リベットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > > リベットの意味・解説 

リベット【rivet】

読み方:りべっと

重ね合わせ鋼材締結するのに用い金属製機械部品丸形平形皿形などの頭部をもち、軸部接合する穴に下から差し込んで余りの軸端をつぶして締結する締め釘(くぎ)。鋲(びょう)。


リベット

英語 rivet

金属製丸棒一端に抜け止め用の頭を設けた鋲をいう。リベットの種類としては、丸リベット、皿リベット、平リベット、なベリベットなどがある。自動車で、溶接構造に比べ接合強度は劣るが、ゆがみが発生しないメリットから、シャシー関係フレーム接合にリベットを用いている例がある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

リベット

ねじ部を持たない頭付きのねじ部品で、穴をあけた2枚締結部材軸部差し込み端面をかしめて締結する

リベット

リベット
ジーンズのフロントポケットやコインポケットの端を補強する金属製の鋲(びょう)のこと。古いタイプになればなるほど、リベット補強され箇所が多い。これは、補強縫製技術未発達をリベットで解消していたため。ジーンズは、1870年にジェイコブ・デイビスがリーバイスジーンズのオリジンとなるズック地のズボンをリベットで補強したことで始まるが、ジーンズのリベットの原型は馬のサドルテントなどの補強使われていた鋲だともいわれている。スコービル社製のリベットが有名。


リベット

名前 RivetteLibetRivett

リベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 15:10 UTC 版)

リベット: rivet)は、頭部とねじ部のない胴部からなり、穴をあけた部材に差し込んで専用の工具でかしめることで反対側の端部を塑性変形させて接合させる部品[1]


注釈

  1. ^ 1950年以降に米軍により承認された軍用規格であり、その他に航空機用の部品(リベットの他にボルトナットワッシャーなど)の規格として、AN(Air force & Navy aeronautical standard:米空海軍航空規格)とNAS(National Aerospace Standard:アメリカの航空機とミサイルのメーカーが協議作成した規格)がある。
  2. ^ 沈頭鋲と呼ばれている物である。
  3. ^ 主に化成皮膜処理と陽極処理と重クロム酸封孔処理の3つがあり、さらに処理の種類により細分化される。
  4. ^ 溶体化処理と呼ばれる。
  5. ^ 時効硬化と呼ばれる。

出典

  1. ^ 意匠分類定義カード(M3) 特許庁
  2. ^ 昭和の東京オリンピック前は、死の危険を伴う職人「カシメ屋」が工事現場にいた”. 施工の神様. ウィルオブ・コンストラクション (201-07-20). 2021年4月25日閲覧。
  3. ^ 「絶滅した恐怖の職人芸」1000℃の鉄の塊を投げて、それを受け取るカシメ屋”. 施工の神様. ウィルオブ・コンストラクション (2018年9月18日). 2021年4月25日閲覧。


「リベット」の続きの解説一覧

リベット(Livet)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 07:51 UTC 版)

スコッチ・ウイスキーの蒸留所一覧」の記事における「リベット(Livet)」の解説

ブレイヴァル(Braeval) 1973年創業当初はブレイズ・オブ・グレンリベットという名称で、1994年ブレイヴァル改められた。標高350mの地点建てられており、もっとも標高高い場所位置するスコットウイスキー蒸留所である。保税貯蔵庫持たないザ・グレンリベット (The Glenlivet) 1824年政府公認蒸留所の第1号として創業創業者ジョージ・スミス密造業者から裏切り者として命を狙われることになり、護身用銃を携帯するようになった。この銃は現在グレンリベット蒸留所展示されている。成功を受けて同じ名称を使用する蒸留所が続出したため定冠詞つきの「ザ・グレンリベット」の名を用いるようになり、さらに裁判起こした結果ザ・グレンリベット」だけが「グレンリベット」の名称を用いることができるようになったタムナヴーリン(Tamnavulin) 1966年創業正式名称はタムナヴーリン・グレンリベット蒸留所。前身紡績工場トミントゥール(Tomintoul) 1964年創業ハイランドでもっとも標高が高い地域にある。 グレンリベット蒸溜グレンリベット蒸溜所の貯蔵庫 トミントゥール蒸溜

※この「リベット(Livet)」の解説は、「スコッチ・ウイスキーの蒸留所一覧」の解説の一部です。
「リベット(Livet)」を含む「スコッチ・ウイスキーの蒸留所一覧」の記事については、「スコッチ・ウイスキーの蒸留所一覧」の概要を参照ください。


リベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:10 UTC 版)

ジーンズ」の記事における「リベット」の解説

ポケット端など力のかかる部分補強するために打ち込まれた鋲のこと。ジーンズ誕生の要。金属製コパーもしくはカパー赤銅色)が素材として用いられる。ほかには黒褐色)やアルミニッケル銀色)、真鍮などの合金生地色なに応じて使われることもある。また形状ブランドによって異なる。現在はカンヌキ呼ばれるバータックジグザグのステッチ)で代用される場合もあり、リベットが無いジーンズ存在する。1937 - 1966年のリーバイスジーンズでは、鞍を傷つけいためにバックポケットの補強部分については生地内側か打たれた「隠しリベット」が用いられた。1940年代までには股部分にもリベットが施されていた(クロッチリベット)。

※この「リベット」の解説は、「ジーンズ」の解説の一部です。
「リベット」を含む「ジーンズ」の記事については、「ジーンズ」の概要を参照ください。


リベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 17:11 UTC 版)

「鋲」の記事における「リベット」の解説

複数金属板等を固定するための留め具

※この「リベット」の解説は、「鋲」の解説の一部です。
「リベット」を含む「鋲」の記事については、「鋲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リベット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リベット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リベットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リベットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リベットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
WranglerWrangler
Copyrights2002-2022(c) Lee Japan Co.LTD. All rights reserved.
Red cloudRed cloud
Copyright©2022. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリベット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスコッチ・ウイスキーの蒸留所一覧 (改訂履歴)、ジーンズ (改訂履歴)、鋲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS