鉄道車両とは? わかりやすく解説

鉄道車両

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 08:00 UTC 版)

鉄道車両(てつどうしゃりょう)は、線路またはそれに準ずる軌道の上を走行する車両である。


  1. ^ a b c 『鉄道車両を知りつくす』p.16
  2. ^ 和久田康雄(日本語) 『やさしい鉄道の法規』(四訂版)成山堂書店、1999年4月8日、46-54頁。ISBN 4-425-76074-3 
  3. ^ 『「超」図説講義 鉄道のひみつ』 pp.59 - 60
  4. ^ a b c 須田義大「台車技術の動向と展望」『鉄道ピクトリアル』第515号、電気車研究会、1989年8月、 16 - 21頁。
  5. ^ 『流線形列車の時代』p.331
  6. ^ 生方良雄「わが国における流線型電車・気動車の50年」『鉄道ピクトリアル』第426号、電気車研究会、1984年1月、 16 - 22頁。
  7. ^ 『「超」図説講義 鉄道のひみつ』 pp.139 - 140
  8. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「推進運転」の項、p.140
  9. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「鉄道車両の種類」の項、p.197
  10. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.73 - 79
  11. ^ 日本商品分類中分類46-車両(軌条上を走行するもの) (PDF) 総務省統計局
  12. ^ 『戦後日本の鉄道車両』の分類による
  13. ^ a b c d e f g h 『戦後日本の鉄道車両』p.85
  14. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』pp.34 - 37
  15. ^ 小林拓矢 (2020年1月9日). “「ハイブリッド列車」運転免許は電車か気動車か”. 週刊東洋経済. 2020年1月14日閲覧。
  16. ^ 『鉄道の地理学』p.56
  17. ^ a b 『新版 鉄道用語事典』の「動力集中列車と分散列車」の項、pp.232 - 233
  18. ^ 西尾源太郎・佐藤芳彦. “電車 - Yahoo!百科事典”. 2011年11月11日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.80 - 88
  20. ^ 『「超」図説講義 鉄道のひみつ』 pp.96 - 97
  21. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「気動車」の項、p.53
  22. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「蒸気動車」の項、p.129
  23. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.44
  24. ^ a b 『鉄道の地理学』pp.65 - 68
  25. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「ディーゼル動車」の項、p.184
  26. ^ ディーゼルカーとは - コトバンク”. 2011年11月13日閲覧。
  27. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.122 - 126
  28. ^ 小林正治「わが国ガスタービン動車開発の経過」『鉄道ピクトリアル』第266号、電気車研究会、1972年6月、 7 - 11頁。
  29. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.152 - 154
  30. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.114 - 115
  31. ^ きゃくしゃ【客車】の意味 - 国語辞書 - goo辞書”. 2011年11月13日閲覧。
  32. ^ 客車とは - コトバンク”. 2011年11月13日閲覧。
  33. ^ a b c 西尾源太郎・佐藤芳彦. “客車 - Yahoo!百科事典”. 2011年11月16日閲覧。[リンク切れ]
  34. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「ブレーキ装置の種類」の項、pp.271 - 272
  35. ^ a b c 『鉄道の地理学』pp.69 - 70
  36. ^ a b c d e f g 『鉄道車両ハンドブック』pp.81 - 83
  37. ^ a b 松澤正二. “機関車 - Yahoo!百科事典”. 2011年11月17日閲覧。[リンク切れ]
  38. ^ Dark Roasted Blend: Jet-Powered & Other Futuristic Trains”. DARK ROASTED BLEND (2007年1月12日). 2011年11月27日閲覧。
  39. ^ a b 『新版 鉄道用語事典』の「蒸気機関車の仕組み」の項、pp.125 - 127
  40. ^ 『蒸気機関車のすべて』pp.37 - 38
  41. ^ a b P.W.B. Semmens, A.J. Goldfinch (2004-06-10) (英語). How Steam Locomotives Really Work. OXFORD UNIVERSITY PRESS. pp. 21 - 26. ISBN 978-0-19-860782-3 
  42. ^ 『流線形列車の時代』pp.216 - 219
  43. ^ 好井宏海(日本語) 『鉄道』(初版)ダイヤモンド社、1950年6月10日、159-162頁。 
  44. ^ 『蒸気機関車のすべて』pp.42 - 43
  45. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「保存鉄道」の項、p.283
  46. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「電気機関車」の項、p.216
  47. ^ 『戦後日本の鉄道車両』pp.59 - 60
  48. ^ 朝日新聞社 編 『世界の鉄道1969年版』朝日新聞社、1968年10月14日、126-127頁。 
  49. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「電気運転」の項、pp.214 - 216
  50. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.44 - 45
  51. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「ディーゼル車両」の項、p.183
  52. ^ a b c d 西尾源太郎. “貨車 - Yahoo!百科事典”. 2011年11月19日閲覧。[リンク切れ]
  53. ^ 森田英嗣「JR貨物M250系スーパーレールカーゴ」『鉄道ピクトリアル』第750号、電気車研究会、2004年8月、 74 - 80頁。
  54. ^ 雨宮義直・堀雅通. “鉄道貨物 - Yahoo!百科事典”. 2011年11月20日閲覧。[リンク切れ]
  55. ^ 鳥谷剛三. “荷役 - Yahoo!百科事典”. 2011年11月20日閲覧。[リンク切れ]
  56. ^ 『戦後日本の鉄道車両』pp.263 - 268
  57. ^ 『鉄道工学ハンドブック』pp.156 - 158
  58. ^ a b c d e f g h i 『電気鉄道ハンドブック』pp.324 - 331
  59. ^ a b c 『鉄道車両を知りつくす』pp.48 - 49
  60. ^ 久保敏「客車の再評価 -50系誕生前夜動力方式検討の経緯-」『鉄道ピクトリアル』第785号、電気車研究会、2007年2月、 10 - 14頁。
  61. ^ a b 『図解 鉄道のしくみと走らせ方』pp.103 - 105
  62. ^ a b c 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.55 - 57
  63. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.71
  64. ^ a b c 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.36 - 38
  65. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.22 - 23
  66. ^ 『電気鉄道ハンドブック』pp.52 - 53
  67. ^ 都市鉄道研究会 編(日本語) 『超図説 鉄道路線・施設を知りつくす』(第1刷)学習研究社、2009年4月14日、23頁。ISBN 978-4-05-404118-9 
  68. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.30 - 32
  69. ^ 『「超」図説講義 鉄道のひみつ』 pp.81 - 84
  70. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.100 - 102
  71. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.98 - 99
  72. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『図説 鉄道車両はこうして生まれる』pp.128 - 129
  73. ^ 『鉄道重大事故の歴史』pp.48 - 49
  74. ^ a b c d e f 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.63 - 69
  75. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』pp.192 - 193
  76. ^ a b 『図解 電車のメカニズム』pp.84 - 85
  77. ^ a b 『図解 鉄道のしくみと走らせ方』pp.100 - 102
  78. ^ 『電車のはなし』pp.103 - 105, 113 - 116
  79. ^ 『戦後日本の鉄道車両』pp.199 - 200
  80. ^ 『電車のはなし』pp.105 - 107, 185 - 187
  81. ^ a b c 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.100
  82. ^ a b c d e f g h i 『鉄道車両ハンドブック』pp.190 - 192
  83. ^ 『図解 電車のメカニズム』pp.88 - 90
  84. ^ 『蒸気機関車メカニズム図鑑』pp.106 - 109
  85. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.220 - 221
  86. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.70 - 71
  87. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.100, 103
  88. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.81
  89. ^ a b c d 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.101 - 102
  90. ^ a b 『鉄道車両を知りつくす』p.124
  91. ^ a b c d 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.102
  92. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.78 - 80
  93. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「運転台」の項、p.16
  94. ^ a b c d 『鉄道車両ハンドブック』pp.270 - 271
  95. ^ a b c d 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.175
  96. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』p.136
  97. ^ a b c d e f 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.249 - 252
  98. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.46 - 47
  99. ^ a b c 『鉄道車両ハンドブック』pp.271 - 272
  100. ^ a b c d 『車両研究で広がる鉄の世界』p.248
  101. ^ 『電車のはなし』pp.129 - 131
  102. ^ 『図解 鉄道のしくみと走らせ方』pp.108 - 112
  103. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.247
  104. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.272 - 277
  105. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.242 - 246
  106. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.193 - 194
  107. ^ 小野田惠一・中村剛「JR東日本209・E231系電車の現況」『鉄道ピクトリアル』第732号、電気車研究会、2003年6月、 10 - 24頁。
  108. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.108 - 111
  109. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』pp.150 - 151
  110. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「制御車」「中間電動車」の項、pp.145, 170
  111. ^ a b c d e f 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.118 - 121
  112. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.86 - 89
  113. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.90
  114. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.84 - 85
  115. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.93 - 94
  116. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.90 - 92
  117. ^ a b 吉川文夫「車両ドアの分類学」『鉄道ピクトリアル』第699号、電気車研究会、2001年4月、 10 - 17頁。
  118. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.95 - 98
  119. ^ a b 石本祐吉「ドアに関する12章」『鉄道ピクトリアル』第699号、電気車研究会、2001年4月、 41 - 49頁。
  120. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.107 - 111
  121. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.107
  122. ^ a b c 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.122 - 124
  123. ^ 『図解 電車のメカニズム』pp.114 - 115
  124. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.126 - 127
  125. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.128 - 133
  126. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.125 - 143
  127. ^ 『蒸気機関車の興亡』p.140
  128. ^ a b c d e 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.134 - 135
  129. ^ a b c d e 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.286 - 289
  130. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.139
  131. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.256 - 261
  132. ^ 『蒸気機関車の興亡』p.138
  133. ^ a b David Jenkinson (1996) (英語). The History of British Railway Carriages 1900-1953. Pendragon. pp. 59 - 60. ISBN 1-899816-03-8 
  134. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.263 - 264
  135. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.262 - 264
  136. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.263
  137. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.262 - 263
  138. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.265
  139. ^ 『図解 電車のメカニズム』p.255
  140. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.274 - 275
  141. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.276
  142. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.135 - 138
  143. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.268 - 271
  144. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.265 - 267
  145. ^ 山田亮「列車便所物語」『鉄道ピクトリアル』第849号、電気車研究会、2011年6月、 10 - 23頁。
  146. ^ 岡田誠一「列車トイレの技術130年史」『鉄道ピクトリアル』第849号、電気車研究会、2011年6月、 50 - 60頁。
  147. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.290 - 297
  148. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.64 - 69
  149. ^ a b c 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.115 - 119
  150. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.69
  151. ^ 田中守・平田治雄「JR東海・JR西日本N700系量産車」『鉄道ピクトリアル』第792号、電気車研究会、2007年8月、 98 - 105頁。
  152. ^ a b c d e 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.212 - 213
  153. ^ a b 『電気鉄道ハンドブック』p.305
  154. ^ 『鉄道工学ハンドブック』p.172
  155. ^ 『日本の貨車 -技術発達史-』p.267
  156. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.217
  157. ^ 『蒸気機関車メカニズム図鑑』pp.162, 186
  158. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.200
  159. ^ 久保田博(日本語) 『日本の鉄道車輌史』(初版)グランプリ出版、2001年3月21日、150-151頁。ISBN 4-87687-220-1 
  160. ^ 『日本の貨車 -技術発達史-』p.288
  161. ^ 『電気鉄道ハンドブック』pp.305 - 306
  162. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.229 - 230
  163. ^ 柚原誠「低床式ライトレール車両」『電気学会誌』第119巻第3号、1999年3月、 148 - 151頁。
  164. ^ 湯口徹(日本語) 『内燃動車発達史 下巻 戦前メーカー編』(初版)ネコ・パブリッシング、2005年7月30日、38頁。ISBN 4-7770-5118-8 
  165. ^ 『図解 電車のメカニズム』pp.62 - 63
  166. ^ a b c 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.226
  167. ^ 国鉄シキ400形貨車など、吉岡心平(日本語) 『大物車のすべて 上』(初版)ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 91〉、2007年3月1日、40-41頁。ISBN 978-4-7770-5195-3 
  168. ^ a b c 『図解 電車のメカニズム』pp.60 - 61
  169. ^ a b c 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.225 - 226
  170. ^ 『鉄道重大事故の歴史』p.166
  171. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』p.248
  172. ^ 『図解 電車のメカニズム』pp.67 - 76
  173. ^ a b 『新版 鉄道用語事典』の「タイヤコンタ」の項、pp.160 - 161
  174. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.250 - 251
  175. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.260 - 262
  176. ^ 『図解 電車のメカニズム』pp.64 - 65
  177. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.216 - 219
  178. ^ a b 『図解 電車のメカニズム』pp.65 - 69
  179. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.214 - 215
  180. ^ a b 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.226 - 228
  181. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.223 - 225
  182. ^ a b c 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.62 - 63
  183. ^ ブライアン=ペレン 著、秋山芳弘・青木真美 訳(日本語) 『TGVハンドブック』(第1刷)電気車研究会、1996年1月15日、21頁。ISBN 4-88548-079-5 
  184. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.52 - 57
  185. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.45
  186. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「蒸気機関車の仕組み」「蒸気機関車の種類」の項、pp.125 - 129
  187. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.229
  188. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.230 - 231
  189. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.238 - 241
  190. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.242
  191. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』pp.230 - 231
  192. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.231
  193. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』pp.36 - 37
  194. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.52 - 54
  195. ^ 『鉄道車両メカニズム図鑑』p.59
  196. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.42 - 46
  197. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「交直車両」の項、p.155
  198. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.115 - 128
  199. ^ 『輸送の安全からみた鉄道史』pp.11 - 12
  200. ^ 『輸送の安全からみた鉄道史』pp.20 - 42
  201. ^ 『輸送の安全からみた鉄道史』pp.224 - 225
  202. ^ 『蒸気機関車の興亡』pp.133 - 135
  203. ^ 『鉄道の地理学』pp.58 - 60
  204. ^ 『蒸気機関車の興亡』pp.308 - 320
  205. ^ 『鉄道の地理学』p.368
  206. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「形式称号」の項、p.139
  207. ^ 鉄道技術用語辞典”. 2011年11月27日閲覧。の「車両形式」の項目
  208. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「車両の称呼・記号・番号」の項、pp.113 - 115
  209. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「車両称号」の項、p.206
  210. ^ 高畠潔(日本語) 『イギリスの鉄道のはなし』(初版)成山堂書店、2004年10月18日、104-139頁。ISBN 4-425-96061-0 
  211. ^ 『新幹線』p.51
  212. ^ 『新幹線』pp.67 - 69
  213. ^ Nach Städten benannte ICE der Deutschen Bahn AG (PDF)” (ドイツ語). LOK Report. 2011年11月17日閲覧。
  214. ^ a b 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.11 - 14
  215. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「単機」の項、p.290
  216. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.18 - 22
  217. ^ 小榑宏明「列車編成の形成事情」『鉄道ピクトリアル』第514号、電気車研究会、1989年7月、 47 - 51頁。
  218. ^ a b 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.15 - 17
  219. ^ a b 菊地隆寛「車体を彩る」『鉄道ジャーナル』第461号、鉄道ジャーナル社、2005年3月、 54 - 57頁。
  220. ^ a b c d e f g h i 日本鉄道運転協会『運転協会誌』1971年9月号これだけは知っておこう「車両計画について」pp.39 - 42(浪岡 貞弘 国鉄・運転局車務課補佐)
  221. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』pp.297 - 299
  222. ^ a b 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.351 - 352
  223. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.353 - 357
  224. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.299 - 300
  225. ^ 『蒸気機関車200年史』p.214
  226. ^ 『蒸気機関車200年史』pp.74 - 76
  227. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.131
  228. ^ 『鉄道工学ハンドブック』p.174
  229. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.299
  230. ^ a b 『図解 鉄道のしくみと走らせ方』p.199
  231. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』p.343
  232. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.301
  233. ^ 『鉄道車両ハンドブック』pp.301 - 302
  234. ^ 『鉄道工学ハンドブック』p.175
  235. ^ 甲種鉄道車両輸送” (日本語). 鉄道ジャーナル社 (2009年10月24日). 2011年12月4日閲覧。
  236. ^ a b 『図説 鉄道車両はこうして生まれる』p.83
  237. ^ 『図説 鉄道車両はこうして生まれる』pp.46 - 53
  238. ^ 貨物機に飲み込まれる地下鉄、空路インドへ輸送” (日本語). AFPBB News (2009年5月28日). 2011年12月4日閲覧。
  239. ^ 『図解 鉄道のしくみと走らせ方』p.200
  240. ^ 『電気鉄道ハンドブック』pp.723 - 727
  241. ^ 『電気鉄道ハンドブック』pp.420 - 421
  242. ^ 『鉄道車両ハンドブック』p.303
  243. ^ 『電気鉄道ハンドブック』pp.360 - 362
  244. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「予備車」の項、p.302
  245. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「予備車」の項、p.505
  246. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.369 - 371
  247. ^ 『車両研究で広がる鉄の世界』pp.360 - 380
  248. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「車体更新」の項、p.202
  249. ^ a b 『鉄道車両ハンドブック』pp.306 - 307
  250. ^ 『新版 鉄道用語事典』の「廃車」の項、p.250
  251. ^ 『電気鉄道ハンドブック』pp.378 - 380
  252. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「動態保存」の項、p.351
  253. ^ 『詳解鉄道用語辞典』の「静態保存」の項、p.253
  254. ^ a b 橋爪智之 (2016年10月11日). “スイス鉄道メーカー、世界3強に迫る大躍進”. 週刊東洋経済. 2016年10月12日閲覧。
  255. ^ a b ALSTOM Analyst Day (PDF)” (英語) (2005年3月24日). 2007年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月29日閲覧。
  256. ^ WORLD WIDE ROLLING STOCK MANUFACTURERS (PDF)”. SCI Verkehr GmbH. 2016年10月12日閲覧。
  257. ^ About Transportation”. ボンバルディア・トランスポーテーション language = 英語. 2011年12月5日閲覧。
  258. ^ Rail Privatisation Creates New Opportunities: The key to rail industry growth is continual investment in infrastructure. Investment in vehicles is also set to increase significantly in the next few years - Global Market Trends” (英語). 2011年10月29日閲覧。



「鉄道車両」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鉄道車両」の関連用語

鉄道車両のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鉄道車両のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄道車両 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS