加古川駅とは? わかりやすく解説

加古川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/12 07:11 UTC 版)

加古川駅(かこがわえき)は、兵庫県加古川市加古川町篠原町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである[1]


注釈

  1. ^ 設置当初は、乗り継ぎ精算機は「日岡まで」「神野まで」「厄神まで」の3台のみ設置されており、市場 - 谷川の各駅まで乗車する場合は窓口での対応となっていた。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、51頁。ISBN 9784343006028 
  2. ^ 加古川駅|駅情報:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2023年2月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e 石野 1998, p. 218.
  4. ^ 交通新聞社『JR時刻表』2015年10月号
  5. ^ JR西日本2018年12月14日のプレスリリースより
  6. ^ 『JR全駅ものしりガイド』183頁
  7. ^ a b c 石野 1998, p. 242.
  8. ^ a b 石野 1998, p. 239.
  9. ^ “列車接近をメロディーで JR神戸線塚本-姫路間”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年3月11日) 
  10. ^ 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '98年版』ジェー・アール・アール、1998年7月1日、186頁。ISBN 4-88283-119-8 
  11. ^ “JR加古川駅付近 連続立交化に着手 車両基地は厄神に移転”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1998年10月2日) 
  12. ^ a b c 「RAILWAY TOPICS(「JR」◆加古川駅高架化の山陽本線部分が完成)」『鉄道ジャーナル』第37巻第8号、鉄道ジャーナル社、2003年8月1日、93頁。 
  13. ^ JR時刻表 2005年3月号
  14. ^ カニ列車で行こう(平成17年10月27日)加古川市
  15. ^ 琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線・大阪環状線の駅のホームで使用している「入線警告音」の音質を見直します
  16. ^ 近畿エリアの12路線 のべ300駅に「駅ナンバー」を導入します!
  17. ^ a b c 『建設技術』通巻18号、p.27
  18. ^ 第八話:加古川駅の三角屋根加古川市
  19. ^ a b c d 東播都市計画都市高速鉄道、JR山陽本線等(加古川駅付近)連続立体交差事業、兵庫県・加古川市・西日本旅客鉄道(株)加古川駅高架工事パンフレット
  20. ^ a b c d JR山陽本線等加古川駅付近連続立体交差事業第19回全国街路事業コンクール応募資料
  21. ^ a b c 加古川駅|構内図:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2022年8月31日閲覧。
  22. ^ 『建設技術』通巻18号、p.26
  23. ^ ルールやマナー、守らないから… JR加古川駅のストリートピアノ、4月末に運用休止・撤去へ”. 神戸新聞 (2023年4月24日). 2023年4月24日閲覧。
  24. ^ a b 「第19回全国街路事業コンクール」の結果について (PDF) 都市と交通 通巻70号、日本交通計画協会
  25. ^ 特定構造物改築事業、JR山陽本線加古川橋梁改築、国土交通省近畿地方整備局姫路工事事務所・西日本旅客鉄道(株)大阪建設工事事務所パンフレット
  26. ^ 「平成17年度全建賞受賞! JR加古川駅付近連続立体交差事業 (PDF) 兵庫県
  27. ^ a b c d e f 『だいこう』第29巻第1号、p.82
  28. ^ a b c 『日本鉄道施設協会誌』第39巻第7号、p.580
  29. ^ 平成29年10月 ダイヤ改正について (PDF)


「加古川駅」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加古川駅」の関連用語

加古川駅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加古川駅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加古川駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS