普通列車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 普通列車の意味・解説 

ふつう‐れっしゃ【普通列車】

読み方:ふつうれっしゃ

急行券などの特別料金を必要とせず、乗車券運賃だけで乗車できる旅客列車


普通列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/23 13:20 UTC 版)

普通列車(ふつうれっしゃ)は、旅客列車における列車種別の一種である。一般的には運賃のみで乗車可能な各駅に停車する列車を指し、「各駅停車」と案内する事業者もある。


注釈

  1. ^ 交通新聞社『JR時刻表』では黒字。
  2. ^ 時刻表のフリーきっぷのページでは普通列車用のフリーきっぷについては案内上、「フリーエリア内の快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由です」と案内されている[4]
  3. ^ 一方、急行列車・特別急行列車乗車時に必要となる急行券・特別急行券は、一般には定期券との併用は認められていないほか、普通列車の座席指定券やホームライナーの着席整理券よりも割高である。
  4. ^ 詳細は優等列車#私鉄を参照。
  5. ^ 時刻表では通過を示す レ で表示されている。
  6. ^ 当時は神戸本線・宝塚本線の架線電圧が600Vで、架線電圧1500Vの京都本線の列車を無理に600Vの区間を走行させていたため本来必要な電圧が不足し、中津駅に停車して運転すると加速力や走行速度が神戸本線・宝塚本線の車両より劣るためその調整で通過していた。その名残で京都本線の列車は通過しているという面もある。
  7. ^ そのため、南海本線全駅の時刻表には、難波駅は天下茶屋方面ゆき、新今宮駅は両方、天下茶屋以南は難波ゆきの、全種別に停車駅の案内がある
  8. ^ 2016年3月26日から2018年3月16日までは、通過駅はそのままで快速列車として運行されていた。
  9. ^ なお、先述のとおり2021年(令和3年)3月13日から千曳駅では、青森発八戸行き始発列車が通過する。
  10. ^ 男鹿線直通の客車列車(秋田以北が普通となる臨時夜行急行列車『おが』を除く)と気動車普通列車は全列車が停車していた。
  11. ^ 2016年(平成28年)3月のダイヤ改正で廃止された山田線大志田駅浅岸駅も同様の理由で冬期間は全列車が通過していた。冬季通過の記述は、出典:交通新聞社発行小型全国時刻表2015年12月号付録1ページから。
  12. ^ 事例は東海道線 (名古屋地区)#普通の節を参照。
  13. ^ 該当列車は、2018年(平成30年)3月17日ダイヤ改正で、普通列車に変更された。
  14. ^ 当時は普通列車のみが運転されていた。
  15. ^ ただし冬季は一部列車が臨時停車する。
  16. ^ 車両基地への回送線を走る列車の地元陳情による旅客列車化のため開業した[36]
  17. ^ JR東日本社員の車内プロジェクトによるガーラ湯沢スキー場に向かう路線として開業した[37]
  18. ^ 全国新幹線鉄道整備法の定義から外れるため。
  19. ^ 正式には、この区間はとうきょうスカイツリー - 曳舟間の線増という扱いになっており、「普通」が設定されている。
  20. ^ ただし、並行する北総鉄道北総線(京成高砂 - 印旛日本医大間)および本線(空港第2ビル - 成田空港間の一部列車)では、いずれも「普通」が運行されている。
  21. ^ 名古屋鉄道では料金不要の自由席車両を「一般車」と呼称している[39]
  22. ^ 近畿日本鉄道で「各駅停車」と呼称するのは大阪輸送統括部管内で、名古屋輸送統括部管内では「普通電車」と呼称している。
  23. ^ 西武鉄道が「各停」へと列車種別名を改称したのは2008年(平成20年)6月14日改正以降であり、それ以前は東武と同様「普通」であった。なお、当改正前は東京メトロ有楽町線からの池袋線直通列車は、始発の新木場駅新線池袋駅(現・副都心線池袋駅)から池袋線内の種別で案内されていたが、当改正でメトロ有楽町線内準急列車および副都心線内急行・通勤急行列車が設定され、当該列車との区別のため池袋線方面行きであっても小竹向原駅で種別変更を行うようになった。そののち、現在ではメトロ有楽町線内準急列車は廃止されている。
  24. ^ 東武と東京メトロ境界駅である和光市駅では「普通」「各停」の表示を切り替える。これは同じく東武(伊勢崎線・東武スカイツリーライン)と東京メトロ(日比谷線)の境界駅北千住駅でも同様である。
  25. ^ 湖西線内でも京都 - 近江舞子間で通過運転を行い「快速」の表示を出すものが1日1往復あり、この列車のみ山科駅から(大阪発は京都まで)新快速となる。
  26. ^ 野洲駅・姫路駅では新快速・普通の相互切り替えを行う列車がある。
  27. ^ 鉄道創業期の下等車、1960年昭和35年)から二等級制実施で二等車、1969年(昭和44年)に等級制廃止で普通車。
  28. ^ ただし、キハ10系、20系気動車は出入り口が狭く通勤輸送に適しているとは言い難く、解決策として近郊形気動車が開発された。また、実際には一般形に分類される形式の中には50系客車やキハ48形気動車のように客室仕切りを備える車両もある。
  29. ^ 701系及びE127系の一部にはセミクロスシート車も存在する。
  30. ^ なお2021年にE131系が導入されたことにより、再び複数形式で運用されるようになった。
  31. ^ ただし817系については、のちにロングシート車も製造されている。
  32. ^ 例外はオハニ63形(のちのオハニ36形)。
  33. ^ 接客設備の悪さから本来の旅客車の増備や置き換えにつれて早期に荷物車や事業用車などに改造されている。
  34. ^ 岡田誠一は(旧型客車が製造された時代の時点では)正式な意味で急行形、一般形などと明確に呼ばれていないことを説明している[62][63][64]
  35. ^ 優等列車(特に特急列車)用車両はその性質上、快適性や速達性が重視され、専用の設備・性能を持つ車両が導入される[66]
  36. ^ 1982年(昭和57年)以降は白帯が入った7000系・7700系(通称『白帯車』)のみが特急列車に充当されていた。

出典

  1. ^ a b 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.844 p.11
  2. ^ 普通?各停?各社バラバラ、複雑すぎる列車種別 - 読売新聞。2018年12月22日7時発信、2019年1月27日閲覧。
  3. ^ 例えば、JR東日本旅客営業規則旅規第3条(5)、JR東日本
  4. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』2013年3月号 pp.1015 - 1033
  5. ^ 一例として、12月5日(土)北総線ダイヤ改正 - 北総鉄道 2015年10月22日
  6. ^ 『京阪神からの旅行に便利な交通公社の時刻表』、1955年春季号、日本交通公社関西支社、pp.48 - 49に掲載された梅田駅・京阪神京都駅・天神橋駅の各時刻表
  7. ^ 東京堂出版 梅原淳『鉄道・車両の謎と不思議』pp.117 - 118
  8. ^ 2022年3月ダイヤ改正について (PDF) - JR北海道・2021年12月17日リリース
  9. ^ 2018年3月ダイヤ改正について (PDF) - JR東日本秋田支社・2017年12月15日リリース
  10. ^ 平成26年3月ダイヤ改正について (PDF) - 四国旅客鉄道、2013年12月20日
  11. ^ 2018年3月ダイヤ改正について (PDF) - 青い森鉄道・2017年12月15日
  12. ^ 3月17日(土)からの時刻表 (PDF) - 青い森鉄道
  13. ^ 津軽鉄道時刻表 - 津軽鉄道ホームページ
  14. ^ 東京堂出版 梅原淳『鉄道・車両の謎と不思議』pp.110 - 116
  15. ^ 参考資料:弘済出版社発行1964年3月号大型時刻表の東北本線のページ。
  16. ^ 日本交通公社1982年9月号・1986年11月号・1987年12月号の大型時刻表および弘済出版社発行JR時刻表(大型)1991年2月号のそれぞれ東北本線(上り)のページから。
  17. ^ 日本交通公社1982年9月号・1986年11月号・1987年12月号の大型時刻表および弘済出版社発行JR時刻表(大型)1991年2月号のそれぞれ津軽線のページから。
  18. ^ 2017年3月ダイヤ改正および新駅開業等について (PDF) - JR東日本仙台支社・2016年12月16日リリース
  19. ^ 奥羽本線 赤岩駅廃止について (PDF) - JR東日本ニュース・2021年1月20日リリース
  20. ^ 『弘済出版社(現・交通新聞社)発行JR時刻表1991年2月号』pp.618 - 621「羽越本線・白新線」のページ。
  21. ^ 『日本交通公社(現・JTB)発行1987年12月号時刻表』pp.470 - 476「羽越本線」・「白新線」のページ
  22. ^ 北上線「平石駅及び矢美津駅」冬季期間の列車通過について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道秋田支社、2016年11月11日http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161111.pdf2016年11月11日閲覧 
  23. ^ 2022年3月ダイヤ改正』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社、2021年12月17日https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/20211217_mr01.pdf2021年12月18日閲覧 
  24. ^ 『日本交通公社時刻表』1982年9月号330・331頁、1986年11月号465頁、1987年12月号465頁と『弘済出版社時刻表』1991年2月号604・605頁、2016年3月号659頁の各北上線の項。
  25. ^ 『日本交通公社発行1982年9月号時刻表』pp.284 - 286(下り)とpp.287 - 289(上り)の信越本線の項および同公社発行『1986年12月号時刻表』pp.402 - 405(下り)とpp.406 - 409(上り)の信越本線の項から。
  26. ^ 『日本交通公社時刻表1982年9月号』239頁の高山本線の項より。これに「下り739D列車が後述の駅のみ停車」と記載あり。
  27. ^ 平成25年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道福知山支社
  28. ^ 『jtb交通公社の時刻表』(日本交通公社発行)大型時刻表の1982年9月号と1984年9月号のそれぞれ和歌山線のページより。
  29. ^ 東武鬼怒川線 新駅「東武ワールドスクウェア」の開業日を7月22日(土)に決定しました!” (PDF). 東武鉄道 (2017年2月28日). 2017年7月23日閲覧。
  30. ^ 2020年6月6日(土)ダイヤ改正を実施! 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークライン【特急列車・THライナー・SL大樹概要が決定】』(PDF)(プレスリリース)東武鉄道、2020年2月25日。 オリジナルの2020年6月6日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200606173654/https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/1748d4629b95c74a8661b243af941bda_200225_3%20.pdf2020年6月9日閲覧 
  31. ^ 鶴通孝「高規格第三セクター鉄道 北越急行ほくほく線の素顔」、『鉄道ジャーナル』第368号、鉄道ジャーナル社、1997年6月、p.53
  32. ^ 奥羽本線「津軽湯の沢駅」冬期期間の列車通過について (PDF) - JR東日本秋田支社・2018年11月22日リリース
  33. ^ 冬期間における奥羽本線の駅通過について (PDF) - JR東日本東北本部(2022年12月9日プレスリリース)
  34. ^ 冬期期間における仙山線の一部列車通過について (PDF) - JR東日本ニュース(東北本部・2022年11月15日リリース)
  35. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』2013年3月号 p.688
  36. ^ 『読む・知る・愉しむ 新幹線がわかる事典』日本実業出版社 2005年 p.337
  37. ^ 交通新聞社 知られざる臨時駅
  38. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』2013年3月号 p.654
  39. ^ 特別車、一般車とは何ですか? - 名古屋鉄道
  40. ^ 東京堂出版 谷川一巳『普通列車の謎と不思議』pp.10 - 11
  41. ^ 創元社 所澤秀樹『鉄道の基礎知識』pp.104 - 105
  42. ^ 鉄道トリビア (282) 南海電鉄で「普通」「各停」両方走っているのはなぜ? - マイナビニュース
  43. ^ イカロス出版『J-Train』Vol.25 pp.48 - 49
  44. ^ 「エアポート成田」の車両編成自体は横須賀線・総武快速線の共通運用であったため、一部車両にグリーン車自由席が存在したが、座席指定席はなかった。
  45. ^ 「国鉄黄害、防止に本腰 循環式トイレ まずは東海道線急行など」『朝日新聞』昭和44年(1969年)10月28日朝刊、12版、15面
  46. ^ ネコ・パブリッシング『JR全車輌ハンドブック2009』p.15
  47. ^ JR東日本の通勤電車の開発経緯 (PDF) - 東日本旅客鉄道
  48. ^ イカロス出版『E231/E233 Hyper Detail』p.108
  49. ^ 交友社『鉄道ファン』No.539 p.36
  50. ^ 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』No.403 p.72
  51. ^ 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』No.492 p.33
  52. ^ 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』No.517 p.46
  53. ^ 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』No.547 p.22
  54. ^ JR東日本:車両図鑑>在来線 107系
  55. ^ JR東日本:車両図鑑>在来線 701系
  56. ^ JR東日本:車両図鑑>在来線 E127系
  57. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.844 p.49
  58. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.883 p.60
  59. ^ 733系電車の増備と快速エアポートへの投入について (PDF) - 北海道旅客鉄道
  60. ^ 快速エアポート(721系・733系)|車両の紹介|JR北海道 列車ガイド - 北海道旅客鉄道
  61. ^ JTBパブリッシング 石井幸孝『キハ47物語』pp.36 - 37
  62. ^ 交友社『鉄道ファン』No.413 p.50
  63. ^ JTBパブリッシング 岡田誠一『国鉄鋼製客車I』p.239
  64. ^ ネコ・パブリッシング『Rail Magazine』No.336 p.9
  65. ^ 475系が北陸本線から引退 - railf.jp
  66. ^ PHP研究所 梅原淳『雑学3分間ビジュアル図解シリーズ 特急列車のすべて』p.78
  67. ^ 富山地鉄のオールステンレス車、11月3日から運用開始…花電車は運行期間延長 - レスポンス



普通列車(各駅停車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 18:18 UTC 版)

長野電鉄長野線」の記事における「普通列車(各駅停車)」の解説

各駅に停車する種別である。種別表示は駅によって異なり、「普通」もしくは各停となっている。 一部除いて日中長野駅発着する普通列車は須坂駅信州中野駅で、湯田中駅発着の普通列車は信州中野駅折り返す全線全車両の扉が開く都市型ワンマン採用しているが、一部駅では運転士による集札行われる基本的に全日同一ダイヤであるが、朝に2往復日曜・休日運休となる列車がある。 ワンマン運転は、長野駅 - 信州中野駅間は2000年平成12年10月より、信州中野駅 - 湯田中駅間は2006年平成18年12月9日ダイヤ改正から一部普通列車で開始された。 長野駅 - 信州中野駅間は3000系3500系8500系ともに使用されるが、信州中野駅 - 湯田中駅間は30 - 40‰の勾配連続する急勾配区間であるので、抑速ブレーキ装備同等ブレーキ能力入線必須条件である。よって、8500系抑速ブレーキ装備がないため当該区間入線できない。なお当該区間以前無人駅では1両目前よりドアしか開かない方式だったが、2011年平成23年2月13日ダイヤ改正に伴い当該区間無人駅でも全車両の全てのドアが開くようになった

※この「普通列車(各駅停車)」の解説は、「長野電鉄長野線」の解説の一部です。
「普通列車(各駅停車)」を含む「長野電鉄長野線」の記事については、「長野電鉄長野線」の概要を参照ください。


普通列車 (Clase Económica)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/03 09:45 UTC 版)

チワワ太平洋鉄道」の記事における「普通列車 (Clase Económica)」の解説

地元住民向けの普通列車。通常の駅以外に、50以上ある簡易駅で下車することができる。

※この「普通列車 (Clase Económica)」の解説は、「チワワ太平洋鉄道」の解説の一部です。
「普通列車 (Clase Económica)」を含む「チワワ太平洋鉄道」の記事については、「チワワ太平洋鉄道」の概要を参照ください。


普通列車(普通客运)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 14:31 UTC 版)

嘉陽炭鉱鉄道」の記事における「普通列車(普通客运)」の解説

旧型客車荷物車編成される便によっては観光客車連結される)。沿線道路開通前は7~8両の旧型車が連なって走行する姿を見ることができたが、現在は3~4両程度運転されるのが通例となっている。石渓 - 黄村井の全区間通しの運転となる(観光客車躍進増解結される)。

※この「普通列車(普通客运)」の解説は、「嘉陽炭鉱鉄道」の解説の一部です。
「普通列車(普通客运)」を含む「嘉陽炭鉱鉄道」の記事については、「嘉陽炭鉱鉄道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「普通列車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「普通列車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「普通列車」の関連用語

普通列車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



普通列車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの普通列車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長野電鉄長野線 (改訂履歴)、チワワ太平洋鉄道 (改訂履歴)、嘉陽炭鉱鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS