停車場とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 言い方 > 停車場の意味・解説 

てい しゃじょう -ぢやう [0] 【停車場】

駅の古い言い方ていしゃば

てい しゃば [0] 【停車場】

ていしゃじょう(停車場)」に同じ。
「停車場」に似た言葉
  商舗  百貨店    店鋪


停車場

鉄道は人と物を運ぶ事業なので、お客さま乗降させたり、貨物積み降ろしをしたりする「駅」(station)があります列車行き違い待ち合わせをするための「信号場」、車両入れ換えまたは列車編成を行う「操車場」もあります。停車場はこの3つの総称普通鉄道構造規則第2条)です。

停車場の範囲は、単線区間では場内信号内側複線区間では列車進入する方向場内信号機列車出発する方向場内信号機内側、停車場区域標が設けてある場合はその内側となります。

停車場は、本線路配線の型によって3つに分類されます。「頭端式」は、ターミナル駅など線路が行止まりになっているものをいい、「通過式」は、線路が停車場の構内貫通しているものを指します「折り返し式」は、線路折り返しになっているものです。このほか、一時的な「仮停車場」もあります


停車場

作者中野重治

収載図書鉄道愛 日本篇
出版社晶文社
刊行年月2005.6


停車場

作者原田

収載図書暮らし影繪―掌小説
出版社労働者文学会
刊行年月2007.1
シリーズ名労文叢書


停車場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/04 08:08 UTC 版)

停車場(ていしゃじょう・ていしゃば)は、鉄道において列車が停車できる施設であり、信号場操車場の総体である[1]


  1. ^ 鉄道に関する技術上の基準を定める省令第2条。
  2. ^ 『駅ところどころ』毎日新聞社、1969年、16頁
  3. ^ 第3条「旅客又ハ荷物ヲ取扱フ為列車ヲ停止スル箇所ニシテ転轍器ノ設備アルモノヲ停車場ト謂ヒ其ノ設備ナキモノヲ停留場ト謂フ」
  4. ^ 軌道法施行規則第9条第11項


「停車場」の続きの解説一覧

停車場

出典:『Wiktionary』 (2010/07/29 14:58 UTC 版)

名詞

ていしゃば

  1. 鉄道車両停車する場所古めかしい表現のようだが近代になってからの造語でありの方が古い。
関連語

翻訳




停車場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「停車場」の関連用語

1
100% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||



6
74% |||||

7
74% |||||

8
70% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

停車場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



停車場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2020 (社)日本民営鉄道協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの停車場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの停車場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS