれかに設定・変更する。日中北行南行とも小竹向原駅和光市駅 - 有楽町線新木場駅間の各駅停車に連絡する。 西武池袋線直通は主に小手指駅発着運行されているが、一部列車保谷駅清瀬駅石神井公園駅飯能駅からも運行されている。小竹向原駅種別を「各停」「準急」「快速」「快速急行」(快速急行2013年3月から)のいずれかに変更する日中北行南行とも小竹向原駅東武東上線川越市駅 - 有楽町線新木場駅間の各駅停車に連絡する。 東急東横線・みなとみらい線直通列車土休日2本菊名発を除く全列車元町・中華街駅発着運転されており、渋谷駅種別特急・通勤特急・急行のいずれかに設定・変更する。 また、副都心線内発着として和光市駅発着設定されている。このうち土休日和光市行き1本のみ車両交換も兼ねて渋谷発(元住吉検車区より回送)で、東急東横線からの特急渋谷行き接続を取る。 当初は都営地下鉄新宿線の急行と同様、2駅以上に連続停車しなかったが、2010年3月6日ダイヤ改正より、土曜休日ダイヤの急行が明治神宮前〈原宿〉駅停車するようになったこれにより停車日が限られるものの東京メトロ他路線接続するすべての駅に停車するようになった2016年3月28日から平日ダイヤの急行も明治神宮前駅停車すると併せ2016年3月26日ダイヤ改正より、東武東上線内急行または西武線内快速急行副都心線内急行・東急東横線みなとみらい線内は特急組み合わせとなる列車限定で、「Fライナー」の愛称付与されるようになった

※この「急行(Fライナー含む)」の解説は、「東京メトロ副都心線」の解説の一部です。
「急行(Fライナー含む)」を含む「東京メトロ副都心線」の記事については、「東京メトロ副都心線」の概要を参照ください。


急行(급행/Express)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 18:54 UTC 版)

ソウル市メトロ9号線」の記事における「急行(급행/Express)」の解説

金浦空港駅 - 中央報勲病院駅間で運行2015年1月31日より朝夕ラッシュ時7 - 8分間隔、昼間10分間隔運行金浦空港から汝矣島まで16分、高速ターミナルまで27分、総合運動場まで38分、中央報勲病院まで54分程で到達する日中時間帯加陽駅銅雀駅各駅停車緩急接続を行う。

※この「急行(급행/Express)」の解説は、「ソウル市メトロ9号線」の解説の一部です。
「急行(급행/Express)」を含む「ソウル市メトロ9号線」の記事については、「ソウル市メトロ9号線」の概要を参照ください。


急行(S)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 01:23 UTC 版)

デブレツェン - ニールバートル - マーテーサルカ線」の記事における「急行(S)」の解説

日曜日のみ、ザイタ → マーテーサルカ → デブレツェンブダペスト間に片道1本運行する。マーテーサルカ以東113号線から直通し、デブレツェン以西100号線に直通する。なお、デブレツェンから、フェリヘジ(ブダペスト市内)までノンストップである。

※この「急行(S)」の解説は、「デブレツェン - ニールバートル - マーテーサルカ線」の解説の一部です。
「急行(S)」を含む「デブレツェン - ニールバートル - マーテーサルカ線」の記事については、「デブレツェン - ニールバートル - マーテーサルカ線」の概要を参照ください。


急行(S)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 15:00 UTC 版)

ブダペスト - ツェグレード - ソルノク線」の記事における「急行(S)」の解説

ブダペスト西駅 - ザーホニ間に2時間1本運行詳細100号線の項目を参照

※この「急行(S)」の解説は、「ブダペスト - ツェグレード - ソルノク線」の解説の一部です。
「急行(S)」を含む「ブダペスト - ツェグレード - ソルノク線」の記事については、「ブダペスト - ツェグレード - ソルノク線」の概要を参照ください。


急行(入船橋循環線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 09:37 UTC 版)

川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所」の記事における「急行(入船循環線)」の解説

川崎駅 - 〔直行〕 - ワイルドブルーヨコハマ 2001年8月に同施設閉鎖と共に廃止された。現在運行している川崎駅 - ヨコハマアイランドガーデン急行便はこのルートをほぼ踏襲している。

※この「急行(入船橋循環線)」の解説は、「川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所」の解説の一部です。
「急行(入船橋循環線)」を含む「川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所」の記事については、「川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「急行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

急行

出典:『Wiktionary』 (2021/10/02 16:45 UTC 版)

名詞

 きゅうこう

  1. 急いで行くこと
  2. 電車鉄道車両運行形態のうち、止まる駅の数によって分類されたものの一つで、各駅停車よりも停車少なく特急よりも停車駅多いもの。

発音(?)

きゅ↗ーこー

動詞

活用

翻訳

派生語

対義語

関連語


「急行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



急行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

急行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



急行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの急行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの首都圏電鉄水仁・盆唐線 (改訂履歴)、ニーレジハーザ - マーテーサルカ - ザイタ線 (改訂履歴)、東武日光線 (改訂履歴)、東京メトロ副都心線 (改訂履歴)、ソウル市メトロ9号線 (改訂履歴)、デブレツェン - ニールバートル - マーテーサルカ線 (改訂履歴)、ブダペスト - ツェグレード - ソルノク線 (改訂履歴)、川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの急行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS